2008年10月

2008年10月26日

今年は

そろそろ店じまいというか、毎週末の野島定期釣行は終了することにしました。今後は潮と風を見て12月上旬まで数回通う予定です。年内あと3回いけるかな?
基本土日のみの釣行なので風運頼み。11月中も何回かいい潮廻りあるので強めのナライ&雨に期待ってとこです。
金曜日は休暇を取ってスミイカ狙いで野島に向かいましたが、強い南風の予報で期待できないものの村本に出撃。強い南風で荒れた青灯南側を見て、ひょっとするとと思い1時間くらいクロを狙うも別荘内側で1回潰されただけで終了。イカも数回エギに乗るも風が強すぎで全く駄目。途中割れ目に足を取られて膝と肩を打撲。そのまま普通に歩けたので大したことないと思っていたのですが、家に帰ってから強くぶつけた膝下が腫れて歩くのが辛い状態になってしまいました。もう大丈夫ですが、荒れてるときは本当に気をつけましょう。
とはいえ来週の3連休はナライ&雨or曇りなら出撃予定。天候に期待します。

2008年10月19日

10月19日野島防波堤釣行記

所属するクラブの今年最後の大会のため野島に行ってきました。この時期釣果を狙うには厳しい潮廻りですが、前日からの大ナライと13:30までの下げ潮に期待しての釣行。大会幹事の代行のため早めに村本に向かいます。
今年最後の大会でもあり、クラブ員はレギュラーメンバー含めたくさん集まります。メンバー以外では久しぶりのきゅーりさんも居てなかなか活気があります。
定刻どおりに出船。沖は北東10mくらいで大荒れ。ドックと青灯・赤灯限定で出船。イカが釣れているとのことでイカ狙いの人もたくさん居ます。当然エギングセットも持って出船。午前中の下げ潮はクロ狙い、午後も大会ですが、エギでイカ狙いの予定で青灯に出撃しました。
青灯は新堤に向かう予定の人も来て大混雑。荒れているものの透けているのと人が多すぎでヘチに魚も寄ってきません。しばらくは看板前までの限定もあり非常に厳しい状況。2往復目で別荘手前で引き込みの当たりが出るも咥えただけのようで針掛からず。結局クロの反応はコレ1回きり。青灯全体でも2回当たった釣友が居たのみでほぼ無反応。早上がりも予想されるので11:00過ぎから釣れまくっているスミイカ&アオリ狙いでエギを投げます。クラブの大会の中、ヒンシュクを買うものの40分くらいで2杯釣れました。
ナライも12mくらいまで上がり、結構危険になってきたため予想通り12:00で撤収。野島全体ではドックでカイズが1枚釣れ、大会は無事成立しました。
人が多すぎ&ちょっと荒れすぎでクロの反応はほとんどありませんでした(イカは凄かった〜)。
もう少し風が弱くて新堤&ハナレまで行ければ状況はは全く違ったと思います。
次回は今週平日に1回いくつもり。今週末の25日/26日は予定が入って出撃できません。その次は11月8日か9日か。今日が最終戦の釣友もたくさん居ました。そろそろ店じまいの季節。最終戦はいつにするか?

2008年10月18日

天国と地獄

がNHK BS黒澤明特集でやってました。これも学生の頃から何回も観た映画ですが、TVで観たのはほぼ10年ぶりか。舞台は横浜西区に中区界隈、東海道線の特急や腰越など、横浜の黒鯛屋さんには身近な場所。昨年まで横浜勤務でしたので撮影場所の土地勘もあり、別の意味で楽しめました。麻薬患者の殺害シーンはあの黄金町だったり、江ノ電など神奈川県住民なら判りやすい映画。推理小説を映画化しているので判りやすく、横浜界隈の黒鯛屋さんで黒澤映画を観たことない方は入りやすい映画と思います。
どうでもいいことですがこの映画をカミさんと観るため、土地勘を伝えるため今日は夕食を野毛の通称餃子屋で食って来ました。息子はかぶりついて見ていましたがうちのカミさんはそもそも白黒映画を評価しません。

明日はクラブの今年最後の大会。ちょっと厳しいと思いますが釣果より皆との会話を楽しんできます。

2008年10月16日

予選@埼スタ

俊介
ワールドカップ予選を見に埼スタに行ってきました。政治力を発揮して今回はちょっとすごい席、カテ1の正面最前列、何とウズベキスタンのベンチの真後ろ。代表のプレーを真正面で見てきました。
皇族代表メンバー全員&和田アキ子&皇族(高円妃殿下)も間近で見れる席でした。会社メンバー10名と一緒にビールを飲みまくってサッカー観戦。カテ1は上品な人が多くて大騒ぎをして見ている人は正直我々だけでした。。。
結果はご存知の通り、かなり残念。コメントはあえてしません。11月のアウェーのでカタール戦が前半戦の山か?2月11日のHOMEオーストラリア戦も出撃します。
次戦は松井も復帰して大丈夫でしょう。。。

2008年10月12日

10月11日野島防波堤釣行記

10月11日予定通り野島に行って来ました。午前中は上げ潮で潮も低く厳しいのでパス。睡眠充分で12:00便に向かうと夕方の下げ潮狙いの方が集結。夕方北11mの風が吹くとの予報もありTさんにクロariさんにZ乗りさん、黒研Mさんに8日も一緒のF名人にY名人も集まってます。
定刻どおり12:00に出船。新堤に向かいます。Tさんに黒研Mさんとフッコ狙いの方の合計4名が釣行。15:30までは我慢の釣行と思いきや、潮も下げ潮のように緩く流れ、濁りもそこそこ入っています。早速沖側を狙うも流れたり止まったりしています。上げ潮が流れ始めた13:00頃、黒研Mさんが台の先で魚を掛けるもバラシ。14時過ぎに私も台の先で魚を掛けるも根ズレでバラします。新堤に降りたときは雨がパラつくも14:00頃から日差しが入ります。ウェーダーを履いているので超暑く途中何度も休憩。15:00頃から下げ潮が断続的に流れ始めます。15:30の船で久しぶりのM崎さん来堤。日も傾き、潮が流れ始めた16:20頃、M崎さんが新堤真ん中でレギュラーサイズを仕留めます。数分後ハナレをみるとZさんYさん2名がやり取り中。時合いと思って真剣モードになると看板前で1mくらいのタナでお手本のようなSTOP!!46cmをGET。潮も緩く流れていい感じになってきます。16:50頃、同じく看板前で竿半分くらい落としたところで竿先に重みを感じるようなアタリ!!これは良く引いた45cmを仕留めます。その後はマイルポスト付近でアワセ損ね+数回怪しい反応が出ます。1往復した後の17:20頃、マイルポスト手前の1mくらいのタナでSTOP!!これは横に走ってめちゃ引いた47cmをキャッチ。その後黒研Mさんが1枚仕留めるも暗くなってアタリが遠のきます。アジ狙いは今回も不発。18:30頃から北風が急に強くなって結局19:00に早上がりとなってしまいました。この風、2時間前くらいに吹いて欲しかった。。。
新堤はTTL5枚、夕方青灯でも時合いがあったようで青〜ハナレで6枚出たそうです。
早くも黒鯛釣り終盤戦。来週の日曜日はクラブの最終戦。ナライが吹かないと厳しいと思いますが頑張ってみます。

2008年10月10日

株安

少しPRIVATEの愚痴。
人に威張るほど持ってはいませんが、今回の株安はかなり食らっています。ここ一ヶ月くらいで手持ちの株資産が40%近く減少。含み益もあったので投資額に対するマイナスも少なく、リスクのある取引もしていないので大きな問題は無いのですが、しばらく身動きできません。
数ヶ月前にまとまった金で株か外債を買おうとしたのですが、何を買うかでカミさんと議論がかみ合わず結局購入しなかったのですが、今考えるとホント良かった。。。
強気にハイリスク商品に手を出していたら今頃終わっていたと思います。泡銭はやはり泡ですね。
頼みの海外の景気も中国含めてかなり悪いのでしばらく営業受難の年が続く気配。バブル崩壊以降、ずっと法人営業なので修羅場はいろいろ経験しているものの、出来るだけ早めに景気が立ち直って欲しいです。

明日は気晴らし(?)にまた野島に行ってきます。

10月8日野島防波堤釣行記

d2ebe41d.jpg実は8日に野島に行ってきました。9月の締めが終わって比較的休みが取りやすい10月。期首の仕事が一段落ついたのもあって休暇を取って釣行してきました。
朝は起きれず、午後の下げ潮を狙って12:00便に向かうと野島と横浜の大名人ばかり5名が集結。横浜ではさほど風も無かったのですが野島は北東10mくらい。青灯で爆釣との情報もあります。新堤に行きたかったのですが、安全な青灯に降りることにしました。
青灯ではC大名人他2名の名人が降ります。午前中4枚釣った○嶋さんに聞くと半ピロのタナで掛けたとのこと。青灯は荒れて頭から潮を被る状態です。早速竿1本のタナに絞って平場を狙うと12:30頃、クズレで魚が掛かるも沖に走ったところでバラシ。しばらくするとC大名人が魚を掛けています。その後クズレ〜オカマ周辺を探るも反応無し。諦めて看板方面に向かうと別荘で釣行していたC大名人が3枚、F名人も2枚とのこと。時合いがあったそうです。しばらく看板〜別荘の間で粘ると立て続けに3回掛けるもバラします。最初は沖に走ってハリス切れ、30僂らいのタナで当たった2回目はアワセが弱かったかすぐに針ハズレ。最後の1枚も荒れた海で浮き上がった時に反転されて針ハズレ。その後C大名人と会話しているときにもタナでアタります。これは無事取り込み。42.5僂任靴拭その後別荘でC大名人が1枚GETで合計5枚、オカマに戻るとF名人も3枚GETで合計5枚とのこと。ハナレで釣行していたM名人も6枚キャッチ(荒れまくっているハナレには私はとても行けません。。。)。青に降りた名人連はすさまじい釣果で実質3時間の釣行を終了されていました。
私は終了間際にオカマで45僉■院ィ坑毅記圓釣れて合計2枚も、6回掛けて2枚のみという打率の低さでした。釣果といい、GET率といい、こんなものでしょう。
今回の釣行で非常に大きな収穫は、荒れた青灯〜別荘でのC大名人の釣行を30分以上ストーカー出来たことです。大変勉強になりました。
次回は今度の土曜日を予定。次回も期待!!

2008年10月05日

10月4日野島防波堤釣行記

7dcda6c3.JPG予定通り野島に行ってきました。ちょうど今年30回目の野島釣行。今年は黒工大会以外は横浜に行っていないので野島の回数は多いものの昨年とほぼ同等の黒鯛狙いの釣行回数です。またも朝から夜までのマラソン釣行。夜は再度のアジ調査を予定。村本に着くと久しぶりのTさんにKJ師匠、クロariさんにMさん、クラブの副幹事長が居ます。事前情報では村本のHome Pageにもあるとおり透け透けとのこと。正直あまり期待せずに出撃しました。
村本は投げ釣りの方がかなり居ます。8:30の定刻通り出発。30名くらいが沖に向かいます。沖に出てみると充分なニゴリ!!ドックではクロariさんにMさん2名のみ、ドック先も2名のみでほとんどの投げ釣りの方は青〜ハナレで降ります。
新堤は私とKJ師匠とTさん、フッコ狙いの方の合計4名のみ。濁りは充分も降りてしばらくは潮があまり効いていません。台の上は不発。平場も竿1本のタナに絞って狙い続けるも2往復は反応無し。潮が流れ始めた3往復目、潮が流れるマイルポストと馬の背コバの間の竿1本のタナで鮮明なSTOP,強烈な引きをした44.5僂鯡技キャッチ。ちょうど9:30でした。
その後11:00頃までは2アタリ1バラシ+超巨大クロかエイによるハリス切れ1回と状況は悪くなく、Tさんもヒッタクリアタリが出たりと期待が高まるものの平場の活性がだんだん落ちてきます。
11:00過ぎに潮が高いもののKJ師匠と馬の背に向かいます。馬はヘチは潮がほとんど流れません。11:30過ぎにKJ師匠が竿2本くらい先で45僂鬘韮釘圓眷呂稜悗呂海竜のみで終了〜。びしょ濡れになったのみでした(馬に行かなければ良かった・・・)。
その後昼寝をしたり青灯側コバを狙うも不発。16:00便でドックからクロariさんにMさんが来堤。他にクラブのT倉名人、○畠さん他7名くらいのグループの方も来て新堤も活気が出ます。
南風が強く、内側が潮も流れ濁っていい感じですが17:30頃にMさんがレギュラーサイズを沖側でキャッチ。暗くなってから下げ潮が流れ始めます。岩イソメで狙ってた○畠さんに1発当たり、私も一度魚種不明の魚に岡○さんの横でハリスをブチ切られるも結局そのまま20:00となりTHE END。アジは少し狙ったものの撃沈でした。疲れたものの大変楽しい1日が終了しました。
午前中の2時間くらいは新堤タナをホント真剣に狙ったのですが、怪しい反応も数回あったものの、たまたま釣れた1枚のみとちょっと反省点残る状況でした。そろそろ潮と風を選ばないと厳しい季節になってきました。
来週以降はアミコマセを携えてアジ狙いを中心にします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: