2008年08月

2008年08月30日

8月30日野島防波堤釣行記

2bf64d15.jpg予定通り野島に行ってきました。朝起きると武蔵境は大雨。雷も鳴ってますが構わず出撃。6:00頃村本に到着もガラガラ。天候が悪いのと潮もあまり良くないので皆敬遠しているようです。昨日は出船しなかったとのことで防波堤がこの時期2日も休んでいます。おまけに村本前は茶色の濁り(川の泥濁り?)。信じられないことに黒鯛屋さんは私のみ。他にルアーの方が1名に赤灯宿泊者が5名の計7名で出港となりました。
行き先はルアーの方と相談し新堤。沖はナライ6mくらいで曇り。潮も茶系の濁りで一見最高な状況です。超期待するも平場は3往復するもスカ。馬の背は荒れて良さそうです。即馬に渡ります。ドキドキしながらヘチを狙うも全く反応無し。水温は低く、水潮で塩分濃度がかなり低下しています。状況はあまり良くありません。9:00過ぎた頃、半分諦めで電柱4番の前で沖にツブを大遠投をすると何と黒鯛が掛かります。非常に暴れた42cmをGET!!ほっとしたものの結局午前中はこの1発のみ。11:00頃からフッコ狙いのルアーを投げるも乗らず、午後はドックに移動しました。
ドックでは8:30船で青に降りたZ乗りさんに12:00船で来た浜松のMさんの3名で釣行。この頃から日差しが出ます。
ドックも濁りはいいものの、14:00頃までは全く反応無し。疲れて灯台横で昼寝をしてしまいました。
いい気持ちで寝ていると14:20頃、「釣れました!!」と浜松Mさん!!灯台横の内側平場タナで良型を食わせたそうです。日差しも出て水温が上がったようです。潮の流れも平潟湾からドック堤に当たり、下げ潮のように流れています。平場タナで食ったのなら丸環に上がっているのでは?と起床後即丸環を狙うと第一投で魚が掛かります。これも非常に良く引いた51cmをGET。その後14:40頃に平場タナでレギュラーサイズを仕留めます。すぐ後に浜松Mさんも1枚GET。15:00頃には本日最大魚の52.5僉■押ィ賢圓ほとんど向こうアワセのような引き込みのアタリ(これもハリスくらいのタナ、平場)でGET。その後立て続けにレギュラーサイズを平場のタナ(全て竿1本以内のタナ)で2枚をGET。気味が悪いほど私にアタリが集中しました。
結局合計6枚、重さ合計で10坩幣紊鬘韮釘圈8畫庵罎聾靴靴ったものの、終わってみれば非常に良い1日でした。
日差しが出て水温が急速に上がり、午後急に活性が上がったようです。
餌は全て大きめのツブ。ドックの後半は平場のタナ狙いに絞ったのが好釣果につながったようです。
魚は各所に居るようです。しばらく濁りもあると思うので超期待。明日も行きたいです(無理ですが)

2008年08月24日

8月24日野島防波堤釣行記

一昨日に続け!!と野島に行ってきました。
いつどおり村本に6:00過ぎに着くと黒研S大名人、弟子の黒研M田さん、森○名人にSさんやZ乗りさんなどちょっと厳しい面子が揃っているも人は少なめ。昨日はクラブメンバーが絶好調。相当数出たようです。クロariさんがドック先で好釣果とのことで朝一はドック先、その後十兵衛が乗ると思われる8:30船で新堤か青に移動することにしました(これが失敗の始まり)。
20名弱くらいで定刻どおり出港。ドックではSさんにM田さんが降ります。ドック先はZ乗りさん含め8名が降ります。すると船には新堤に向かうS大名人と森○さんのみ。おまけにドック先から離れたときに「今日は十兵衛は来ないよ〜」。。。
結局ドック先に午前中居るも怪しいアタリが1回(多分ヘダイ)のみ。12:00船で移動することにしました。
12:00船にはルアーマンが3名、他にH名人やドックから移動のM田さんが居ます。新堤に向かうつもりでしたが、青でH名人やM田さんが降りたため、つられて降りてしまいました。
青では早速オカマを狙うもアタリ無し。ルアーマンや黒鯛狙いの方が4〜5名張り付いてちょっと厳しい状況。13:00頃にH名人が平場で49僂鮖杜韻瓩泙后4に青に居る森○さんはハナレに張り付いています。平場狙いに変更するも別荘まで行って気配無く、ハナレに渡ると足が濡れるので折り返して再度オカマに向かいます(ここが運の分かれ目)。途中M田さんとすれ違います(M田さんはハナレに向かいました)。
オカマで潮が止まる15:00頃まで粘るも気配無し。ドックのSさんにTELを入れると「ハナレで食っている」との情報!!早速ハナレに向かうとM田さんが2枚、森○さんが4枚獲っています。M田さんの2枚は私とすれ違った後に立て続けに釣れたそうです。その後四畳半で粘るもTOO LATE。またもやってしまいました。。。
今日の釣果を整理すると青・ハナレで7枚、新堤でS大名人が3枚の計10枚。全て名人の釣果でした。
野島は甘くないことを痛感。場所選定含め反省点多すぎな釣行でした。
来週は今のところ土曜日に行く予定ですが、ここのところ釣りばかり行っているので一回パスするかも(無理か)。

2008年08月22日

8月22日野島防波堤釣行記

前回の釣行記で予告した通り平日釣行してきました。昨日からナライの予報のため思わず休暇取得。但し新富士のお客様CALLはキャンセルできず、午前中のみの釣行となりました。
風も本牧で10mくらい。出船ぎりぎりですが、出れば爆釣間違いなしと思い出撃。最悪横浜に向かうつもりで家を出発しました。
村本に7:15頃に着くも風と潮が高いとのことで様子見で8時過ぎに出船とのこと。身支度を整え、8:10頃出船となりました。
沖は風も強く保安庁も横須賀湾で警戒しています。結局渡船できたのは新堤、青灯、ドックのみ。全員で20名強、状況確認もあり、最初に向かった新堤で7〜8名降り、次に青灯で12〜3名降ります。当初新堤に向かうつもりでしたが新堤で降りた人が予想より多いため青で降りることにしました。青ではクラブMさん他金曜常連のF城さん、Iさん、M月さん、M嶋さんの各名人が降ります。C大名人のみドックに向かいます。
ナライが9〜10m程度、濁りもそこそこ入り超好条件と思いきや、モーニングは無し。雰囲気は最高なのでかなり落ち込みます。
10:00頃まで青では誰もアタリ無し。10:10頃、オカマが空いたので沖にツブをぶん投げると奥のケーソン先で引き込みのアタリ!!潮に乗るも強烈な引きをしたレギュラーサイズ(1枚目)をGET。しばらくするとクラブのMさんが魚を仕留めてオカマに向かって歩いてきます。クズレで仕留めたそうですが、めちゃ荒れた中でやりとりの途中サンダルとリールのネジをLOSTしたとのこと。そのくらい今日は荒れていました。
下げ潮が効き始めてからオカマ周辺で食いが立ちます。10:30頃、3〜4名張り付いているも誰も狙っていないオカマの足下に餌を入れると一撃で魚が掛かります。これは非常に暴れたレギュラーサイズ(2枚目)、11:00頃、マイルポスト手前のタナでSTOP!!聞くと「ガツン」と強烈なアタリが出ます。結局オカマまで連れて行かれ、オカマ西面で取り込んだ強烈な引きをした魚は50.5僉■押ィ沖圈複核臾棔法■隠院В械虻△縫カマ竿1本先の溝を狙うと引き込みのアタリで40.5僉複緩臾棔砲鬘韮釘圈7覿標畫庵罎寮弔六笋離カマ周りの4枚、Mさんのクズレ1枚でした。
今日は驚きの釣果がありました。ドックではC大名人が何と11枚!!ちょっとすごすぎ。。。やはり半端ではない人でした。新堤もまずまずで午前中に4枚、午後1枚出たとのことで野島全体で久々の20枚越えでした。
午後も当然居たかったのですが仕事もあり残念ながら撤収。思わず午後の結果をTELしてしまいました。
今日は釣果も良かったにも関わらず村本でも写真を撮るのを忘れてしまいました。。。
ナライが連続したためか濁りもまずまず、魚も場所に当たれば食ってきます。
日曜に釣行予定ですが、正直言って明日行きたいです。。。

2008年08月19日

8月17日野島防波堤釣行記

昨日予定通り野島杯参加してきました。
準備もあり、5:00ちょっと過ぎに村本着。前日は新堤が抜群に良かったようです。
天候は曇り、前線も下がり北東風が7mくらいと強め。潮は透けているも金曜日よりは濁りもあり期待できます。
前日からどこに渡堤しようか悩むも朝一のモーニング期待で第一希望ハナレ、第二希望新堤、状況によって8:30船で移動することとしました。船は例年通りドック系+赤灯向けと青灯・新堤向けの2艘出し。ところが青灯・新堤向け船が満員となり、ドック系・赤灯向け船が青灯・新堤にも立ち寄ることとなります。大チャンスとばかりにそちらの船に乗ることにして、人が一番少ない防波堤に降りることにしました。
ドック系は北東風で東面がバシャついていい感じ。ドック先は予想より人が少ないため(12〜3名)、思わず降りてしまいました。
丸環上は下げ潮&北東風で潮がかっ飛んでいるので東面を狙います。途中魚が見え、期待が高まるも全くアタリ無し。結局8:30船で60名くらい降りているもバシャついて非常に良さ気に見える青灯に向かいました。
降りて状況を聞くと誰もアタリ無しとのこと。青灯はソコリ勝負!!と気合を入れます。ところが新堤に向かった折り返し船に乗っている大師匠が「馬の背で3枚〜」。。。
青灯に居た新堤&馬の大名人のKJ師匠と「防波堤を間違えてしまいました・・・とほほ」と8:45の時点でもう反省会を実施。結局その後もフグすら当たらず野島杯が終了してしまいました。
前日釣行して魚を仕留めている大師匠からも「今日の敗因は青で降りたこと」とひと言。冷静に考えると新堤がいいと暗に言われていたのですが。。。気づかずスミマセン。
予想通り8月のクラブ期間大会&野島杯は1枚も釣れず終了。ホント相性悪いです。この期間ずっと釣れないのでは?お陰で調子も急激に落ちてしまいました。
但し大会自体は久しぶりの方との交流など非常に楽しかったです。
次回は24日(日)を予定ですが、平日どこかで半日釣行に行ってしまうかも。心機一転、後半戦にむけて建て直しが出来るか?
来週からは秋のシーズンに向けて餌や仕掛け、場所の選定などいろいろと変化をつけて探ってみます。

2008年08月16日

8月15日野島防波堤釣行記

昨日予定通り野島に行ってきました。
さすがにお盆休み&大会前の偵察もあって混雑気味。
水〜木曜日はかなり南風が吹くも村本前は濁りも入り、なかなかいい感じ。
17日の大会前に一度ドック先に向かいたかったのですが、レベルの高いメンバーが降りるとのことで敬遠、いつもの通り青灯に向かいました。
青灯にはF名人他数名が降ります。沖に出てみると潮は透け透け(10段階で2〜3くらい)で全く潮が効いていません。しかも秋の潮独特の青い濁り。魚は居るもやや濁っている内側のほうが居るくらい。結局下げ潮は諦めました。
上げは午前の照りこみで濁り、悪くありません。12:00頃にクズレ内側で当たるも掛け損ね、13:00頃にハナレ内側でバラシ(結構やりとりをしましたがやりとりが甘く針ハズレ)、13:30頃にもクズレ内側でハリス切れ(直前に根掛かりしたのですがハリスチェックせずそのまま釣行)で終了。14:00頃から南西風が9〜10mほど吹き、頭から潮を被ります。期待が高まるも荒れてからは逆に潮が透けてしまい一切アタリ出ず撃沈。真剣な1日釣行としては久々の完敗でした。
結局ドックで2枚、ドック先で2枚、青は1枚、新堤でも1枚とやや低調(一服?)な状況でした。
バラシは2回とも自責のため反省しきり。
今日も時間が出来たのですが、体調が悪かったので野島に向かうのを止めました。
さすがにここ数日の南風が強すぎで、状態が一気に悪くなってしまいました。
今日の状況はあえて聞いていません。予報では前線が下がるとのこと。ナライが数時間吹いても厳しいと思いますが、上向きになることを期待します!!
明日はいよいよ野島杯。年に一回(ほとんど唯一の個人戦)の横浜界隈の大きな黒鯛釣り祭りなので皆と交流し楽しんできます。

2008年08月09日

相性

この土日は家庭サービスを予定。今度の金曜日まで野島には行けません。来週はクラブの月例期間大会。一週間で誰が一番大きな魚を獲るかの大会。野島の状態も悪くないし、お盆休みと重なるので枚数TOPの人は最低でも5〜6枚は獲ると思います。私は野島杯含む2回の釣行の予定で、この2回で5〜6枚を獲るのは100%無理です。何故なら8月の期間大会は過去一度も魚を獲ったことがありません。この期間はいつも金縛りにあったようにアタリが遠のき、撃沈を繰り返します。クラブの盛期の月例大会で一番相性が悪い大会です。その月例大会の最終日が野島杯とは・・・とほほ。
野島杯との相性は悪くないですが、過去どんなに好調なときもこの8月の期間大会は何故か釣れないのでまあ駄目でしょう。
とにかく1つの壁を越えるべく、この2回の釣行で1枚GETを目標にします。

2008年08月06日

8月6日野島防波堤釣行記

e05ce297.JPG今日何とか時間を調整して野島に行ってきました。予定していたお客様CALLが中止となり、役職特権を利用して午前半休(私の役職は基本的に決められた勤務時間は無いのですが、業務半休を取得)。6:00ちょっと前に家を出て、7:15頃に村本に到着。速攻で身支度を整え船に飛び乗りました。
狙って平日に釣行したのですが、思ったより人が多く(20人くらい?)きゅーりさんやクラブのメンバーもT倉さん、H間さんや栃真さんにZ乗りさん、I崎さんや超久しぶりのO寺さん(入院されていたそうです)、水曜日常連のC大名人(今年初の顔合わせです)、Fさんなどそうそうたるメンバーが集まっています。土日の常連の方も何名か居ます。
定刻どおり出航。皆さん各堤に散らばります。私はここ最近はまっている青に出撃。きゅーりさんに栃真さん(レベルが高い。。。)他常連の方数名と、何を狙っているか判らない人が降ります
満潮のため早速オカマの下を狙うも無反応。東風(最悪)で浅場は厳しそうです。前日の雨で期待した濁りも薄く、結構きつい状況です。当然モーニングは無く9:00過ぎまでまったりとした時間が過ぎます。
照りこんで濁りも入ってきた9:30頃、オカマ竿2本くらい先を何気に流すと引き込むアタリ!!潮に乗って取り込みは苦労するも無事48.5僉■院ィ賢圓鬘韮釘圈!久々に良型が釣れて大満足。栃真さんも即平場でカイヅを1枚GET。
私は午後の仕事もあり少しペースを落とします。
10:30頃、オカマできゅーりさんが「今日はボーズかも」と話し終わったか終わらないときに魚が掛かります。根に潜り込んだりでなかなか元気な魚を無事GET。この魚を見てまたやる気が出ます。
11:00頃になると更に濁りも入りいい感じになります。おまけに何故かナライが1時間程度入ります。11:30頃、ばしゃついていい感じの別荘入り口のドヘチの1ヒロくらいのタナでSTOP!!これは非常に強い引きをした43.5僂鬘韮釘圈!この時間は時合いだったようで同じ時刻に栃真さんがカイヅ2枚、きゅーりさんもレギュラーサイズ1枚GETします。
午後も居たかったのですが仕事のためちゃんと昼船で戻りました。
結局午前中だけで各堤で大小14枚が釣れました。引き続き野島防波堤は非常にいい感じです。17日の野島杯もこの調子だと結構魚出るかも。
次回は仕事や家族旅行などもあり、15日を予定。防波堤の上は狂ったように暑いので熱中症にはくれぐれも気をつけてください。

2008年08月02日

8月2日野島防波堤釣行記

d4d8d62c.JPG予定通り野島防波堤に行ってきました。午前中はクラブの新人の方と釣行。登戸駅6:00待ち合わせで野島に向かいました。
昨日もドック先で釣友Mさんの大釣りがあったためか混雑気味。クラブのメンバーも10名くらい参戦。村本前も非常に活気があります。
南風5〜6m程度。ドック先に惹かれるものの、新人の方との釣行なのでまたも青灯に向かうことにしました。
青灯は我々2名以外にKJ師匠、HさんにNさんが降ります。他にフッコ狙いの若者4人組や黒鯛狙いの方数名が降ります。早速モーニングを狙うと新人の方にアタリが出るものの、他のメンバーは全くアタリ無し。8:30船でクロariさん、TさんにSさんが来堤。Sさんはドックオカマで50UPを得意のモーニングで仕留めています。青灯は潮も流れ濁りも入りまずまずなのですがしばらく反応も無く飽き気味。ところが9:30頃でしょうか、クロariさんがオカマでレギュラーサイズを仕留めるとオカマでアタリラッシュ!!私が42cm1枚と35cm、Hさんも1枚仕留めます。時合のため新人の方に狙っていただくも餌の流し方が上手く出来ないためアタリが出ません。その後1回バラシがあるも南風が強まり潮が止まってしまいました。同じ時間でハナレでも時合があったようでSさんがまたも50UPをGET、Nさんも1枚仕留めます。
ソコリは期待するも今日は今ひとつでした。
新人の方は午前中で終了、午後はKJさんの意見を聞き、クロariさんと青灯内側狙いでそのままSTAYすることにしました。
13:30頃までタコ狙いをするも不発。風は6〜8mの南風、濁りはいいものの、もう少し風が欲しい状況です。とりあえず青灯内側狙いをします。
落としてみると潮も動いて濁りありいい感じ。14:10頃、クズレ内側で大きめクロをバラします!!魚が居ることが判り、真剣に狙います。14:40頃、看板ちょっと先のドヘチで35cmくらいを仕留めます。この後信じられないことに別荘階段横付近でアタリ連発!!3回かけて2枚GET(バラシた1枚は引きが強烈で別荘往復するも浮かせられず根ズレでアウトでした。残念)。その後15:30頃にブッツケの内側で30cmをGETし、合計6枚で釣行終了しました。
午後の上げの青灯内側で(全てカイズクラスですが)何と4枚も釣れてしまいました。我ながら驚きです。青灯のポテンシャルをまざまざと見せ付けられた1日でした。オカマの時合といい、最近の状況といい、本当に青灯恐るべしです。。。
ナライが吹いたら青灯で爆釣しそうです。
青がいい状況なのに家族旅行等もあり、15日まで野島にいけそうにないです(仕事こっそり休むか???)。運を使い切ったようなのでしばらく気をつけないと。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: