2005年08月

2005年08月30日

8月29日野島防波堤釣行記

a6fbeb7b.JPG8月29日に野島防波堤に黒鯛狙いに行きました。昨日夜から支店のゴルフ旅行(プレーは本日)だったのですが、ゴルフをやらない私は夕方野島に向かってしまいました。
16:00船でドックに向かいます。昨日は予想通りかなり好調だったようです。本日は潮周りが悪いため最悪ボウズを覚悟の釣行。潮が早いドック堤でもほとんど潮が止まった状態です。そのような中で微妙に潮が流れた18:00頃、北面平場で黒鯛らしきアタリ。ツブとガンダマが無い状態で仕掛けが戻ってきました・・・。
その後も弱く流れたり流れなかったりが続きます。
18:40頃、あたりも暗くなったため台の上を狙うこととしました。小さなダンゴで台の上をフカセるとアタリが出ます。大型のカサゴのような引きでしたが34cm 0.7kgのカイヅを仕留めることができました。
その後虫エサで台の上を狙うもアタリ無し。大型のメバルを追釣したのみで20:30の迎えの船の時刻となりました。
サイズは小さい(今年2番目に小型)ですが、非常に嬉しい1枚。今週末はクラブの大会もあります。これをきっかけにまた好調さを取り戻したいです。

2005年08月29日

8月28日横浜沖堤釣行記

1445d31f.JPG8月28日にちびと横浜沖堤にマゴチを釣りに行きました。マゴチはヘチ釣りにはまる前にはまっていた釣りです。7月頃から横浜沖堤は爆釣状態でしたが、最近もまだ好調とのこと。ナライも吹き、野島にとっていい条件だったのですが午前中に所用があり午後の2時間だけ横浜沖堤での釣行となりました。
フィッシュロードで餌のハゼを仕入れ出陣。ちびはかなり嬉しいようでハイテンション。13:00過ぎに渡辺釣船店に到着、14:00に定刻どおり出船となりました。
ナライが強いのですが、勝手知った沖白に向かいます。到着後早速ちびのバスロッドにハゼをつけて釣技指導。一応私もヘチ竿で黒鯛を狙うも7割はちびの面倒を見るため集中できません。マゴチですが内側の沖を狙うもアタリが無い状況でちびも飽き気味。開始30分後、ふけた糸を巻き上げるとハゼの引きではない強烈な手ごたえを感じます。ちびに竿を渡しやりとりをさせると竿が大きくしなります。何度かの大暴れをしのぎ、ご覧の良型のマゴチを仕留めることが出来ました。その後2回ほどアタルもバラシ。ナライが強まり沖白の防波堤を波が越えはじめたため(ちびと私はびしょ濡れ)、釣行を終了しました。
実釣1時間強で1枚仕留めたので大変良かったです。ちびも雑誌で憧れていたマゴチを仕留められて上機嫌でした。(本当はナライの野島に行きたかった)

2005年08月21日

8月21日野島防波堤釣行記

8月21日に野島防波堤に黒鯛釣りに行きました。今日は所属するクラブの週間大会の最終日。午後はカミさんの実家で食事会のため午前中までの釣行。6:00前に村本到着。久しぶりの釣友との会話に花が咲きます。7:00の定時に出港。既に南風が強く、釣行時は下げ潮のためドック堤に向かうこととしました。
ドック堤では3名で釣行。予想よりかなり少ないです。早速丸環際を狙うもアタリ無し。ドック堤に降りたときは下げ潮が流れ、濁りもあって雰囲気充分だったのですが暫くすると潮が透けてきます。その中で8:00頃に内側平場の一ヒロのタナでひったくるようなアタリが出ます。即アワセるもツブがつぶされただけで魚が掛からず(残念)。また台の上にも魚が上がっているようです。8:30頃、丸環内側のサラシが出ている場所を狙うと引き込むアタリ!これも即合わせると素針を引いてしまいました。。。午前中のドック堤はけっこういい状態でした。
8:30過ぎ〜10:00までは潮がかっ飛んでいて釣りにならなかったのですが潮が緩んだ10:30頃、北面を狙うと第一投で底付近でアタリ!大アワセを入れると魚がゆっくり動き出します。かなりの大物のようで重く沖側手前のトーフに走ります。アワセも入れたのでゆっくりやりとりをしていたところ何と針はずれでバラシてしまいました。。。強引にやりとりをすれば良かったと大反省。その20分後にもそれらしいアタリが出るも針掛かりしませんでした。その後潮が止まってTHE−END。結局これでこの日の釣行が終了となってしまいました。
ドック北面で魚を掛けた場合、沖側角のトーフに潜り込もうとする魚は何故かバラす場合が多いです。トーフとの根ずれによるハリス切れは判るのですが、魚と竿/針の角度のためでしょうか、よくバラします。今回もかなりの大アワセをいれたのにツキが無かったとしかいいようがありません。ドック北面では強引にやりとりをしたほうがいいです。
今日は家のDVD−VIDEOが突然壊れたり、ちびは午前中の外出先でいろいろあったりと一家でツキが無い日でした。但し狙った時刻に狙った場所で魚を掛けたので良しとします。

2005年08月20日

8月19日横浜沖堤釣行記

8月19日に野島防波堤及び横浜沖堤に釣行してきました。
休暇を取得し、夜まで釣行の予定で12:00船で野島防波堤に向かったのですが南風が強く、夜までは厳しい状況です。この日もドック堤に渡りました。午前中は4枚上がったとのことですが、午後は人も多く(9名)全員アタリがほとんどありません。そのような状況の下、丸環で1回アタるも16:00船で強制帰港となりました。
夜まで釣行のつもりだったため、即横浜に向かってしまいました。
横浜の船宿に17:20頃到着。受付を済ませ18:00船で沖堤に向かいました。
横浜沖堤も南風が強く、風が緩い湾内の防波堤を勧められます。沖白に行くつもりでしたがいつものとおり旧赤灯に向かいました。
下船後即オカマに向かうも高確率ポイント前に座り込んで釣っている人がいます。このため高確率ポイントを避けながらの釣行。強い南風に押されて内側の潮が流れます。また沖側も下げ潮が入り良い感じです。期待を持ってオカマをツブであちこち探るもアタリ無し。糸が見えにくくなった18:40過ぎにストロー虫の脈釣りをすることとしました。
4B×3個のガンダマでタナ、底を探ります。19:10頃、オカマ沖側ヘチで黒鯛のモゾモゾとしたアタリ!!黒鯛が掛かります。ところが後アワセを入れた後の2回目の突っ込みでバラシ。結構強くアワセたつもりでしたが針掛かりしていなかったようです。またその数分後にもアタるも一瞬でバラシ。横浜の釣友に2回とも目撃され、かなり恥ずかしい状況です。
この時合後アタリが途絶えます。旧赤灯全体を一周するもそれらしいアタリは無く、20:20頃にまたオカマに戻ってきました。渡辺釣船店の旧赤灯の迎えは20:50頃です。終了時刻ぎりぎりまで再度オカマ周辺を探ります。
ヘチではアタリ無く、試しに沖目を狙うとカサゴが掛かります。カサゴが掛かるのは根がある証拠。20:35頃、オカマ沖側10m程度を狙うと一発で黒鯛が掛かります。帰船待ちの人の前でのやりとりのため緊張するも無事45cm、1.38kgの綺麗な黒鯛を仕留めることが出来ました。野島で2回ボウズだったため非常に嬉しい1枚です。
その後すぐに迎えの船で釣行終了となりました。
とりあえず釣果がありよかったです。旧赤灯はなかなか奥が深い防波堤です。また釣行してみます。f41150d1.JPG

2005年08月18日

日本VSイラン戦

行ってきました日産スタジアムの日本VSイラン戦!!言えないルートを使い10枚のチケットを確保、支店のメンバー全員で観戦。しかもカテゴリー2で6列目!!最高でした。
私は久しぶりのフル代表観戦。試合前からビールを5杯飲んで全開(デジカメ持っていけばよかった)。代表メンバーがすぐそこに見えてよかったです。
ご覧のとおりですが、とにかく大黒が良かった!!玉際の速さ、ゴールに向かうマインドなど本当に感心しました。中沢もダエイのPKを誘ってしまいましたが良かった。イラン側はダエイの重さとでかさが目立っていました。とにかく2−1で勝って最高でした。
久しぶりに代表レプリカユニフォームを着て帰宅しました(最高!!)
(ただのサッカー好きのアホです)
下は写メールモードで撮ったジーコ監督です。d94e6e2d.jpg

2005年08月15日

8月15日野島防波堤釣行記

8月15日に夏期休暇第二戦で野島防波堤に黒鯛狙いに行きました。
7:00〜16:00までの勝負。南風と終始上げ潮のためまたもドック系にいくことに決定。どこで降りるかは人の様子を見て決めることとしました。
今日はお盆の最終日とあって釣友も多め。クラブの友人や常連の方々と黒鯛談義に花が咲きます。
定刻どおり出船。ドック堤に着いたとき、5〜6名しか降りなかったのでそのまま降りてしまったのですが、私が降りた後に子供連れの方が2名降りてしまいました。時すでに遅く、釣友に8:30の船で中廊下に向かうことを伝え、ドック堤での釣行をすることとしました。ドック堤では予想通り誰もアタリなく(子供が内側でサビキをしていました)、8:30の船で中廊下に移動。釣友3名含む合計5名で釣行。先日の黒工大会で3枚仕留めた釣友が既に2枚上げています。暫くするとその釣友が更に1枚、丸環上でも1枚追釣し合計4枚となります。また別の釣友が一枚仕留め、中廊下にいた食い気のある黒鯛が一掃されてしまいました。このためほとんどアタリが出ない状況となってしまいます。最近軽い(ガンダマ3号〜1号)中オモリのスライダーフカセで釣りを行っているのですが、沖側1段目に寄っている黒鯛をこの釣法で仕留めるのは難しいことが判明。あわててNormalフカセ釣法に切り替えるも時既に遅く、移動を決意。サビキ家族が居なくなったドックに向かうこととしました。
ドック堤では潮がかっ飛んでいてかなり厳しい状態。そのような中で釣友が1:30頃に1枚仕留め気合が入ります。ところが台の上で何度かアタリがあるも合わせ損ね、下げ潮が利きだした15:40頃、北面でそれらしいアタリあるも結局撃沈で幕を閉じました。
約2ヶ月ぶりの野島ボウズでしたがフカセスライダーの欠点もよく判りました。特に沖側1段目に魚が寄る中廊下や潮の低い新堤平場、馬の背では更に工夫が必要なようです。仕事の合間にいろいろ攻め方のアイデアを考えて見ます。
常連の方と話したのですが、今後釣果が期待される新堤ではカラス貝がほとんど死滅してしまったとのこと。それなりの釣果を狙うために、しばらく(ミドリイガイがつくまで)夜釣りにシフトするかも知れません。またタンクも必携品となりそうです。次回で何とかリカバリーしようと思います。

2005年08月13日

8月13日野島防波堤釣行記

野島防波堤に行ってきました。31日の村本大会以来の野島防波堤釣行です。5:15に自宅を出発、村本には6:20頃に到着。ナライが強めも出船とのことで一安心。お盆のためか釣友も多く、どこに渡堤するか既に駆け引きが始まっています。船長が「どこに行くのか悩んでいるのだったらドック先にいくといいよ」の一声でドック先に行くこととしました。
久しぶりにドック先に到着。私含めて4名で釣行開始。過去釣果のある丸環に向かいます。ナライが強くうねりが丸環の上に流れているも沖側にも上げ潮が入っているようです。丸環沖側の沈み根の隙間に第一投を落とすといきなりアタリ!引きで40cm程度と思われる黒鯛が掛かります。向かいの中廊下にいる釣友に声を掛け、余裕のやりとりのはずでしたが数回目の突っ込みで何とバラシ!!その後1回アタリがあるも気配を感じず、8:30の船でドック堤に移動してしまいました。
ドック堤では先行者2名が釣行中。釣友が既に1枚仕留めています。状況を聞くと暫く前に大物のバラシがあったとのこと。早速真剣に狙うも潮が透けていて魚の気配を感じません。また丸環前には必ず3人のうち誰かが張り付いている状態です。このため浅い平場の角ではアタリが出ません。気配を感じないまま厳しい時間が過ぎます。
野島での連続釣果もここで途切れたと諦めた3:00頃、平場北面の潮が緩みます。濁りも入り気配を感じるようになった3:20頃、北面沖側角の底近くで待望のアタリ!!後アワセを何度か入れ慎重に取り込み、43.5cm、1.45kgのレギュラーサイズを仕留めることが出来ました。
その後は全くアタリなく釣行が終了しました。
ナライのためか本日は青灯で非常に良い釣果がありました。防波堤全体で24枚出たそうです。
朝一の緩んだやりとりがなければ余裕の釣行でした。博多遠征の教訓が活かされていないことは大反省。明後日の夏期休暇第二戦では真剣に釣行します!!93027e36.JPGクロその1

2005年08月12日

13日と15日は野島釣行♪♪

10日から16日まで夏季休暇を頂きました。しかし10日はお客様の重要なデモがあり実質10日の夕方から夏期休暇。熱海の保養所で2泊してきました。
家族接待も終了し、やっと釣行が可能になります。
明日はナライが入るとのことで超楽しみ!!
上げ下げあるので1日中ドックかな?

2005年08月07日

久しぶりの二連休・・・

久しぶりに土日2日家族と過ごしてしまいました。実は家にはクワガタが大量に生息中。先週の土曜日に日本昆虫協会所属の知人と山梨須玉に行ってきてノコギリクワガタを大量に捕まえてきました。25匹捕まえ,今家には15匹居ます。
他に先月山梨で捕まえたミヤマクワガタが3匹、昨年近くにある奈良オオクワセンターで買ったオオクワガタペアが1つがい、カブトムシが2匹、おまけでもらったライヒヒラタ(インドネシア産)1つがいに越冬したコクワ1匹が生息中。
昨日オオクワメスが産卵した木の割り出しを行ったところ、2齢幼虫が2匹、初齢幼虫が3匹居ました!!早速菌糸ポットに投入。順調に行けば来年3月頃オオクワが成虫になる予定。楽しみです。e258c020.JPGオオクワポット

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: