2007年05月

2007年05月27日

5月27日野島防波堤釣行記

5月27日

又も野島防波堤に行ってきました。一番好きな潮廻り(若潮)のため昨日から野島のことが頭から離れず(末期の野島病患者です)。4:30頃自宅出発。5:40前には村本に到着していました。
ここ数日の釣果(昨日もSさんの3枚含め8枚出たそうです)もあり村本は混雑気味。さすがに釣友も多く、本格的な黒鯛シーズンに入った感じです。
今日は渡堤先を本当に悩みました。○本さんは新堤を強烈に勧めるも昨日の釣果もありドックに行くことにしました。
定刻どおり7:30出船。ドック常連のTさん、クラブのAさん、Mさん、常連のSTさんとドックに降り立ちます。すると全く予期せず若者の集団5〜6人もドックに降ります。この若者連は極太の投げ竿に20号くらいのオモリを付け、枝針2〜3本の、何を狙っているか判らない仕掛けを作り始めます。
若者が身支度をしている間に皆でドックを一通り探ります。予報どおり南風が強めですが潮が完全に止まっています。但し濁りも良く魚の気配もあるようで私も含め数回のツブ潰されアタリが出ます。また穴で常連のSさんが魚を掛けるもバラシ。潮が動き出せば魚が口を使いそうな気配満々。そうこうするうちに若者連も身支度完了。超重い錘でドック沖側をじゅうたん爆撃開始。餌は高価な岩イソメを使っているのですが枝針はフグのタナにぴったり。順調にフグを釣り上げます。おまけにフグしか釣れない沖側に飽きたようで丸環の上や内側にまで爆撃開始します。このため残念ながら魚の気配が漂うドックを9:00船で後にして常連Sさんと新堤に向かいました。
新堤も家族釣りの方が居るもマナーは問題なし。南風が強く茶系の非常に良い濁りです。早速両コバ近辺を狙うも反応無し。濁りも良いので午後も新堤に居続けることにしました。
ところが12:00船でシマダイ狙いの爺が来堤。コバに張り付いて6m前後の長竿を降り廻します。その合間を縫ってクラブの先輩とコバを狙います。すると12:30位に台の上で黒鯛が針掛かるもバラシ。同じ頃クラブのT先輩にもアタリが出て期待充分。ところがその後反応が全く無くなります。満潮(14:30頃)を過ぎれば平場も下げ潮が効いて魚が狙えると思い我慢の釣行、ところが満潮を過ぎてもいつもの潮の向きとは逆。釣れる雰囲気が全くありません。
12:00船で若者が帰ったドックでは、Tさんが12:30過ぎに1枚仕留めます。
最後のチャンスに賭けて16:00過ぎから新堤で唯一釣れそうな青灯側コバに張り付きます。16:20頃にシマダイ爺が納竿。台の上が落ち着くと同時に別の人が黒鯛を掛けます(ハリス切れ)。16:40頃、沖側からツブ+2号ガンダマでコバの先の沈みの壁にツブをぶつけるように流すと根掛かりします。竿を2回ほどあおってハリスを切ろうとすると根が動き出します!根は魚でした。沖に向かって強烈に走るも辛うじて46.5僉■院ィ沓記圓旅鯛をGET!。魚をストリンガーに掛けて再度狙うとまた魚が掛かるも根ズレでラインブレイク。そのまま釣行が終了してしまいました。
釣果を99%諦めていたときに釣れたので大変嬉しい1枚でした。
今日はドックでTさんとAさんが1枚づつ、私が1枚で野島全体で合計3枚でした。
野島全体ではあまり釣果は出なかったものの、気配も充分です。あとは条件次第といったとこです。
来週は潮が早く中々難しいと思いますが、潮どまりを基本にした渡堤プランを考えて見ます。

2007年05月25日

5月25日野島防波堤釣行記

5月25日

予定通り野島防波堤に行ってきました。今日は6:40頃起床。7:30船は間に合わないので9:00船で野島に出撃しました。
気象予報は大雨で南風15m(!!)、途中の第三京浜ではすごい雨に降られ行く前から戦意喪失。予報が悪いのでドック限定。C大名人含め名人3人がドックで釣行中とのこと。
定刻通り9:00出航(乗客1名)、潮の色は茶系に濁っていて非常に良い感じです。緩く南風が入るも沖はベタ凪です。
ドックに到着。早速降りようとするとC名人とM名人が新堤に行きたいと交渉中。ドックは潮が全く効かず誰もアタリ無しとのこと。結局C名人とM名人は新堤に行くことになりました。私はドックに降りようとしたのですが○本さんがブロックして下ろしてくれません。脇から飛び降りると「本当にドックでいいの???」と○本さんから念を押されます。
とにかくドックで釣行開始。名人T中さんと2名で釣行。T中さんとは昨年8月1日以来の釣行です。期待するも潮は全く動いていません。潮色は最高なのですが10:00過ぎまで全く潮が動きませんでした。
10:00頃から予報とは全く違う北東風が入り始めます。すると下げ潮も緩く入り始めます。
11:50頃、北面住友側角をピンポイントでツブ+2号ガンダマで落とすと竿1本くらいのタナでストップアタリ!!合わせると昨年10月以来の黒鯛の手ごたえ、サイズの割に強烈な引きをした38cm 0.9圓離イヅをGET!!本年の初釣果です。その後13:00に全く同じ場所とタナで49.5cm 1.9kgもGET!!16:00にはこの日3枚目を丸環奥の裂け目で掛けます。超強引にやり取りをして40冂度を浮き上がらせるも、取り込み寸前に魚が際に突っ込みバラシ。ハリスが丸環際に触れてラインブレイクしてしまいました(情けない...)同じ時間にT中さんも北面竿1本のタナで50僂鮖杜韻當犢圓終了しました。
12:00船で帰るつもりでしたが状態があまりにも良いので最終便まで釣行してしまいました(そもそも12:00に迎えの船は来ませんでしたが...)
この日のアタリ場所は新堤でした。C名人は11:00〜12:00の間にコバで10発以上当たり、5枚GET、ストリンガーと餌が無くなったので釣るのを控えたそうです。またツブを投げると全て当たる時間帯があったそうです(羨ましい〜)。一緒に新堤に行ったMさんは竿のトラブルがあり、何とルアー竿で黒鯛GET。渡堤した皆に釣果があり非常に印象深い1日でした。
後から○本さんに「何でドックで下ろさなかったのに降りたの?新堤のほうが良かったでしょ」とお叱りを頂いてしまいました。
今週前半から群れが入ったようで魚は充分居ます。全員餌はツブの1枚掛けでした。ナライさえ入れば爆釣の可能性大。ここ数日は新堤が超お勧めです。明後日再釣行しますが、明日行きたいな〜。

2007年05月24日

明日は

1日休みを取りましたが、結局夕方仕事に行かないといけなくなってしまいました。午前中だけ野島顔出してきます。
南風でずっと上げ潮なのでドックか中廊下に行ってきます(多分駄目でしょう)。

2007年05月22日

結局

この土日は仕事で野島に行けませんでした。それもあって今度の金曜日に一応休暇申請をしました。しかし休暇取れるか正直五分五分です。

今日18:00過ぎに横浜臨港パークに行って来ました。勤務先から歩いて7〜8分です。横浜港に茶系の濁りが入っていたので仕事の気晴らし兼ねて様子を見てきました(実は勤務先から旧赤灯がよく見えます)。
期待したのですが、近くで潮を見るともう少しって感じでした。
ナライが入ればやはり野島も釣れますね。今週末は雨の予報ですしナライに期待してみます。

2007年05月17日

今週末は

今週末はどうやら野島釣行が叶わないようです。土曜日は朝から晩まで仕事、日曜日も仕事&ちびの面倒見。もともと20日(日)〜22日(火)まで出張だったのですが先日急遽中止になり、淡い期待をしていたのですがやはり駄目でした。
超忙しいのですがストレス発散に来週1日休暇を取って野島に行くか検討中。行くなら25日(金)の午後かな?



2007年05月13日

5月13日野島防波堤釣行記

本日はクラブの3月に予定されていた大会。過去2回悪天候でスケジュールが延びました。スケジュールを何とか調整し、野島に行ってきました。
途中の高速では車が風にあおられ、嫌な気配。とはいえ村本に6:00頃到着。予報が悪いため人は比較的少なめ。仲間と釣り談義に花が咲きます。
ソコリが8:30頃、満潮が14:30頃。1日釣行の場合、朝一のソコリと午後の下げ潮が狙い目です。しかし南西風が強めで、剣崎では12〜13mも吹いています。しかし本牧では6m程度。早上がりを想定した出船となりました。
向かう先はドック堤。釣友TSさん、超大先輩のKJさん、TKさん、NJさん、先日クラブに入会の常連MKさん、栃木のSさん、ほとんどクラブ員のSさん他ツワモノ揃いがドックに降り立ちました。早速下げ潮が当たる北面を狙うも潮が流れていません。強い強風のため既に上げ潮が強めに流れています。南西風が10m前後。更に風も強まります。しかし濁りも入り今年で一番気配を感じます。
南西風も更に強まり(平均13m前後?)9:00船で12:00までの早上がり宣告を受けます。また折り返しの船で新堤から数名ドック堤に来ました。これで合計14〜15名がドック堤に居て混雑気味。しかし誰もアタリがありません。
9:40頃から少し潮が緩みます。9:50頃、丸環住友側の裂け目付近をダンゴ+3Bのオモリで狙うと根掛かりのような反応が出ます。軽く聞くと根から外れました。餌を回収するとダンゴの下のツブが潰されています!!根掛かりは何とアタリでした。。。食い込みが浅く針掛かりしませんでしたがかなりショック。その後ちらちらと裂け目付近で黒鯛が見えるも反応なし。また潮も早くなり気配が消えます。その後も粘るも結局ドック堤のアタリはそれ1発でした。
結局大会全体はおろか野島全体でも魚は1枚も出ませんでした。しかし本日は久しぶりに魚の反応が出たのでほっとしました。
上げの南西風にも関わらず潮色はかなり改善されています。今週照りこんで更に濁りも入ればハタキ終わった魚も少しづつ野島に入ってくると思います。ナライが入れば魚の反応は必ず出ると思います。
来週もクラブの大会。仕事の関係で前日まで参加できるか判らないのですが何とか調整してみます。


2007年05月06日

5月6日野島防波堤釣行記

GW第二弾で野島防波堤に釣行してきました。自宅を4:50頃出発、村本に6:10過ぎに到着。天候は最悪の予想のためお客も少なく、余裕で駐車場を確保。クラブのメンバーは5名が既に到着済みです。ちょうど村本に到着した頃が雨のピークで最悪の状態。また風雨に関する各種注意報も発令中。釣行は午前中の制限付きとなります。とにかく着替えて受付を済ませ、船に乗り込みました。
行き先は事前の情報から新堤・馬の背に決定。出港時は雨が小降りになります。潮も雨で薄濁りが入り前回より良い状態。多少期待が持てます。但し南風が強め(8m以上)。新堤には6名が降りました。朝一のモーニングサービスか潮の緩んだ終了間際がチャンス。早速モーニングサービス狙いで青灯側コバを狙うも強い南風の中、潮がかっ飛んでいて気配なし。平場も×。9:20頃まで新堤を攻めるも大師匠の弟さん含め誰も黒鯛のアタリなし。このためクラブのメンバー4名で馬の背に向かいました。
馬の背も潮が早く、フカセで狙うと早歩きくらいの速さで餌が流れていきます。
エビにカニ、ダンゴで攻めるも全く気配無し。
11:00頃には予報とは全く違い風も凪て釣り易くなるも結局誰も黒鯛のアタリすら出ず、またも撃沈してしまいました。
(アイナメも多少反応があったものの全て30cm程度の中型でした)
黒鯛は結局防波堤全体で1枚も出ませんでした。
但しドック堤ではクラブのメンバー2人に1回づつ黒鯛のアタリが出たようです。
今年は明確な乗っ込みも無く前半戦を終了してしまいました。黒鯛も産卵期に入り一月程度釣果も厳しくなります。
次回の釣行はいつになるか?とほほ。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: