2006年08月

2006年08月27日

8月26日野島防波堤釣行記

土曜日に野島防波堤に行ってきました。日曜日のクラブ期間大会最終日に釣行するつもりでしたが、金曜日深夜に帰宅後観音崎の風を見ると北東6m!!これは行くしか無いと睡眠2時間半で出撃!!5:30には村本に到着していました。
風の影響かかなり混雑気味です。定刻どおり7:00出船、向かう先はナライの下げ潮の定番の青灯。やはり人気で10名強が降りました。到着後早速ヘチを狙うとクズレ手前のぶっつけ底でSTOPアタリ!!アワセを入れると魚が掛かるも一瞬ですっぽ抜け。ツブはぐっしゃり潰れていました。その後はアタリ無し。ナライも潮が早く澄み気味で魚の反応は今一です。四畳半まで探るも反応無し。釣友が朝一にハナレで1枚大型クロを仕留めていましたが、他の人にはアタリが全く無し。かなりやる気が落ちます。その中で9:50頃、マイルポスト〜クズレの間の底でSTOPアタリ、手ごたえで1垓と思われる魚が掛かります。ギャラリーに囲まれる中、余裕で糸を出したり緩いやりとりをしていると沖に走られバラシ!!またやってしまいました・・・。通常のやりとりをしていれば仕留められたと思うと大ショック。その後釣友にもバラシがあったりと時合と思われるもまたアタリ無し。潮止まりの12:00頃にもチャンスがあると思い、そのまま青灯に残るもアタリ無し。あまりにもアタリが無いのと甘いバラシをした自分に活を入れるため夜まで残業を決めます。ドックに移動を決めるもナライが強まった16:00にクズレでまたツブ潰されアタリが出ます。このアタリで青灯に居続けることにしました。ところが満潮前に南風が入りだしTHE END。八景の花火大会でも見ようと思ったのですが青灯からは住友ドックが邪魔でほとんど見えず。おかず用のメバル(20儷がかなり釣れてよかったです)を釣って疲れ切った釣行が終了しました。この日夜のドック堤はクロが5枚出ました。
本日の釣行はかなり打ちのめされました。魚とのやりとりは真剣にしないと運が落ちます。特に渋い日は1回のアタリが貴重です。その意味では最悪でした。
夜釣りはやはり浅場が有利です。(青灯をあまり知らない私は)クズレは浅いので魚が入ると思ったのですが、夜はメバルの巣でした。他のトーフの上も駄目でした。ハナレに行ったほうが良かったです。
反省点が極めて多い釣行でしたが、丸1日青灯に居たのでハナレ〜四畳半までの根の場所などだいぶ正確に掴めるようになりました。潮が早いときの流れ方なども参考になりました。黒鯛釣りはいつもいいわけでは無いのでこの反省を次回以降活かしたいものです。

2006年08月16日

旅行に行ってきます

昨日今日と野島が大爆釣の中、後ろ髪を引かれる思いですが、明日夜出発で来週水曜日まで家族と旅行に行ってきます。戻りは来週水曜日です。仕事が終わらず旅行先でもPCを持っていって仕事をせざるを得ない状況です。
野島に行ってるほうが100倍良いのですが、カミサンとちびが楽しみにしているので仕方ないです。
来週土日のいずれかに野島に出撃予定ですが、青灯大爆釣は100%終わってます。お盆休みが1日ずれてれば最高の日に当たったのに。。。
黒鯛ヘチ釣りは運が50%以上占めてるとつくづく思います。

2006年08月14日

8月14日野島防波堤釣行記

8月13日
お盆休み第三弾黒鯛勝負で連荘で野島防波堤に釣行してきました。昨日は不本意な半日釣行でしたが、今日も午前半日の勝負。連日の釣行で疲労が残り、睡眠時間確保と満潮時刻に合わせ8:30船で出船。数年前は連日の釣行でも全く問題なかったのですが、腰と肩の疲れに年齢を感じます。
クラブの先輩と一緒に青灯に出撃。釣友Tさんは7:00船で既に青灯に来ています。昨日も青灯で釣行している釣友も居ます(私含め皆本当に黒鯛釣り好き!!)。Tさんから情報を入手後早速釣行開始。ここのところ釣果があるクズレからハナレに向かってヘチを集中して狙います。潮色は昨日より緑がかった濁り。潮色も少し秋めいてきました。
9:20頃、看板前を越えて電柱跡の穴の前の地底付近でSTOPアタリ、サイズの割に良く引いた35cmのカイズをGET!。その後は釣友にバラシがあったりと皆にポツポツアタリが出ます。
10:30頃、8:30船で一緒だったクラブの先輩が私の後ろで43cmの野島レギュラーサイズを仕留めます。11:00頃にもこの先輩が25cm程度のチンチンをGET(これは現場リリース)。2枚とも私のオカマを掘られながらの釣果のため、超真剣モードになります。すると11:20頃、看板付近の地底でSTOPアタリ!!30.5僂離潺縫イズを仕留めることが出来ました。
黒鯛のヘチ釣りは運が50%以上を占めると思っています。また趣味なので人と釣果を競うより、皆でたくさん釣れればいいと思っています。ところが今日は久しぶりに大会以外で競争モードの釣りをしてしまいました。枚数は引き分けでしたが、たまには短時間の競争も楽しいものです。
午前中までの釣果はドックで2枚、青灯・ハナレは合計5枚でした。
次回の野島釣行は26日か27日。それまで野島行きたい病に耐えれるかかなり心配。。。

2006年08月13日

8月13日野島防波堤釣行記

お盆休み第二弾黒鯛勝負で野島防波堤に釣行してきました。前日のクワガタ獲りの疲れが残りますが駐車場確保のため朝4:00に起床し太平経由で5:20頃村本到着。一昨日より人は少なく、余裕で駐車場を確保。既に常連の方や釣友Tさん親子も到着済み。久しぶりの釣友も何名かいて話が盛り上がります。
定刻どおり7:00出船。40名弱が出船しました。ほとんど無風のため青灯に向かうこととしました。釣友Tさんはドックに降り、状況を携帯でTELすることとしました。
青灯・ハナレは盛期でもあり全体の7割程度が降ります。ハナレは投げ釣りの人で独占状態。青灯オカマもウキフカセの人が独占しています。黒研の大名人ほかクラブの大先輩なども青灯に降りていて、少し混雑気味です。到着後早速オカマからハナレに向かってドヘチをツブで狙います。潮も高くタナのアタリを期待するもハナレまで全く無反応でした。
折り返して8:00頃、看板前の地底を探ると黒鯛のアタリが出ます。小気味よく引いたカイズ34.5cm、0.65kgを無事仕留めることが出来ました。
その後しばらくはアタリなし。青灯全体にアタリが少ないようです。そのような中で9:50頃、また看板前地底で黒鯛が掛かるもバラシ。非常に残念だったのですが気を取り直し、また探ります。すると10:00頃、バラシた場所とほぼ同じところの地底で40cm、1.05kgの黒鯛を無事GET。更に10:30頃、マイルポスト近く、タナで向こうアワセの強烈なアタリが出ます。アワセを入れると沖に魚が走りまくり、潜られてハリスが切れてしまいました。大型の黒鯛か、最近野島でよく出るヘダイの大物のような引きでした。11:30頃にも看板前でツブ潰されアタリが出るも12:00の戻りの時間となってしまいました。
12:00までの釣果は、私の2枚含め青灯3枚、ドックで4枚、中廊下2枚、新堤1枚でした。
今日は申し訳ないことを1つしてしまいました。8:20頃、ドックのTさんに釣果確認のTELを入れたのですが、丁度Tさんが魚を掛けたときでやりとりに集中できず魚をバラシてしまったそうです。本当にタイミング悪く申し訳ございませんでした。
(その後釣果有りのTELを頂いてほっとしました)
青灯は大名人含めかなりの人が降り、濁りも上々でしたが釣果は今ひとつでした。
今日は1日釣行の予定でしたが、事情があって早上がりしました。明日再戦するかも。(今日は写真を撮るのを忘れてしまいました。)

2006年08月11日

8月11日野島防波堤釣行記

8月11日
8月11日に野島防波堤に行ってきました。終日休暇の予定だったのが、午後急遽仕事が入り午前中のみの釣行。平日で人も少ないと思ったのですが、大名人、常連の方含めかなり混雑しています。久々に漁港の駐車場行きとなってしまいました。
定刻どおり7:00出船。下げ潮で緩いナライのため、青灯に行くことにしました。
青灯には10名位の人が降ります。潮はやや透けているも全く問題ありません。早速ハナレに向かってヘチを探るも反応無し。潮は程よく流れいい感じですが、青灯看板前まで探るも全くアタリ無しでした。
折り返して探ると8:30頃にマイルポスト〜クズレの間で2回ツブ潰されアタリが出ます。移動も考えたのですが潮が下がるまで青灯で粘ることとしました。
潮に濁りも入りいい感じになってきた9:30頃、クズレ〜看板前で魚が掛かります。沖の底に魚が走るも根にハリスが当たったようでハリス切れ(残念)。その後短時間で数回ツブ潰されアタリが出ます。 いずれもアタリは判ったのですが全く反応出来なかったので久々に熱くなります。9:50頃、クズレの20m看板寄りのドヘチで生体反応!!非常に良い引きをするも無事36cmを仕留めることが出来ました。
また10:30頃、クズレ〜マイルポストの間で魚が掛かるもアワセが足りなかったのかやりとりの途中でバラシ。再び熱くなります。
11:00頃、先ほど魚を仕留めた同じ場所を探るとドヘチ底で生体反応!沖に横に走りまくる非常に元気な41.5cmを無事仕留めることが出来ました。
その後11:30頃にも看板前で魚が掛かり、アワセを入れるもすぐバラシ。この時間帯は時合だったようで青灯オカマやクズレ付近で魚が仕留められます。
結局5打数2安打で戻りの時間を迎えることとなりました。

今日は潮が動かなくなった時間帯に時合がありました。8:30の船で移動する人が多かったのですが、移動せず粘った甲斐がありました。
しかしここのところバラシが多いな〜。

2006年08月06日

8月5日野島防波堤釣行記

予定通り5日に野島防波堤に釣行してきました。連続の週末釣行のため、家族からかなり冷たい仕打ちを受けるものの、再来週の家族旅行をダシにして構わず釣行。子供が保育園に通っていた当時の家族(18家族!!)との飲み会&花火大会の幹事役(聞いてなかったぞ!)のため、昼から夜まで釣行の予定が7:00〜16:00便までとなってしまいました。
駐車場確保のため朝4:30に出発、太平経由で5:30過ぎに村本到着。火曜日に一緒に釣行した釣友Tさんが居ます。
常連の方と談笑後7:00便で出発。緩い南風とソコリが7:30頃なので中廊下に向かうこととしました。中廊下は大師匠の弟さんと釣友Tさん、他に常連の方1名。他に雑誌の取材の方が居ます。
数日吹いた強い南風の影響か中廊下は底まで透けています。底のトーフもどこにあるか一目瞭然。沖や台の上を狙うもアタリ一切なく、魚の気配も無いため昼でドックに移動。大師匠の弟さんは新堤の台の上狙い、私と釣友Tさんはいつものドック、常連の方は得意のドック先に移動しました。ドックでは昼に常連の釣友が1枚釣っただけです。潮は透け気味で上げ潮が流れるも誰もアタリなし。潮が上がった14:00過ぎに釣友Tさんがヘダイ30cm弱をGET。また14:30頃に得意の台の上際でアタリを出すも魚が掛からず。私は何の気配を感じません。15:30頃、午前中に黒鯛を仕留めた釣友が丸環2番までエサを飛ばして50cm弱をGET。その後同じ場所を狙うと私にも糸が一気に5mほど出るアタリがあったものの針掛かりせずそのまま終了。16:00便までの釣果はドック2枚、新堤1枚という結果でした。
20:30便まで残った釣友Tさんはその後ドックで1枚、他に大名人が3枚仕留めたようです。
大師匠の弟さんが新堤台の上で1枚仕留めたのですが、その黒鯛はタグ付きで、何と本年6月12日にクラブの大ベテランの方が新堤で仕留められた魚でした。
この日はさんざんでした。帰りの途中、道が混んでいて18家族との飲み会には参加できず、花火も着火を担当して右手親指をやけどしたりと最悪でした。
野島の黒鯛釣りは奥が深いです。ひょっとすると8月26日まで釣行できないかもしれません。出来れば26日まで仕事と相談の上、あと2回釣行したいな〜。

2006年08月01日

8月1日野島防波堤釣行記

8月1日

野島防波堤に今年初めて平日釣行してきました。今年20回目の野島釣行です。30日の大会は丸ボウズだったためリベンジを期し予定通りの釣行。満潮が9:00前後だったのと、睡眠時間確保のため8:30船で出撃。釣友Tさん(7:00船で既にドックに向かっています)と久しぶりの釣行です。ドックに行くか最近調子の良い青灯に行くか少し迷ったのですが舫取りの○本さん情報で青灯に行くことにしました。青灯は先日の大会でも釣果があり期待が持てます。昨日もハナレが調子良かったようです。
青灯〜ハナレ〜四畳半ですが、個人的にもいろいろあってあまり行きません。野島では過去釣果が無い防波堤です。
ドックから移動したTさんと一緒に8:30船で久しぶりの青灯に到着、早速ヘチを探りまくります。既に7:00便で到着している常連Aさんが朝1のオカマ周りで2枚仕留めています。テンポ良くヘチを探るもアタリ全く無し。潮がほとんど動いていません。10:00頃に四畳半に到着するも全くアタリ無しでした。
折り返しは潮も動き出しいい感じとなります。看板前から底でアタリっぽい反応が出始めます。集中しながらヘチを探ると11:10頃、クズレ手前20mくらいの地底で生体反応!!魚が掛かります。強烈な引きで魚が暴れるも46cmの良型を仕留めることができました。この後青灯はかなりすごいことになります。クズレを中心にオカマ〜看板前でアタリのラッシュ!!名人T中さんはこの1時間で3枚GETし満足されて帰ってしまいました。私も11:30頃に大型を1枚バラシた後に11:40頃に2枚目の46.5僂鬘韮釘圈ぅ▲織蠅眇発。釣友Tさんも看板手前で1枚GET。他にオカマでも1枚出て非常に活況となります。
その後少し落ち着くもアタリはポツポツ出ます。12:00の迎えの船が来た時に常連Aさんがこの日3枚目をGET,私も何発かのアタリの後に14:10頃にクズレ手前で50僂鯆苗燹■隠粥В毅虻▲泪ぅ襯櫂好班婉瓩任癸泳腑丱薀掘釣友Tさんは釣行終了直前にオカマで良型を1枚GET(さすが!!)。結局青灯だけで12枚魚が出ました。
濁りも最高で潮もまずまず動き、非常に状態が良かったです。平日で人も少なく、気持ち良く釣行できました。30日の大会の嫌な雰囲気を振り払うことも出来ました。
次回は今週土曜日を予定。昼から夜まで釣行するかも。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: