2005年07月

2005年07月01日

7月1日横浜沖堤釣行記

7月1日に横浜沖堤に行ってきました。昨日は会社の締め(6月後半は忙しかった)で明け方まで酒を飲み泥酔。昼から17:00頃まで会社で打ち合わせだったのですが体調最悪状態。野島防波堤に最終便で行こうと思ったのですが出船しないとのことなので横浜沖堤に向かいました。
渡辺釣船店に行くと友人の車が止まってます。餌を仕込んで18:00に出船。どの堤防が良いのか良く知らないため、白灯に向かうこととしました。
横浜沖堤の白灯はベイブリッジの真下にある堤防です。足場は低く、潮が洗うところもあり博多沖堤の赤灯(知らないですよね)に似ています。乗船後約10分で白灯に到着。釣友が既に釣りをしています。状況を聞くと全くアタリ無しとのこと。ニゴリもありいい感じも潮がほとんど効いていない状態。どこがポイントか全く判らないのでヘチに絞ってツブを落とします。途中点々とある溝の廻りを重点的に落とすもアタリ無し、そうこうするうちに灯台とは反対側のコバまで来ました。水路側の壁面をスライダーで落とすと一ヒロで糸が止まります。軽く聞くと生体反応!!2回ほど大アワセを入れると魚が全開となり一気に糸が10mほど出ます。非常に元気な魚で強烈な突っ込みを何回もするも慎重にやりとりを行い無事50cm、2.07kgの良型の黒鯛を仕留めることができました。横浜沖堤では初めての釣果で非常に嬉しいです。
その後2匹目を狙うもアタリは無く、虫エサに替えてもカサゴが数匹当たったのみで20:30の迎えの船の時刻となってしまいました。
渡辺釣船店のHOME-PAGEに写真が載ってますので見てみてください。横浜堤
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: