2010年10月

2010年10月31日

近況

今日は野島に行きたかったのですが、この一週間は月曜日から仕事が超忙しくて帰宅が終電。木曜日は大師匠他と飲みがあったりと疲れが溜まり、土曜日は体調を崩して発熱&下痢。今日はだいぶ良くなりましたが釣行は諦めました(まだフラフラします)。今週も忙しくて3日〜4日と出張(祝日に出張&接待ゴルフさせないでくれ〜)、6日(土)は既に出撃不可。7日(日)に海に向かえるか?
本日の午後は晩秋のターゲット、落ちハゼの竿を出してセットしました。ハゼ用の手バネ竿に糸を通すと個人的に黒鯛狙いも最終盤という感じです。潮と状況を見ながら12月までは野島釣行とハゼ、スミイカ狙いを数回。12月末からはスキーに軸足を移します。家庭を省みない週末の生活から少し足を洗う予定です。

2010年10月17日

10月17日野島防波堤釣行記

ea87074d.jpg本日野島に行ってきました。昨日は仕事などが入ってしまい出撃不可。今日も微妙だったのですが何とか調整、午後〜半夜の予定で横浜経由で野島に向かいました。
11:00頃村本に着くとM田さんにY浅さん、黒研MさんにM嶋さんの野島を代表する名人揃い。昨日は半夜は青灯で爆ったようで14:00過ぎの下げ潮から半夜狙いで集結しています。12:00船は5名で出撃、沖は4〜5mの北東風。M田さんにM嶋さんは青灯、Y浅さんはドック先、私と黒研M田さんは新堤に向かいました。
新堤は昨日の午後から誰も降りていません。満潮は14:20頃。潮裏ですが少しばしゃばしゃしている沖側のタナをフジツボで探ります。真ん中を越えてしばらく行ったドヘチの50cmくらいのタナでツンと鋭く入るアタリ!!結構暴れた44cm、1.5kgをGET。潮裏のモーニングで1枚と半夜の新堤はかなり期待が出来ます。その後満潮まで全くアタリなし。M田さんもアタリが無いようです。途中エギでスミイカを狙うも数投で終了。雰囲気が良くなった沖側を再度攻めると15:10頃にM田さんが1枚GET、その10分後くらいか、タナで鋭いアタリが出て大アワセを入れると一気に潜られ一瞬でハリス切れ(残念)。15:30船が見えます。ところがドックに立ち寄りません。半夜は3名以上居ないと出船不可、半夜無しの打ち止めが判明、帰る準備をしているとM田さんが真ん中あたりでやりとり中、超元気な2枚目をGET。新堤は結局3枚と好調でした。
他に青でもM田さんが2枚GET、半夜は爆ったと思いますが残念ながら15:30で終了となってしまいました。
ここしばらく苦手にしていたフジツボを中心に使っていますが、だいぶ慣れました。針もカツイチの針に変えてから針ハズレが激減、8月以降でこの針を使った針ハズレは7掛けで1回のみ。いずれも暫く使って何とかモノにしたいと思います。
来週はちびの運動会のため出撃しないと思います。次回は30日か?

2010年10月11日

10月11日野島防波堤釣行記

ea8674cc.jpgまた野島に行ってきました。応援に行く予定だったちびの少年野球の試合が昨日までの雨の影響で本日午後に変更、朝早めに起きたため少し悩んだのですが野島に向かうことにしました。自宅を6:30頃出発、3連休最終日は通常ガラガラと思いゆっくり向かいます。ところが7:40頃村本に着くと激混みで夕照橋の駐車場に何とか滑り込み。8:30便は80人が希望とのこと。定員オーバーのため2便出しとなります。私は餌の準備で受付が遅れ1便には間に合わず2便で防波堤に向かう羽目に。1便を譲った会長やZさんと2便で向かいます。ハナレに渡るか馬の背に向かうかの選択肢を悩んだところ、潮が高く1便で誰も降ろさなかったドック先は2便ならOKとのこと。大師匠と私で降ります。ドック先降りて早速丸環上をさっとミドリでサーチ、平場も狙うもアタリなし。反応無いな〜と思ったところツメで狙っていた大師匠が丸環上でバラします。私も際をフジツボで狙うと2掛け2バラシ、大師匠も丸環上で1バラシ。しかしこれでモーニングは終了。しばらくまったりとした時間が過ぎます。バラシの原因と思われる針を交換し(チヌ1号までサイズを落とします)、餌もツメに変えて丸環側の沖側平場を狙うと10:00過ぎにタナでSTOP!!サイズの割に良い引きをした40cmの黒鯛を無事GET!!。11:00頃、フジツボを屏風に投げるとSTOP!!聞くと魚の反応、大アワセを入れて元気が良い37.5cmをGETします。その後潮が止まり12:00船が来て私は撤収。実質2時間半程度で2枚と非常にラッキーな1日でした。午前中の他堤は青灯でT原さんが良型を1枚のみと、人も多く厳しい1日でした。受付が遅れなかったらドック先に降りれず、1枚も釣れなかったと思います。
次回は土曜日か?来週以降は潮と状況を見て釣行する定です。

2010年10月09日

10月9日野島防波堤釣行記

b2e86d14.jpg本日野島に行ってきました。起きた時点で観音崎は北東10m。出船できないかも知れませんが構わず出撃、横浜経由でミドリとフジツボを大量に確保して7:30前に村本に着きます。天候が悪いためお客さんは少なめ。クラブメンバーは誰も居ません。F城名人にバードさん、他にヘチ師は2名。投げのH輪先生はこの天候で赤灯で宿泊とのこと。この時期にしてはちょっときつめの濁りが入っています。合計19名、青灯に向かいます。青灯は全員で10名が降ります(他堤は赤灯に6名、ドックに3名)。
青灯は真北の風8〜9m、東っ気が無いので風の割にはうねりがありません。早速ミドリでヘチを狙うも全く当たり無し。先行するFさんも当たり無し。潮は早いものの雰囲気は悪く無いので潮どまりなどの時合待ちで長期戦を覚悟します。
11:00頃までは私には何も反応が無し。すると別荘から看板前に向かってきたF城さんがやりとり中、良型を仕留めます。別荘入り口でも1枚仕留めたとのこと。釣れたパターンをお聞きして同じように釣るも私にはしばらく反応無し。F城さんは更に1枚仕留めます。私も粘ると12:30頃にマイルポストとブッツケの真ん中あたりのタナで押さえ込むアタリ!!強烈な引きをかわして53cm、2.18kgの良型を無事GETします。
午後はイカをやるつもりでしたが引き続きナライの良い雰囲気なので粘ります。その後F城さんはクズレで1枚、別荘でも1枚(これは良い魚でした)をGETし合計5枚(さすがです。。。)、きっちりと本日の回答を出します。同じパターンで狙った私は終了間際の潮と風が上がった大荒れの別荘で2アタリ1バラしで終了、状況対応能力に名人との大きな差があることが良く判りました。
今日はF城さんに状況判断や釣りの組み立て方など本当に勉強させて頂きました。いろいろと教えて頂き有難うございます。このblog上では書けませんが全く別の引き出しを作ることが出来ました。
居る魚をどう釣るか、どのパターンで狙うかの推理力、状況対応能力が問われる季節のようです。この難しさがこの釣りの楽しさだと思います。
ちなみに赤灯に渡ったH輪先生は15:30の時点で既に5枚マダイ(1枚はかなりの良型)を釣っているそうです。1泊するとのことなので明日(明後日戻り?)の釣果に期待!!ちなみに明日の半夜も潮が高いので無いそうです。
次回出撃は来週土曜日を予定。

2010年10月03日

10月3日野島防波堤釣行記

73e38f00.jpg今年のクラブ最終月例会に参加のために野島に行ってきました。10月からは朝の出船時刻が8:30。モーニング狙いにはちょっと遅い時間ですが睡眠時間が取れるためかなり楽です。昨夜はハナレで爆発したとのこと。7:00頃村本に着くと既に混雑しています。クラブメンバーは約20名、イカが好調なためエギンガーと合わせて約40名強で活気があります。常連の黒鯛師にバードさんも居ます。定刻どおり出船、ソコリ7:00頃で14:30までずっと上げ。幹事長に水戸の名人Oさんはドック、会長にY田さん、T倉大先輩はドック先に降ります。強めのナライに期待してハナレに向かいました。
青灯、ハナレで30名くらいが降ります。看板近くで船を降り、看板に荷物をひっかけて戦闘開始。北東6〜7mでヘチはばしゃばしゃです。ハナレに向かってミドリを落とすも反応無し。別荘、テラスはいい感じも全く反応無し。ハナレに向かう水路は水面は低いものの、結構波があってちょっと危険。一緒に向かおうとしたIさんは諦めます。私は強行して水路を渡りハナレ着。ばしゃつく沖側を探るも全く反応無し。内側はベタ凪も潮は入っています。内側の1流し目(9:40頃)、少し張り出した付近にツブを落とすと底付近でSTOP!!アワセを入れると魚が掛かります。強烈な引きで左肩がおかしくなるほどでしたが無事44cmをGET。その後風が上がり、水路も危なくなりそうだったので即撤収し別荘に戻ります。ハナレ水路その後内側、沖側ともに狙うも全くアタリがありません。集中力が切れそうでしたが今年最後の大会のため気合を入れ続けます。13:30頃、オカマ近くで常連の方がやりとりして1枚GET。潮が動き始めたようです。14:30頃か、潮が入り始めたクズレとマイルポストの真ん中付近を探ると底付近でSTOP!!小さい割に強烈に引いた38.5cm(だったかな?)位を仕留めます。その後もあちこち探るも反応無く釣行終了、終日真剣に釣行したため、心底疲れた1日が終了しました。青灯
今日の私はクロの当たりは2回。私以外の釣果は水戸のO名人がドックで47.5cmの良型&他に1枚を仕留めて優勝、二位は大師匠のドック先端の釣果、三位は私でした。
他にドックでバードさんがアジ120匹という釣果!!おすそ分けに預かり、晩御飯に早速アジのたたきを作りましたがこれが最高!!私も次回アジを狙います。バードさん、本当に有難うございました。
またドック堤では丸環上にウミガメが泳いでいたそうです。東京湾にもウミガメが入って来るとは驚きですが、八景沖はアマモも大量に繁殖していますし、アオリイカがこれだけ発生しているのと合わせて水が綺麗になった証拠か。これはこれですばらしいことです。
これでクラブの月例大会は終了、大会が終わると気が抜けてしまいますが、今年はまだ秋の爆釣も体験していません。しばらくクロ狙いを続けるつもりです。

2010年10月02日

クサガメ

cdd917b0.jpg我が家ではクサガメを2匹飼っています。7年前に実家の裏にある沼で子ガメ(1〜2歳くらい)を2匹捕まえたので持ち帰りちびと育てていました。
たまたまオスメス1匹づつ、すっかり大人になってメスガメは昨年も10個ほど産卵(水の中で産卵したため、これは孵化せず)、今年も7月と8月に産卵したのですが、8月に産卵した卵から子ガメが3匹初めて誕生しました。親ガメ
産卵直前の親ガメは餌を急に食べなくなるので徴候が出た後に分けて飼育したところ無事5個産卵、本日時点であと2個孵化待ちです。孵化した子ガメをちびが見つけたときは大騒ぎ。親ガメはあと1月くらいで冬眠しますが、子ガメは冬眠させないほうが良いとのこと。仕方ないので冬用のヒーター&バスキングライトを購入。高くつきました。。卵

子ガメ3匹は我が家のマンションでは飼いきれないので里親に出す予定です。

2010年10月01日

10月1日野島防波堤釣行記

1日釣果本日休暇を取って野島に行ってきました。昨日は締めの飲み会があり朝は全く起きれませんでした。このため午後の下げ潮狙いに横浜経由で12:00船で出撃。昨日の天気予報とは大違いで村本到着時には既に晴れてます。但し6〜7mのナライが吹いており、これに期待です。12:00船にはM田名人(今期初めて一緒です)にルアーマンが1名の合計3名、朝の船は全員青灯に降りたとのこと。新堤も魅力ですがM田さんはドックに向かうとのこと。ルアーの方と2人で新堤は厳しいので青灯に向かいました。
青灯に降りると既にM嶋さんが1枚仕留めています。他にバードさんと常連の方1名の合計3名がクロ狙い。しかし午前中は極めて渋く反応がほとんど無いとのこと。常連メンバーはH名人にクラブT倉大先輩他7〜8人居ますが皆エギでイカを狙っています。降りて早速オカマからヘチを狙うも何も反応無し。そこそこ透けていますがヘチはバシャバシャで感じは悪くありません。潮も入っているので期待してヘチを狙うもしばらく何も当たりません。13:30過ぎから最近好調の別荘に張り付きます。テラスで粘るとタナで横っ走るアタリが出るも針掛かりせず。また別荘入り口のヘチで一瞬魚が乗るも針ハズレ。仕掛けを回収すると歯で潰されたようで針の先がぐしゃっと曲がっていました。この後しばらく別荘で粘るもアタリが遠のきます。ハナレにも向かいたかったのですが水温が低いのと潮も高いので諦めて折り返しオカマに向かいました。
諦めモードでツブを落とし続けると看板付近でツブの先のみ潰されます。魚の反応が出たので集中すると小クズレの底の聞き合せで魚が乗ります。右に左に沖に大暴れした42cmを無事GET。その後は反応も無く15:30の戻りの船の時間となりました。
魚が獲れて良かったのですが今日は極めて渋い1日でした。青灯以外はM田さんがドックで良型をGETも防波堤全体で3枚とナライ強めで後半濁りも入った中では厳しい結果でした。
次回は3日に予定されているクラブの10月度最終大会。黒鯛縛りで行く予定です。大ナライと雨に期待します。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: