2007年06月

2007年06月24日

6月24日野島防波堤釣行記

6月24日

本年10回目の野島釣行。今月3日以来の野島防波堤に行ってきました。昨日から野島防波堤の様子が気になり、クラブの大会中にも関わらず釣友&大師匠から情報収集するほど気合が入ります。
今朝も5:30頃に村本着。クラブの大先輩のKさん、二日連荘の釣友(Tさん,栃真さん)やSさん,STさん他常連の方も集結します。
12:30頃が満潮(長潮)です。昨日の釣友&大師匠の情報から午前中は赤灯、午後の落としは新堤に向かう釣行PLANの予定でしたが、赤灯は泊まり客が居るとのことでいつものドックに向かうことにしました。
ドック堤は大先輩Kさん、Tさん、栃真さん、Sさん、常連の方1名の合計6名で釣行開始。上げ潮が微妙に効いているも潮の流れは今ひとつ。モーニングも無く淡々と時間が経過します。
潮の流れが悪いため活性が低く、皆にアタリは出るもののダンゴの下半分が潰されたり、ツブの先が少し割られる程度や、丸環際では黒鯛がダンゴを追いかけるも食いつかないなど、終日食い渋りの状況でした。
私はどうだったかと言うと9:30頃に丸環2番に遠投するとダンゴ半分潰されるアタリが出ます。10:00頃には丸環1番の「穴」で40兌緜度と思われる黒鯛が掛かります。強引にやりとりするとハリス切れを起こすのでしばらく穴から出るのを待っていると残念ながらバラシ(最悪)!!また11:00頃にも丸環2番上でダンゴにアタリが出るも針掛かりせず。論外の状況です。
午後は新堤コバに張り付く人が来たのでそのままドックで釣行。ドック堤レギュラーメンバーのクラブ員Tさん、Sさん3名で釣行です。
ところが下げ潮もしばらくは流れず、厳しい釣行となります。
14:30頃、午前中バラシた「穴」を4B+3Bのオモリ&ダンゴでしつこく狙うと魚が掛かります。フグかスレカサゴと思い強引に糸を巻くと何と小型の黒鯛!!無事仕留めるも25冂度なので写真を撮ってリリースしました。
その後下げ潮が北面に当たり出し、少し条件が改善するも16:00過ぎに潮も止まり(Sさんに2回ツブ潰されアタリが出ました)THE END。
結果的には私がリリースしたチンコロが本日午後までの唯一の黒鯛釣果とのことでした。
アタリもあり魚は居るようですが、潮の関係と思われる食い渋りで終日厳しい釣行でした。
個人的には釣果はあったものの非常に疲れ、ため息混じりの釣行でした。
但し海の状況は濁りもあって悪くありませんでした。もう少し潮が流れれば・・・。
来週は改善すると思います。

2007年06月17日

来週から

先週からいろいろあって釣行どころではなかったのですが、今日で一通り用も片付きました。来週から野島に復帰します。クラブの大会は参加が厳しいですが、日曜日は釣行できそうです。
2週間釣行しないと潮の様子や防波堤の雰囲気が読めなくなるので復活まで少し時間が掛かるかも。7月第一週は休暇が取れないと思いますが、翌週以降は数日休暇を取得して盛期の野島を堪能するつもりです。
その前に横浜の旧赤が調子良さそうなのでこっそり18:00便で一度顔を出すかも。行けたら結果UPします。

2007年06月09日

楽しみにしていた遠征のはずでしたが

8日(金)の最終便で博多遠征に行く予定でしたが、事情があり本当に急ですが遠征に行けなくなってしまいました。
8日早朝チケット渡しのため羽田で皆を見送り、その後村本に立ち寄ってツブを仕入れたくらいの急な事情でした。
詳細は野島でお会いしたときに。。。

2007年06月03日

6月3日野島防波堤釣行記

本日野島防波堤に行ってきました。クラブの新人講習会で昨年と同じくお手伝いで参加です。今年は2チーム4名で講習開始。5:30頃に村本に到着。釣友も多く活気があります。早速身支度を整えます。
風の予想は南風。昨日もドック堤で釣果があり、ドック堤に向かう予定でした。ところがフカセ釣りを是非とも、という方を急遽担当することになり、フカセ釣り道場の新堤・馬の背に向かうことにしました。
定刻どおり出船。もう1チームはドックの混雑ぶりを敬遠し中廊下に向かいます。
講習先の新堤到着。人気で何と15名前後降りました。潮はやや透けています。早速コバを狙うも気配無し。長竿の爺が速攻でコバに陣取ります(新堤コバはこれがあるので本当に参ります)。
その後平場でフカセ釣りの実釣開始。潮の流れは緩やかで講習にぴったりです。
8:50頃、コバの潮が緩みます。これはチャンスと思い早速仕掛けを点検し餌を投げようとすると長竿爺に黒鯛が掛かり、45cm程度の黒鯛が仕留められます。
その後何度かコバを攻めるもアタリ無し。このため馬の背に向かうことにしました。
馬の背も雰囲気が良いものの少し潮が透け気味。人も多くなったため30分程度で馬の背を諦めました。
またも新堤コバを狙うも気配無く、10:50頃馬の背に再度向かうと生徒さんにツブ潰されアタリが2回あったとのこと。慌てて馬の背曲がり部分を集中的に狙うも潮も止まり、THE END。その後上げ潮ががんがん流れている青灯コバに飛び降りるも不発。完全ボーズで本日の釣行が中止になってしまいました。
講習会的には生徒さんにアタリがあり、非常に良かったのですが、個人的には真剣に狙ったにも関わらずアタリも無く、かなり残念な釣行でした。
他堤の昼までの釣果を整理するとドックで常連のSさんが1枚、C大名人が2枚(リリース)のみでした。
新堤コバはこれからの時期シマダイ・黒鯛狙いの長竿の人が張り付くようになるので厳しくなってきます。
野島も濁りが薄くなり、少し照りこみが欲しい状況です。来週は博多遠征。次回の野島は24日か、最悪来月第二週になるかも。う〜ん、昨年のようなツキが欲しい。。。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: