2017年07月02日

まとめて更新その1

ほとんど放置気味の当blogですが、盛期のこの時期は仕事の決算とも重なって更新する時間がほとんどありません。6月から昨日の東京湾落とし込みバトルのまでの釣行をざっと記載します。
IMG_05126月3日(土)は野島防波堤ヘチ釣り講習会。13名の方が講習受講いただきました。私はクラブ新人の方を担当、今年初のドック先に向かいました。生徒さんが仕掛けを作成中に時合いを迎えていた丸環第一投で黒鯛が掛かってしまい無事GET。夕マヅメは新堤でこれも1枚釣れてしまいました。講師は13枚、生徒さんは2枚の釣果でした。
6月10日(土)は海津クラブ6月度例会。釣行前はドック北面でモーニングをGETして午後は赤灯で昼寝するプランでしたが世の中甘くありません。クラブメンバー11名+一般の方2名の計13名渡った好調なはずのドックはモーニングは一般の方に1枚出たのみで沈黙。南風が強まった上げの午後は赤灯に向かわずハナレに向かってしまいました。頭から潮を被ったハナレは数回当たったものの針掛からず(まだ時期が早かったようです)、夕マヅメは赤灯に向かったもののカンちゃんにやられてボーズで終了。疲れが残っただけの釣行でした。
IMG_05416月16日(金)夜から博多・長崎遠征。17日は長崎遠征し18日は毎年参加している博多湾ラブメイタ釣り大会に参戦です。17日は車で旅行されていた副会長の車で博多から長崎に。名誉会長と高〇さんが同行です。博多の釣友の徳〇さんと現地で待ち合わせして釣行開始。沖側の防波堤は2隻船が停泊して残念な状況です。深場のポイントを探るも全く駄目。あちこち探って浅場が良いようで私がヘダイ3枚、副会長はヘダイ2枚GETも大物に何回かぶった切られます。午後は橋の下に向かうも反応なし。副会長はパチンコ裏で大物を1枚掛けて無事GET。ヘダイの引きに感動した様子。IMG_0564翌日のラブメイタは参加者100名程度。前日も好調だった赤灯に向かいました。モーニングを期待して朝一の便で渡るも防波堤の動きをミスって一番にコバにたどり着けず。しかし両コバは魚は出ません。赤灯の次の時合はソコリ直前。平場で無事1枚(36.3僉砲鯤瓩辰謄棔璽魂麋髻しかしその後はアタリ無しで厳しい大会でした。
6月24日(土)はAM接待釣行@青灯(アタリ無し)、夕マヅメに村本に戻って赤灯釣行。ガレ場で大物を掛けるもラインを切られてチーン。

IMG_05867月1日は東京湾落とし込みバトル(Bay is one)大会。今年は約170名の方に参加いただきました。私は実行委員でC堤担当(移動出来ません)。そもそも木更津は今年初釣行で、雰囲気すら判りません。釣行前に実行委員メンバーに状況を聞いて防波堤に向かいます。釣行開始後即コバダッシュで先コバ一番を押さえるもアタリなし。即コバを諦め平場釣行に。12:30頃、平場アウトコースで20僉14:00頃にもアウトコースで20冂度が釣れます。移動便で急激に人が減った15:20頃、インコースで25冂度の規定外の魚がまたドヘチで掛かりますが明らかにタナも上がり雰囲気が変化します。IMG_0582集中すると15:30過ぎに30.2僉16:00前に43僂掛かって無事GET!!。人が減ったC堤は沖狙いの方の竿抜けポイントのヘチタナで反応が良くなります。しかし数回ミスってバラシ連発し運が飛んでしまいました。終了間際に時合があり間違いなく30儖幣紊竜を掛けるもハリスが切れてしまい釣行終了。検量対象2枚で今年の大会を終了しました。
今年はA堤防が非常に良く、長大なB堤防も同様に良かったです。浅場(C.D)ともに今ひとつでした。IMG_0584全体で117枚の釣果でTOPは7枚、クラブのSEKIさんが3位で黒工大会のリベンジ達成。カンちゃんも1枚仕留めました。昨年は2枚の釣果で10位以内に入れましたが今年は3枚以上で9位以内という非常にハイレベルな大会。それでも今年木更津沖堤初釣行かつ厳しかったC堤防縛りの中、複数枚の釣果があって個人的には悪くなかった大会でした。
来週は日曜日にAMのみ釣行@野島防波堤、翌週の15日はクラブの月例大会参加。毎週釣行は維持するものの、昨年よりも大幅に釣行回数が減りそうな感じです。。。

2017年05月28日

5月26日野島防波堤釣行記

5d1855a7.jpg26日に野島防波堤に行ってきました。はっきり言って野島は爆ってます。うちのクラブの釣果を整理したところ、5月26日までの釣果は過去ダントツの釣果を記録した昨年の7月中旬の釣果に並んでいます。昨年からクラブでやっているLINEも仕事中は刺激が強すぎで見ませんが、様々な情報が取れます。こんな時はキチガイ釣り師として何としても釣行せざるを得ません。しかし先週は仕事等で釣行不可。この土日も野島では釣行出来ません。来週3日(土)は野島防波堤講習会でほぼ釣りにならず。4日(日)もスケジュールがあり釣行不可。野島でまともな釣行が出来ないため、強引に休暇を取得して釣行してきました。
5:00に起床して村本には6:15頃着。平日で雨も降っているので人も少な目。天候は更に雨が強まる予報です。村本には既に10名強集まっています。平日釣行組の〇月名人も居ます(入院の立て続けでしばらく釣行できていなかったとのことですが、お元気です)。クラブメンバーは〇さんが居ます。シーバサーの京急さんも居て、魚も釣れていますので活気があります。予定通り7:00に出船、ドックには〇藤さん、〇さん、野〇さん、〇田さんが降ります。私は〇月さんと新堤に向かいました。
新堤は他にクロ師が1名降りて計3名で釣行開始。東北東の風を正面に受けて波立ち濁りもあって良い感じです。青灯側コバは〇月さんにお任せすると早速竿を曲げています。私は水曜日に魚を多数目撃したという馬の背側台の上に向かうも潮も下がって全く気配無し。この日は大潮で年間でも指折りの干満差、急激に潮が下がります。9:50頃、コバと看板の間の平場で32.5僂掛かります。10:30過ぎから潮が下がった青灯側コバを独占させてもらうと連発で魚が掛かり計7枚で午前の部終了。〇月さんは平場で1枚追加で計2枚。いったん12:00便で村本に戻ります。午前中は魚類の活性が高く、京急さんが60cm近いヒラメをドック先で仕留めています。ドックも8枚出ていました。IMG_0489
16:00便で再度出撃。夕マヅメから参戦の啓さんにザリガニさん、午前からのダブルヘッダーで私と野〇さん、〇さんの計5人でドック釣行開始。夕マの啓さんはゾーンに入って手に負えなくなり、他を寄せ付けない雰囲気に。2時間半であの人数の中、計8枚の釣果を叩き出していました。他は野〇さん4枚、私は辛うじて3枚でした。夕マはドックに渡った全員釣果があって楽しい時間を過ごしました。
夕マのドックは大変勉強になりました。爆った午前のパターンで釣行を進めていましたが(渡堤直後に1枚仕留めたものの)、啓さんや他の人は連発する中何故か全く当たりません。これで追い込まれて潮どまり直前に正反対の釣りに大きく舵を変えたところ直後に4回アタリが連発して2枚獲れました。もう少し早く決断すべきでした。ここ暫く釣れいていたのであまり気にせず釣行をしていましたが、狭くて人数が多い環境では調整力と柔軟性が問われると久々に痛感しました。IMG_0493
野島は爆ってますが、そこは黒鯛釣り。前日の天候や当日の風向きなど、釣行日が爆る日に重なるかの運に大きく左右されますが、防波堤選定(ドックは釣れるが狭くて人が多い。新堤は釣れるがポイントが狭くて若干博打の要素あり)や釣れている時間帯など村本で情報を仕入れて釣行プランを計画して臨んでいただければと思います。
次回は来週の野島防波堤ヘチ釣り講習会に参加予定。黒研の横浜大会には所用で出れないと思います。

2017年05月21日

近況

IMG_0428この年齢になると仕事も忙しくて土日もなかなか自由が利かなくなりますが、時間の許す限り釣行しています。
GWは休暇を取って平日の2日(AM野島、PMヤイタ釣行)と連休中の6日(赤灯+ドック11時間修行釣行)の2回野島に出撃してきました。ナライで気合が入った2日の釣行(ハナレ)は全く駄目で午前で撤収、午後はヤイタでキビレ2枚と戯れたのみでした。6日は午前赤灯(アタリスカ)午後〇若さんを誘ってドックに移動も数回のアタリのみで爆死しました。〇若さんはきっちり1枚獲っています。GWの野島は私に冷たかった。。。リベンジのため翌週の13日は午前中野島出撃、午後はクラブの幹事会のため一旦村本に戻って夕マヅメで野島再出撃。午前中渡った新堤は緩いナライの影響か比較的好調で計4枚、夕方は強まったナライのドックで2枚の釣果でした。新堤は釣行前のプラン通りの場所で魚を仕留めたので満足度は高かったです。しかしガレ場の隙間狙いをサクラの大江戸2.7+道糸1.5、ハリス1号のタックルで挑んで運よく黒鯛を掛けたものの、ラインの細さに勝負をためらってしまいバラしたのが心残りでした。IMG_0462
昨日は池袋のSchool通い。本日はクラブの月例大会でしたが、ある試験を受けざるを得ず不参加でした。今年の土日は釣行が絞られそうです。。。
うちの会社は6月は半期の締め。木更津の黒鯛工房大会はクラブの出場枠には入っていましたが、開催日の6月29日(木)は100%会社を休めません。これで3年連続出場不可。井上社長、ぜひ7月に開催日を変更してください〜。
次回の土日は釣行が難しそうなので金曜日会社を休んでAMだけ野島に向かうかも。

2017年04月23日

4月22日野島防波堤釣行記

IMG_0413昨日野島防波堤に行ってきました。この日はソコリ8:30頃、満潮は14:00頃。中一週間振りの野島釣行、潮回りも私が大好きな若潮です。前日の帰りが遅く、睡眠3時間程度でしたが予報は曇天、期待して村本に向かうとクラブメンバーはKJ師匠、F川さんにH間さんが居ます。他に常連の今○さんに他数名。他は投げ師にシーバサー、ちょい投げの方で船着き場は盛り上がっています。午前中はKJ師匠、F川さんの3名で赤灯、午後は状況を見てドックか青灯・ハナレ、新堤・馬の背のいずれかに移動のプランで出撃。計30名弱で定刻通りに出航しました。
沖は4〜5mのナライ。赤灯に到着して早速クロを狙います。内側はまだ下げ潮の時間帯のため潮は動いていません。いつもの通りボサエビでガレ場の隙間狙いをするもこの日は反応ありません。上げ潮を待つ間にあちこち調査。クロの気配はないですが濁りは結構入っています。潮さえ流れれば雰囲気は変わりそうな感じでしたが緩いナライに押され満潮時を過ぎても期待の上げ潮は流れません。潮待ちで昼寝後の11:00になっても内側は全く潮が動きません。KJ師匠もお手上げで11:30過ぎには赤灯の釣行を諦めて皆で午後の移動先を検討開始。F川さんは昼便で帰宅とのこと。今年未だ渡っていない馬の背に惹かれるもKJ師匠は新堤に向かうとのことで、前日オカマで2枚の釣果が出た青灯に向かいました。
青灯は昼便でクロ狙いの方が数名降りていて、オカマとマイルポストの間に張り付いています。オカマ沖は上げの時間帯ですが緩いナライに押されて下げ潮のように流れています。めちゃ良い雰囲気でしたが、オカマ裏には投げ釣り師2名、ちょい投げの方が2名に西面には青灯オカマおじさんも陣取っているので諦めてハナレ側を主戦場にすることに。別荘はちょい投げの方が4〜5名にシーバサーが2名とこちらも厳しい状況です。青灯看板横でまた昼寝、14:15頃に起床してブッツケまで往復するも気配なし。ボサエビでホンダワラの隙間を狙うもフグのオンパレード。これで青灯を完全に諦めます。海面も水路の壁面より下がったので15:15頃ハナレに渡りました。IMG_0417
曇天のハナレは潮もトロトロ流れて濁りも入って雰囲気は上々。緩いナライで海面もざわつきサラシもあちこち出ています。ボサで狙うとどこもフグに瞬殺状態。ハナレの真ん中まで来たところでボサを諦めます。手持ちのカニはほぼ使い果たしています。先々週まで良かったフジツボも手持ちなし。仕方ないのでこの時期あまり使わないツブを使いました。15:40頃、四畳半水路手前を折り返したハナレ真ん中あたりのタナでSTOP!!合わせを入れるとめちゃ引いた黒鯛を無事仕留めます。更に16:00前に水路手前で1枚追加。まーくんがボートで近くにきたので話を聞くとここ暫くはツブが良いようです。そのまま四畳半に向かうと平場で2枚、台の上で1枚GET!!場を休めたハナレに戻って釣行すると更に3枚追加、この時点で17:00。8個持っていたストリンガーを使い切ったので水分補給兼ねて予備を取りに一旦ベースに戻ります。20分後に再度ハナレで釣行再開するも、この間南風がやや強まってしまい沖側がベタ凪となったためか楽しい時合いは終了。ハナレの約1時間半で8発当たって8掛け8GETの釣果でした。IMG_0421私しか居なかったので黒鯛GET後にライン点検し針を交換して場を休めながら釣行したのが良かったのかも知れません。この日は夕マヅメはどこも好調で新堤・馬の背は夕マヅメで来堤した会長が2枚、ドックでも数枚。全体で15枚の釣果でした。
はたき中の魚も混じっていました。一枚ツブで普通に当たってきたので柔らかい餌は今年は終了のようです。
次回は29日か、休暇を取って5月2日に釣行予定。

2017年04月08日

4月8日野島防波堤釣行記

DSCF3661本日8日に野島に行ってきました。昨夜は花見@千鳥ヶ淵。何年振りかの夜桜は大変綺麗でしたが凄い混雑。海外からの旅行客が多数居て昔とは大違い。酒は飲みませんでしたが若干寝不足気味で野島に参戦しました。
今日は朝から南風が強まって気温が上がる予報。9:30頃まで下げ潮で15:00過ぎまでは上げ潮。村本に着くと黒鯛屋はクラブメンバーKJ師匠に会長とYくんと私のみ。他にシーバサー2名の計6名。雨の予報で南風なので皆さん敬遠していますがこの時期の上げの南風は水温が上がる(湾奥より湾口の方が水温が高い)ので風と潮がマッチして曇天なら条件的に悪くありません。Yくんと会長はドック、KJ師匠と私は赤灯に向かうことにしました。
上げ潮に変わる9:30以降の本番に向けてあちこち調査を実施。南西4〜5mでもう少し風が欲しいところ。バシャバシャなら馬の背側のガレ場がサラして下げでも食いそうですがちょっと厳しそうです。濁りは予想より入って悪くありません。内側の段差でクロが壁面をつついていますがガレ場はフグだらけ(手のひらをかじられて流血してしまいました)。8:00頃、三角岩の横にカニを落としたところ潰されます(アタリわからず)。海中を見るとクルージングした黒鯛を見かけます。気配はあるもフグが多くてカニやボサだと餌の消耗が激しく、8:20頃からフジツボに変えます。DSCF36648:30頃、階段前の沈みブロックの隙間にフジツボを落とすと聞き合わせでクロが乗ります!!ガレ場を超暴れてやりとりは痺れましたが無事44.5cmをGET!!潮がほとんど動いていない下げの時間の内側で1枚釣れてしまいました。睡眠不足なので9:00〜9:30まで雨中の昼寝。起床すると何故か北風に変わっています。雨も強くなって寒くて仕方ありません。天気予報を鵜呑みにして薄着で釣行してしまいました。バーナーでお湯を沸かしてコーヒーやカップラーメンを食べるも全く暖まらずギブアップ状態。頼みの南風は全く吹かず、ナライは6〜7mまで強まり内側は潮が流れず、午前中で諦めて釣行終了してしまいました。DSCF3670
ドックはモーニングと8:00過ぎに立て続けに釣れて計3枚、全体4枚でした。
この時期の天気予報を信用してはいけないですね。13:00頃から南の爆風に変わって狙った条件になったようですが、あれ以降は耐えれませんでした。フリース1枚着込んでいれば全く違ったと思います。
次回の釣行は目処が立ちません。来週は土曜日に顔を出せるかどうか、再来週も微妙。3kgUPが狙える乗っこみも実質あと半月。どこかで何とか時間を調整して釣行したいと思います。

2017年04月05日

4月2日野島防波堤釣行記

DSCF36484月2日に野島防波堤に行ってきました。大会幹事でしたのでクラブのFacebook https://www.facebook.com/kaizuclub.nojima/に概要を記載しています。
朝4:30に起床して子安丸に立ち寄ると、頼みのボサエビの在庫は最後の一杯(ラッキーでした)。翌月曜は朝から重要な会議や飲み会ハシゴがあります。何とか午前中(できれば朝一)の下げ潮で勝負をつけて午後は昼寝で体力温存したいところ。沖は荒れてます。新堤・馬の背はコバプロのKJ師匠にカンちゃんが渡ります。確率が高いコバですが、この2人と勝負しても勝ち目がないのと今年の馬の背は鉄板ではありません。青灯オカマはこの時期実績があります。また先々週の同じ潮回りで釣果があったハナレに向かうことにしました。
ハナレに飛び降りて階段〜テラスをカニで攻めるもスカ。テラスは大荒れで足元から波パンチ&冷海水シャワーの洗礼を受けます。しかし根性を出して別荘で折り返し。折り返しはボサエビで探ると別荘〜テラスの角でクロが掛かります!!読み通り、とナメたやり取りでゴリ巻きするとハリスの真ん中あたりでプッツン。。。間違えて前夜捨てるつもりだったプチプチ切れる古いハリスを持ってきてしまいました・・・。スペアの新ハリスに交換して釣行再開するもアタリなくモーニングを外して意気消沈。テラスで水浴びする根性が無くなります。9:40頃、テラス階段手前の沖の根をボサで狙うとズッシリとした魚が聞き合わせで乗るも大型のアイナメ。疲れを残したくないので10:00から別荘で昼寝をします。10:40頃起床。昼寝前より若干風が強まって看板までボサで狙うも反応ありません。私以外の青灯メンバーは村本ツブで狙っているようです。そこでフジツボを使って看板先で際を落とすと何と第1投の底で生体反応!!めちゃ暴れてホンダワラ林に突っ込んで際どかった49cmを仕留めます(超ラッキー)。11:10頃には急速に風が落ちて水路が渡れるようになります。水路を越えてハナレ〜四畳半はフジツボで狙うもスカ。四畳半の折り返しからボサを使うもフグがうるさくてカニに変えます。すると○星さんが水路を渡ろうとしています。アシストしようと水路に向かい、全く釣る気なく水路手前のサラシにカニを落とすと何と大ビンゴ!!46.5cmが釣れてしまいました(○星さん、申し訳ございません。。。)。午前中で2枚釣れたのでアイナメと一緒にドックに移動。移動の船上でアイナメの長さを測ると何と大物賞でした(これまた超ラッキー)IMG_0366
ドックでは昼食+コーヒーを飲んで就寝。15:00から1時間程度しか釣りをしませんでした。
半夜便で○谷さんと無事高校合格した息子さん(弟子)が来堤。カニ餌を預けて帰港しました。
大会は49cmの釣果で第二位でした。村本大物賞もGET出来て言うことなしでした。半夜で○谷さん息子さん(弟子)が良型のアイナメを釣っていますが、弟子より大きなアイナメで良かったです(笑)。
次回は8日に釣行予定。

2017年03月26日

3月20日25日野島防波堤釣行記

IMG_0308今週20日(月)と本日25日(土)に野島に行ってきました。
20日は今年の開幕戦。前日19日はクラブの月例会でしたが寝坊して参加できず。KJ師匠が新堤コバで2枚獲ったそうです。午後は予定があって半日の釣行。5:40頃自宅を出発。子安丸に立ち寄ってボサエビを購入して(爺さん相変わらず元気です)村本着。ナライ強め(北東10m)で期待が高まります。クロ師は私と〇若さん以外いません。約20名程度で出船、ナライ強めなので青灯に向かいました。青灯では団体さんにシーバサーの約10名程度が降ります。オカマ周りはスカ。別荘に向かってヘチをボサで狙うもフグしか掛かりません。10:45頃まで全く反応無し。風も6m程度まで落ちてきたので11:00前にハナレに渡ります。IMG_0312ボサを使って一往復半するも反応なし。12:00便で戻るため11:30頃にハナレを諦めてオカマに向かいます。11:40頃、テラスの底にカニを落とすと底で生体反応!!沖に走った時点で黒鯛と確信して慎重にやりとりをして本年1枚目をGET!!そのままオカマに戻って帰宅しました。

本日25日(土)は家内とスキーに行く予定でしたが、予定が入ってしまい行けないとのこと。かぐらも尾瀬岩鞍も降雪でコンディションが良さそうなので就寝ギリギリまで悩むも、帰宅も遅かったのでスキーを諦めて野島に向かうことにしました。起床時は観音崎で北東10m!!子安丸経由で村本に着くとKJ師匠に〇星さん、〇若さんが居ます。村本は投げ師も居て活気があります。黒鯛は前日夕方は新堤が良かったそうです。黒鯛狙いの4名は全員新堤に向かいました。IMG_0329
新堤に降りて早速マイルポストに向かってボサを使うも潮が全く流れていません。1時間程度集中して狙うも全く気配無し。9:00の時点で既に上げ潮の流れに変わっています。10:00頃、午後は赤灯に向かおうと皆で話をしていたところ、いったん戻って遅刻のお客さんを待った金幸丸が新堤にやってきました。このタイミングで早々に新堤を諦め、社長にお願いしてKJ師匠と〇若さんの計3名で赤灯に移動しました。
ナライ強めの赤灯、沖側は荒れていますが内側は上げ潮が流れています。第一投は馬の背側のスロープ横の溝に狙いを定め、サラシが効いている手前にボサを落とすと大ビンゴ!!クロが一発で掛かるもオーバーハングの内側に潜られてあえなくラインブレイク・・・。大ショックです。しかしその10分後、スロープの先にある沈み根をボサで狙うと大ビンゴ!!一瞬根掛かりと間違えた49.8cm、2.5kgが釣れます。その後11:00過ぎまで反応が止まったので昼寝タイム。12:15頃、騒がしいので起床すると金幸丸が赤灯に来ていて、KJ師匠の良型クロの写真撮影中。聞くと少し前にガレ場で掛けたそうです。IMG_0349風も落ちて凪てきます。気合を入れてあちこと狙うも反応なし。13:30頃、何度も狙った階段横の穴に活きの良くない小ボサを付けて落とすと何と黒鯛が掛かります。穴の中で掛けたので際どかったですが無事GET!!51.2cm、2.5kgの乗っ込みの魚でした。
その後は反応なく、再度昼寝をして15:15に釣行終了。夕マヅメは釣行しませんでした。
年間で3月からGWまでしかボサエビの釣りはしません。期間限定ですが楽しい釣りです。
次回は4月2日(日)を予定。

2017年02月19日

そろそろ

IMG_0144スキーblogですので興味のない方はスルーください。昨日は中一週間ぶりに冬のホーム尾瀬岩鞍に行ってきました。春一番と降雨後の冷え込みのお蔭で予想通りゲレンデはガチガチ。恐る恐る国体女子を何度か滑ってガリガリ斜面の足慣らしをした後に広いチャンピオンに向かいます。荒れた斜面を高速大回り中にコブ上の氷塊に乗って足が流れ、久々に板が飛ぶも調子は悪くなく、ガリガリ斜面相手に快適にスキーを楽しみました。混雑前に帰宅したかったので昼過ぎに国体女子西山に戻って4〜5本滑って切り上げ。花咲温泉(http://www.hanasakunoyjavascript:void(0)u.com/main/modules/tinyd1/)に立ち寄って帰宅しました。花咲温泉のジェラードはお勧めです。
2シーズン使ったオガサカkeo'sは今年で引退の予定です。私の技量からすれば何でも良いのですが、板の性能も向上して腕をリカバリーしてくれますので板の選択は悩みどころです。

今年の野島初戦は次回の土曜日か3月4日の予定。仕事の関係で今年は日曜日の参戦率がちょっと下がると思います。また今年も長いシーズンが始まります。。。

2017年01月29日

ちょっと更新が滞ってます。。。

61c85b58.jpg新年に入ってからBlogの更新が出来ていませんでした。正月は栂池高原に妹家族とスキー。しかし新年度に突入してから忙しすぎてまともな休暇が無し(三連休も仕事でした・・・)。毎年1月は忙しいのですが今年は異常なほどで、新年度の計画説明や資料作成に土曜日の集中会議などが重なって土日も休みなし。お蔭で先週末はストレスが溜まって両マブタが絶えず痙攣するほどに。これはマズイと思って22日はスケジュールを調整して独りで半日スキー@尾瀬岩鞍に行ってきました。雪質は最高、朝一から全開で滑りまくってストレス発散、マブタの痙攣はスキーの昼食時には信じられないほどにピタッと止まってました(釣りやスキーなどのストレス発散は必要ですね)。ところが疲れからか翌日から体調を崩し、火・水は咳が止まらず微熱も出て最悪。本日やっと体調が戻ってきました。。。
5年乗ったA4も今月車検。少し悩みましたが車検通しました。代車で借りた新型A4のあまりの良さに車検を通したのを少し後悔しましたが、今の車は全く不満もなくどこも悪くないのであと2年は乗り続けると思います。
野島も条件が良ければ釣れてますが、3月までは行かない思います。
それでは今年も宜しくお願いいたします。

2016年12月30日

2016年を振り返って

今年もあとわずか。うちの会社は昨日が最終日で締めの飲み会。30日の最終釣行を予定していたのですが、帰宅が午前様で起床できず。今月は忙しく、土日も仕事で何回か潰れてしまいました。
みなさん今年は如何だったでしょうか?勤続25周年の一ヶ月休暇を頂いて釣りに旅行に行ったのが最高の思い出です。7月下旬〜8月中旬に休暇を頂いて長崎遠征や野島連続釣行の釣り三昧。長崎ではへダイの大爆釣を経験。暑すぎで朝2時間と夕方〜日没のみの釣行でしたが黒鯛やキビレ含めて3日で約60枚をGET、魚を掛けてやりとりした数はおそらく150回前後だったと思います。遠征としては過去最高の釣果でした。野島連続釣行は8月の難しい時期だったことと、(休暇中なのに)仕事も入ったりと予定より釣行できず釣果も伸びませんでしたが、9月以降は条件にも恵まれて何度も爆って楽しい思いをしました。
明日深夜から妹家族とスキー@栂池高原。すでに冬の趣味に気合を入れているので黒鯛釣りは3月上旬まで冬眠します。
それではみなさん良いお年を!!

2016年11月23日

11月23日野島防波堤釣行記

IMG_2559本日野島に行ってきました。19日(土)は黒研の忘年会@川崎。翌日20日(日)は伊勢原の大山登山。黒研の忘年会は生1杯にハイボール2杯、焼酎お湯割3杯と軽めの飲みでしたが翌20日は何故か二日酔いで頭痛が激しく、大山登山は女坂からチャレンジするも大山寺の紅葉を見て阿夫利神社まで来てギブアップ。23日は元々別の予定がありましたがキャンセルとなり急遽野島釣行。前日は村本のHome Pageも確認せず6:00前に起床。Webで東京湾海上交通センターの風を見ると凪てます。午前中のみの釣行のつもりで高速を飛ばすと湾岸線はハンドルが取られるほどの横風(???)鶴見つばさ橋は14mも吹いています。村本はお客さんが誰もいません。なんと東京湾海上交通センターのHome Pageは2:00AMから更新されず、村本も午前中は出船中止と告示済み。。。そのままアークスさんに顔を出してから10:30頃に再度村本に。12:00便はヤマちゃんにシーバサーの京急さん、青灯オカマおじさんの4名で青灯縛りで出撃しました。
オカマに荷物置いて1ヒロ以内のタナを狙うといきなりクロが針掛ります。手応えでレギュラーサイズと判断し、魚がこちらを向いた瞬間に超ゴリ巻きすると魚が反転しギュンと走られた瞬間にプッツン・・・。直後にヤマちゃんが1枚仕留めます。ハナレ方面に向かうと途中数回アタリがあるもタナではアタリが出ず。仕方なく折り返しは底まで落とします。13:30頃、マイルポストとブッツケの真ん中くらいの底で良型が掛かって無事GET。14:30頃、看板手前の底でまずまずのサイズが掛かってこちらも仕留めます。テラスも荒れてて雰囲気があります。底まで餌を落とすと1回針掛りするも即針ハズレ・・・(涙)。IMG_258915:30過ぎにテラスからオカマに向かうと看板を越えたあたりで数回ア タリが出るも魚を掛けきれません。食いが浅いようで若干イライラする中、クズレ手前でスッポ抜け、しかしブッツケの極浅ダナでレギュラーサイズが掛かって無事GET。横でヤマちゃんも魚を掛けて無事取り込み。その10分後に浅ダナでもう1枚追釣。ヤマちゃんはその直後にテラスに向かって1枚仕留めます。16:00過ぎに魚を掛けるもアンテナの置き場を探している途中で痛恨の針ハズレ・・・。結局このバラシで釣行終了しました。IMG_2595
4枚の釣果でしたがバラシ多発で大反省。全般的にタナが深めで、先々週のような極浅ダナの連発がなかったので(極めて贅沢ですが)若干物足りない釣行でした。
次回は26日(土)の夕マヅメ釣行予定。

2016年11月13日

11月12日野島防波堤釣行記

IMG_2515昨日12日に夕マヅメの野島防波堤青灯に行ってきました。先週は山登り@三ツ峠山(ヤマノススメに敬意を表して三つ峠グリーンセンター経由のAコース往復しましたが、はっきり言って死にそうでした。このルート、女子高生には無理!!)この日は半日手バネハゼ@新明丸、終了後に野島夕マヅメ便で1時間半の黒鯛狙い。朝6:00に鶴見の新明丸に到着、KJ師匠に○畠さん、F川さんのクラブメンバー3名での釣行。ちょっとしたアクシデントがあるも7:45に出船、新山下や鶴見の運河界隈で釣行して60匹くらい。今年のハゼは小さく、刺身サイズは数匹。25匹のみ持ち帰りました。
14:00に釣行終了しそのまま村本へ。15:00便に飛び乗って青灯に向かいます。北北東8ⅿ程度、適度に荒れていて黒鯛釣りにしてはまずます。IMG_2536青灯はH川さんが釣行、15:00頃に1枚仕留めたとのことで期待が高まります。潮は透けていますが既に下げが入って雰囲気は悪くありません。そのまま看板までリュックを背負って移動し釣行開始。別荘に向かって釣行するとテラス手前のサラシで黒鯛発見!!餌を落とすといきなり引き込んでやりとり開始。めちゃ引いた45僂鯀瓠垢烹韮釘圈いったん看板まで戻って魚を吊るして再度テラスに向かうとサラシ下のハリス半分くらいで明確なSTOPが出て46.5僂鮖杜韻瓩泙后K潮から落としが入ったテラスのサラシは良い感じ。表層を黒鯛が何匹も泳いでいます。二枚目を仕留めた直後にサイトで見つけた黒鯛を狙って餌を落とすと針掛かるも痛恨の針外れ。オカマ方面から来たH川さんがテラスで釣行。1枚追加しているとのこと。テラスの魚も沈んだのでオカマ方面に向かいます。看板まではアタリ無し。看板を越えた直後に極浅のタナで明確なSTOP!!この日最大の49僉■押ィ娃貝圓鯡技タモ入れ。ブッツケ付近では数回当たったものの時計は16:15。オカマに荷物を置いているH川さんと情報交換して魚を吊るしているテラスに向かいます。日が傾いたテラスは魚が浮き上がっています。16:30頃、別荘で魚を掛けるもバラシ、その直後。サイトで見つけたサラシ下の魚を狙うもハリス切れ(時合いだったのでハリス交換せず失敗しました)。16:40頃に浮き上がっている黒鯛に餌を落とすとものすごい勢いで引き込み、44僂鬘韮釘圈金幸丸が青灯を通過で間もなくタイムアップ。IMG_2541赤灯に金幸丸が到着した16:45頃、サラシ下をハリス以内で狙うと46.5僂掛かり無事ネットイン。半夜突入すればまだ数枚行けそうでしたが充分なので予定通り夕マヅメのみで釣行終了。久しぶりに秋の夕マヅメの炸裂を楽しみました。
この日は新堤でもI上名人が平場のタナで5枚、青灯オカマ側は炸裂しなかったもののH川さんは計3枚、夕マヅメのみで合計16枚と何年ぶりかの秋の野島夕マヅメの大爆発。前回の釣行と同じ潮周りを狙って釣行したのが良かったです。
次回は22日に休暇を取得して釣行か26日の予定

2016年10月31日

10月29日野島防波堤釣行記

IMG_246329日(土)に野島防波堤に行ってきました。先週も野島に向かいましたが大混雑でクロを諦めスミイカ狙いの釣行(少し狙いましたが駄目でした)。スミイカ5杯にアオリ1杯。この日は大ナライの予報、北東の風で大荒れ覚悟で強まりそうなので出船不可も想定して村本に向かいました。
予報が悪いのでクロ師の出足も今一つです。全体は15名程度。中〇さんにHASEさんアンちゃんと私のみ。沖は大荒れで渡堤先は青灯限定。潮はそこそこ透けています。青灯に飛び降りて別荘に向かって竿一本以内のタナを狙うと先行のアンちゃんが良型を掛けて無事取り込み。超期待して看板を越えるも途中アタリ全く無し。大荒れの別荘手前でやっとアタリが出るも針掛かりしません。しばらくテラスで粘るとサラシの中で引き込みのアタリ!!良く引いた45僂釣れます。その後は大波パンチを食らいながらテラス〜別荘で釣行を続けるも反応が出ません。テラスまでの片道でアタリが一切なかったため平場には戻る気もしません。10:30頃、テラス手前に居たHASEさんに様子を聞くと何と平場はアタリ連発中。卓ちゃんもHASEさんも2枚とのこと。2ヒロでアタリが連発して超楽しい状況とのこと・・・。完全に外してしまいました。がっくりして場を休めたテラスに戻ると聞き合わせで魚が乗り、アワセを入れるとプッツン。立ち直れません。11:00頃諦めて水分補給と休憩兼ねてオカマに戻ります。HASEさんは好調に枚数を重ねて4枚、中〇さんも4枚獲っているそうです。クズレ手前で中〇さんに様子を聞く直前にバラシがあったそうです。タナが深くなってますよ、とアドバイスを頂きます。クズレからオカマはヘチ釣りの竿抜けポイントになっているようですが雰囲気は良さそう。11:15頃、看板手前で底までツブを落とすといきなり30僂GET!!IMG_2466金幸丸が青灯に接近した11:30頃、ブッツケ手前で良く引いたレギュラーサイズを仕留めます。11:40頃、ブッツケで40兌紊鮖杜韻瓩瞳4枚に。すると風も落ちてハナレが渡堤できそうな状況になります。様子を見に行くとうねりが壁面を大きく超えています。ウェーダー装備だと無理なので諦めてオカマに戻って休憩タイム。昼食後スミイカを30分程度狙うもアタリ無し。14:00頃風が強まってクロ狙い再開。潮が高くなった15:00頃、テラス手前でレギュラーサイズを仕留めます。満潮手前の時間帯は好調で中〇さんもHASEさんも1枚づつ仕留めていて各5枚。満潮は16:00頃。15:00過ぎから風に押されて下げ潮が流れ出しています。16:00過ぎにこの日何度目かのテラスに向かうといきなりの引き込みで43僉16:30頃、別荘の平場底でめちゃ引いた47.5cmをGET。16:45頃テラスの段差で魚を掛けるも止められず段差角にラインが触れてプッツン。夕マは2枚追加で終了しました。
この日の青灯は計20枚出ました。この時期青灯20枚は珍しいです。一昔前の「X-Day」でした。
次回は3日か6日の夕マヅメ釣行。12日は手バネハゼ@新明丸。終了後ナライが吹いていたら夕マ出撃予定。IMG_2486

2016年10月15日

10月15日野島防波堤釣行記

DSCF3645本日野島に行ってきました。昨夜も仕事で遅かったので午後の出勤も考えましたが5:45に目覚ましを掛けて8:00便に乗船。7:15頃に村本に着くとエギンガーとちょい投げ師で賑わってます。クロ師はHASEさんやS木さんに〇若さん、クラブメンバーはIさんにF川さん、〇間さんが参戦。沖は北北西7m程度、朝から15:00便までハナレ、夕マヅメは新堤という釣行プランで出船しました。
ハナレに降りて平場を狙うも潮が低くて全く反応なし。テラスに向かう階段はここ暫く好調とのこと。期待して集中して狙うも気配全く無し。水路は膝上くらいの水深です。いったんベースに戻って渡堤の装備をしてから水路を渡ります。
ハナレは北北東6〜7ⅿで際はばしゃついているも水が無いので期待薄。先週は心臓バクバクの渡堤でしたが今日は落ち着いています。渡ってすぐ、沖側をミドリで狙うと横っ走りのアタリが出るも針掛かりせず。半信半疑で際タナ狙いをすると平場の聞き合わせで35cmを無事GET!!10分後くらいにタナのSTOPに聞き合わせして45僉更に15分後に良く暴れた39僂引き込みのアタリで掛かります。薄濁りで1ⅿちょいの超浅い水深のハナレですが、サラシが出ている平場の際タナで食ってきます。DSCF3642真剣に狙い続けるも潮も止まって時合いは終了。時計を見ると10:15、モーニングは3枚の釣果。疲れて昼寝をしてしまいました。
11:00に起床し再度ハナレ内側、沖側を狙うも反応がありません。ベースに戻ってエギングをするも全く反応なし。潮が高くなるまで昼食&のんびり休憩することに。
15:00過ぎから潮が高くなります。新堤のコバは誰も竿を入れていません。釣行プラン通りに新堤に移動するためハナレに接近する金幸丸の着岸を待つと「潮が高いので乗船する人は青灯に移動ください」と社長のアナウンス。。。青灯に向かうのは面倒なのでそのままハナレにSTAYすることにしました。渡堤を諦めた夕マヅメの新堤は大混雑です。ハナレはちょい投げの方2名のみ、ハナレSTAYは正解かも、と思った直後のテラスの際で明確なSTOP!!大暴れした47僂鮖杜韻瓩泙后その5分後に28僂釣れて時合いっぽくなるも勢いは続きません。DSCF3647下げが動き出した16:30頃にテラスの引き込みのアタリで38僂釣れて夕マヅメ3枚目。粘りたかったものの青灯オカマに荷物を持って移動しそのまま帰港しました。
枚数は出ましたが釣果はモーニングと夕マヅメのみ。先々週のハナレ3枚のほうが満足感は高いです。イカはそこそこ釣れていました。
次回は来週土曜日釣行の予定。

2016年10月12日

10月8日野島防波堤釣行記

三連休初日の8日に野島に行ってきました。この日は満潮9:41 156cm 干潮14:44 117cm。予報では午後から南の爆風が吹くとのこと。前日は仕事が遅かったことと、ソコリの潮高もあること、下げがナライで上げが南風の爆風なら青灯内側で釣果が狙えるので無理せず12:00便で釣行することにしました。
11:00過ぎに村本に着くとイカ狙いの方が来ていて活気があります。PLAN通り青灯に向かいます。風は弱いナライ。沖は雨後の緑系の濁りが入ってまずまず。カンちゃんから情報を得ると午前中青灯はエギンガーが多数渡って黒鯛狙いどこではなかったそうです。HASEさんも朝一に内側で当たるもその後はイカ狙いとのこと。人が急激に減った青灯は緩いナライで沖側は波立ち潮も流れています。早速ハナレに向かって際タナ狙い開始。アタリを期待せず竿1本を落とし続けると別荘手前で予期せぬ引き込みのアタリが出るも針掛かりせず。テラスの段差ではもう一発潰されます。経験上別荘で当たればハナレは鉄板です。潮が少し高かったですがベタ凪なので構わずハナレに渡ります。渡堤前から心臓バクバク状態、ハナレも際タナの竿1本以内を狙うも信じられないことに一発もアタリ無し(残念!!)。ハナレに渡った直後に潮が止まってしまいました。底や沖を狙うもアタリ無し。仕方なく少しは潮が流れる四畳半に渡堤。平場のタナを落とすと2投目に横っ走りのアタリが出て無事GET!!良く引いた43僂任靴拭DSCF3640四畳半でしばらく粘るもガレ場のピンポイントや台の上は反応なし。潮が止まったハナレも気配無くソコリ間際で南風が吹きだしたので速攻で青灯側に戻ります。青に帰堤直後に10m強の南西風が吹き出し始めて釣行プラン通りに。上げが流れ出すまで小休止しました。
15:00頃から潮も流れ始めたので青灯内側狙いの釣行開始。濁りも良く雰囲気があります。16:30頃、看板付近の根で黒ツブでアタリが出るも軽く潰されただけ、食いが浅いです。ミドリに変えるとクズレで明確なSTOPが出るも掛け損ね。集中するとマイルポストのタナで荒っぽいアタリが出て40僂鮖杜韻瓩泙后D牴未呂△辰燭發里瞭眤Δ魯櫂張櫂津たるも全体的に食いが浅いです。17:00頃、看板を越えて別荘内側を狙うとサラシで鋭い引き込み!!。大暴れしてなかなか浮いてこなかったものの無事GET、46僂任靴拭これもミドリの釣果でした。これでオカマに戻り釣行終了。前回の釣行同様に上げ潮南風の青灯内側で釣果があって良い半日釣行でした。IMG_2425
10日(月)は釣りには行かずに檜原村にある都民の森の最高峰の三頭山(1531ⅿ)に登ってきました。楽な山と思いきや周遊コースは雨後の岩場あり急登ありで予想よりもきつい登山。帰りの温泉は最高でした。
次回の釣行は15日(土)を予定。夕マヅメは新堤か青灯に居る予定。

2016年10月03日

10月2日野島防波堤釣行記

IMG_2326昨日所属するクラブの月例会の最終戦に行ってきました。10月は出船が8:00、帰港が防波堤15:15頃と冬のスケジュールに。釣行時間も短くなりますが、朝も1時間睡眠時間が多く取れますし翌日の仕事を考えるとちょうど良いくらい。5:40頃起床し村本着が6:50頃。エギンガーやちょい投げの方、ヘチ釣り常連の方が多数来ていて活気があります。天候は終日曇り、前日青灯は今一つだったとのことですが、秋はどこで釣れるか判りません。あえて前日釣れなかった青灯に向かうことにしました。ハナレでも釣行したいので買ったばかりのウェーダー+漁師合羽を着込んでの完全装備で出撃しました。
沖は適度な茶系の濁りがあって良い雰囲気です。前日釣れたドックは人気で10名以上が降ります。船上からモーニングを見学、すると北面を狙った水戸の名人がドック側コバで大アワセを入れてやり取り開始し無事ネットイン!!これを見て皆の気合が入ります。私は予定通り青灯で降りてハナレ方面に向かって竿一本のタナを狙います。しかし別荘で怪しい反応があったのみ。エギンガー含め20名以上降りた青灯平場は厳しそうな感じです。水路を狙った○星さんも反応なし。海はほぼ無風のベタ凪。潮高は水路壁面と同じですが、ベタベタなのでそのまま〇星さんとハナレに渡って釣行開始。期待の1往復目は1回ツブ潰されと○星さんの引き込みのアタリが出たのみ、2往復目以降は反応全くなし。四畳半台の上やガレ場も全く反応なし。潮も止まったので10:30頃にオカマに戻って昼食、コンビニのオニギリを食べながら皆の状況を聞くも誰もアタリ無しとのこと。イカ狙いの方が沖側内側投げまくっていて、黒鯛が釣れそうな感じがしません。雑談しながら海の変化を待つと11:10頃から上げ潮が流れ出します。午後は赤灯に向かうことにして、上げの定番ハナレの内側一発狙いで再度水路を渡って渡堤。内側はベタベタ、多少潮が動いています。一往復目、別荘内側でハリス程度でSTOPが出て何と32cmが釣れます。釣果を諦めていたのでかなり嬉しいです。11:50頃、上げ潮が川のように流れる四畳半に渡ってガレ場隙間のいつものピンポイントを狙うと一発で海タナゴと間違えた25cmが釣れます(大会なので一応Keep)。この釣果でハナレで粘ることにしました。ハナレはベタ凪も上げが良く流れて時合いが来れば食いそうな雰囲気になります。13:30頃から緩い南東風が吹きだすと内側が少し波立って変化が出ます。すると極浅ダナでカイズがヒラを打つのを目撃して心臓バクバク。IMG_232314:00頃、ツブを咥えただけのような反応が数回出た後に50cmくらいのタナでSTOP!!良く引いた40cm 0.97kgが釣れます。その直後に極浅ダナでSTOPに合わず掛け損ねたりと完全に時合いになりましたが、水路の潮高が上がってきたので14:15頃迷わずハナレ撤収。そのまま釣行終了しました。
青灯、ハナレは他に稲○さんが午後のオカマ内側で1枚捕った以外に釣果無し。新堤はKJ師匠が2枚、ドックは好調でクラブメンバーに6枚釣果がありました。
大会優勝は○安さん、準優勝は○川さん、3位は水戸の名人。私はサイズ小さく40cmの釣果で7位でしたが、ハナレの2枚の釣果に四畳半の隙間狙いなど、狙って釣った感があって楽しい釣行でした。
週末の3連休は土曜日か月曜日にアオリ狙いで釣行予定。

2016年09月25日

9月22日野島防波堤釣行記

IMG_232222日に野島に行ってきました。18日は立山登山の予定でしたが大雨で残念ながら中止。この週は仕事が忙しく22日は釣行を諦めていたものの、前日22:30頃に見たドック〇本クンのLINEの釣果報告で火がついてしまい、仕事のスケジュールをドタキャンしての出撃。起床時からナライも強めで期待して村本に向かうも、駐車場が妙に混雑しています。〇本クンのLINEで火が付いた会長他クラブメンバー多数が居ます。他に〇藤会長に弟子の〇ちゃんに〇倉さん、黒鯛神〇藤さんや黒工大会で活躍の横須賀赤〇さんなど、何かの大会開催??という位のそうそうたるメンバー、正直人が多すぎです。〇本クンに、「人が集まるのでLINEの釣果報告はやめなさい(笑)!!」と冗談を交わしながらの出船。乗船前は活気があって楽しいです。北〜北北西10mくらいで風速ほどうねりは無い中で青灯と新堤限定の釣行。〇ちゃんが新堤に行くとのことで青灯に向かうことにしました。
青は私の所属する両クラブの会長や〇倉さんに〇本クンやカンちゃん、常連の〇藤さん他全体20名弱が降ります。モーニングのマイルポスト〜オカマはアタリ無し。濁りは薄く潮が結構透けています。上げの時間帯なので潮もあまり流れていません。北西風はハナレ方面は悪くないのでちょっとワープすると別荘階段下で引き込みのアタリ!!読み通り、と思った直後に針外れ。。。別荘は頭から潮を被ります。しかも北西大ナライは足元から予期せぬ波パンチを繰り出してきます。大荒れの中、ツブが取られたり潰されが計2回。30分近く粘ったもののアタリも遠のき足元波パンチの連発にノックアウトを食らってオカマにいったん撤収。前日爆ったブッツケ〜マイルポストは釣果が無いようです。10:30頃、風も強まって誰も行かないハナレ方面が私を呼んでいます。意を決して再度別荘に向かって出撃、別荘の階段を上がったところで40僂らいの魚が掛かります。大荒れの中、魚を浮かせたものの大波で何と痛恨の針外れ。。。気を取り直して足元から波パンチ連発を食らいながら別荘の段差を狙うとタナの聞き合わせで42僂掛かって無事GET!!IMG_2321プチ時合いのようで別荘の平場でももう2回当たるも荒れすぎでアタリが全く分からず。後から来た〇藤さんもツブを潰されるもこちらもGETには至らず。この日は漁師合羽+ゴアテックスの合羽+ウェーダーの完全装備で臨みましたが、足元からの波パンチが首元から侵入してウェーダーの右足が海水でビタビタに。1枚獲れたので午前中で撤収しました。
午前中のオカマ周りは釣果無し。夕方は良かったようです。新堤は午前中〇ちゃんがコバで3枚、常連S木さんが1枚とのこと。新堤に行けばよかったような。。。
久々に別荘で大波を食らいまくりました。海水温はまだ高いので覚悟すれば楽しいですが、風が強いと体力を消耗します。これからは装備は万全に。波を食らわなくてもウェーダーと漁師合羽はセットでお持ちください。野島では11月に入ったら首ネックも必須。他堤と違って合羽の下に海水が入らぬよう防御用です。
昨日土曜日は恒例の墓参り+義理の兄と酒飲み@日暮里、今日は朝から仕事をしました。本当は今日のんびり釣行したかった〜。
次回は10月2日(日)のクラブの今年最後の月例大会に参加予定。今後は10月一杯はアオリイカ狙い。11月〜12月は再度クロとルアーでシーバス狙いをする予定です。

2016年09月13日

まとめて更新その4

8月27日AMは野島に磯子、28日は大黒埠頭のヘチ釣り講習の手伝い。9月3日はクラブの夜釣り大会、10日はクラブの9月度月例会に行ってきました。
8月27日は長潮、満潮14:00頃のため朝から好調のはずのドックに。朝一は凪ていましたが刻々と東風が強まり9:00頃からドック平場を潮が越え始めます。ドックでは誰も当たらず、うねりも激しさを増して10:00に青灯に強制移動。朝から青に居た長〇さんは2枚仕留めています。大うねりの青灯は波が防波堤を越えまくって釣りにならず。11:15頃、辛うじてマイルポストで40僂竜をGETするも更にうねりが激しくなって12:00で強制撤収となってしまいました。釣り足りないので午後は横浜も考えたものの、合羽がびしょ濡れのため諦めて私服でもお気軽釣行可能な磯子海釣り施設に。IMG_2219磯子は予報が悪いのでガラガラ。しかし満潮時を迎えた磯子は好調で実釣40分で3アタリ2掛け2GET。1枚は50冂度の良型でラッキーでした。
翌28日は大黒海釣り施設でのヘチ釣り教室のお手伝い。5月に海中に落下した玉網が何と釣りあがっていてまた手元に。こちらも超ラッキーでした。
9月3日は夜釣り大会。個人的に一番気合が入る大会です。元々私は夜釣りが大好き。野島に通い出した頃、当時の夜釣り名人にいろいろと指導いただいたり、横浜営業所勤務の際に良く横浜沖堤の半夜で遊んでいた経験があるからです。この日の午前中はBBQ(楽しかった〜)で飲み過ぎ。若干フラフラしながら釣行開始。青灯は夕マヅメまではかなり荒れてハナレでは波を被るほど。しかし気合が入りません。暗くなってから波も落ち着き気合を入れてストロー虫で釣行するも、何と一発もアタリ無し(涙)。酒のせいもあったかもしれませんがはっきり言って夜釣りヘタクソになっていました。。。修行して出直します。
9月9日は秋の登山その1@高尾山。IMG_2233下から登りましたが暑くてギブアップ寸前。翌9月10日はクラブの9月度大会。黒研の大会と重なっていましたが、大会幹事のためクラブ行事を優先しました(今年はイベントが重なり一回も黒研大会に参加できませんでした・・・)。朝から稲〇さんと青灯に。降りた直後はアタリが出なかったものの、皆がハナレ方面に向かって人が減ってから突然アタリが出始めます。しかし掛かりが浅くてバラシ連発。稲〇さんも同じ状況に。3バラシ後にやっと良型が1枚釣れるもアタリが止まります。ハナレでは諸〇さんが魚を仕留めています。ハナレに渡って平場を探ると真ん中あたりで明確なSTOP!!めちゃ暴れた52僉2.2kgをGET!!その直後に32僂盂櫃ります。IMG_2238しかし10:00頃から大雨で修行状態に。11:00過ぎの潮が高くなった水路では3回掛けるもやりとり中に穴に落ちてバラしたりと涙目状態。12:00頃にチンコロ(即リリース)を釣って4枚。稲〇さんはポツポツ釣って15:00までに4枚。16:00頃、このまま終了と思いながらも金幸丸が青灯に接岸したと同時にマイルポスト先で42僂掛かって計5枚で終了。おまけにハナレの52僂猟牴未乃廖垢坊醂秣膕駘ゾ ⊇わってみれば良い釣行でした。
IMG_2240次回は17日AMのみ野島釣行。18日〜19日は秋の登山その2@立山。室堂〜雄山に登って御前沢雪渓(日本に3つ認められている氷河の1つ)の写真を撮りたいと思います。

2016年08月21日

8月20日野島防波堤釣行記

IMG_2199-1昨日20日に野島に行ってきました。7月23日から勤続25周年の一ヶ月長期休暇でしたがその最終釣行日。この日はKJ師匠とカンちゃんとマゴチ釣行。本牧の長崎屋さんから出撃の予定で目覚ましを4:30にセットしたにも関わらず起きた時間は何と7:30!!大寝坊をしてしまいました。。。KJ師匠にカンちゃん、大変申し訳ございませんでした。
お蔭で睡眠充分も、やることがないので12:00便で野島に向かうことにしました。10:30過ぎに村本着。12:00便で向かうのは私とドックを希望されるおじさん2名のみ。ドック堤で釣行の3名は帰港するとのことで2名での釣行、超ラッキーです。
午前中のドック釣行者は会長に常連HさんにIさん、会長は3枚仕留めています。Hさんは平場で51僂鮖杜韻瓩討い泙后J疹譴好調とのことで期待して釣行開始。丸環上には黒鯛が何匹も泳いでいます。しかし潮が流れず餌には見向きもしません。13:30頃、黒鯛の集団にツブを投げ込むと潰されて回収。14:00前に丸環沖側の際でツブが半分潰されます。緩い北東風。上げ潮もほとんど流れず明確なアタリが出にくい状況が続きます。14:30過ぎから下げ潮のように北から潮が流れ出します。15:00前から良い濁りが入り出します。丸環際をツブで落とすと魚が掛かるもバラシ。横でおじさんが良型を掛けてタモ入れをアシスト。その直後に丸環横で46.5僂掛かって無事GET!!15:20頃下げ潮のように北面に潮が当たっています。ツブを落とすと35cmが掛かって御用。その直後に良型を掛けるもハリス切れ。15:40頃、丸環屏風下で元気な45cmが掛かりこれも御用。完全な時合いです。16:00前に北面でまた魚が掛かるも針外れ、北面は落とすとアタリが出るような状況に。2名しか居ないので場をコントロールします。IMG_2204夕マヅメ便で今○さん来堤。北面の状況を説明して落としてもらうと第一投で良型を仕留めます。その直後に北面の釣り方をガイドしたおじさんも40僂鮖杜韻瓩涜膣遒咫私も北面の50僂らいのタナで44僂鯆苗燹△靴しこの釣果後に潮も止まって時合いは終了。その後はアタリ一切なく夕マヅメ終了となりました。
この日は夕マヅメの新堤も好調で短時間で7枚の釣果。ドックも新堤も渡った人は全員釣果がありました。
この日は衝動買いをした戦竿を使いました。野島でこの竿で3回釣行しましたが、ボーズなく計11枚の釣果。竿の調子は私には柔らか過ぎなのですが何故か良く釣れるのでしばらく使ってみます。
28日(日)の黒研チャリティ大会は残念ながら参加できません。次回は26日(金)か27日(土)に野島釣行の予定。

2016年08月16日

まとめて更新その3

IMG_2165今月21日までの長期休暇も終盤戦、せっせと野島に通っています。
8月7日は朝から野島に。村本に到着すると東京湾の強者黒鯛師が集結しています。何と黒鯛神さんの例会でした。。。この日は台風接近の影響でナライが吹いています。迷いなくこの時期定番の青灯に行くも午前中全くアタリ無し。12:00の迎えの船が出た後にオカマで35cmが釣れて期待が高まるもその後は数回のバラシで16:00便で撤収。厳しい1日でした。
台風通過後の9日も再度朝から青灯に。8日からクラブの週間大会ですが、大会初戦。釣友カネゴンやF田さんはドックに向かいます。久しぶりのC大名人とAward参加の○崎さんは新堤、私は台風通過でパターンが変わったことを期待して青灯に向かうも11:50にオカマのサイトフィッシングでレギュラーサイズを1枚仕留めたのみ。「釣りマジ」の大学生多数がオカマに張り付いたのも貧果の原因でした。この日の当たり場所はドック。午前中のみで15枚程度が出て午後も釣果を伸ばします。昼便でいったん村本に戻って夕マヅメはドックに向かいます。混雑した夕マヅメのドック、1バラシで終了。しかも17:30頃、エイキチ君を掛けて遊んでいたら4〜5年使っているへちさぐちのリールシートが「バキバキ」。愛用の竿がぶっ壊れてしまいました。。。(涙)最初から最後まで防波堤選定をミスってしまいました。ちなみにカネゴンとF田さんは各8枚の爆釣状態。。。気晴らしにアークスに寄って黒工戦竿305硬調を購入。
IMG_2179翌10日、前日の釣果から朝からドックに向かいます。カネゴンとは2日連荘の釣行。早速前日購入した黒工戦竿305を使います。モーニングはドックのパターンをつかんでいるカネゴンが丸環上で1枚、私も真似をすると48cm、2.17kgと30cmを連発GET!!しかしその後はアタリ無し。この日は朝から北東風、ドックは東系の風が吹くとポイントが限られます。熱中症対策もあって昼でいったん村本に撤収。夕マヅメにまたドックに戻るとカネゴンが2枚追加しています。この日の夕マヅメは渡堤直後と終了間際に計2枚をGET、カネゴンも2枚。私は1日合計で4枚の釣果、黒工戦竿も釣行初日で魂が入ったものの、アタリも少なく厳しい1日でした。
IMG_218911日は山に家内とトレッキング、12日は知人と山梨虫捕りの旅。13日に再度野島に。この日もドック縛りの釣行。この日は更に厳しく、丸環際のモーニング第一投でレギュラーサイズを仕留めたものの、次に魚が掛かったのは15:45。17:00過ぎに49僉2kgUPの良型を仕留めるも計3枚の釣果、これで竿頭でした。
翌14日はクラブ週間大会最終日、クラブ設立45周年記念大会も兼ねていますが、連日の釣行で疲れが出て今一つ気合が入りません。青灯に向かうも狙い所を間違えアタリ無し。四畳半で魚を掛けるも針外れ、ドック先に移動する直前にオカマ手前で魚が掛かるも針外れ、移動したドック先でも魚を1回掛けるも針外れで終了、爆死してしまいました。釣果はさんざんでしたが楽しい1日でした。
本日16日は昼便で出撃、青灯に向かいました。夕マヅメの下げ潮が入る前に大ナライで早上がり。一発も当たりませんでした。
野島杯にハワイでのカライワシの釣果や長崎遠征など、長期休暇の前半戦は好調でしたが、ホームでのレギュラー釣行は苦戦中。
次回の釣行は来週になるかも。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: