2006年10月

2006年10月29日

10月28日野島防波堤釣行記

前回一緒だった会社の先輩とまた釣行してきました。昨日野島に行きたいとのMAILがあって急遽一緒の釣行。4:45に待ち合わせ、5:40頃に村本に到着しました。
防波堤が一週間休んでいるため黒鯛狙いの人も多くかなり混雑気味。定刻どおり7:00に出港。ナライで上げ潮のためいつものドックに行くこととしました。
我々2名の他に常連3名と投げ釣り師2名がドックで降ります。最初は気合が入ったものの、海は透けていて途端にやる気が失せます。会社の先輩に灯台下コバを狙ってもらいましたが潮が全く流れず気配が全くありません。このため念のため持ってきたエギ竿&バイブレーションでフッコを狙うことにしました。
沖にバイブレーションを数投すると魚が掛かります。竿が折られるのではと思うほど引いたイナダ40cm位をGET!生まれて初めて海の魚をルアーで釣りました。上げ潮の時間帯はルアー中心で攻めるもその後はアタリ無し。下げ潮の時間帯に常連Sさんににアタリがあるも潮の流れが今ひとつでそれ以外は誰もアタリ無く、12:00船で撤収しました。
イナダは会社の先輩にお土産でお渡ししました。
強めのナライか濁りが入ればまだ可能性があるものの今日の海の状態はかなりやる気を下げる状況でした。今後は夜釣りのほうが可能性が高いです。釣友も皆本日が最終戦といっていました。もう少し通うと思いますが夜釣り中心になると思います。

2006年10月27日

ダイワ釣りシューズ検査お預かり

先日シマノでもありましたが、ダイワ精工製の釣り用シューズの検査お預かりのお知らせがあります。
http://fishing.daiwa21.com/colum2/item.asp?ItemID=1400
私が持っている靴は2足ともビンゴでした。一足は既に写真のように剥がれていて、接着剤で止めて使っていました。かなり貧乏くさいです。
以前同じような検査があったシマノ製のシューズも以前持っていたのですが、第二海堡の岩場で底が完全に剥がれ結構危険な目に遭いました。シマノ製は棄ててしまった後にリコールとなったので残念でした。
この件ですがまたレポートします。

2006年10月22日

PASSAT VARIANT 3.2 IMPRESSION

10月7日に納車となったパサートバリアント3.2も1000劼魃曚┐泙靴拭まだしばらく慣らしも続きますが気づいた点をいくつか報告します。
乗り味:予想よりかなりいいです。少し固めの足回りは私好み。まだ峠道は走らせていないので判りませんがこのクラスとしてはかなり固めと思います。そのお陰かボディの剛性感も体感できて非常にGOOD。遮音性も100卍度まではかなり高いようです。まだ全開走行はしていませんが加速も充分。以前のステージアより体感加速も早そうです。なにより良いのは燃費。DSG&直噴のためか街中(武蔵野・三鷹〜杉並界隈の土日の昼間)で6〜7辧¬酖腓泙任留復(第三京浜〜首都高利用)では10勸幣綵个修Δ任后0柄阿離好董璽献△茲衞酖膠復の燃費が2割向上しそうです。
DSGはパドルが付いていないものの,JETTAで報告したとおりで非常にいいです。減速時は必ずマニュアルモードで運転しています。
気になる点は2つ。1つ目はシートの座り心地。けっこう柔らいです。かなり硬かったJETTAのほうが個人的には好み。但し家族はパサートのほうがいいとのこと。
2つ目はハンドルが軽すぎ。個人的には少し重めの味付けのほうが好みですが車格を考えるといずれも仕方ないか。
機能面など:正直機能がたくさんありすぎて覚えきれません。インパネ正面のマルチファンクションディスプレィは瞬間燃費、平均燃費、平均車速、走行可能距離など盛りだくさん。ついつい遊んでしまいます。夜間走行時にハンドルの切り角に応じてライトの光軸が曲がるのには驚きました。またコーナリングライトもGOOD。ブレーキのオートホールド機能もかなり重宝します。車内の小物の収納もあちこちにあってかなり気が利いています。
気になる点は1つ。納車後、車内にきしみ音がかなり出ました。パサート(に限らずAUDIなど外車)は新車でもけっこうきしみ音がするようです。私の車は音源を調べるとドアとボディとの接触面のプラスチック/ゴムから出ているようです。とりあえずシリコンスプレーを吹きかけるとほぼ音は止まりました。但しインパネ横からまだ少し音が出るので次回の点検で見てもらう予定です。
全体としては非常にいい車です。車内も広くかなり快適です。国内では7月末発売で、2007年モデルのファーストロッドの車のため、今後購入される方の参考と思い気づいた点を書いてみました。その他いろいろ書きたいのですが、慣らしが終わってからまた書きます。

2006年10月20日

10月20日野島防波堤釣行記

10月20日

本日休暇(他の営業所メンバーは皆ゴルフ)が取れたので野島防波堤に行ってきました。昨日は深夜まで仕事のため朝は寝坊してしまい11:20頃に村本に到着。午後の上げ潮〜潮変わりを狙います。
相性の良い村本のツブは既に販売中止。このためあちこちでミドリツブとダンゴを採集、充分な量を確保しました。
上げ潮でナライが入っているため行き先はドック堤に決定。定刻通りに出船しました。
ドック堤は投げ釣り師1名、ヘチ釣り師2名、ルアー1名が先行で釣行しています。カレイは大型が上がっているようですが、クロは誰も釣れていません。沖は南風が緩やかに吹いています。上げ潮は程良く流れていて濁りもまずまず入りいい感じ。早速あちこち探ります。
すると13:00頃から丸環上に黒鯛がかなり入ります。他の人は誰も丸環を狙いません。大チャンスと思いツブ、ダンゴで手前や角、真ん中、2つ目の丸環上を何度も狙いますがヒラを打っているクロは1枚も口を使いません。結局30分以上独占して狙いましたがアタリは全く無く、丸環上を諦めました。
13:40頃、投げ釣りの方と談笑しながら平場階段横〜灯台下コバをミドリツブで流すと魚の反応っぽいアタリが何度か出ます。少し真剣にミドリツブを流すと角の底付近でSTOPアタリ!!黒鯛が掛かります。かなり良い引きをした44僉ぃ院ィ境圓旅鯛を無事GET!!先週のリベンジを果たすことができました。
その後潮も上がり出しいい感じになります。丸環や平場にも気配を感じますが14:40頃に上げ潮が突然止まり、15:00から突然全開で下げ潮が流れ出します。
潮も早くなり過ぎで気配を感じなくなったところでTHE END。本日野島全体で黒鯛を狙う方は12名ほどでしたが、釣れた魚はこの1枚のみでした。短時間の釣行でしたが釣果もあり大変良かったです。
○本さんから「今年最後の魚だから持って帰れば?」と言われましたがクーラーを持って来なかったのでタグを打ってリリースしました。
野島にもまだ黒鯛が居ます。11月中までちょくちょく通ってみます。

しばらくアクセスできませんでした。。。申し訳ございません。

BLOG1週間ほどアクセスできませんでした。大変申し訳ございません。
TさんからのMAILで気づいたのですが、http://kari96.livedoor.biz/のアドレス使用料が引き落とされるクレジットカードが有効期限切れとなっていました。このため利用できなくなっていました。
復活させましたので宜しくお願いいたします。

2006年10月15日

10月15日野島防波堤釣行記

予定通り会社の先輩、大師匠と本年31回目の野島防波堤に行ってきました。会社の先輩宅経由で6:10頃村本着、ナライが強め(8〜10m)で渡船が危ぶまれるも出港するとのことで一安心。速攻で餌を確保し、支度をします。
会社の先輩は昨年ドック堤で2枚黒鯛を仕留めた方。昨日、一昨日の釣果から本当はハナレに行きたかったのですが、初心の方に大荒れのハナレは釣りにならないと思い大師匠と相談の上、安全なドック堤で釣行することにしました。
定刻どおり7:00出船。風が強いため早上がり覚悟の釣行。ドックには常連Sさんと我々3名、投げ釣りの方2名の計6名が下船。北東風が強く(8〜10m)、会社の先輩はかなり釣りにくようです。モーニングサービスを期待するも全員不発。上げ潮が強い北東風に押され、ほとんど動いていません。ハナレではクラブのメンバーにモーニングの釣果があったようです。常連Sさんは8:30船でハナレに向かいました。
黒鯛狙いは3名となります。9:00過ぎになると沖側の潮が動き出します。台の上も潮が高くなり、いい感じとなります。10:30頃から台の上に黒鯛が上がり出します。すると10:45頃に丸環際で鋭く引き込むアタリがあるも針掛かりせず。ダンゴの下半分が潰されて戻ってきました(残念)。大師匠にも同じ頃にタンクでアタリが出るも針掛かりせず。タンクで台の上を狙っていた会社の先輩にも11:00頃に素針で戻るアタリが出ます。11:30過ぎにまた私にダンゴ潰されアタリ(荒れていてアタリが全く判りませんでした)が出て、これからという12:00に風が強まり残念ながら強制帰港となってしまいました。
この日の全体の釣果はクラブの釣友がハナレで朝一に1枚と大師匠の弟さんに1枚(いずれも現地リリース)、朝一ドックで一緒だった常連の釣友Sさんが移動したハナレでこの日1番の49cm、1.9kgをGET(Sさん先週に引き続き2週連続の釣果!!)。予想通りハナレが本日良かったです。
ドック堤も釣果は無かったものの悪くありませんでした。新堤台の上でもかなりの魚が居たそうです。まだ充分釣りになりそうです。

1つ面白いことがありました。舫取りの○本さんから聞いたのですが、以前私が仕留めてタグを打ってリリースした魚が、昨年100枚釣ったT大名人に一昨日釣られたそうです。今年は他に2枚もクラブの大ベテランTさんがタグを打ってリリースした魚が釣られています。村本前で黒鯛をリリースするとかなり高い確率でまた野島防波堤に戻るようです。黒鯛の生態を少し真剣に調べてみたいものです。

2006年10月08日

10月8日野島防波堤釣行記

今年最後のクラブの月例大会で野島防波堤に行ってきました。一昨日から風邪気味で体調が悪いのですが、クラブのメンバーの顔を見に気合を入れて4:30に起床。村本には6:00少し前に到着も駐車場は満杯で漁港の駐車場となりました。
ところが漁港の駐車場もほぼ満杯。村本の松夫さんに聞くと異常潮位で八景界隈の駐車場は冠水しているところもあり、金沢漁港駐車場に車が集中しているとのこと。海を良く見るとみたこともない程潮が高いです。この異常潮位で防波堤も水没しているため7:00船は出船中止。少し潮位が下がった8:30船で防波堤に向かいました。
体調もあまり良くないので釣りは適当で赤灯で寝ているつもりでしたが、泊まりの人が居るとのことで赤灯作戦中止。ドックに行くことにしました。
ドックに降り、即丸環を狙うもアタリ無し。すると灯台横の平場で大師匠の弟さんが早速クロを仕留めています。魚も居るようなので気合が入るもその後はしばらくアタリ無し。透け透けで下げ潮もかっとんでいて状況悪く、潮が緩むまで虫餌で遊んでいました。
11:00頃、下げ潮が緩みます。すると大ベテランTさんに平場沖でツブ潰されアタリが出ます。時合と思い虫餌からミドリツブに餌替えし、黒鯛狙いに変更。すると階段横の底でSTOPアタリ!ところが魚が乗って沖に走られたところでバラシ。。。ツブは潰されていませんでしたが間違いなくクロのアタリ。その数分後、今度は内側北コバでツブ潰されアタリ。アタリの瞬間も判ったのですが前に人が居て大きく合わせられませんでした。更にその数分後、丸環側のコバヘチでクロが掛かります。丸環底方面に魚が走り、やりとりをしていると何と針外れ。。。かなり強く合わせたのですがやりとりの途中で魚が浮き上がり、道糸が少し緩んだ時にバラシてしましました。ほんの10分くらいの間に3発アタり、2バラシと超最低な状況。かなり落ち込みます。時合は一瞬だったようでその後誰も当たらず、上げ潮もかっ飛び出し、気配が無くなります。
しばらく虫餌などで遊んでいると13:00過ぎころから濁りが入りはじめます。14:00頃、常連S藤さんが平場で30兌紊離イヅをGET(その場でリリース)!潮が速く厳しい中、平場の底で食わせたそうです。この魚を見て気合が入ります。ところが潮が高く危険なため、14:30に戻りの船がやって来ました。15:00に早上がりとのことでラスト30分に賭けます。丁度この頃から潮が緩みだしました。丸環上も薄濁りが入りいい感じになっています。14:40頃、1儖未両ツブをオモリ無しで台の上を流すと派手なアタリが出ます。アワセると黒鯛が掛かります。サイズの割にめちゃくちゃ暴れた35僉。亜ィ沓沖圓鮟了直前にGET!このまま釣行が終了してしまいました。
クラブの大会は全体で2枚しか魚が出ず、この35僂韮屋未箸覆蠅泙靴拭K槐最後の大会で海底ツモでカイヅが掛かり、今年は本当に運が強いと我ながら驚く1日でした。
来週の日曜日は大師匠と会社の先輩と3名で野島に再チャレンジ。ガイド役なので釣果は厳しいと思いますが、久しぶりに大師匠と釣りが出来るので楽しみです。天候に恵まれるよう祈るのみです。

2006年10月03日

JETTA IMPRESSION

代車で借りているJETTA 2.0Tですが素晴らしい車です。先週土曜日から借りていて、一昨日の野島にもJETTAで行きました。
はっきり言ってこの車、FFスポーツカーです。200PSとのことですが、直噴エンジンのためか低速からトルクが強烈。以前の280PSステージアより速いです。ターボも低回転から効いてじゃじゃ馬。試乗しないで買ってしまうと驚くと思います。足回りは固くかちっとしてハンドリングも最高。シートも本革ですが固く座り心地も良く言うこと無し。特に絶品がDSG。このミッションはまさに自動マニュアル。ATではありません。低速のぎくしゃく感が気に入らないと言う人もいますが、全くの誤解。ぎくしゃく感はマニュアル1速に入れたときの動きと同じで、知らないでそのようなコメントを言っているようです。トルコンATに慣れた人はアクセルワークに慣れが必要です。
ハンドルにはパドルが付いていて、エンジンブレーキ利用の際は使い勝手がいい。首都高横浜公園あたりの高速カーブでは大活躍です。自動マニュアルギアのDSGに慣れると他のATに乗りたくなくなります。
燃費も良く、今朝の武蔵境〜横浜までの朝の通勤(第三京浜利用)で10/Lくらい。昨日の昼間の武蔵境〜吉祥寺〜府中〜武蔵境で7km/Lです。
インパネ周りの照明も赤と青で鮮やか。そんなに目立たない車ですが上品なデザインですし、マークXクラスを検討されている方は比較するといいと思います。
少し気に入らないところは純正オーディオがいただけないことと、オートライトとオートワイパーが少しおばかさんなところ、FF車のため、FR車から乗り換えるとハンドリングにどうしても違和感があることでしょうか。
VWの廻し者ではないですが、久しぶりにいい車と出合った感じです。ドイツでバカ売れている理由が良く判りました。
今週土曜日がパサートの納車です。どんな乗り味か非常に楽しみ!!

2006年10月01日

9月30日野島防波堤釣行記

9月30日に野島防波堤に行ってきました。29日は会社の第3四半期の締めの飲み会で家に帰ってきたのは2:00AM。当然朝は起きれないため、12:00船で防波堤に向かうこととしました。起きてみるとかなりの二日酔いで体調最悪。しかし気合を入れて自宅出発。横浜港経由で村本に11:20頃到着しました。
ワカシが釣れているということで以前購入したエギ竿と数日前に買ったフッコ用バイブレーションも持って行きました。どうせ黒鯛は釣れないと思いワカシ狙いでドックに降ります。ドックは投げ釣り2名、新堤から移動の大師匠の弟さんと、中廊下から移動の釣友が合流し早速釣行開始。黒鯛狙いをするも二日酔いで気分が悪く、全くやる気が出ません。最終便まで釣行するため、体調回復を計りながらワカシ狙いのルアーと黒鯛狙いを交互にします。
時折発生するナブラにむけてルアーを投げるとアタリがあるも魚が乗りません。ルアー釣りもすぐ飽きてしまいます。黒鯛は釣友含め全く反応無し。最悪です。
ところが少し状況に変化が出ました。15:30過ぎから上げ潮が入り始めます。
15:50頃、やる気無く丸環側の沖側コバにミドリツブを落とすとタナで糸ふけが出ます。根掛かりと思い軽く聞くと何と生体反応!!強烈な引きでしたが47僉。院ィ広圓旅鯛を仕留めることが出来ました。丁度時合のようですぐ後に大師匠の弟さんにもアタリが出ます。
16:00船で投げ釣り師と大師匠の弟さんが戻り、夜釣りの常連3名と釣友1名が降りました。
17:30頃、先ほど仕留めた場所に再度ミドリツブを落とすと1ヒロのタナでSTOPアタリ!強烈に暴れるも無事40僉。院ィ隠記圓旅鯛をGET!しばらく後に朝から釣行している釣友にもカイヅが掛かります。また18:00前にも夜釣りの名人の方にカイヅが1枚出てドック堤は活況となります。
18:00過ぎるとかなり暗くなり、釣法を脈釣りに変更。すると18:30頃に先ほどカイヅを掛けた釣友がイソメで47.5僂旅鯛を仕留めます。更に気合が入るも東風が入りだし潮も止まってTHE END。
今日は本当に運だけの釣りでした。次回釣行はクラブの今年最後の月例会で来週8日を予定しています。今年の野島防波堤の黒鯛釣りも(残念ながら)あっという間に終盤になってしまいました。これからは1回1回の釣行を大事にしないと!!9b6b594c.JPG




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: