2009年05月

2009年05月24日

5月23日野島防波堤釣行記

昨日野島防波堤に行ってきました。前日まで数日続いた強い南風のため条件は悪そうです。しかし気温が上がるとの予報のため、活性が上がりそうな夕方の満潮狙いで朝から夜までの釣行、今年初の13時間釣行で行く前から気合が入ります。村本に6:20頃着くも混雑のため有料駐車場となってしまいました。
この日のクラブメンバーは両師匠、クロariさんにZさん、シオケンさん、栃真さんが居ます。先週のSさんの55.1cm(正確に計測したら54cm⇒55.1cmだったそうです)3.25kgの釣果のためか、黒鯛狙いの方がかなり集まっています。とにかく35名前後で定刻どおりに出港、10:00がソコリ(大潮)のためドック堤に向かうことにしました。
ドック堤は先週の釣果もあり人気で10名強降ります。新堤に向かった大師匠とシオケンさん以外のクラブメンバーはドックに集結、他に黒研タロさん、浜松Mさんも居ます。朝一は下げ潮が当たる北面を狙うも潮が早過ぎで×。そこそこ濁りもいい感じなのですが、水温が低く潮が早すぎで全く気配ありません。釣りも服装も夏バージョンに変更し、ツブ、ダンゴで真剣に狙うも誰も反応無し。潮の緩む潮止まり、上げっぱなを真剣に狙うも全く駄目。12:00にZさんが来堤、また新堤に居た大師匠が8:30船で来た十兵衛を避けてドックに来ます。潮が上がってきた13:30頃からクロが丸環上に何枚か姿を見せるようになります。上げ潮が平潟湾から流れてドック堤に当たるようになった14:30頃、丸環上で栃真さんが値千金の46cmをGET!!平潟湾からドック堤に差す上げ潮は過去何度もいい思いをしているので超集中するも想定外の激流となってしまい全く反応なし。そのまま16:00の船が来ます。ドック堤に夜までSTAYするつもりでしたが、夜釣りの常連の方が大量に来堤しドック堤を諦めます。結局残業メンバー(クロariさん、Zさん、タロさん)と新堤に移動することにしました。
新堤は濁りもあり非常にいい感じ。早速台の上を狙うと下げ潮がいい感じで流れているも全く反応無し(十兵衛が場を潰したようです)。平場を狙うと16:40頃に中央部の底付近でSTOPが出て一瞬針掛かるもスッポヌケ、ツブが潰されます。ちょうどその頃にタロさんが看板前くらいで良型の本命をバラシ、クロariさんもアタリ、私も他に1回スッポ抜けがあり時合いとなるものの、いずれも食い込みが浅いようで仕留められません。17:20頃に看板前の底付近で聞き合わせでまたも魚が一瞬乗るも針ハズレ(ツブが壊滅的に潰されていました。これは強いアワセを即入れなかった完全なミスでかなり反省)、半夜の新堤は皆に何度かアタリが出るも活性が今ひとつなのか全て食い込みが浅く、誰も魚を仕留められませんでした。
結局この日は野島全体で栃真さんの1枚のみでした。
13時間釣行でさすがに疲れ、夕方数回の反応をモノに出来ず超悔しいながらも皆と会話が出来て非常に楽しい釣行でした。
来週土日は出撃できません。次戦は再来週か。休みが取れればリベンジでどこかの平日に行きたいです。。。

2009年05月16日

5月16日野島防波堤釣行記

所属クラブの5月度例会に参加のため野島防波堤に行ってきました。今回からツブ縛りの釣行(子安丸にはしばらく行きません)。昨日午後から南風、潮も透けて水温が下がっていることが予想されます。また今日も終日南風の予報で防波堤選定がかなり悩ましいです。6:00過ぎに村本に着くと既に副会長、Zさん他クラブの常連の方が到着済み。7:00にはほぼいつものメンバーが集結(25名くらい)。定刻どおり出港となります。
元々下げの南風のためドック堤を第一希望、新堤を第二希望とするも、ドックに投げ釣りの方が降りるのと、かなりの人数が降りるとのことでドック堤を諦め新堤に向かいます。
新堤には合計8名、クラブメンバーは大師匠、KJ師匠にH間さんが降ります。南南西5〜6m、満潮時ですが台の上は丸見え。思ったより潮も透けています。当然台の上は不発、魚も見えません。南風は強く、潮はかなり透けるも緩やかに潮が差しています。魚類の反応はそこそこ高く、ダンゴやカニを使う人にはアカメが頻繁に掛かるも1枚ツブを使う私には反応無し。10:30で平場を諦めKJ師匠と馬の背に向かいますが、水温も低く透けて全く反応無し。11:45にまた平場に舞い戻ります。
大師匠に各堤の状況を聞くとドック堤で2〜3枚の釣果があるとのこと。移動してもどうせ釣れないので新堤で昼寝をするつもりでしたが、さんざん悩んだ挙句にドック堤に移動することにしました。
午後のドック堤は人気で私含め10名+投げ釣り1名で釣行、クロはドック堤で3枚出ています(防波堤の読みは大はずれ、アウト!!)。皆に状況を確認後早速釣行開始。南風に押されて上げ潮が緩く入っています。13:30頃に平場階段横で聞きアワセでツブが抜けるような怪しい反応が出ます。14:30頃、平場の竿1本先を狙っていた午前中1枚仕留めている黒研メンバーSさんが魚を掛けます。極覇光310Sがひん曲がり、尋常ではない引きをした魚は何と54僉■魁ィ横記圓離皀鵐好拭璽汽ぅ此!やり取りを一部始終見ていましたが、怒涛の引き。この魚を見て私含め全員真剣モードに突入。気合が入ります。
その後コバで巨大エイを掛けたり、皆で楽しみながら釣行するうちに上げ潮もかなり効きはじめます。15:30頃丸環際を狙っていたSさんが何と今日3枚目の良型(47僉砲鮖杜韻瓩泙后覆發降参〜って感じでした)。
私自身釣果は完全に諦めていたのですが、上げ潮も走り濁りも入って急速に状況が良くなってきます。15:45頃、潮も早いので大き目のダンゴ&2Bのガンダマで階段横を落とすと底付近の聞きアワセで魚が乗ります。さほど引かないのでアカメと思い速攻で巻き上げると何と黒鯛!!48.5僉■押ィ沖圓鬚曚椽了間際に仕留めることが出来ました。
結局そのまま大会終了。野島全体で深場のドックオカマのみの釣果で6枚でした(浅場は全く駄目)。Sさんは3.25圓鯢頭に2圍妝弌棕苅鍬僂旅膩廝核腓龍辰の釣果で1位、2位は午前中に50僉■押ィ沖圓鬘韮釘圓裡啼さん、3位は私、4位がT倉さん、3UPを含む2UPが4枚というすごい例会でした。
朝一の時点で完全に読みも外し、ほぼ釣果は諦めたものの、運良く魚が口を使ってくれて何とか入賞することが出来ました。(終了間際の釣果で写真を撮り忘れてしまいました。村本HOME-PAGEでご確認ください)
次回の月例会は6月28日。少し先ですが、次回も頑張ります。

2009年05月10日

この土日

この土日は釣行できません。昨日の土曜日はGW前に通えなかった新宿の英語スクール通学、今日日曜日は午前中時間が空くも、午後カミさんに急遽仕事が入ってしまいちびの面倒を見ざるを得ず釣行不可。午後予定されていたクラブの幹事会も出席できなくなってしまいました。
この時期の野島防波堤ですが、黒鯛以外はメバルも超お勧め。海タナゴが出産するこの時期に大型メバルが防波堤に寄ってきます。腹の膨らんだ海タナゴを釣って腹を押すと胎生の海タナゴが稚魚を産みます。その稚魚を餌にフカセの泳がせで釣るとでかいメバルのみ食いついてきます。昨年村本スタッフの○本さんに教えてもらいましたがめちゃ楽しい釣りです。来週の土曜日はクラブの大会ですが、どうせクロは釣れないのでメバル狙いの延べ竿を1本持っていくつもりです。怒られないか少し心配ですが、昨年も月例大会のときに独りエギ竿でスミイカ釣ってたので大丈夫でしょう。そういえば先週アオリも釣れたそうです。エギも持っていくか?

2009年05月06日

5月6日野島防波堤釣行記

bb77b671.JPG予定通り野島防波堤に行って来ました。昨日まで伊豆に行ってましたが、地磯でヒライソガニを大量に捕獲。イソスジエビも少々GET。昨日から降雨&ナライが強め、朝起きて風を確認すると10〜11m。出船すれば濁りも期待できて条件は抜群のはず。村本に6:00過ぎに着くときゅーりさんが既に居ます。他にクラブのとみーさんが息子さん連れ、H大名人に黒達会の若手○嶋さんなど名手や常連の方も何名か居ます(きゅーりさん、MAIL確認せずすみませんでした)。
定刻どおり7:30に14名で出船。観音崎で北北西10mですがソコリ前で潮も低いです。ルアーマンが居ない青灯も考えますが、ソコリまでの一発勝負に賭けて馬の背に向かうことにしました。
新堤には7名降ります。かなり荒れているも釣行には問題無し。一緒に降りたきゅーりさんとコバ付近を探るも何の反応無く、そのまま馬の背に突入します。
馬の背は潮が低いものの荒れていて頭から潮を被る状態(電柱7番が吹っ飛んでいました)。水温も非常に高く一見最高の状態です。速攻でヘチを探るもエビを使うとフグで瞬殺状態。カニは秒殺状態でエビカニは使い物になりません。1往復でエビとカニを使うのを諦めます。2往復目はダンゴで狙うもすぐ潮が流れなくなります。8:40過ぎにはただ荒れているだけの状態。9:10頃に馬の背撤収。その後新堤は誰もクロの反応無く、午前中の早上がりとなってしまいました。
10:00前からジョージワシントンの横須賀出港(超格好いいです)を見ることが出来たのがせめてもの救いでした。
青灯ではH大名人が11:00の上げ潮の時間帯で1枚、○嶋さんにも朝一アタリがあったそうですが条件の割に全体的に反応が低かったです。
今日の釣行は読みも完全に外れ完敗でした。特に馬の背の一往復目の餌の選定はちょっと悔いが残りました。きゅーりさんにもアタリが無かったのできっと新堤・馬の背には魚が居なかったのでしょう。
今週末は釣行しない予定(ですが、リベンジか?)。来週土曜日のクラブの例会には参加するつもりです。

2009年05月03日

5月2日野島防波堤釣行記

元々予定には無かったのですが、ちびと野島に行ってきました。
昨日は3枚出たようで多少期待して出撃。前日にちびに針の結び方、野島の作法を一通り教え出撃。6:20頃村本に到着も駐車場は空いてます。漁港の駐車場を覚悟したのですがそこまでは混んでいませんでした。
クラブメンバーもKJ師匠にZさん、シオケンさんが居ます。黒鯛も産卵期に入ったようで先週くらいから釣果も落ちているため黒鯛狙いの常連組も少な目。投げとシーバス狙いの方が大半で40名弱で定刻どおりに出船。朝一と下げっぱな狙いで新堤に向かいました。
新堤はKJさんも降ります。他にシーバス狙いの方が5名。早速2人でコバに向かいます。風も弱く、潮は薄緑色にやや濁るものの底が見える程度に透けています。朝一は全く気配無し。下げ潮待ちでちびとカサゴ狙いをするも全く反応なし。たまにタナゴが掛かるものの、前日からの南風の影響で水温が下がっているのか魚の活性が低め。9:00から下げ潮もいい感じで入り出すものの10:00頃から急激に南風が強まり潮も流れなくなります。新堤は全く反応無いまま12:00船が来ます。風避けでドックに移動するも南風が更に強まり目立った反応も無いまま終了。黒鯛狙いの人は誰もアタリらしいアタリが無かったようです。
後半はツブやダンゴも使いましたが反応無し。さすがに産卵期&条件が極めて悪かったためか、魚の気配が全くありませんでした。
ちびは終了間際にでかいアカメフグが釣れて大喜び。ほっといても勝手に餌を付けて釣っていたのでもう問題無いでしょう。ヘチ竿を喜んで使ってました。
次回はきゅーりさんも来るとのことなので6日に出撃予定ですが、5日の予定次第。しばらく連敗が続くでしょう。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: