2010年03月

2010年03月22日

3月22日野島防波堤釣行記

3月22日新堤今年4回目の野島防波堤に行って来ました。昨日はクラブの今年1回目の月例会でしたが爆風のため中止(28日に順延)、今日は午後日暮里に墓参りの予定でしたが釣りに行ってしまいました。
子安丸経由(昨年末の高潮で店が冠水し大変なことになったようです)で7:30頃に野島到着。クラブメンバーは両師匠(腰を手術したKJさんは開幕間に合いました)に幹事長、とみーさんやAさん、爆釣中のY田さんが居ます。他にクロ狙いの常連の方に投げの常連の方、シーバス狙いの方も多数参戦してなかなか活気があります。合計で40名強(?)で防波堤に出撃、ドック5名、ドック先2名、新堤10名、赤灯数名、他は青灯で降ります。クラブメンバーはドックにY田さん、他は新堤に向かいました。
降りた時の新堤は7〜8mの真北の風。曇天で濁りも入り波っ気もあっていい感じです。即KJさんと台に向かいます。台の上は潮がちょっと早めも魚が際にいる感じ。台はKJさんに譲り、波でうねっているコバヘチにボサエビを落とした瞬間にリールがものすごい勢いで逆転します!!底に一気に走るも超強引に巻き上げ仕留めた魚は
48cm、1.93kgの良型!!3月22日釣果
多分50cmも入らないタナの向こうアワセで食ってきました。朝の第一投+向こうアワセという全く芸が無い釣果(スミマセン)で恐縮するもその後はアタリ無し。10:00頃に幹事長と馬の背に出撃します。
波っ気もあり、最高の状況でしたがフグばかりで黒鯛やアイナメのアタリすら無く、11:30には馬の背撤収(踏み台の木が外れてありませんでした)。そのまま12:00船で戻り墓参りに向かいました。3月22日馬の背
昼までの釣果ですが10:00頃にドックでY田さんが丸環上で1枚(アオサ)、シーバスは各堤で釣果がありました。
2連荘で運のみのモーニングの釣果。運を使い切っている次回の大会は釣果無いと思います。。。

2010年03月06日

3月6日野島防波堤釣行記

雨の野島今年3回目の野島防波堤に行ってきました。昨日の晩には装備をそろえて5:00に目覚ましをSETし早めに就寝します。すると目が覚めたのが6:30!!平日の起床時刻です。ここ数日調子が悪かった目覚ましが壊れて止まっていました。一般道は混雑して微妙なので野島に行くか迷ったのですが、首都高を使えば充分間に合うので出撃。途中ボサエビを仕入れて8:15に村本着。身支度を整えて8:30船に飛び乗ります。
予報が悪いので人も少なめ。全体で9名、クラブメンバーはZさんが居ます。ドックにはZさんと常連の黒鯛狙いの方、新堤には私とK原さん、シーバス狙いの方2名、投げの人は赤灯に向かいます。
新堤は6〜7m位の北東風、夏場のような茶系の濁りも入り水温高め。潮は少し早いものの台の上は充分狙えます。早速ボサエビとカニで台周辺を真剣に狙うも反応無し。期待外れです。仕方なく平場ヘチを狙います。中間点の先くらいのドヘチ底をボサエビで転がしていると根掛かりのような反応、聞くと生体反応に変わります。さほど引きませんでしたが防波堤上で大暴れした41cm、1.3kgの今年の初物をGET。3月6日その後真剣に狙うも気配がありません。10:30頃に馬の背に突撃します。ドキドキし過ぎて気持ち悪くなるほどでしたがドヘチは黒鯛の気配は一切無くフグの猛攻にを食らいます。アイナメでも釣れれば沖にもボサエビを投げまくるも、まともな反応は一切無し。午後も粘りましたが14:00過ぎには釣り終了しそのまま雨中の昼寝。午後の釣行は失敗でした。
馬の背はシーバスが入れ掛かり状態でした(私もルアー竿持って行けばよかった)。2人で25本も釣れていました。シーバス
今年の野島防波堤は年明けからZさんやY田さん他クラブの皆さんが釣りまくっています。少し遅めの感じもしますが、3月上旬の初物は例年と比較しても超早いです。今年も良いスタートを切れました。
次回野島釣行は21日の3月例会か?13日は横浜に行くかも。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: