2010年05月

2010年05月31日

5月30日野島防波堤釣行記

2010_053020100530 写真0036クラブの5月度月例大会で昨日野島に行って来ました。例年5月下旬から釣れだす野島、先週くらいから釣果が出だしてやっとシーズンイン&前日からのナライで期待が高まります。
6:00過ぎに村本に着くも人がやや少なめ。強いナライ(北東8〜9m)と曇天で敬遠されているようですが、クロが出るのは間違いないような絶好の状況。あとは渡堤先をどこにするか?岡〇さんは青灯を勧めます。この時期定番のドックを第一候補、人を見て新堤か青灯と思い出船します。
沖は濁りもあって条件は最高です。ドックに降りようとするもクラブ精鋭メンバーが多数降ります。確か合計7名、厳しそうなのでドックは速攻パス。もう一箇所この時期定番の新堤も混雑しそうなので正面から波を被って条件的に良い青灯を選択します。
青灯に降りたのはメンバーの中でも青灯が好きな人ばかり(4月大会の青灯メンバーとほぼ同じ)。早速タナを探るとブッツケの竿1本くらいのタナで糸が横っ走りします。強烈に引くも一切糸を出さずにやり取りし無事GET。ツブを丸呑みした49cm、2.0kgちょうどの良型でした。その直後に栃真さんも51cm、2.26kgを仕留めます。8:20頃に底付近の聞きアワセでまた大型の魚が掛かり、しばらくやりとりをするも針外れ。8:30頃までは栃真さんもアタリがあったりと午前中1回目の時合いが終了。9:30頃にも時合いがあり別荘でバラシやアタリが出ます。私も1発当たるも針掛かりせず(荒れていて全く判りませんでした)。この時間帯にA木さんがしっかり1枚GETします。11:20頃には常連のH名人がクズレ〜看板の真ん中あたりで1枚GET。北東風8〜9mと条件が良かったためか、この時期の青灯にしてはまずまずの合計4枚も魚が出ました。
午後はドックに移動。H間さんにT倉さん、H川さんの合計4名。降りたときは潮も流れず気配無しでしたが、13:00過ぎから潮も流れ始めます。14:00過ぎから潮も上がり出して雰囲気が良くなるも東風に変わり条件悪化。30分以上昼寝をします。15:00頃から釣り開始するも気合い入らず。15:30頃、丸環際で粘っていたH間さんが何と50.5cm、2.55kgの大物をGETします。下げのように潮が流れ始めた直後の丸環奥の溝でした。この魚を見て気合が入ります。帰りの船が新堤に向かっていたときに最後のチャンスで丸環上の穴をピンポイントで狙うと何と魚が掛かります。浮き上がった魚のサイズは30センチくらいか、T倉さんと「これ小さいですね」と話した直後に魚が反転して針外れ。。。超ショックです。結局これで大会終了、ドタバタの1日でした。
クラブ全体で10枚の魚が出ました。優勝は最後に2.55kgを仕留めたH間さん、2位は朝一の釣果で栃真さん、3位は私でした。
H間さんは久しぶりの優勝、クラブ内の黒工大会の出場権も取れて大変嬉しそうでした。おめでとうございます。
振り返るとドタバタの1日でしたが釣果もあり入賞できて非常に良かったです。午前中は少なくとも集中力が続きました。次回は6月5日に釣行予定。

2010年05月29日

明日は野島参戦

明日は久しぶりのクラブの月例会参加で野島に行ってきます。先週野島に行っていないので海の状況も判らず、勘もきかないので駄目でしょう。今年は仕事も超忙しくて平日釣行は厳しいのですが、明日からスイッチを入れて本格稼動します。
先週の土曜日は金谷にアオリ狙いに行ってきました。またも渋かったのですが800gのアオリと500gのスミイカをGET。アオリは今日刺身にして食べたのですが、保存の仕方が悪かったか身が少し固く、前回のアオリのほうが旨かったです。スミイカは釣った日に妹が帰っている実家で捌いて刺身にしましたが、これはうまかった〜。
明日は風が東っぽくて少し心配。渡る場所は明日の風を見て決めます。クラブ釣友との会話を楽しんできます。

2010年05月17日

5月15日野島防波堤釣行記

記載遅れましたが土曜日に野島に行って来ました。7:30〜16:00までの釣行。濁りが入った先週の野島は魚が出たとのことで期待しての釣行でした。しかし結果はトホホ。。。(涙)
朝からかみ合わない1日でした。逆さ桶を忘れ、サンダルは右2足を間違えて持って行き、犬のフンを踏んだりと出足から外しています。防波堤に降りる前に小物ケースを壊したり、降りたときにちょっとしたアクシデントがあって左足の脛を打撲というか強烈に圧迫(釣行中は皆に話しませんでしたがかなりのダメージ。だいぶ良くなりました)と釣行前からいろいろとありました。
この日は41名が7:30船で出船。ドックは前日までの釣果から人気で10名くらいが降ります。基本ツブの釣行もバックアップ用にタンク少々持って新堤に向かいます。一通りのアクシデントを乗り越え濁りありナライっ気で雰囲気も良い新堤平場を落とすも全く気配なし。即馬に向かいます。
馬も始めは全く気配ありませんでしたが、ツブで粘っていた9:30頃、荒れたヘチで潰されます(今年初のツブのアタリ!!)。集中力が高まるも結局その後は反応無し。10:30頃馬を諦め新堤コバに移動、ドヘチをツブで狙うと底付近でクロが掛かります!!ところが少しやり取りをした後にバラシ。。。
午後はドックに移動、午前中2枚クロが出たそうです。北面に十兵衛が居ます。最悪なことに14:00頃良型のカレイが立て続けに3枚も釣れ、自慢げに解説し始めます。話すと超ウザいので徹底無視(竿立て使っていたり、船が来るとリールで糸を巻いたりとマナーはかなり改善していました)。雰囲気が良くなって夜まで残りたかったのですが、足の痛みが限界に達したため16:00船で帰りました。
途中オモリやハリスのケースを無くしたりと全く噛み合わない1日でした。但しバラシの一部始終を見ていたF名人とKJ師匠から鋭い指摘を頂きました。自分でも全く気づかなかった、低い防波堤でのバラシ多発の原因で悪い癖です。早速修正します。
雰囲気が更に良くなった半夜はZさんにF名人が2枚づつ仕留めたそうです(凄い!!)。
昨日は一番下の超体育会系の妹が3500gの赤ちゃん(♂)を無事出産、良いこともあったのでツキも変わるかも。この子も6年後に野島デビューの予定です。
今度の土曜日はアオリイカ釣行を予定。夕方横浜か野島に顔を出すかも。

2010年05月08日

5月8日野島防波堤釣行記

GW第二弾で野島防波堤に行ってきました。7:30〜16:00までドックで釣行しました。上げ潮時は北風、下げ潮時は南風とただでさえ流れない長潮の中、潮流と全く逆の風。終日潮は全く流れずフグ1匹のみの釣果でした。
朝村本に着くとKJ師匠にT倉大先輩、ZさんにY田さんが居ます。クラブ以外ではF城名人(今年2回目とのこと)も居ます。GWの土日にしては比較的人も少なく(30名くらい?)、定時に出船。ドックに降りました。ドックは投げ1名に黒鯛狙いの方が私含め5名(クラブメンバーはT倉さんにY田さん)が降ります。沖は東北東8mくらい、かなり透けています。朝一は潮も流れず全く気配なし。8:30船でY田さんがドック先に移動します。午前中一杯は上げですが潮はほとんど流れません。11:00頃に少し潮が入るも食うような感じも無く午前の部は終了。T倉さんは新堤に移動します。
午後は下げ潮に期待するも南風が吹き出して潮がほとんど流れません。北面コバが少し流れる程度、潮は透けて全く気配無し。やる気が出ない中、午前1回午後2回も昼寝をして時間を潰します。午後は南風が更に強まるものの半夜は出船。しかし残業をする気にもなれず16:00船で戻りました。
16:00まではクロは誰も釣れませんでした。
終日ダンゴを中心にカニも使いましたが雑魚の反応も少なく、厳しい1日でした。シーバスや投げ釣り、メバルもあまり釣れなかったようで(海タナゴは釣れまくっていました)、全体的に釣果は厳しい状況でした。
改善するまであと1潮くらいか。来週はどうするか少し考えます。

2010年05月02日

5月1日野島防波堤シーバス釣行記

青GW第一弾で野島に行ってきました。過去何度もGWは釣行していますが、釣れないので黒鯛狙いはやめてここしばらく調子がいいシーバスをメインターゲット。少年野球が休みのちびと一緒です。ちびは一ヶ月前からこの日の釣行を楽しみにしていて気合が入りまくっています。シーバスが釣れなくても濁りあればメバル五目狙い。朝4:30に起床し、エビは買わずに村本に向かいます。
KJさん、Y田さんにシオケンさん、F留さんが既に来ています。遅れてZさんも来ます。
全体で50人くらいか、かなり混んでいます。シーバス狙いで青灯に降ります。太平でタンクを少し買ったので降りて第一投はクロ狙い。潮は笹濁り、オカマ周辺は潮がぶっ飛んでいてちょっと気配なし。朝のブッツケ〜オカマの片道でクロ狙いは終了(餌買わなければ良かった)。ちびとシーバス狙いに変更します。
ちびは以前買ったシマノのシーバスロット、私はエギ用のInfeet100Hにエギ用リール(Twinpower2500+PE0.8号)にフロロ4号のリーダーを結び変えて狙います。前回調子が良かったシーバスも、濁り薄く凪だと(クロと同じく)条件が良くないようで全く反応無し。シーバス名人の方も苦戦しているようです。すると9:30頃に1回目のアタリ!!が、しかしPEとリーダーの結節部分からラインが切れてしまいました・・・。
シーバス初心者として、ラインシステムがいかに重要かを認識します。PEのノットもあまり知らないのですがとりあえずエギで良く使うSFノットでしっかり結節して狙うとその10分後くらいにシーバス51cmが掛かります。やりとりはちびに任せて1本GET。その後も反応は極めて渋い状態が続きます。ちびは青イソメでタナゴを順調に釣るも、シーバスは数回バイトと1回掛かり浅くバラシがあったのみで終了。ちびは午後濁りが入ってからタナゴが更に調子が良くなり、マシーン化していました。2010_050120100502 写真000516:00船で戻り、疲れた1日が終了しました。
村本HOMEにあるとおりクロはKJさん(馬降りてすぐ)とY田さん(丸環モーニング)が1枚づつ。これでシーバスはしばらく封印し、メバルおやじになります。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: