2010年11月

2010年11月27日

11月27日野島防波堤釣行記

787cbc86.jpg今日も野島に行ってきました。クラブの忘年会の賞品買出しを兼ねての釣行。Zさんと一緒です。23日にも野島に向かいましたが大ナライで出船不可。昨日までは前回好調だったシーバスに先日Mさんが5杯も仕留めたスミイカ狙いの、のんびり釣行のつもりでした。ところが起床後風を見ると観音崎で北東11m!!発熱素材の肌着着用の完全装備で出撃します。7:30頃に村本に着くと駐車場はギリギリセーフ。クロ狙いは井〇名人にF城名人、Zさんの各名人、投げ師にアイナメ狙いの方で混雑しています。餌はフジツボと黒ツブを村本周辺で確保、45名で出発します。
沖は北東11mの大ナライ、潮は薄濁りが入っています。ドックに5~6名、残りの大半は青灯で降ります。クロ狙いの方は全員青灯に降りました。
降りて早速釣行開始、頭から潮を被ります。ウェーダーを履いているのですが、何故か左足が濡れます。確認すると何とウェーダーのゴムの部分に大きな裂け目が!!買って半年しか経ってないのにゴムが裂けてそこから海水が入り込みます。投げのH輪さんに瞬間接着剤を借りるも補修不可、仕方ないので諦めます。左足は釣行時は海水がしみ込んでズブズブでした。また今日は軽装の方が多かった。大ナライで潮が高いにも関わらず合羽も着ずにGパンにウィンドブレーカーという人が多く、大波数発でズブ濡れになってちょっと気の毒。波風が強いため、勝手知らない投げ師の荷物もバンバン沖に流され、村本の船が何度も青灯内側に来ていました。そんな訳でモーニングは諦めます。先行するF城さんやZさんは既にクズレを越えた先に居ます。気を取り直して釣行開始。フジツボで1ヒロ分のみ探るとクズレ手前で一瞬竿先に乗るような怪しい反応、歯型も無くクロかどうか判りませんが魚の反応のようです。更に真剣に狙うと看板先50mくらいの半ピロ入らないタナで竿先が押さえ込むアタリ!!大アワセを入れてやりとり開始、39.5cmをGETします。タモ入れ寸前に大荒れの波で魚が中に浮き、危うくバラす寸前でした。早い時間帯で魚が掛かったためその後もずっと真剣に釣行します。10:30頃までは北東11mくらいと大荒れでしたが、だんだんと潮が下がり風も落ちてきます。シーバスでもやろうかとオカマに戻るとクズレでZさんが少し前にノリで良型をバラシたそうです。その話を聞いてまた再度戦闘開始。ノリを使うもアタリなく再度ハナレに向かいます。テラス手前で大荒れの中、フジツボを使うと「ガッ」と餌が砕けるような手ごたえが出たり、滝のようなしぶきが降り注ぐ中、別荘のサラシで素針を引いたりと怪しい反応が数回出るも針掛からず。結局追釣は無く午前中で釣行終了しました。
11月末に頭からドカンドカンと大波を食らう中の釣行、常人には考えられない状況ですが、終日真剣モードで釣行出来てストレスも発散出来ました。
今日は人が少なければかなり食ったかも。今日が最終戦のつもりでしたが、もう1回くらい野島に向かうかも。

2010年11月21日

11月21日野島防波堤シーバス釣行記

時間が空いたので野島に行ってきました。本当は昨日の土曜日に行きたかったのですが予定も入り釣行不可。手バネハゼもここ数年船宿が激減。頼みの新明丸もまだ半日しか出船しないので前回の釣果もあり野島に向かいました。本命クロですがソコリ10:30なのでソコリ以降はシーバスを予定。午前半日のみの釣行です。村本に7:30頃に着くと混んでいて駐車場が空いていません。辛うじて1台分のスペースをあけてもらって駐車、カレイに良い型が出ているので投げ師で混んでいます。クラブメンバーはI藤さんにH瀬さんが居ます。クロ狙いは他に数名、合計45名で8:30船で出船します。当初ハナレに向かう予定でしたが、大混雑が予想されるのでI藤さんとドック先に向かいました。
ドック先は他に誰も降りず2名のみ、快適です。沖は北東5mくらい、かなり濁りもあっていい感じです、早速クロ狙いで一周するも何も反応無し。ノリとフジツボで平場、丸環上、Y田ポイントなどあちこち狙うも気配なし。9:20には諦めてシーバス狙いに変更。青灯側先端、水路を狙います。早巻きで反応無く、フォール後少し変化を加えると「ゴン」と鋭いアタリ!!引きが強すぎてなかなか近寄って来なかった70cmUPをGET!!1本目これだけ型が良いとめちゃ楽しいです。この後2回バイトがあるも掛け損ねます。9:45頃大物を掛けるも全く寄せきれずにバラシ。アタリが遠のいたところで再度クロ狙いに変更。フジツボとツメで2周するも何も反応無し。I藤さんも全く反応無しとのこと。上げ潮が流れ出した11:15頃、再度青灯側先端の水路でシーバス狙いをすると早巻きしたルアーに魚が掛かります。これも強烈に引いてなかなかランディング出来なかった70cm前後をGET!!2本目その後はバイトも無く終了。曇天で若干波もあり、潮も良く流れたのでシーバスには良い条件だったようです。このサイズ2本なら大満足です。予定通り午前で終了、次回は明後日の23日、シーバス本命で朝のみクロを狙います。

2010年11月14日

11月14日野島防波堤釣行記

82a2520f.jpg久々に野島に行ってきました。昨日の〇洋黒研様との懇親飲み会で皆から色々な情報をお聞きしたこともあり思わず出撃。11:30満潮なので12:00船で出撃。エギング&シーバス仕掛けとヘチ仕掛けを持っていきました。
村本前は濁りがあります。3週間ほど前に大量に確保したフジツボとミドリを吊るしたネットを見ると穴があいていてミドリはわずかにあるものの、フジツボは全くありません。ちょっとがっかりですが近場で半日分を確保。12:00船に飛び乗ります。
新堤に行きたかったのですが希望者が誰も居ないのでハナレに向かいます。青灯〜ハナレで20名強、黒鯛狙いの人は誰も居ません。投げ釣りとイカ狙いが半々くらい、状況は今ひとつとのようです。かなりきつめの濁りが入っていますが、緩い南風の影響か全く潮が入っていません。水曜日はH間さんがアオサで4枚仕留めたとのことで現地調達のアオサで狙うも何の反応も無し。看板〜クズレはかなり混雑しています。途中投げ釣りの人が振りかざしたオモリが私の頭に直撃したりと釣り初心者の多い日曜日ならではの雰囲気。APECの関係でヘリが上空を飛びまわっています。アオサを使い1時間半ほどで青灯一周するも全くアタリがありません。オカマもほとんど潮が動いていません。多少潮が動いている別荘〜ハナレの水路に戻ってアオサで集中的に狙うも何の反応も無く、ここでアオサを諦めます。ハナレの水路には黒ツブのダンゴが着いています。早速ダンゴで狙うとフグがかじるアタリが出るもクロのアタリは無し。そうこうするうちに14:30過ぎになりました。クロを諦めエギかルアーでも投げようかと思いながらヘチを観察すると黒鯛がヘチでヒラを打っています!!良く見ると別荘だけで数枚目視出来ます。少し薄暗くなって魚が浮き上がってきたようです。時間も無いので手返し優先で竿一本以内のタナに絞ってフジツボで狙い続けます。終了寸前の15:30頃、南風ですがばしゃつくテラス沖側、大きめのフジツボダンゴで段差のドヘチを狙うと超浅ダナでSTOP!!最初はあまり引かなかったのでアカメと思って適当にやり取りをする途中から全開、段差の先で掛けたためやりとりは少し厳しかったものの無事ネットイン。42.5cmのレギュラーサイズでした。
半夜は準備していなかったのでそのまま納竿。ほとんど釣果を諦めた終了直前の嬉しい一枚でした。
野島には落ちてきた魚がかなり居るようです。明日条件が良ければ爆るのでは?アオサ(現地調達)とフジツボ、バックアップにカニを少し持っていけばまだまだ充分狙えると思います。来週以降も時間が空けば向かってみようと思います。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: