2009年03月

2009年03月29日

3月29日野島防波堤釣行記

3月29日その12009年のクラブ第一回例会に行ってきました。昨日のワールドカップ予選@埼玉スタジアムもチケット(カテ1)が取れていたのですが、今日のクラブ例会参加のために知人に譲りました(もったいない。。。)。
睡眠時間も5時間程度確保して出撃。準クラブメンバーのきゅーりさんも来るとのことで気合も入ります。
朝7:00頃に到着も駐車場は少し離れたところに辛うじて駐車、この時点でかなり混雑しています。今年は例年より乗っ込みが早いことと、今年の第一回例会のためクラブメンバーの出足は予想より良く、30名くらいが参加。村本で確認しませんでしたが、投げ釣りやルアーのお客様も合わせれば合計60名くらい居たのでは?村本も活気があっていい感じです。但し気温が低く(5〜6℃?)、真北の風9〜10mくらいで沖はかなりの寒さが予想されます。前回の極寒釣行に懲りているのとこの時期は1〜2枚の釣果で決まるのでこの時点では気合も全く入らず定刻どおりに出港。風が防げるドックか青灯のつもりでしたが、大師匠やKJ師匠、きゅうりさんが新堤に向かうとのことで私も意思無く新堤に行くことにしました。
新堤は人気で20名以上が降ります。クラブメンバーも10名くらい降ります。早速状況を確認すると潮もかっ飛んで気配もあまり感じられず、おまけに荒れていて更にやる気減退。降りて10分程度で速攻で飽きてしまったのですが、前回の反省もあり前向きに考えます。冷静に海を見ると透けているもこの時期にしてはまずまずの濁り。水温も気温より充分高く、潮の流れに変化が出れば魚の活性も上がると思い少し粘ります。9:30頃新堤ど真ん中の竿2本先くらい先で43僂離▲ぅ淵瓩掛かります。KJ師匠にも大型アイナメが掛かります。9:50頃から潮も緩み出してきます。大師匠と「潮が緩んできたので魚が口をつかうかも」と話した後の10:00頃、潮の流れが緩んだ青灯側コバを狙っていると後ろで騒ぎ。振り返るときゅーりさんが超大物とやり取りをしています。無事仕留めた魚は50UPで何と何と2.92圈!またもクラブの例会の邪魔をします(これで何回目???)。とにかくこの魚を見て私もめちゃ気合が入ります。大師匠が「馬、馬」と小声で話すのでそのまま荒れている馬の背に突撃。荒れて潮は早いものの状態は悪くありません。超真剣モードで1往復目はヘチを狙ってスカ。2往復目は沖目狙い、カーブ手前の沖の根を狙ってボサエビをぶん投げると鋭い引き込みのアタリ!!無事41.5僉覆世辰燭な?)1.5圓両茲湛み黒鯛を引き当てることが出来ました。
その後もしばらくはいい感じだったのですが馬の背に6〜7名降りたところで馬の背撤収。午後はドックで2時間弱昼寝をしてしまいました。
結局そのまま大会終了。野島全体では私ときゅーりさんの釣果と、ドック先で1枚(ドック先はアタリが複数回あったそうです)。クラブ全体では私の釣果のみで、この釣果で何と優勝してしまいました。
今年の初物で例会優勝という最高の状況でしたが、1番に降りた馬の背での釣果だったこと、大師匠にHELPを頂いた釣果でもあり、かなり申し訳ない感じです。
但し久々に競い合いの超真剣モードになって楽しい時間を過ごすことができました。
頭の中は完全に釣りモードのスイッチが入りました。次回は再来週の第二回大会か、その前の平日釣行か?出来れば何とか時間を調整して来週も行きたいです。

2009年03月22日

蔵王

ZAO良く考えてみるとこのBlog、この3月で丸4年を過ぎて5年目を迎えました。アクセスいただいた皆様、有難うございます。
最初は自分のメモくらいのつもりで、マニアックな釣りなのでマイナーなLivedoorのBlogを選んで書いてきました。
盛期でも情報が少ない(村本もあまりWeb情報を更新しないので)野島防波堤ですが、少なくとも私が釣行した時の状況くらいは早めに野島レギュラーメンバーの方にお伝えしようと考えて今後も当Blogに情報をUPしていくつもりです。

野島とは全く関係ないですが、予定通り蔵王温泉スキー場に行ってきました。雪の状態と花粉が不安なのですが、とにかく今年最後のスキーに出撃。20日のAM3:00に大泉ICから高速に入り、途中軽い睡眠を取って7:00頃に到着(片道400匱紂法20日は終日ガスっていて雪質のいい上のほうは視界0〜50mくらい。危険なため午後は横倉ゲレンデで滑っていましたが雪は解けていて状態は悪かった。。。
21日は朝から快晴(蔵王でこれだけ晴れたのは初めて)。上部の雪質はまずまずで、終日下のゲレンデには降りませんでした。しかしこの日最悪だったのは花粉。山形は今がピークのようでマジで強烈。写真のようにマスクをしないとスキーが出来ない状態(蔵王最上部の地蔵山頂駅で撮った写真)。さすがに上のほうは花粉がやや少ないもののマスク無しでは耐えられず少し早めに撤収。置いていた車は花粉で緑色がかってしまいました。
本日は朝起きてそのまま帰宅したので滑っていません。来年以降は花粉の状態も考えてスキー場選択しないと。

来週29日の今年第一回目のクラブ月例大会は確率も低いので釣果は無いと思いますが、釣れないにしろ作戦は立てるつもりです。全体で数枚の勝負なので特に防波堤選定が重要です。固めの防波堤選定にするか、博打の防波堤を選ぶか、今週の状態で決めようと思います。

2009年03月14日

明日以降

野島は完全に乗っ込みシーズンインですが、気圧配置を見て今日の釣行は早々に中止。明日はTOEICの試験を受けざるを得ないため釣行不可。来週の3連休は今年最後のスキーで蔵王に行きますので野島に行けません(まだ頭の中はスキー優勢です)。今年2戦目はクラブの月例大会の29日の予定。そろそろエンジンが掛かりそうなSさん、邪魔しないでね。
今年は住んでるマンションの管理組合の理事をやってるのですが、組合の総会が6月第三週になる予定。これもあって今年は博多遠征にいけそうにありません。。。残念。
花粉症もかなりきつくて外に出たくないのでしばらくは野島釣行を絞ります。

2009年03月08日

3月8日野島防波堤釣行記

2009年の開幕戦に野島防波堤に行って来ました。例年開幕戦は装備のチェックなど緩い釣行が中心なのですが、昨日のKJ師匠の乗っ込み4枚の釣果で私も釣られて野島参戦。7:30頃に村本に着くと昨日も釣行のZ乗りさんにS田さんが居ます。Z乗りさんも昨日1枚仕留めています。状況を聞くと野島に群れが入っていることは間違いないようです。昨日釣果があった新堤に皆で向かいます。
沖は曇りで6〜7mの北西風。昨日と違って濁りが薄いようです。新堤はクラブメンバー3人のみ。早速皆で狙うも反応無し。青灯側のコバは向かい風が強く、沖に餌を飛ばせません。昨日の釣果は全て角の沖目で掛かったとのこと。平場含め沖目中心に狙います。すると潮止まりの9:30頃のワンチャンスでZさんが50cm、2.5kgの大物を平場の沖目でGET!!その後気合いが入るも全く反応無し。Zさんは大型のフッコも仕留めて独り勝ち状態です。
魚の反応が欲しいものの外道の反応もほとんど無し。午後は何とミゾレ混じりの雨も降り始め、気温が急激に下がります。13:30過ぎから期待の下げ潮が入るも北風がかなり強まり(海上は12mくらい吹いていました)頭から波を被ります。結局荒れすぎた海でまともなアタリ一切無く釣行終了。先週の極寒ゴルフに続き2週連続の荒行を達成(途中、手の感覚が無くなりました)、何年振りかの野島極寒釣行となってしまいました。
本日の釣行を冷静に振り返ると潮止まりの9:30までが勝負でした。降りて10分ほどで集中力が落ち、粘りが全く無かったことがアタリ無しの最大の原因でした。
5月連休明けまでエビ&カニ餌中心の釣行ですが、いずれも餌のコントロールがしにくいのであまり得意ではありません。このまま5月連休明けまで連敗が続いてしまうかも。
KJ師匠から釣行後TELも入り状況報告、来週土曜日に再戦してきます。
既に野島には黒鯛が入っています。晴れて気温も上がり、水温も上がれば活性するのでは?

2009年03月01日

アークス根岸店

金曜日は会社のゴルフであの天候の中、館山カントリーに行って来たのですが最悪でした。みぞれ混じりの大雨の中、ハーフで全員GIVE‐UP(当たり前か)。午後は麻雀(撃沈)に飲み会(飲みすぎで自爆)とベタベタの営業部旅行終了。予想通り風邪を引いて本日の釣行は中止しました。晴れて暖かければ海沿いで気持ちいい最高のコースだったのに残念。
昨日の帰り間際に釣具屋巡りをしたのですが、アーク根岸店に立ち寄ったところ、久しぶりに社長が店に居ます。黒鯛話をしていたところ、黒鯛フォトコンテストに誘われました。アークス会員で、事前登録制(釣った後の参加は不可)、登録無料でエントリーカードとメジャーが写った魚の写真(デジカメなら700MPix以上)+魚との顔が写った写真があれば参加できるようです。「今年は商品がいいですよ〜」のひと声で思わず事前登録をしてしまいました。3月1日〜7月31日までの黒鯛2枚のトータル長寸で順位を決定。昨年のTOPは何と2枚で111.5僉福!)。私の過去最高の55僂2枚釣っても優勝できない位のレベルの高いコンテストのようです。ちなみに502枚だと昨年の結果でやっと11位。野島メンバーは過去あまり参加されていないと思うので試しに参加してみます。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: