2010年09月

2010年09月26日

9月26日野島防波堤釣行記

台風一過に期待して野島に行ってきました。但し大荒れの翌日は過去あまり良い経験がありません。とにかく6:30前に村本に着くも駐車場は満杯。有料駐車場となってしまいました。
さすがに昨日出船していないことと、イカも好調なため村本は混雑。クラブメンバーも大師匠にKJ師匠、幹事長にZさんにMさんに気気鵤蘇瑤気鵤療茲気鵝⊂鈩▲瓮鵐弌爾盥研S幹事長に川崎の長老、M名人、他にきゅーりさんやH名人にS藤さん他多数参戦、めちゃ活気があります。ところが村本前は潮がかなり透けています。全体で約50名、緩いナライに期待で出船しました。
午後エギをやるために青灯に向かいます。青灯はエギンガー含め30名以上降ります。早速ヘチを狙うもかなり透け透け、クロも多数目視できます。モーニングはオカマからヘチを狙うも何も反応無し。看板付近のみ真剣に狙って木曜日良かった別荘に向かいます。2段目付近のヘチをミドリで狙うと底で根掛かりのようなSTOP!!アワセを入れると大型の魚で沖に走られ、止めようとしたらプッツン、またもハリス切れ(糸をそのまま出せば良かった・・・)。その後ハナレに渡る1段下のサラシている内側を狙うとまたも魚が掛かります。小気味良く引いた35cmくらいか、浮き上がり掬おうとしたら反転されてバラシ。。。予想通りバラシから入りますが、今日はこれでアタリは終了。朝一の2発のみで終わってしまいました。青〜ハナレはIさんが内側で大型を掛けるもハリス切れ、10:00頃に黒研Mさんと潮の高いハナレに渡るもアタリ無し(Mさんは2回当たりました)と全体的に極めて渋い状況でした。
12:00前にハナレを諦めイカ狙いに変更。イカは全体的に良かったと思います。しかし私は1時間近くスミ狙いをするも全くアタリ無し。途中からアオリに狙いを変えるも反応無し。そのまま疲れきって昼寝をしてしまいました。結局イカは昼寝後に仕留めた良型のスミ1杯のみでした。
全体の釣果を整理すると午後赤灯に渡った大師匠がツメで1枚(+1バラシと悪くなかったそうです)、また同じく赤灯に居た投げ釣りの常連Hさんにも良型が1枚と合計2枚でした。
ハナレに向かう途中で何故かウェーダーを切ってしまったりとツキも無い釣行でした。バラシも相変わらずで(竿を変えたことも少し影響しているかも知れませんが)、やりとりに真剣さが足りないようで、これは猛省します。
次回は来週土曜日か?金曜日休んで向かうかも。

2010年09月23日

9月23日野島防波堤釣行記

23日釣果
野島に行ってきました。昨夜からナライで大雨の予報、久しぶりの好条件が期待できます。横浜でミドリを確保し気合が入ります。フジツボは村本で入手、苦手なフジツボでタナを攻めるイメージを涌かせながら村本に到着します。
祝日とはいえ木曜日&天気予報が悪いためか比較的少なめ。クラブメンバーはIさんにA部さん、釣友は黒研M名人にvari7276さんが居ます。
村本前は緩いナライが入っていますがやや気温は高め。大雨が降るとの予報のため完全装備(漁師合羽にウェーダー)ですがちょっと暑いです。総勢17〜8名くらいで出撃します。
沖に出ると強めの北東風。既に7〜8mはあります。青灯で降りると水温高く波はバシャバシャでいい感じ。早速フジツボでタナを狙います。オカマ付近はスカ、先行するMさんが既にやりとりをしています。今日はいい感じかと思いながら看板方面に向かうと2回魚が乗るも針ハズレでバラシ。後ろを振り返るとvari7276さんが良型を仕留めています。Mさんも2枚目をGETしています。看板付近でvari7276さんも2枚目を仕留めます。次は私も、と気合を入れるもモーニング終了、アタリが出なくなります。結局私は朝の時合いを外してしまいます。やはりフジツボは相性が悪いようですがそのまま10:00近くまでフジツボで粘るも異常無し。だんだんと北東風が強まります。別荘まで行ったところでミドリツブに餌を変更。別荘のヘチを見ると潮が巻いていて魚が居そうです。10:00過ぎに大荒れの別荘張り出し角を狙うと魚が掛かります。超強引にやり取りをしてタモ入れ、41cmでした。近くに居たIさんに声を掛けて一緒に狙うとプチ時合い突入、私も1回大型の魚を掛けるもハリス切れに1回バラシ、Iさんは2回魚が浮き上がった後の針ハズレ(大荒れで難しかったです)&大型のハリス切れとアタリが連発します。11:00頃に大荒れの別荘張り出しを狙うと魚が掛かります。これも強引に巻き上げ45cmをGET。その後は更に風雨が激しく(北東13mくらいまで上がりました)身の危険を感じるほどです。このため大荒れの別荘を仕方なく諦めオカマに戻り12:00船で早上がりとなりました。vari7276さんは看板近くでも更に1枚追加の合計3枚(素晴らしい!!)、M田さん2枚、私2枚の合計7枚の釣果でした。
個人的にはフジツボに拘ったのが釣果を伸ばせなかった原因だと思います(やはりフジツボは苦手です)。大荒れのため魚を掛けても針ハズレやバラシも多く、反省しきりですが、頭からバンバン海水を被る別荘の釣行は久しぶりのため、大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。
しかし1枚目のやりとりの途中、荒れた別荘で足を激しく打撲してしまい、腫れまくって歩くのがつらい状況です。また釣行中に穂先のガイドが1つ飛んでしまいました。
野島は明日船が出れば爆ると思います。次回は明後日か?それまでに足を治さないと。

2010年09月20日

9月19日野島防波堤釣行記

2010_09190005昨日野島に出勤してきました。前日の土曜日は家族サービスで山梨にぶどう狩り、本日は午後から墓参りのため三連休は昨日1日のみの出撃。予定通りの13時間釣行です。
さすがに三連休中日で混雑。クラブメンバーは会長に副会長、IさんにA部さん、とみーさんにイカ専門のH口さん、またメンバーの平均レベルは間違いなく東京湾一の黒達会の皆様が皆で釣行とのことで活気があります。下げ〜上げっぱなを狙って青灯〜ハナレ、その後イカを狙って午後は新堤、夜はアジ狙いというこの時期の野島の旬を狙いに行きました。
出船すると沖はやや透けているも濁りは問題ないレベル。即ハナレに向かいたかったのですが混雑しそうだったので青に降ります。ソコリ間際の割に潮も少し高かったので青灯オカマ下オーバーハングにミドリを入れると即引き込みのアタリが出るもスカ。2投目に西側に入る溝を狙うと魚が掛かるも針ハズレ。2発のアタリを外していつもの通りの順調(?)なスタート。今年は始めに3回位バラさないと魚が釣れません。ハナレに向かって青を狙うも途中全くアタリなし。イカが出始めたとのことでエギンガーがたくさん居ます。ソコリ近くになってハナレに渡ると黒研M名人が既に1枚、クラブIさんが1枚仕留めています。上げっぱな期待でばしゃついている沖側を狙うと底付近で大型が聞き合わせで掛かります。ところが大アワセを入れた瞬間にハリス切れ!!その後Iさんと会話した直後にタナで小型が掛かるもバラシ。。。調子良い沖側は潮が止まったので内側を狙うとタナで36cmが掛かります。その直後に大型が掛かるも止められずトーフに潜られハリス切れ、上げっぱなのハナレは好調だったのですが1枚で終了。その後オカマに戻りイカを狙います。イカも好調でアオリ持ち帰りサイズ(150〜200g位)を7杯にスミ1杯、リリースサイズは3〜4杯と実質2時間弱で充分な量を確保。今年も楽しみな季節になりました。
午後もイカと潮が上がった内側が魅力的だったためSTAY。副会長が内側で良型をGET、潮が上がったオカマのオーバーハング下で良く引いた25cmのチンコロをGET。半夜は新堤に向かいました。
新堤は午後から来たM崎さんが既に内側で2枚仕留めています。潮が流れていい感じの内側狙いを始めた直後にM崎さんが良型をGET。気合を入れると内側1流しで2回アタって1回ハリスを切られます。熱くなって真剣に狙うと2流し目に26cmのチンコロ。黒鯛だけは熟女のデブが好きですが、ちょっと若すぎ、まだ女になってないかも。但しこの魚、小さい割に引きまくったかなりのヤンキー系でした。M崎さんは更に1枚GETし合計4枚、暗くなってからアジを狙うも全くアタリ無いため20:00頃に釣行をSTOP、長い1日が終了しました。
ここしばらく釣れる魚が小さいです。新しい群れに期待か。イカはもう完全にシーズンイン。但し群れの位置で釣果に大きく差が出るようです。
次回は23日か25日を予定。イカも釣ります。

2010年09月12日

9月12日野島防波堤釣行記

9月12日所属するクラブの9月度例会に参加してきました。前日は横浜にミドリとフジツボを捕りに行くとクラブのTさんとばったり遭遇。前日から気合を入れて大会に臨みました。
少し早めに家を出て村本に着くと既にメンバーも来ていて活気があります。支度をしていると向こうからウオちゃんが来ます。AMAのメンバーの方の野島釣行で副会長と一緒にガイドとのこと。黒研M名人に横須賀Kさんも居ます。O本さんに直近状況を聞くと餌はフジツボが良いとのこと。この暑さとここしばらくの釣果状況のためかクラブメンバーは20名位と少なめ。全体で40名くらいで出船しました。
沖は薄濁り、ほとんど無風状態。青灯に向かう予定でしたがドックは投げ釣りとKJ師匠しか降りないとのことで思わずドックに降ります。3名でドック釣行開始。早速北面、丸環上を探るも潮が止まっていて魚類の反応全く無し。しばらくすると下げがいい感じで流れます。これは1回くらいアタリが出るだろうと真剣に狙うも一切気配無し。8:30船が来たので早々にドックを諦め青灯に向かいます。
青灯は大会幹事気気鵑筍擇気鵑膨一アタリがあったそうです。潮も高く濁りもありいい感じです。無風状態でめちゃ暑かったのですが10:00頃から緩いナライが入り始めるとヘチがいい感じになってきます。10:10頃、看板近くの底で魚が掛かるも即ハズレ(残念!!)。10:30頃から7〜8m程度の北東風に変わります(天気予報は南と言っていたハズですが???)。下げ潮も効いていてめちゃいい雰囲気も誰にもアタリがありません。ソコリを過ぎて14:00頃まで青灯を3往復以上するも全くのスカ。疲れ切ってオカマでしばらく休憩します。
オカマ内側は潮も流れ濁りもあっていい感じです。沖側は北東7m程度でバシャバシャ状態。青灯内側はベタベタですが雰囲気はあります。休憩後は青灯内側狙い、ミドリを使い早めのテンポで竿1本のみ探るとクズレ手前から数回素針を引きます。魚類の反応が出たので集中力を高めて内側探り続けます。看板を越えて30m程度行った先の底近くでSTOP!!小気味良く引いた39cm、0.9kgのカイズをGET!!ほとんど釣果を諦めていたため大変嬉しいです。内側はその後副会長が2枚(1枚は20cm程度だったとのことで即リリース)、青灯沖側はバシャバシャした好条件も結局1枚も出ませんでした。12日釣果
本日の野島は極めて渋く新堤2枚(幹事長の釣果)と青灯3枚のみでした。月例会優勝は新堤で47cmを仕留めた幹事長、私は2位、3位は副会長でした。
予期せぬナライ&青灯&下げ潮と最高の条件だったため集中力を維持し続けましたが沖側は全く駄目でした。しかし上げ潮時でも諦めず内側を狙い続けたのが良い結果に繋がったと思います。
ツブにバイトしてくるかわいいアオリが沢山居ました。来週からはエギングロッドを持って青灯に向かう予定。来週以降クロ半分、イカ半分の釣行になると思います。

2010年09月06日

9月5日鳥浜沖堤釣行記

この土日両日とも釣りに行ってきました。4日(土)は野島釣行。元々予定では無かったのですが、家内とちびが通っている小学校の草むしり&皆と昼食を食べるとのことで急遽釣行!!先日バードさんがアジをバンバン釣っていたのでアジ狙いで野島に出撃しました。村本にはKJ師匠にA部さん、普段は平日組のI上名人が来ています。KJ師匠とI上名人はドック、前日M月名人が30cm近いアジを青灯オカマで大量に仕留めたとのことで青灯に向かいます。
一応ヘチ竿を持っていったので青灯に降りて1時間くらいクロを狙うも全くアタリ無し。オカマに戻ってアジを狙うと第一投で40cm位の丸々太ったサバが釣れます。頭と内臓を即落としてクーラーBOXにぶち込むものの、その後しばらくはアタリ無し。11:00頃、頭に来て青灯オカマの潮が巻いているところにアミコマセを投げまくるとサバが群がってきたようで立て続けに4本取れます。ところがアジはスカ。あまり釣っても処理し切れないので良型サバ5本のみ持ち帰りで午前のみの釣行終了。家でしめ鯖にして食しましたが脂が乗っていてめちゃ旨かったです。ちなみに午前中ドックで黒鯛3枚&アジが釣れまくったそうです(失敗した〜)。

翌5日(日)は鶴見黒研主催の第一回鶴見杯に参加しました。5:30受付開始なので家を4:00に出発。クラブメンバーは副会長に私含む副幹事長2名、幹事2名(栃真さんに〇嶋さん)の計5名で参加、会長に幹事長は参加できませんでした。大会は60名弱が参加です。7:00少し前に釣行開始。私は低いほうの堤防に向かいます。大多数の方が低い堤防で釣行開始、パイプ堤はほぼ5年ぶりです。大半の方が潮裏を狙っているのでしばらく潮裏狙いに徹します。初めはタンクの爪で狙うも全くアタリ無し。9:00前にミドリに餌を変えて狙うとツブ潰されガンダマ歯型付きと素針引き(掛けそこね)の2回アタリが出ます。パターンを掴んだと思って真剣に狙うと10:20頃に潮裏で魚(結構大型)を掛けます。やりとり開始後沖に走り、しめたと思ったのも束の間で何とハリス切れ。バラシ直後にタロさんに指をさされます(超恥ずかしい)。めちゃ暑く、かなり体力を消耗したので休憩するとvari7276さんが高い防波堤から戻ってきます。そのまま低い堤防に向かい釣り開始すると手前のほうの防波堤の棚でSTOP!!ところが柱の間で掛けたのか即斜め下にギュンと潜られハリス切れ(もう立ち直れません)。その後釣行終了の13:30までかなり真剣に頑張るも異常なく終了。久しぶりの鳥浜沖堤は4−2−0と完敗でした〜。
クラブメンバーは〇嶋さんが51cmを仕留めて第一回鳥浜大会優勝(すばらしい!!)、また栃真さんも釣果があり入賞と大活躍、鳥浜名手のvari7276さんも魚を仕留めて8位入賞と大変盛り上がりました。
表彰式が終わる前に暑さと疲れでもうフラフラ状態(女性が2名参加されていました。凄いです)。大会終了後の野島の半夜や鳥浜地続き釣行も魅力的でしたが本当に体力限界でそのまま帰宅します。水分を大量に摂ったつもりでしたが帰りは激しい頭痛。家に帰ってシャワーを浴びると寒気がします。体温を測ると何と37・5度。連日の釣行とこの暑さで完全にダウンし即寝ましたが、本日も体調は完全ではなく早めに帰宅しました。炎天下の中、日陰なく全身を使う鳥浜沖堤釣行は野島釣行より厳しいことが判明。まだまだ鍛え方が足りません。
皆で盛り上がった素晴らしい大会でした。主催の鶴見黒研さんからも来年も大会を続けるとの力強いコメントがありました(H川さん、司会に大会運営含めお疲れ様でした)。大会運営と維持に関してスポンサー集めや事前の準備や費用など、どうしても裏方が気になりますが是非大会を長く続けて頂ければと思います。
次回は12日のクラブ9月度大会に参加予定。台風9号が本州南岸を通過することを期待します。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: