2010年07月

2010年07月25日

7月25日野島防波堤釣行記

今日の青灯その2本日野島に行ってきました。午前中はクラブの新人講習会で実釣講習、午後は座学というスケジュール。今年は実釣担当ではないですが朝から同行しました。
会長、副会長に幹事長とHaseさん、H口さんと釣行。ソコリ10:40頃ですが、緩いナライが入っているため期待を込めて全員で青灯に出撃。濁りありいい感じも潮が早すぎなのか、しばらくは誰も全く当たらず気配がありません。9:00前に水路を越えてハナレに向かうもクロの気配全く無し。諦めて折り返しオカマに向かいます。すると9:40頃、ブッツケの底で43.5cmが掛かり無事GET。1枚目この後プチ時合いで〇洋黒研の方が1枚GET、私も1枚カイズをバラします。結局午前の青灯はこの2枚で終了。一旦村本に戻ります。
私は新人講習会座学のフカセ釣り担当です(最近軽いオモリのフカセ釣りをする人が少なくなりました)。説明し終わった時刻が15:30、講習会を中座して16:00船に乗って半夜のドックに出撃します。半夜のメンバーはM崎さんに黒研M名人にルアーマン1名、全員でドックに向かいます。午後のドックは良型が5枚出たようです。入れ違いに戻るKJ師匠から状況をお聞きして釣行開始。早速て丸環上に平場を探ります。するとMさんが丸環際で50UPをGET!!その後プチ時合で全員に魚の反応が出ます。この時私は45cmをGET&数回アタリを貰います。下げ潮になると激流でしばらく反応が消えますが19:00前から再度プチ時合が始まります。結局M田さんは時合いをものにして合計3枚、私も19:00過ぎに51cmをGETし合計2枚、M崎さんも44cmGETとクロ狙い全員が釣果。雷注意報のため19:20頃に早上がりとなりましたが、楽しい半夜のひと時を過ごすことが出来ました。2枚目と3枚目
野島も一時に比べてだいぶ復調したようです。1回雨が降れば魚も散るのでは?来週の天気に期待します。
次回は8月1日の野島杯に参加します。

2010年07月22日

7月22日横浜沖堤釣行記

D堤年に1回の東京湾のクラブ対抗のお祭り、黒鯛工房主催の「第6回東京湾クラブ対抗ヘチ釣り選手権」に参加してきました。例年と同じく3名チームで釣果数で競います。昨年は所属したチームが優勝し、クラブとしても連覇が掛かります。今年は選抜チームとなり、4チームで上位入賞を目指しました。
私のチームメンバーは大先輩のT倉さんにH間さん、チームの平均年齢は参加チームの中でも1位か2位と思いますが、出撃前の思い入れは相当なものです。事前に仕入れた情報では旧白がBESTですが、どこでも食っているようです。朝一の防波堤で勝敗が大きく左右されるため気合を入れてクジを引くと旧赤、沖白、D堤。私はD堤、H間さんは沖白、T倉さんが旧赤で釣行となりました。事前に各堤のポイントを整理して各堤に渡ります。
D堤その35:30釣行開始。D堤担当となったクラブメンバーはY田さんと私の2名。ソコリは8:30。D堤の下げ潮のポイントは全くイメージが涌かないため、即テトラ帯に向かいます。D堤テトラは事前に長竿で練習もしているので雰囲気は判ります。早速タンク+2B、ハリス1.5号でテンポ良く際や穴を狙って行くもアタリ無し。片道探るも反応無く、皆タンクで狙っているのでツブに替えた第一投目(6:00頃)に魚が掛かります、カイズクラスが掛かってゴリ巻きし、浮き上がった途端にテトラのツブにラインが触れてハリス切れ。。。更にツブで狙うと6:30頃にまた魚が掛かるも、テトラの狭い隙間で魚が掛かったため一気に潜られハリス切れ(とほほ)。大会の貴重なアタリをものに出来ません。数回ツブが潰されたりとミスが続きます。7:00頃、白灯で釣行しているH間さんが45cmUPを仕留めたとの連絡が入ります。H間さんはクラブの飲み会でも黒工大会で是非優勝をしたいとお話されており、私も少しプレッシャーが掛かります。するとD堤長竿組の1名に釣果。平場でも1枚魚が出ているようです。8:00船で何名かテトラ帯に来ます。D堤その28:30頃、私の真横で黒研長老が40cmクラスをGET。その後潮も流れたり止まったりと一定せず集中力が中々維持できません。おまけにツブ餌にイシガニが2連発で掛かったりと脳死寸前、朝の2バラシが重く響きます。10:00船で内側ラインに移動しようとメンバーに情報を聞くも今ひとつとの様子。テトラ帯も人が減り常時4名が狙っているだけのため覚悟を決めてそのままSTAYすることにしました。
だんだん潮が透けてきます。10:00船でD堤テトラに参戦する人が増え10名前後となりました。諦めモードの中、10:40頃、カマボコ側先端の穴(朝バラシた場所)を狙うと底で重い生体反応!!ゴリ巻きして魚が浮き上がり無事GET!!42cm弱の魚を仕留めました。2010_072220100722 写真0002急にやる気が出て更に粘ると11:45頃、先端付近のテトラ穴の深場で魚が掛かります。これもゴリ巻きしたものの、ギュンと潜られ一発でハリス切れ(う〜ん)。。。テトラでハリス1.5号は細いですが、手持ちがこれしかないので仕方ありません。そのまま大会終了、チームでは40cmUP2枚の釣果。この日私は1回も短竿を使いませんでした(帽子被ってなかったらどこのクラブメンバー???って感じです)。沖上がり後釣果を聞くと4枚や3枚出たチームがあるとのことで、チーム合計2枚だと入賞も厳しいだろうとの話でした。
表彰式に入り結果発表。TOPは4枚仕留めたチーム(エビ餌だったそうです)2位は3枚のチーム、3位は何と何と我々のチームでした。予想していなかったので超嬉しいです。商品のリールとビール券を貰いました。
今年も結果的に朝一のクジ運に恵まれたことと、皆最後まで諦めなかったことが上位入賞を引き寄せたのだと思います。個人的には2年連続で上位入賞できたチームに入れたことに大感謝です。
クラブ選抜チームなので来年参加の確約はありません。来年も参加できるよう、日々の釣行も頑張ろうと思います。
8月1日は個人戦の野島杯。今年は超厳しいと思いますが、天候期待でもう1つのお祭りに参加します。

2010年07月19日

7月19日野島防波堤釣行記

ドック予定通り野島防波堤に釣行してきました。4:30に目覚ましを掛けたのですが起きたのは5:00過ぎ。横浜の朝一の船に乗れないので野島に向かいました。
村本はガラガラ。クラブメンバーは昨夜ドックで2枚仕留めた釣修館さんが居ます。昨夜は時合いもありZさんも2枚仕留めたとのこと。南風も強く、午前中はドック、午後は風を見て移動も検討、というスケジュールでドックに向かいました。
ドックは釣修館さんに常連2名の合計4名。早速昨夜良かった丸環に向かうとクロが丸環上をクルージングしています!!おまけにヒラも打っています。これは、と思って丸環上をツブで流すと46.5cmが掛かり無事GET。野島で久しぶりの釣果です。その後も真剣に狙うも、常連の方が丸環前に張りついてしまったためか魚が散ってしまいました。午前中はこの1枚で終了。午後は釣修館さんが人が少ないドック先に移動。12:30頃、常連の方も昼食をとっていて丸環上が10分以上休んでいます。待望の下げ潮もやっと入ってきました。これは、と思ってもう一人の常連の方とそっと丸環上を探ると常連の方にアタリ、その後すぐ私に魚が掛かります。めちゃ引いた42.5cmを無事GET。その後しばらく時合いとなります。12:40頃に今度は丸環際で魚が掛かります。ところが物凄い勢いで溝に潜られてピクとも動かなくなりました。溝から出るのを数分待っていましたが出てくる気配すらなく、時合なので強引に引きずり出そうとしたらハリス切れ(とほほ)。12:50頃また丸環2枚目手前上で魚が掛かります!!めちゃくちゃ引くも何とか引き寄せてタモ入れしようとしたら反転されて痛恨の針ハズレ。。。その後丸環前にしぶとく張り付いていた方が1枚GETします。その後は風も強まりクロの気配無く終了。終了間際にでかいアカメを3連発で掛けたりと魚の手ごたえを楽しむことが出来た1日でした。19日釣果
一昨日の状況とは全く違っていました。新しい群れが入ったようです。南風が緩まれば青でも食うと思いますが、しばらくは気圧配置を見ても厳しいか。
少し野島の調子が戻りそうな気配を感じることが出来ました。私のリズムも戻るか?前回のD堤釣行から針のサイズを大きく変えたことが良かったのかも。
次回釣行は黒工大会。朝のクジ頼みですが頑張ります。

2010年07月18日

7月17日野島防波堤釣行記

昨日野島に行ってきました。混雑を予想するも比較的空いています。クラブメンバーはZさんにMさん、Y田さんにF留さんにH川さん、常連F名人他投げ釣りの方が参戦。出撃前は地蔵の話題で盛り上がります。潮周りや南風が強い(7〜8m)ので投げ釣り覚悟でドックに向かいます。
ドックは思ったより濁りがあります。早速Fさんと台の上を探ると魚が掛かり、しばらくやり取りをするもバラシ。他にモーニングはMさんにアタリがあったのみで終了。その後16:00まで下げ潮も効き雰囲気も悪くないですが誰も一発も当たりませんでした。。。青灯に向かったZさんがカイズを仕留めるも昨日は16:00まではこの1枚のみ(ちょっと野島杯が心配)。台風が来て海をかき回して欲しいです。
残業も覚悟したのですが、16:00船で戻り、そのまま高速で新山下に直行。黒工大会もあるので予定通り横浜沖堤に偵察に向かいました。18:00〜20:30までの短時間釣行。超久しぶりのD堤に向かいました。昔は秋の大ナライのカマボコに狙って良く行きましたが、ここ4〜5年は捕まるので行きません。横浜沖堤は人が多いこと多いこと。防波堤宿泊組の方と出撃(横浜はこれがあるので羨ましいです)。各堤大混雑(沖白に第一新堤は満員御礼って感じでした)の中、D堤に降りるとファミリーが2〜3組。子供が防波堤を走り回っています。渡辺渡船店だけでも12〜3名が渡っているとのこと。防波堤選択を間違えたと反省しながらD堤で真剣に狙うと38cmくらいのカイズが釣れました。その他アタリ数発。野島より横浜のほうが間違いなく状態良いです。混雑を避けたのか、上手い人は半夜には来ていなかったようです。横浜釣果
長い1日が終了しました。明日も釣行予定ですが、野島があまりにも当たらないので途中の横浜に行ってしまいそう。

2010年07月12日

7月11日野島防波堤釣行記

昨日クラブの月例会で野島防波堤に行ってきました。7月の大会は過去5年ボーズも無く、一番相性が良い大会。気合を入れて早めに村本に到着すると緩いナライが入っています。大会の出船前は皆といろいろな話が出来て楽しい時間です。近況報告や黒工大会の作戦を練ったりと楽しい時間を過ごしているとあっという間に出船時間。ここしばらくはドックが好調も、丸環の投げ釣りは気分が悪くなるので青灯に向かうことにしました。
沖は前日までの強い南風の影響もあまりなく濁り上々。青灯に降りてすぐに平場を狙った一投目、目が覚めるような引き込みアタリが出るも魚が乗らず(ツブはそのまま、何故???)。これで気合が入り別荘まで狙うも全く反応なし。ハナレに渡ろうと思いましたがM崎さんが先行しているためオカマに向かって折り返すも反応なし。オカマ遠投も反応なく超期待外れ。10:00頃に平場で釣友のバラシがあり気合が入ると10:30頃ブッツケで一瞬針掛かりのバラシ(小型でした)。この時間帯は時合いだったようで数名にアタリが出ます。再度ハナレに向かうと別荘で1枚、ハナレで2枚出たとのこと(オカマに向かわなければ良かった)。上げ潮期待の四畳半で遠投するも全く反応なし。結局午前中は朝一の引き込みアタリと途中のバラシのみ、渋い結果でした。午後は移動することにしました。ドックに向かうつもりでしたが、混雑を避けて3名しか居ない新堤で降ります。
午前中新堤は馬の背で1枚出ています。上げが入って潮も少し上がっていますがコバに降りて角を狙うと魚が乗ります!!ところが数秒で針ハズレでコバ調査終了。台の上狙いのため1時間半程度昼寝をして潮が上がるのを待ちます。14:00頃起床すると雨が降って南風もかなり上がっています。強烈な茶系の濁りが入っていて内側は南風でバシャバシャで悪くありません。早速内側平場を狙うとツブ潰されアタリが2回、気合が入るも結局これだけでアタリ終了。またもボーズを食らってしまいました。
優勝魚は午後のドックで出ました。出た魚も全体的に小さく、この時期の割に活性も今ひとつ(ドック1枚、ドック先1枚、別荘〜ハナレ3枚、馬1枚)、厳しい大会でした。
野島はどこもイボニシが猛威を振るってツブがあまり着いていません。連日の強い南風の影響もあり野島の調子も今ひとつ。水温が高すぎるのか、酸欠なのか判りませんが既にツブがかなり落ちていて、このまま改善しないような気もします。野島杯はかなり心配、皆でイボニシを獲って食べるしか無いかも。
次回は3連休のいずれかに釣行予定。崩れたバランスの修正と、パターンを模索する修行の予定です。

2010年07月04日

7月2日/3日野島防波堤釣行記

一昨日、昨日と野島防波堤に行ってきましたが・・・。
2日(金)はきゅーりさんが居ます。朝は緩いナライ。青灯に向かおうとしましたが観音崎は既に南風。降りる人も少なく、ドックで降ります。濁り良いドックの丸環上はモーニングにアタリ連発も食い込みが浅いのかバラシ多発。モーニング後はポツポツ当たるも私はバラシまくり。結局3〜4回バラシで終了、午後は1回当たるも結局ボーズで終了。一緒にドックに下りたM嶋さんが午前2枚+午後移動した青灯で1枚と計3枚、他に青灯は3枚出て防波堤全体では合計9枚出たとのこと。午前中の緩いナライが各堤の活性を高めたようです。この日きゅーりさんには昨日釣行したというマルイカを頂きました。家に帰って刺身で食しましたがめちゃうまかったです(家族が大喜びでした)。きゅーりさん、本当に有難うございました。
翌3日(土)も出撃。南西風が強いことと、前日のリベンジでドックに向かいます。ドックはKJ師匠に黒研M名人に昨日も一緒のM嶋さん、F田さんなど常連が揃います。食い込みが浅いのかモーニングでMさんや私に立て続けにバラシ。F田さんが得意の丸環際で魚を仕留めると、パターンをつかんだM名人がポツポツと良型を計4枚仕留めます。私は昨日の結果を引きずり計3回のバラシで終了。最後のバラシはMさんの釣り方を見てパターンを変えた直後のHITでしたが、最初からパターンを変えれば良かったと大反省。この日アタリはモーニングを中心に7〜8回もらい悪くはありませんでした。黒研Mさんのドック丸環の釣り方を勉強させて頂き大変勉強になりました。ドック丸環も飽きたので午後は青灯に出撃。オカマ周りしか潮が効いていません。ソコリ〜上げに期待してハナレに渡るもスカ。M嶋さんが半夜もやるとのことで少し悩むも大人の判断で帰宅しました。16:00までの釣果はドックの5枚のみでした(F田さんが午後、ドック丸環際でツブで真鯛を仕留めていました)。
結局2連荘の釣行は両日ともスカで終了。以前なら悔しくて仕方ない状況ですが、初日のやりとりなど魚の手ごたえはだいぶ楽しんだのと、名人の釣法が勉強になったのでかなり満足感がありました。
来週はクラブの7月度の大会。参加予定ですがこんな調子ですので全く駄目でしょう。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: