2010年06月

2010年06月27日

6月26日野島防波堤釣行記

途中その1昨日野島に行って来ました。前夜はブラジルVSポルトガルを観戦。先週は仕事に飲みに超忙しく、おまけにサッカー観戦(日本VSデンマーク戦も当然TV観戦)が続いていたためか朝5:00に目覚ましを掛けたのですが、起きたのは朝10:00過ぎ、完全に出遅れます。行くのをやめようと思いましたが満潮〜下げを狙って半夜の野島に出撃します。村本に着くとドック堤で午前中3枚上がったとのこと。テストを兼ねて竿が柔らかいレボヘチ2.8に道糸2号+ハリス0.8号&いつもの道糸2.5号+ハリス1.5号のゴリマキ仕掛けの2本でドックに向かいました。途中その2ドック堤にはZさん他10名くらいが居るもほとんどの人は移動か帰り。午後のドックは渋くY田さんの1枚のみとのこと。全く当たらないようです。Zさんは新堤に移動、F城さんに常連の方2名がSTAY、16:00船で私含め2人降りてドック半夜は5名で戦闘開始。南西の風7〜8m、茶系の濁りも入っていい雰囲気です。ところが潮が早いのかしばらくは全く当たりません。満潮は18:00頃、潮止まり〜下げっぱなに期待すると潮が緩んだ17:50頃に台の上で49cmが掛かり無事GET、反応が出始めます。この1枚で絶えず2〜3名が丸環を狙うような感じになった18:30頃に小型をバラシ、そのすぐ後に同じポイントを狙うと仕留めたのと同じ位の大型の魚が掛かります。かなりやり取りするも、横に居た人の向こう側に回り込めずに丸環際にハリスが当たってバラシ(残念)。18:50頃には丸環側のコバドヘチで40cmをGET。19:00頃には常連の方がレギュラーサイズを1枚GET。19:30頃に今日1番の大物が掛かり、相当やりとりをします。ところがこの魚も先ほどと同じ事情があり丸環際にハリスが当たってバラシ。。。20:00頃に36cmが掛かります。横に走られると取り込めないので超強引に巻き上げ無事GET。6回掛けて3枚GETと諸事情あって確率が悪かったのですが、良い釣果に恵まれました。新堤に移動したZさんもコバで3枚と強い南風が吹く条件が悪い割には魚が出ました。釣果細ハリスのテストをしましたが、早々に諦めました。ドックは丸環もあるのでハリス08だと正直厳しいです。青灯でチャレンジします。
今週は1回平日釣行を予定。濁りもあるのでナライが吹けば爆釣の可能性大。風に期待します。

2010年06月21日

6月19日20日博多沖堤遠征

恒例の博多遠征に行ってきました。今年は18日(金)夜に羽田出発、翌土曜日はフルで博多沖堤釣行し翌日のラブメイタ大会に備えるというPLAN、大師匠に副会長はこの日午後から釣行しています。博多遠征2泊は初めてです。19:05発の飛行機で出発しますが、仕事が終わらず福岡空港でもPCを立ち上げ携帯で電話。とりあえずホテルに移動しようと副会長にTELすると50UPに48cm他1枚の計3枚をGETしたとのこと。その話を聞いて完全に頭が釣りモードに切り替わります。私と同じく遠征常連のT橋さんもホテル到着。チェックイン後に軽く食事をとって早めに就寝します。
19日(土)はホテルロビーに5:00集合。博多遠征でいつもお世話になる徳○さんの車で沖堤に移動。博多沖堤はスリットの新波止&ソロバンや切れ波止という防波堤がありますが、前日副会長が大物を仕留めた赤灯に渡ります。赤灯
ヤフードーム






赤灯はほぼ毎回渡る定番の防波堤。野島の青灯とドック堤を足して2で割ったような雰囲気の防波堤です。小潮のソコリだと浅いところで2.5m程度の水深(博多沖堤はどこもこんな感じです)。全長は1.3kmくらいか?真剣モードの私のペースで1往復すると3時間くらいかかります。赤灯西側防波堤は博多沖堤のホーム、内側はおおよそのトーフの位置が判ります。黒○会のk船長は既に東側の外側で2枚仕留めているとのこと。ベタ凪で内側に下げ潮が当たっています。9:30まで1往復半かけて真剣に狙うもアタリは2回のみ(魚が小さい感じです)。ところがソコリ前後の10:00前に徳○さんとAMA野○さんが沖側で魚を仕留めます。潮の流れを聞くと上げ潮は沖側が流れるそうです。ナライが強めに吹き始め、潮の流れと風がかみ合った中、10:30頃にへの字の沖側を狙うと37cmが掛かります。濁りも入りだして雰囲気が急速に良くなります。1枚獲ったパターンで狙い続けると午前中だけでさらに3枚をGET。午後も同じパターンで狙うと14:00過ぎからアタリが連発します。小型が多いので大物を狙って大きめツブで狙うも5掛け2枚をGET。ハリス切れ2回などバラシ多発し確率が落ちます。久しぶりに熱くなってしまいゴールデンタイムの夕方まで真剣に釣行したかったのですが、この日は恒例の宴会があり16:00で打ち止め。サイズはMAX39cmでしたが、どの魚も引きは極めて強く釣味は最高、楽しい1日を過ごすことが出来ました。19日釣果
他に大師匠が2枚に大物バラシ(大師匠がツブの落とし込みで釣りをしていました!!)など徳○さんに野○さんの釣果含め全員で12枚をGET。前夜祭としては最高の出来でした。
18:30から博多駅前の居酒屋で交流飲み会。東京湾からは例年と同じくk船長の黒○会さんにVari7276さん始め鳥浜の常連メンバーが参加。夏休みに行く予定の長崎の有名なポイントを教えて頂いたり各堤の情報を教えて頂いたりと楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
20日大会翌20日(日)はラブメイタ16回大会、200名弱が参加です。クラブメンバーは大分支部長の○部さんも参加し計5名で参戦。朝4:00にチェックアウト、はやと丸渡船場に向かいます。前日の黒工テスターの○田さんやスタッフの○田さん情報によると赤灯は南風で透けて釣りにならない/ソロバン内側が狙い目、赤灯なら唯一西公園下コバが狙い目とのこと。出航前までどの防波堤に向かうか悩みます。大師匠と相談の結果、西公園下のコバ狙いで赤灯に向かいます。赤灯は例年ほどの人気が無く2番船で到着も先行者は4〜5名。まだ暗く良く判りませんでしたがベタ凪で潮はかなり濁っているようです!!早速コバに向かって竿1本以内のタナを狙うといきなりアタリが出たようで素針引き!!暗くてアタリが判りませんでしたが魚が居るようです。その直後、薄暗い中で33cmをGET。とてもコバまで向かえる状況ではなく真剣に狙い続けるも5〜6発当たって2バラシで時合終了。6:00を過ぎるとアタリがぴたっと止まります。直接西公園下のコバに向かった大師匠は海底ケーブル前で39.4cmをGETします。内側は潮も入り濁りもあっていい感じでしたが前日とは違う南風(博多沖堤も南風は水温下がって良くないそうです)のためか全くアタリ無く11:00の大会終了を迎えました。大会釣果
この日はウキフカセの人が優勝しましたが、赤灯が一番魚が出たようです、ちなみに西公園下のコバに張り付いていたおじさんが40cmクラスを2枚仕留めて確か2位、他にもう1人コバに張り付いていた人も6位か7位に入賞。大師匠は残念ながら11位でした。全体の釣果は少な目(検量対象は30枚強か?)東京湾からの遠征組は○友会の高○さんが3位(素晴らしい!!)、もう1名の若手の方も上位入賞と好調でした。
私の性格上歩き回らないと駄目なのですが、回遊待ちの魚を狙う粘りの釣り方も覚えようと思います(本気?)
今回の遠征もいろいろと勉強になりました。私のバラシを何度か目撃した大師匠からはハリス0.8号を使ってみなさいとの指示。次回の野島釣行からチャレンジしてみます。

2010年06月14日

6月13日野島防波堤釣行記

昨日所属するクラブの6月度大会参加のために野島防波堤に行って来ました。担当する幹事の方が参加出来なくなったため、代理で幹事を担当。金曜日にC大名人の11枚や、クラブ大先輩のT倉さんが5枚など防波堤が好調なためか、クラブメンバーも多数参加。一般のお客様も含めて全体で50名弱が防波堤に向かいます。
不安要素は前日からの強い南風とドック堤。ここしばらくドックしか釣れていないので集中するのは覚悟でドックに向かうと潮色は透け透けです。おまけに13名くらいが降ります。幹事なのですが写真はそこそこに朝一平場コバモーニングを探るもスカ。誰も当たりません。潮の流れも下げが八景島方面から斜めに当たるような感じで北面は西→東に流れるだけ。南風も強く(8mくらい)水温も下がり気味でかなり厳しい状況です。人も多く、最初の30分くらいで飽きてしまいカメラマンに変身。11:00頃まで全く反応なし。待っていた上げ潮が早めに効き始めるも午後は青灯内側か新堤コバ狙いで移動も考えます。青灯の副会長と状況確認でTELをしている間にクロariさんが魚と格闘中!!43.5cmを無事GET。粘り勝ちの素晴らしい釣果です。これを見てドック堤にSTAYすることにします。12:00船で新堤から何名か来堤し、午後のドックは何と18名。。。失敗しましたが仕方ありません。丸環前は待ち行列で絶えず4〜5名が待っています。整然と並んで狙うのはさすがクラブ!!と感心しながら丸環に平場を狙うも反応無し。しばらく上げの激流が流れるものの、15:00頃から潮がたるむとクロの反応が出始めます。水戸の名人が大型のクロを掛けるも針外れがあったりと雰囲気も良くなります。15:20頃か、丸環でY田さんが魚を掛けます。ほぼ同時に私にもコバタナで怪しい反応が出たのですが、カメラマンの私はY田さんのやりとりの写真を撮ります。途中餌を見ると何とツブが割られています!!写真撮るより速攻でコバに戻りたかったのですが仕方ありません。Y田さんのポーズ撮影後コバに戻ったのですが当然反応なし。この後も丸環前は行列が続くも私は反応なしで終了。厳しい1日が終わりました。
野島では3枚しかクロが釣れませんでした(あの状況で3枚出たほうが凄いかも)。優勝はKJ師匠が午後の新堤コバで仕留めた魚、クロariさんは残念ながら2位でした。私はアタリ1発のみで終了、全く粘れませんでした。午前午後1回づつ昼寝をしたりと集中力は全く続かず。その点クロariさんにY田さんは粘りの釣果。大会なのに反省点多すぎの釣行でした。
今週末は博多遠征、昨年は行けませんでした。今週金曜日夜に博多に入り、日曜日のラブメイタ大会まで博多沖堤で頑張ってきます。釣れるかな〜?

2010年06月06日

6月5日野島防波堤釣行記

6月5日釣果昨日野島に行って来ました。今年初の13時間釣行。前日の予報とは全く違う曇天、強めの北東風が吹いています。村本にはKJ師匠、Zさん、シオケンさんやHaseさん他メンバーが集結。今日は朝からドック狙い撃ちの釣行。定刻通り出船。ドックには投げ2名含め10名くらい下りました。
潮はかなり透けています。丸環上は透けていて丸見え。但し底までは見えない程度。Haseさんと丸環をサーチしますが全く反応無し。上げ潮なのに平潟湾から潮が入ってドック堤にぶつかり、下げ潮のように流れています(最近潮が小さい時の上げ潮はこんな流ればかり)。8:20頃、2個目の丸環際を狙うつもりで遠投して流すと強烈な引き込みのアタリ!!かなり引いた46.5cmを無事GETします。
この日は満潮10:00頃。ナライが7〜8m、北面は下げの時間帯は投げの人が居て狙えないためKJさん、M崎さんと移動を決意。船に乗る寸前に浜松Mさんが私と同じポイントで1枚GETします。
KJさんにM崎さんは青灯、私は新堤に移動。大ナライでガボンガボンですが透け透け。超期待するも私の餌には全く無反応。朝から新堤に居たF城名人が透け透けの台の上の際で40cm程度をGETするも後が全く続かす。ドックは移動後も午前中数枚上がったようです。昼船でドックに再度移動する予定でしたが、馬の背の誘惑に勝てずSTAY。この選定は失敗でした。昼寝をして13:30頃馬に渡ります。ガボンガボンの馬に超期待で降りるも透け透けで潮がほとんど流れずしばらくは反応無し。14:30頃にタナで押さえ込むアタリが出るも合わせた途端にハリス切れ、15:00過ぎに平場底でゴミを掛けます。あわせずにそのまま巻き上げると浮かんできたのは何と黒鯛!!慌てて掬おうとするも水面に出たら大暴れし、合わせていなかったためか針外れ(トホホ)。私が馬に居た時、新堤はF城さんが追加1枚仕留めています、半夜は午後爆発したドックにF城さんと移動します。朝一の私の1枚含めドックは既に9枚出ています。Haseさんは初の黒鯛をGET(おめでとうございます!!)、青灯から午後ドックに移動したZさんは既に2枚仕留めています。ドックは新堤と潮色が全く違いかなり濁っています。丸環際が狙い目とのことで持ってきた長竿を振り回していると16:50頃に丸環上の割れ目で魚が掛かります。際どいところで魚が掛かったので超強引に巻き上げ48cmをGET。うす暗くなってからZさんが丸環際で3枚と大爆発。私もその後はプッチン1回にアタリ数回と悪くありませんでしたが追釣できず終了。仕留めた2枚はいずれも大きく強烈に引いたので大満足。今回もプッチン2回にバラシ1回とまたも反省点多くドタバタ釣行でしたが楽しい1日が終了しました。
この日ドックは相当魚が寄っていました。まだ特定のポイントしか当たりませんが、しばらくすれば魚も散って来るでしょう。
次戦は13日のクラブ6月度大会に参加予定。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: