2009年12月

2009年12月30日

大晦日前日

うちの会社は昨日まで仕事。昨日、一昨日は電車も都内もガラガラ。昨日の晩は締めの飲み会で朝まで飲み続けて完全な二日酔い。未だにかなり体調悪いです。
ここのところの土日は完全な冬モード突入です。20日に年末恒例の手バネハゼ@鶴見新明丸に独りで出撃。20cm弱のハゼを60匹ほど釣って今年の釣りは打ち止め。27日は日帰りでちびと一緒に今年初のスキー@かたしな高原に行ってきました。明後日の元旦深夜〜3日までは例年通り白馬に家族でスキーに行ってきます。今年は高速1000円をフル活用して日曜日のみの日帰りスキーを頻繁に行う予定にしています。

今年も野島防波堤の黒鯛釣り中心の当Blogにお付き合い頂きまして有難うございます。また釣行中に沢山の方と交流をさせて頂きまして有難うございました。それでは皆様良いお年を。

2009年12月13日

忘年会

昨日は所属するクラブの忘年会、毎年恒例の横浜中華街での飲み会です。師走の土曜日の夕方にも関わらず30名を超えるメンバーが集まりました。釣りの話題も弾み、あっという間の3時間でした。
毎年クラブの忘年会のこの時期に車の冬支度をします。昨日の忘年会の前に千葉の実家に向かいスタッドレスタイヤに交換。タイヤの山が半分以下のため本日新しいタイヤを購入。うちの家内は既に完全な雪山モードです。今週は各地で雪も降りそうなので状況を見て年末年始のスキー予約を入れる予定です。

今年の野島を振り返ると前半の乗っ込み時期は好調でした。クラブのデータを見ると3月〜6月は過去16年間でダントツの釣果だったものの、野島杯以降は防波堤全体の調子も悪く、特に9月はここ5〜6年で最低の釣果という1年でした。私も8月後半以降は厳しい釣果が続き、試行錯誤の連続でした。
また餌も8月以降、特に9月は極端にタンクに偏りました。何故か8月後半からタンクがアタリ餌になることが頻発。9月連休以降のクラブ釣果はほぼタンク。この偏り方、昔ミドリに偏った頃のような感じでした。私もここ6〜7年殆ど使ったことが無いタンク(ツメ)について大師匠からいろいろと勉強させていただきました。
針に掛けてからのバラシ率もここ数年の平均に比べて20%近く悪化し最悪の1年でした。今年は調子の違う竿を3種類使ったのも理由の1つかと思いますが、幾つか改善のヒントも得たので来年はいろいろと試そうと思っています。
正直何かと難しい1年でした。但し何年か後に振り返ってみるとターニングポイントの1年だったのかも知れません(エギングにのめり込んでしまいましたし)。

来年は花粉もあまり飛びそうに無いのでリハビリを兼ねて2月上旬に横浜沖堤参戦、野島付近の海水温を見て2月下旬に一度偵察、3月に入ってからは気圧配置と相談の釣行をする予定です。4月下旬〜5月中旬はエギングでランガン@房総か伊豆をすると思います。

2009年12月05日

12月5日エギングスミイカ釣行記

スミイカの在庫確保のためにエギングのスミイカ乗合船に行ってきました。船は渡辺釣船店。勝手知った横浜の渡船先。店主に挨拶して7:00船に乗り込みます。
予報が悪いためか乗船者は4名。ミヨシは既に席が押さえられています。右舷の艫の座席をおさえました。北風(船は風上に船首を向ける)で午前中は下げ潮なので艫が有利です(東京湾の底物狙いの乗合船は潮と風向きで有利不利があります)。
船釣りは昨年のハゼ最終戦以来ほぼ1年ぶり、タックルは10年以上前に買ったABU2600C(今時こんなリール使っている人居ません)にマゴチ竿(シマノの幻波。これも古い竿。マゴチ竿としては名竿だと思ってます)というレトロなタックルです。仕掛けはPE0.8号に先糸フロロ4号、中オモリ10号(船アオリエギ用)、ハリス2号1.5mにいつものエギ2.5〜3.5号です。エギングの乗合は初めて。事前にどのようにすれば釣れるか情報収集すると底を取ってハリス分巻上げ、あまりしゃくらずにじっと待つ、が釣れる秘訣のようです。中の瀬の15mくらいの深さを狙うと午前中は1時間に1杯程度ポツポツ釣れて5杯。サイズはどれも400gくらいで最高です。午後は1杯のみ。予想通り午後はミヨシが釣れていました。4人のうち1人7杯で他の3人は6杯という釣果でした。エギはじっと待つより動かしたほうが良いようでした。
一番小さいイカを早速家で刺身にして食べましたが最高です。明日食べる予定の1晩寝かしたイカも楽しみ。冷凍在庫もアオリ2杯にスミイカ4杯としばらく楽しめそうです。これから年に数回イカの在庫確保で釣行しようと思います。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: