2006年07月

2006年07月30日

7月30日野島防波堤釣行記

行ってきました「第一回野島杯 黒鯛釣り大会」。昨年5位入賞したため気合が入りましたが、結果から言うと撃沈でまともなアタリ無しという状況でした。
大会運営のお手伝いで早めに村本に到着、既にナライが強めでどこに渡堤するか悩む状況です。この時期ナライの下げ潮は青灯と相場が決まっていますが、青灯は足場がボコボコで疲れるのと、広いのでポイントが絞れず、あまり好みではありません、というか、ほとんど行きません。ポイントが絞れるドックか新堤が候補で、10:00まではドック、10:00以降は新堤・馬の背とすることにしました。
7:00出船、134人が大会に参加、ドックには20名弱の人が降りました(これは想定内)。早速台の上を狙うもアタリ無し。代わりにTさんが狙うと竿を大きく曲げるも痛恨のバラシ!!この時点では1日爆釣の雰囲気でしたが、人のプレッシャーはすごいようで散発的にアタリは出るもその後は釣果無し。9:00頃から下げ潮がかっ飛び出し、釣りにならなくなります。
潮が緩むまで待てず、10:00船で馬の背に向かうこととしました。
馬の背も濁りや荒れ具合は最高も潮がかっ飛んでいて餌を食ってくる気がしません。
潮が緩めば絶対食ってくると信じて釣行するも人が多すぎ(10名前後)で浅場の馬の背に黒鯛が寄り付かなくなってしまったようです。結局まともなアタリ無しで釣行終了となってしまいました。
予想通り青灯が一番釣れました(確か7枚)。但し爆釣ではなく各地でポツポツと釣れたようです(人が多かったからでしょう)。ドックでも12:00以降の潮が緩んだときに北面で連発で食ってきたようです。新堤は朝一に台の上で1枚、バラシが台の上と平場で数回あったようです。馬の背は釣友に2回アタリがあったのみでした。
8月24日の黒工大会でリベンジを果たしたいのですが多分参加できません。明後日の釣行で溜まったストレスを発散できればいいな〜。

2006年07月27日

平日釣行

毎週末野島に通っているので皆さん私のことをかなり暇だと思っているかも知れませんが、正直仕事はめちゃくちゃ忙しいです。お客様との会議、社内の会議、資料作成、プロジェクトの管理、協力会社との交渉、1日に100通近く来るMAILの処理、営業進捗会議、各種の調整など、平日はほとんど気が狂った状態です。
おまけにモバイル化が進んで家でも仕事が出来てしまうので46時中仕事をしているような感じです。

今週の月曜日に1つ大きな仕事が落ち着いたので大会前に一度釣行と考えていましたが、別件の大きな仕事が急に立ち上がり、今後名古屋、滋賀方面に飛び廻らないといけなくなりそうで、それどころではなくなってしまいました。

今年の平日釣行は7月の黒鯛工房の大会のみ。7月30日の「第一回 野島杯黒鯛釣り大会」は本当に楽しみなのですが、釣果で言えば奇跡でも起こらない限り正直厳しいと思います。
(場所と時間帯のイメージが全くつきません。。。)

このため休暇を取って8月1日にリベンジで釣行することとしました。
30日も楽しみですが1日も楽しみです!!人少ないかな〜。

2006年07月22日

7月22日野島防波堤釣行記

d0557ec0.JPG予定通り野島防波堤に行ってきました。魚が釣れるまで帰らない覚悟の釣行。前日の様子が判らなかったので最終便まで覚悟しました。
自宅を4:20頃出発、立野釣餌店経由で村本に5:50頃到着。大師匠の弟さん含め常連の釣友が勢ぞろいです。昨日は釣友が青灯で5枚の大爆釣があり、その話題でもちきりです。
今日はさすがに人も多く、行き先を悩みます。舫取りの○本さんからしきりに青灯を勧められますが、凪でソコリが9:00前でもあり、8:30までは新堤・馬の背、それ以降は中廊下かドックに行くこととしました。
定刻通り7:00に出船、しばらく好調のドックには10名程度の人が降りかなり混雑しています。中廊下は懇意にしているクラブの釣友1人のみ降ります。○本さんお勧めの青灯は1人しか降りませんでした。ハナレは7〜8名、新堤も降りる人が多く、10名強の人が降りました。
新堤到着後、平場を無視し馬の背に直行。濁りも最高でいい感じです。早速ヘチを探るも全く反応無し。沖目をツブで流すと潰されアタリが1回あったもののそれ以外の反応は無く、馬の背と新堤を諦めました。
8:30の船で移動。ドックは人が多いため、釣友1人と一緒に中廊下に向かいます。中廊下は前述の釣友と合わせて合計3名で釣行。中廊下での釣行は久しぶりです。早速オカマ側の台の上を狙います。既に上げ潮が入りいい感じです。台の上をカニで流すと何投目かに潰されアタリが出ます。魚が居るようです。餌をダンゴに替えて流すと何回かアタリが出るも針掛かりしません。魚が小さいのか針掛かりしないのとアタリ自体が全く判りません。最悪です。
しばらくの間、しつこく台の上を攻めると10:00頃、33cmのカイヅが掛かります(ほとんどゴボウ抜きのような状態で網に入れました)。
その後も台の上はいい感じなのですが2名で交代で狙っているためかアタリも遠のきます。
11:00過ぎから平場がいい状態になります。ツブ潰されアタリが数回出るも、食い込みが浅いのか針掛かりしません。いらいらせずいつか掛かるだろうと思っていた12:00頃、平場竿1本先の底で黒鯛が掛かります。カイヅの引きではない手ごたえを感じるもあっさり仕留めることができました。45cm、1.5kgでした。
更に追釣!!と思ったのですがその後はしばらく淡々とした時間が続きます。
15:30頃から何故か下げ潮が入り始めました。潮の濁りの色も良くなり再び魚の気配を感じはじめます。
15:40頃、釣友がオカマ側の丸環際で1枚仕留めます。また真剣モードになるも16:00便が来て帰港することとしました。
16:00便までの釣果を整理するとドック丸環5番(平場の釣果なし)で1枚、中廊下は私含め3枚、ドック先は3枚程度、青灯・ハナレは5〜6枚、新堤2枚でした。
今日のアタリ場所は○本さんお勧めの青灯でした。ソコリまでの時間帯でけっこうアタリがあったようです。他にドック先も良かったです。野島に新しい黒鯛の群れが入ってきたようです。
青灯で魚が出始め夏本番といったとこでしょう。来週の大会はどの堤防に渡るか要検討です。

今日は!!

釣れるまで帰ってきません!!まず9:00前までの下げ潮と、釣れなければ16:40からの下げ潮も狙います。
朝一どこ行こうか悩み中。ナライ強めなら新堤・馬の背。久しぶりに中廊下もいいかも。だけど大雨で真水がだいぶ入って水温が下がり、浅場はあまり状態が良くないかも知れません。夕方のほうが状態がいいかも。今日の状況TELで聞いておけば良かった。
仕事が忙しいので本当は早めに帰りたいのですが、釣果次第では朝から夜まで野島に居続けます(釣果が無く居続ける可能性大)。
Tさん、BlogにUPできないかも知れないので携帯に連絡ください。

2006年07月17日

7月16日野島防波釣行記

84a72b63.JPG昨日はクラブの35周年記念大会で野島防波堤に行って来ました。大会の幹事役のため少し早めに村本に到着(5:00過ぎ)も駐車場はぎりぎりの状態。記念大会で配布物もあるため釣友も普段より多めに集まっています。
6:30メンバーと朝礼後7:00出港。3連休の中日ということで常連の方や名人含めお客様も多く、久しぶりの2艘出し。無風のため行き先を悩みます。当初新堤に行くつもりでしたが、ドック方面に向かう人が予想より少なかったためドック堤に行くこととしました。
ドック堤方面の船は中廊下が人気のようです。しかし連日好釣果のドック堤では12名が降りました。下船後即丸環側竿を出すも魚は居ないようです。丸環側を諦め、潮が当たる北面を狙います。
ツブ+2号のオモリでは潮が早く、底立ちが取れないためダンゴ+2号+2Bのオモリでエサを落とします。すると7:40頃、北面の角で止まるアタリ!魚が掛かります。けっこう大物で角方面の底に向かって強烈に引き込むも止められず、堤防角でハリスが擦れてバラシてしまいました(横に人が居て角側に廻り込めませんでした)。かなりショックも仕方ないので気を取り直して釣行開始。北面はこのバラシで人が集まります。
8:00頃、北面の真ん中2ヒロくらいのタナでまた止まるアタリ!これも引きが強いものの平場で無事GET。44.2僉ぃ院ィ械境圓鮖杜韻瓩襪海箸出来ました。
この釣果で北面はより混雑し、常時5〜6名が狙うような状態となります。
8:30頃、クラブの大先輩がダンゴで45傳妝个鯔面未濃杜韻瓩泙后
この魚を見てまた気合が入ります。混雑している北面を9:00頃、ダンゴで落とすとまたもアタリ!少しアワセが遅れたものの大アワセを入れ針掛かりしました。この魚は半端ではない引きをしたものの無事浮き上がってくれました。浮き上がった魚をみてびっくり、スレ掛かりで腹びれの脇に針が掛かっています。アワセが遅れ、スレ掛かりしたようです。サイズは48.5cm、1.65kgでした。
とにかく良型の魚を2枚仕留められたので集中力を落とし、魚が寄っている北面を皆に狙ってもらうようにして、私は気が向いたら狙うようにします。その後北面ではクラブの先輩が1枚追釣、別の釣友が1枚、他のお客様も1枚仕留めます。小潮のためか魚がポツポツ出ます。
12:00船で5名が他堤に移動し、釣友が1名ドックに来ました。釣友はドック先で1枚仕留めています。人も減ったので再度集中すると台の上でダンゴが抜けるようなアタリや北面で鋭く引くアタリが出るも針掛かりしません。しばらくするとクラブの大先輩がまた北面で1枚仕留め、合計3枚になります。また真剣モードになるも下げ潮は流れず北面はTHE END。15:00以降上げ潮もいい感じに流れるのですがその後は釣果なく大会終了となってしまいました。
この日クラブ全体では14枚仕留められました。クラブの大会は最大魚1枚の長さ×総重量で順位が決まります。TOPは新堤コバで4枚仕留められた名人、2位はスレで掛かった48.5僂濃笋謀召り込んできました。3位は一緒にドックで釣行した大先輩でした。スレ掛かりの釣果でしたが、幹事役でもありその分運が廻ってきたということでしょうか。
ただし餌箱を新堤方面の船に置き忘れたり、車の鍵を村本に渡し忘れたりでかなりボケた1日でもありました。釣ろうという意気込みが強すぎると良くないです。
次回は土曜日に出撃予定。先週とほぼ同じ潮廻り。どこに行こうか既に悩み中です。

2006年07月13日

7月13日横浜沖堤釣行記

黒鯛工房主催の東京湾クラブ対抗ヘチ釣り選手権in横浜に参加してきました。昨年アタリ一切無しで非常に残念だった大会で、密かにリベンジに燃えています。昨日朝村本に寄ってダンゴとツブを調達。気合が入っています。
ところがタイミング良く、12日午後からちびがプール熱で40度近い発熱で学童を早退。我が家は共稼ぎのため、本日はカミさんが子供の看病のため休暇、私は釣りに行くという、家庭崩壊のトリガーとなるような状況の中、泣き落として説得し出撃の許可をもらいます。(本来ありえないですよね・・・)
いろいろあったのですが、とりあえず睡眠時間2時間で横浜に出撃。3:00には集合場所に到着しクラブのメンバーと合流しました。
100人強の、関東界隈の黒鯛釣りに自信のある方が集結。定刻どおり5:00出船となりました。
渡堤先はチーム毎にクジで決まるのですが、私はD突堤となりました。チームの先輩2名は旧赤と沖白。8:00と10:00に移動が可能です。D突堤の現在立禁のカマボコは過去何度も釣果があるものの、渡船で行くD突堤は良い思い出が一切無い堤防です。それもあって昨年何度か通った旧赤に8:00移動と決めて釣行することとしました。
5:30定刻から釣行開始。コバの高いところを速攻で攻めるも全くアタリなし。6:30頃テトラ帯で長竿で狙っていた人にクロが仕留められます。また旧赤にいた○口さんから1枚仕留めたとの連絡が入ります。ところがD突堤はそれ以外は誰も全くアタリ無し。大名人のS藤さんにもアタリが無いとのことで8:00に旧赤に移動しました。
旧赤ではチームメンバー全員が集結。私は12:00までオカマと心中(?)することにしました。
旧赤に到着後早速釣行するも潮が全く流れません。オカマ周りは普段ゆっくり潮が入るのですが潮の流れが一定しないためあまりいい状態ではなさそうです。ドヘチ、沖をあちこち狙うも気配無し。誰が来てもずっとオカマ周りに居続けました(大会以外は絶対してはいけません)が、全くアタリ無く12:00の時間終了となってしまいました。
クラブのメンバーは○口さん以外にKJさんがチーム全体で4位に入る魚を仕留めるも全体に厳しい状況でした。大会全体としてはD堤のテトラ帯が10:00以降良い状態となり、全体で約13枚が出ました。
結局優勝はD堤テトラで3枚仕留めた小名浜のチームでした。
個人的には最悪でした。D堤に居続けたとしてもテトラは狙わなかったと思います。まともなアタリが一切無く非常に残念な結果でした。来年こそリベンジを果たしたいものです。
(ちびは既に熱も下がり問題ないようです。但しカミさんの目はいまだに冷たいです。。。)

2006年07月08日

7月8日野島防波堤釣行記

予定通り本日野島防波堤に行って来ました。本日夕方以降ちびの面倒を見ないといけないため7:00〜12:00までの釣行。6:00過ぎに村本に到着するも駐車場はがらがら。9:00前がソコリで午前中は潮が低いので常連客が敬遠しているようです。
それでも出港前には駐車場は満杯。上げ下げ狙えるドックに行こうと思ったのですが人が多いのとベタナギなので、海水浴(?)がてら7:00〜8:30まで新堤・馬の背、8:30〜12:00までドックかドック先に行くこととしました。
8:30の移動を舫取りの○本さんに伝え新堤に降ります。新堤も結構人気で私含めて7名が降りました。降りて早速青灯側コバを狙うも反応なし。平場を一通り探るも反応なく、7:50頃馬の背に向かいました。
馬の背も潮が低く、海水浴という程ではありません。ベタナギで潮もゆっくり入っています。濁りもありいい感じです。馬の背に降りてすぐ、電柱3番くらいの地底でSTOPアタリ!!ところがアワセのタイミングを外してしまい、針先に黒鯛のウロコが付いただけでした。。。
魚は居るようですがその後は全く反応なし。時計を見ると8:20です。仕方なく馬の背を諦め移動の準備のため新堤に向かいました。
新堤に登って青灯側コバを見ると誰も狙っていません。チャンスと思い潮が下がっているコバからツブダンゴで遠投すると第1投でツンという派手なアタリ!黒鯛が掛かります。糸を出るに任せて沖に魚を向かわせてからやり取りを始めます。カサゴ狙いの遊漁船がギャラリーに控える中、41.5僉■院ィ沖圓旅鯛を仕留めることが出来ました。
しばらくすると村本の船がドック方面に見えます。移動の準備をするも何と青灯から船が引き返してしまい、新堤に立ち寄ってくれません。かなりショックだったのですが1枚仕留めているのと潮も止まったのでそのまま1時間半ほど昼寝をしてしまいました。
10:30頃起床。上げ潮も入り始めたようです。青灯側コバは数名が陣取っています。また馬の背に向かい赤灯までの内側を狙いますが当然のように反応なし。ツブダンゴを採集し、11:30頃人が空いた青灯側コバに向かいました。
上げ潮が程よく流れ魚が居そうです。シマダイ狙いの方の内側に入り、潮が当たる台の際にダンゴ+3Bのオモリで流すと数投目でまたも黒鯛のアタリ!!糸を出すだけ出した後にやりとりを始め、45僉。院ィkgの黒鯛を仕留めることが出来ました。
その後迎えの船でが来て釣行終了。検量後仕留めた2枚ともタグを打ってリリースしました。
あとから○本さんに聞いたのですが、8:30時点でドックでは釣果が無く、人も多いので状態が良い新堤に居たほうが良いと判断して迎えに来なかったそうです。お陰で1枚追釣することが出来ました。こういう気遣いは大賛成です。また宜しくお願いします。
来週16日はクラブの大会で幹事役です。木曜日は横浜沖堤で黒工のクラブ対抗戦。この1週間は非常に楽しみです。05d9d20f.JPG7月8日釣果


2006年07月02日

7月2日野島防波堤釣行記

週末の恒例行事で野島防波堤に出撃してきました。本日はクラブの新人講習会。お手伝いで参加です。7:00〜12:00はクラブの新人の方と釣行です。
5:30に村本に到着すると釣友数名が既に到着。クラブのメンバーも集まり、朝礼後7:00船で出船。ヘチ釣り師とルアーマン合わせて約30名が野島防波堤に向かいました。
出船前から南風が強く、この日の渡堤先はドックに決定。前日も好釣果で期待が高まります。
ドック堤は人気で9名が降りました。防波堤到着後、即丸環を探るも魚が居ないようです。満潮は8:20、濁りもありいい感じですが風が強すぎてアタリが取りにくい状態です。10:00を過ぎても南風に押され下げ潮が全く入りません。厳しい状態がしばらく続きます。
前回の釣行の反省を踏まえ、集中力を切らさずに釣行しました。また厳しい状況は必ず変わると信じて釣行を続けます。
すると11:00頃、強かった南風が少し弱まります。また下げ潮もわずかですが流れ出しました。状態に変化が出ました。11:15頃、ベテランの方と潮が動く北面を探ると「ツン」というアタリが出るも反応できず、素針を引いてしまいます。魚が居るようで更にしつこく北面を流すと11:30頃、待望のアタリ!!住友側角の底で魚が掛かります。非常に元気な魚で良く引くも内側平場に誘導し無事仕留めることが出来ました。48cm、1.8kgの良型でした。
その後ベテランの方にもアタリがあるも残念ながらハリス切れ。南風も再び暴力的に強まり、結局12:00で全員早あがりとなってしまいました。
各堤とも厳しい状態で野島の釣果はこの1枚だけでした。偶然ですが講習会で釣果があって良かったです。
講習会でもあり釣れるとは思わなかったのでカメラを持って行きませんでした。釣果は村本のHOME−PAGEでご確認ください。
本日は厳しかったものの防波堤全体の調子は上向きのようです。来週末もまた釣行してきます。
PS:今月末発売の「つり人」で野島防波堤と私が所属するクラブが特集されるようです。是非ご覧ください。


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: