2011年05月

2011年05月29日

成田空港

777エンジン今日28日は若潮。先週のクラブ大会はドック〜青に渡って爆死、本来ナライ曇天〜雨の予報ならリベンジを期して100%野島に向かいますが、残念ながらずいぶん前から予定が入っている成田空港に家族と行ってきました。義理の弟が航空会社勤務で、社員家族向けの整備工場見学会に参加。参加者は150人でした。ボーイング747の売却前整備と777の整備工場を見学、エンジン内部を触らせてくれたり、747と777のコックピットの見学、義理の弟も感動していた(トラブッて未だ飛んでいない)ボーイング787のシミュレーター見学に777シュミレーター実体験など息子よりも興味深々の見学会でした。マニアの人にはかなり興味深い見学会でした。
そこで聞いたお話をいくつか。
・ジャンボ(ボーイング747)は既にJAL,ANAともに飛んでいませんが、売却準備でまだ5機ほど国内にあるとのこと。売却(米国の格安航空会社)先は決まっているので日本の航空会社からジャンボが完全になくなるのは間近です。
・ボーイング777のエンジン1台の燃費は1Lの燃料で100mとのこと。50トンの推力を発揮するエンジンですが、結構燃費いいですよね。
・エンジン吸気口にあるファンブレード1枚の価格は1000万(エンジン1台で20数枚ついているそうです)、3キロ以上の鳥がファンブレードに激突しても耐えられる構造だそうです。
・エンジン制御用のコンピューターは1台3億円とのこと。さすがに車とは違いますね。
・高度飛行中の飛行機の空調ですが、エンジンの温風を利用しているそうです。外気をエンジン経由で取り込んで室内に送っているそうです。
・エンジンに付いているダイナモも超強力で1台で数百軒の家の電力を賄えるそうです。ちなみに制御用電源は200Vです。
・整備ツールの動力は基本圧縮空気を使うとのこと。モーターなど電気動力だと発火の恐れがあるため。
・エンジン故障時のバックアップ用のエンジンも整備場に置いてありました。交換する場合は24時間掛かるそうです。
・機種ごとに整備場所が決まっています。例えば747用、777用など。今日見学した747の整備場はコスト削減のため廃止される予定だそうです。
・飛行機の外側のボディって信じられないほどパコパコです。アルミのハニカム構造で飛行時の強度は抜群ですが、極限の軽量化をしていて触ると簡単にへこみます。
・タイヤは40回程度着陸すると設置面のゴムを張り替えるそうです。整備工場でタイヤの張替えもするそうです。
・コックピットは狭いです。操縦桿は想像以上に軽いです。
・シュミレーターは想像以上にリアル。レーダー状況なども本物と同じようで、5分程度しか体験できませんでしたが、じっくり触ってみたいです。
整備士も私と違って皆まじめな方ばかりなのと、機体の安全性などがよく判り安心感が伝わりました。一般の方の見学会もあるそうです。飛行機嫌いな方は整備工場の見学会に行かれると考えががらっと変わるかも。
機体内部やシュミレーターの写真はネットにUPするな、と言われましたのでギリギリセーフと思われる写真のみUPします。
明日も釣行不可。次回は6月4日に元ボスと野島釣行です。

2011年05月16日

5月14日野島防波堤釣行記

報告遅れましたが14日(土)に野島に行ってきました。潮も悪いためかこの日は14名で出船、クラブメンバーはKJ師匠のみ。黒鯛屋さんは他に常連の方1名の計3名。F城名人が居ますがキス狙いです。南風も吹くのでドックに1日居ました。ドックはF城さん、常連のクロ師に投げ釣りの方の計4名。潮はかなり透けているも今年一番の濁り。ソコリですが平場は底が見えない程度です。常連のクロ師がモーニングの丸環際で1枚GETします。私はダンゴで狙い続けると8:40頃に際で1枚掛けるも即針外れ、9:00前に大き目の1枚ツブで強い南風でうねった丸環上を狙うとグジャグジャに潰されます(糸ふけ出しすぎで全くアタリ判らず。せめて針掛かって欲しかった〜)。潮が低いときは反応があるも上げが順調に流れ出すと魚の反応がピタリと止まります。前日ドックで2枚仕留めたC大名人からF城さんに昼前にTELあり。前日も潮が上がると反応が無くなったそうです。午後は濁りも入り丸環上に魚が数枚見えるも全く反応無し。疲れただけの1日が終了。この日の他の釣果は赤塔に渡ったKJ師匠にダンゴで1枚の計2枚。クロ師で釣果が無いのは私だけでした。トホホ。ちなみに釣れた魚は2枚ともハタいた後のゲソゲソな魚でした。
翌15日はクラブの打ち合わせがあり昼過ぎから村本に顔を出しました。15日の釣果ですが、午後からドックに向かったY田さんに丸環上で50UPが2枚出ました。午前中は全くアタリ無しだったそうですが、午後の丸環上はかなりアタリが出たそうです。
5月に入ってからのクラブメンバーの釣果はすべてダンゴ。他にカニでも結構釣れていますが餌が変化しています。今度の日曜日はクラブの5月度月例会。難しい時期にもかかわらずしばらくツキに見放され波に乗れていないので全く駄目でしょう。
野島の近くに黒鯛が産卵に集まっています。某所でちょっと狙ったらアタリが出ました。必要以上にプレッシャーをかけず、そっと見守ってあげてください。
5月28日/29日の土日は予定が入っているので釣行不可。27日会社を休んで向かってしまうかも(本当に休めるの???)。

2011年05月07日

5月7日野島防波堤釣行記

予定通り野島に行ってきました。あまり期待できないのと潮が透け透けとの情報で就寝前まで野島に行くか悩みましたが目覚ましも使わずに4:30に起床(我ながらアホです)。村本に向かうとクロariさんにMさんが合宿中、ZさんにY田さんも居ます。但し全体で15名くらいか、天気予報も悪いので人は少なめです。前日はダンゴ&ツブでクラブメンバーに釣果があったとのこと。カニも10匹ほど準備しましたがこの情報でツブ一本で勝負、透けているのと、丸環際に魚が寄っているとの情報でドックに向かいました。
ドックは夜釣り常連のBM爺さんと連れの方、常連の方の計4名。BM爺さんは13時間釣行とのことで夜釣り用のストロー虫を大量に持っています(気合の入れ方が違います)。降りてすぐ丸環上を狙うも反応無し。潮は透けていてあまり効いていません。9:00過ぎにいい感じで流れ出した頃に内側平場でダンゴの下半分を潰されます。北面もいい感じなので平場中心に狙い続けます。途中何回か雨が強まります。しかしその後は全く反応が出ません。長竿も出して丸環も狙うもこちらは魚の気配なし。ずっとサイトするも丸環際、上ともに終日魚の影は見えませんでした。12:00前には上げが入り始めます。12:00船で新堤からクロariさん、Mさん来堤。他にシーバス名人が2名ドックに来て午後は合計8名で戦闘開始。クロariさんは馬の背で良型クロをダンゴで仕留めています。ドックは上げ潮がいい感じで流れるも結局誰にも反応無く終了。盛期なら最高の潮の流れ方でしたが予想通り爆死しました。
16:00までの釣果はクロariさんはの魚のみ。サイズは53cm、2.5kg弱、いい魚でした。
野島もダンゴとツブで食いだしました。ボサエビやカニは様々なアタリが出て楽しいのですが、2ヶ月限定ですし今年は充分満足しました。あとは魚が産卵から戻るのを待つだけ。本格シーズンインまであと2週間くらいか?

2011年05月05日

連休結果

この連休は何かと忙しいものの、2日と昨日野島に行ってきました。
2日は休暇を取得して野島に釣行。29日に啓さんがドックで3.17kgを仕留めたとのこと。まだ魚が居るようで少し期待します。この日は馬かハナレで悩むも人も少なめなハナレに向かいます。潮はかなり透けていて底が見えるほどです。Zさんと降りてすぐハナレに向かうも何の反応も無し。2日はこの時点で終了です。四畳半でツブやダンゴを確保して午後は赤塔に向かいます。午後の赤塔組はZさんにN嶋さん。午前中新堤で1バラシあったことと、かなり潮が上がるので相当期待できます。しかし序盤は内側は全く潮が流れません。しかし北面でツブで狙っていたN嶋さんが歯型をつけられます。14:30頃馬の背台の上をダンゴの遠投で狙っていると引き込みのアタリ!!しかし食い込みが浅いのか下半分をつぶされたのみで針掛からず。15:00過ぎから期待の上げ潮が流れ、薄濁りも入りいい感じに。15:20頃、N嶋さんが馬の背の内側際をカニで狙い50.5cmをGET。この日はこの1枚だけでした。
ダンゴで反応が出たことと、N嶋さんの魚の腹はツブでぎっしりだったのを確認出来たのがこの日の収穫でした。

昨日4日は当初の予定が切り上がって3日になったこと、息子が「野島に行きたい」と連呼してうるさいのでファミリーフィッシングで野島に向かいました。狙いは朝一のみクロ、後は根魚にキス狙いです。さすがにGW中日。かなり混雑しています。潮は前日の雨の影響で透け透け&水温は低め。息子と一緒なので青塔に向かいます。はじめは苦手なカニで落とすも全く気配なし。途中で1枚ツブで狙います。ハナレに渡ると途中で1回潰されます。期待してハナレに渡るも反応無し。四畳半に渡ってすぐの荒れた際を1cmくらいのツブ、2号ガンダマで落とすとグチャグチャで戻ってきます(荒れて全くアタリは判りませんでした)。気合が入るも片道で終了。その後は息子と根魚&キス釣りに変更。キスは30cm近い大物が釣れて好調でした。
午後は息子のリクエストもあり、大師匠、息子と3人で赤塔に向かいます。しばらくは北面でキスに専念、赤塔も好調でした。その後は根魚狙い、潮が上がった15:00頃から台の上のクロ狙いをします。後半魚が見えるも反応無し。大師匠もアタリ無しでした。
この日はドックで1枚のみ。例年通り産卵期でほとんど魚が居ないようです。居ても単発、まだ少し難しい時期が続くと思いますが、ハタいた後の魚が釣れていますし、ツブでアタリ出したのは良い情報です。
息子の五目釣りは好調でした。持ち帰りでキス10本以上、モヨも10匹以上。モヨは赤塔でパターンをつかんで爆釣、しばらく晩のおかずには充分な量です。
予定していた7日ですが、潮が透けてあまり状態が良くないので微妙です。行ったとしても夕方で切り上げます。

2011年05月01日

30日

30日は野島にクロ&メバル探索予定でしたが、南風が強くなる天気図だったので諦め横浜スタジアムに向かいました。巨人横浜戦です。三塁側のFA席(4500円)が取れ久しぶりの野球観戦。終了後野毛に立ち寄り晩飯を食って帰ってきました。これはこれで結構リフレッシュしました。2日は休暇が取れたので野島に向かうかも。7日は今年初の耐久13時間釣行の予定。ボサを使ったアイナメ狙いも(今年は超難しいですが)終盤戦で楽しい時期ですし、そろそろ海タナゴの子供を使ったメバルも狙えるので次回は完全な五目狙いです。ナライで荒れれば昨年覚えたシーバスも狙います。但し風が悪いと行きません。釣行スケジュールもターゲットもあと数回は天候に左右される気まぐれ状態ですので悪しからず。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: