2008年03月

2008年03月29日

3月29日野島防波堤釣行記

847158e7.JPG先週は一部の皆様に大変ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。
安全装備は釣行前に必ず点検&必着をお願いします。

いつもの通り野島に行ってきました。年度末の仕事のストレスもあって構わず釣行。太平経由で6:30頃に村本に着くと先週大変お世話になったSさんが居ます。しばらくするとZ乗りさん(車が米国仕様に変わっていて、かなり格好いいです)、Tさんもやってきてレギュラーメンバー勢ぞろい。また○洋黒研の○村さんも居ます。村本前も濁りが入って期待が持てる感じです。海もこの一ヶ月で本格的な雰囲気になってきました。
定刻どおり8:30に出港。最近ドック系でも釣果があるため皆各堤に散らばりました。私は○村さんと新堤に向かいます。
新堤は濁りもまずまず。北西風が強く、台の上の壁に潮が当たるように流れています。そっと台の上を覗くとクロが何枚かヒラを打っています!!○村さんと狙うとモエビで狙った私に1回強い引き込みのアタリが出るも、アワセが早かったか針掛かりせず。しばらくすると潮もかっ飛び出して気配が無くなってしまいました(残念)。
その後はしばらくまったりモード。平場は魚の反応がほとんど無く(1回チビカサゴが釣れただけ)新堤には黒鯛狙いが6名、ルアーマンが1名の合計7名です。巨大なミノーを投げるルアーフッコの人が歩き回り、少し気になります。
潮もだいぶ下がったので11:00過ぎに○村さんと馬の背に向かいました。
モエビ+2B+1号のガンダマでドヘチを落とします。降りて10分後くらい、電柱3本目前で落とすと竿半分くらいの深さで典型的なSTOP!アワセを入れると5ヶ月ぶりのクロの手ごたえ!横を見ると○村さんも竿を曲げています。沖に強烈に走ったためかなり手こずりましたが今年初物の43.5僉■院ィ僑記圓両茲湛み黒鯛を仕留めることが出来ました。○村さんもかなりの大物を仕留めます。しばらく後に○村さんに1回バラシがあります(2枚ともちょっと驚きの餌で掛けていました)。11:50頃から疲れと南風が入りだしたので、状態が良かったものの撤収しました。
この魚、腹を割くとアオサ/カニ/ツブ/パイプを大量に食っていました。
野島も乗っ込みが本格化したようです。今年は連休前までそこそこ枚数が出るのでは?平日会社休んで釣行したいです。。。

2008年03月16日

3月16日野島防波堤釣行記

実質開幕戦に野島に行って来ました。朝起きて風を見ると緩いナライ。飛び起きて先週と同じく子安丸・太平経由で村本に6:30頃到着。着くと○本さんにいきなり「何で昨日来なかったの!!」と怒られます。昨日は雨濁りとナライで状態が非常に良かったようです。新堤台の上廻りで朝一に2枚、アイナメ狙いのカニ餌に1枚と合計3枚出たとのこと。魚もかなり居るそうです。村本前の海も薄濁りが入り先週よりは改善されています。クラブのメンバーも黒研所属の両Sさん+1名の計4名。合計42名で8:30に出港しました。
新堤は合計8名が降ります。新堤沖30mくらいに底引きの船がうろつくのが気になります。ドキドキしながら台の上を両Sさんと3名で狙うも不発。既に下げ潮が入り、薄濁りで雰囲気がいいものの誰にもアタリ無しです。風は東北東1〜2m。もう少し風が欲しい状況。少し水温も下がったようです。昨日は台の上廻りで黒鯛を多数目視できたそうですが今日は全く気配がありません。新堤を数往復するも馬の背側でフグの反応があるだけです。結局10:00頃新堤を諦め、かなり潮が高いものの馬の背に強行することにしました。
馬の背は緩く潮が入っています。降りて第一投目、ボサエビを落とすと底で生体反応!!一瞬ドキッとするも40cm弱のアイナメ(残念)。その後はフグ攻撃を食らいます。11:00過ぎに南風が急に強くなり、危険になる前に馬の背を撤収しました。帰りは横須賀湾からの波を食らい、足が浮いて背中からウエーダーの中に海水が入ってしまいました(当たり前ですが気をつけましょう)。
結局そのままフェードアウトで釣行終了。新堤に居た皆誰も黒鯛の反応無しでした。
帰りは久しぶりの六浦のラーメン大将経由で帰りました。
横浜の釣果を見てまたも反省。春先はいつもこのような状況で連敗街道を突き進みます。来週のクラブ月例大会は出撃できません。前日に野島に行く予定です。
例年通りの開幕を迎えましたが第一号はだいぶ先になると思います。

2008年03月15日

無駄遣い

8931ff6b.JPGうちの会社の営業は2月末がボーナス。その軍資金で以前折った磯竿の代替竿を買いに行ってきました。野島の夜釣り専用の磯竿です。狙いはメバル、カサゴにアジ&ウキフカセのフッコ。竿を折ったので今年はやってないですが、電気ウキを使った夜釣りは大好きです。近くのキャスティングで狙っていたダイワ大島クレッサ2号を購入。ついでにリールコーナーを見るとシマノTWIN POWER旧モデルが何と安売り中!!思わず2500を衝動買いしてしましました。今年はこのタックルでアジとメバルとフッコを釣りまくります!(???)
このタックル、メバル&アジにはかなりもったいないかも。また無駄遣いをしてしまいました。
昨年末からろくに釣りに行かないのに竿とリールを買いすぎなのでしばらく自重します。
明日朝の風を見て野島か横浜行ってきます。

2008年03月08日

3月8日野島防波堤釣行記

c7a5158b.JPG予定通り本年の開幕戦に野島防波堤に行ってきました。午前中(下げ潮)のみ釣行し、午後はアサリを獲って家に帰る予定。前日から気合が入ります。
今朝は5:30に起床し子安丸、太平経由で村本に7:30に到着しました。既にシーバス、アイナメとカレイ狙いの人で無料駐車場がほぼ満杯。村本も予想以上に活気があります。ところが知ってる人は冬は投げ釣り師の○原さん以外誰もいません。黒鯛縛りの人は私だけのようです。
○本さん事前情報では潮は透けてるも黒鯛は既に居るとのこと。ピーカンもナライの予報のため、馬の背用の完全装備で船に乗ります。
定刻8:30に24名で出発。○本さんに新堤と行き先を告げ、ドックに向かう○原さんと雑談をすると○本さんが「新堤、ドックともに希望者1人しか居ないので渡船できません」???
最悪です。ほとんど皆青灯・ハナレ希望。○原さんは1日釣行予定のためドック希望者を○本さんが慌てて募ります。しかし新堤希望者は居ないため私もドックに仕方なく向かうことにしました。
ドックは内側は透け透け。北面はやや濁りあるも潮がかっ飛んでいます。かすかな期待を持って北面の一発勝負を行なうも不発。内側の丸環際は透けまくっていて底まで見えます。結局全く魚の気配を感じず(ボサエビ5〜6匹、ヒライソ1匹しか消耗しませんでした)、野島の開幕戦は朝の数投で終わってしまいました。11:00から1時間程度昼寝をしたのと、1時間くらい投げ釣りを見ていたので実釣時間は1時間少々ってとこでした。

村本に戻ってアサリを大量にとるも納得がいかず、そのまま最近好調の横浜沖堤に向かいました。15:00〜17:00の二時間勝負。船宿に聞くとここのところ本当に好調で今日も2kgUPが午前便で2枚上がっているとのこと。昨日も同サイズが数枚釣れたようです。また今日も各堤ストリンガー数本降りているそうです。上げのナライのため、ベイブリッジ下の防波堤群(しかも沖側)がいいと判断し沖白に向かいます。
沖白に着くとナライで沖側がざわつき濁りも入って非常にいい雰囲気(最初から横浜にすれば良かった...)。潮も入っています。しかしやや人が多く(6名が10円玉に張り付いています)、防波堤の選択を間違えたような感じです。とにかく2時間集中しましたが、16:30頃に10円玉手前でカニ潰されアタリ(反応するも遅すぎ)が1回あったのみでした。
横浜沖堤は乗っ込みの第一陣で釣れ盛っていました。帰りの船で確認しましたが、テトラでは1人3枚(全体で4枚)の釣果や、旧赤では黒鯛と思われるストリンガーが最低3本下がっていて、本当に好調でした。
横浜沖堤は魚は結構いるようで、ちょっと水温が上がると魚の活性が高まるようです。

今年の野島開幕はかなり残念な結果で終了しました。ですがアサリ獲れただけで良しとします。来週は事前の釣果状況を判断して釣行先を検討します(浮気して横浜沖堤に朝から向かうかも)。

2008年03月02日

来週開幕!!

先週の野島リハビリは風で諦めました。今日も午前中時間が空いたので昨夜から準備をしましたが、朝布団から抜けれずOUT。午後も時間があれば気合で起きたのですが、昨日までの合宿研修の疲れもあって諦めました。
当初の予定通り8日か9日にアサリ取り用(まだ少し早いけど)の大型熊手持って野島に向かいます。
乗っ込み狙いですが、例年5月中旬頃まで怒涛の連敗を食らう場合がほとんど。その間、黒鯛アタリボーズ連続なんて毎年のことです。確率を上げるために1匹50円程度の大型モエビを使う手もありますが、上がる確率もたかが知れてるし、50匹も買うと財布に打撃を受けます。
正直この時期確率は低いですが、記録狙いの夢と野島の潮風に当たるために行くだけで充分です。
これから11月まで可能な限り野島に通います。今年も宜しくです。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: