2011年08月

2011年08月28日

8月27日野島防波堤釣行記

2011_08270015昨日野島に出撃してきました。前日からのナライで期待が多少出来ますがナライ初日はいつも今ひとつ。前日の大雨で、真水が入って濁りも今ひとつと思いあまり期待せずに村本に向かいました。
クラブメンバーはT倉大先輩にY田さんや気気鵝■垳兇気鵝⊂鈩△蝋研M田さんにミヤジさんも居ますがさすがに人が少なめ。ソコリが9:30過ぎ。潮だけ見ると下げ潮がわずかの時間で悪い感じですが盛期だと好きな潮周り。濁りもかなり入っています。ナライも入っているため青灯に向かいました。
青灯に向かう途中、空母ジョージワシントンの出港途中を目撃。青灯に着く頃に横須賀湾を航行中、思わず見とれてしまいました。2011_08270006
青はT倉さん、気気鵝■垳兇気鵑縫潺筌犬気鵑降ります。沖は6m程度の北東風。悪くありません。濁りもあって期待できます。船着き場の対岸をミドリで狙った第一投でいきなりタナのSTOP!!しかし根掛かりと勘違いして合わせがうまく入らずガンダマグチャグチャ。私と逆でハナレ側に向かうミヤジさんがクズレ付近でモーニングをGETしています。期待してヘチを狙うもしばらくは不発。パターンの模索でアタリの出たミドリやツメを使うも全く反応無し。ブッツケ〜オカマを2往復するも朝一以外は反応無いためハナレ方面に向かいます。ダンゴでドヘチを狙うとクズレを越えた付近で微妙な反応、集中するとクズレと看板の中間で42.5cmをGET(9:00頃)!!そのまま看板〜別荘付近にSTAY。10:00頃の別荘でプチ時合、3発当たって2掛け1GET(32.5cm)するもその後気配が止まります。青灯は気気鵑他に2枚、午前中は計5枚でした。
午後はドックに移動します。青灯からは私にT倉さん、T原さんが移動。他に昼便でHASEさんが居ます。午前中のドックはかなり渋かったようで1枚+数アタリのみ。ただし私が来る直前に平場でバラシがあったそうです。状況を聞いて丸環上をさっと確認、内側平場を狙うと底付近で引き込みのアタリ!!かなり引いた47.5cmをGETします。14:00頃には常連K木さんが沖側の丸環上で1枚、15:00前に丸環上をツメで流すと33cmくらいのカイズくんGET!!その後HASEさんにもカイズサイズが掛かります。終了直前の北面の底でT原さんが起死回生の1枚を仕留めて16:00便の迎えの船の時間となりました。
潮が高くなった半夜は極めて良かったようで青灯にSTAYしたミヤジさんが計10枚、以前黒鯛GETをアシストした親子さんもクロを2枚GETと大変好調でした。
本日はクラブの40周年記念祝賀会@村本そばの乙舳会館。先日の40周年記念大会の表彰があり記念品のリールを頂いてしまいました。
来週は野島欠勤予定、4日の鶴見黒研さんの大会に参加する予定です。

2011年08月22日

8月20日21日野島防波堤釣行記

20日と21日に野島に出撃してきました。この土日は息子が少年野球の合宿@山中湖。家内が同行とのことで昨年と同様に独身状態。土曜日は今年初の13時間釣行の予定で村本に向かいます。前日昼からナライが吹いて期待十分でしたが。。。
横浜経由で野島に着くと常連の方、クラブの方たくさんのメンバーが参戦。満潮8:00過ぎ、ソコリ14:00頃と条件的に最高(なはず)。青灯に向かいます。途中ドックでVariさんの北面モーニングを見て確信に変わります。
ナライ5〜6mの青灯は潮が透けています。もう少し風が欲しいところ。既に下げ潮が入っています。青灯に降りて即オカマ下を探るも反応無し。先行したミヤジさんが即魚を仕留めています。超アドレナリンが出て真剣に狙った1往復目は全く反応無し、2往復目も全く反応無し、アレレ???早めの昼食をとってオカマとクズレを2往復程度した後の11:30頃に3往復目に入ります。ミヤジさん以外アタリがあった人は数名か。3往復目の戻り、看板と別荘の中間くらいの底で魚(小型)が掛かるも数秒でバレます。同じ頃、F城名人は別荘階段付近で1枚GETとのこと。13:00過ぎに4往復目突入。水路がタプタプ状態のハナレに向かいます。水路の水面は私の身長で脇の下10cm程度、うねりが来たときに足が浮いてしまう程度のちょっと危険な水位でしたが突撃します。潮が高ければ食うだろうとハナレで30分程度粘るも全く反応無し(スレでフグ1匹釣れました)。今日もハナレには魚が居ませんでした。ハナレは早々に諦め14:10頃再度オカマに戻り5往復目突入。全くアタリ無いためテンポが超早いです。半夜は大雨予報のため無しとのこと。完全に釣果を諦め15:20頃にはオカマでMさん他と反省会。15:45頃からオカマ周辺をラスト1往復で探ると妙な反応。聞くと黒鯛の鱗がスレで針先に掛かります。近くに居たMさんに鱗を見せて「スレ掛かりなら餌食って欲しいですよね」とか話をしている途中に鋭い引き込みのアタリ!!サイズの割に良く引いた39.5cmのカイズくんGET。6月からの野島連勝が紙一重でつながりました。青灯は朝昼夕方に1枚づつ3枚。他に馬の背で1枚、ドックはVariさんの4枚を筆頭にKj師匠が1枚、私より病人と思われるK田さんが1枚の計6枚出ていました。
翌21日。ナライ2日目で期待が持てるも午後予定があって午前縛りの釣行。朝から雨が降っています。半日なので魚の顔が見れそうなドックに降りることにしました。朝一は反応無し。8:15頃、沖から潮が入った瞬間に丸環上でアタリが出ます。K田さんに1枚、私のツブにも運良く魚が食いつきます。強烈な引きをするも沖に走ります。いなして魚を浮かした時に道糸が緩んでしまい痛恨の針外れ!!無理せず掬ってもらえば良かったと大反省。その後丸環上で小型のクロが掛かるもこれもバレてしまいTHE END。私と同じ2日連荘のk田さんは午前のみで2枚、他の方が1枚の計3枚出ていました。またドック先に降りた今期2回目の釣行の春○さんもしっかり1枚GET。青に渡ったvariさんも午前中で1枚、他の人はちゃんと結果を出していました。
6月4日以来の野島連勝記録はこれで打ち止め。反省点が多い2日間でした。今年は釣果はあるものの、今ひとつ何かが噛み合わない釣行ばかり。次回は27日か28日AMを予定。例年餌も変わる頃ですし悩ましい時期、ちょっと対策を考えて出直します。

2011年08月14日

8月12日14日野島防波堤釣行記

2011_0812000112日と14日に野島に行ってきました。今週は8月恒例のクラブ週間大会。8日(月)から14日(日)までの一週間の釣果の最大魚で順位を競います。最終日の14日(日)はクラブ40周年記念大会、気合が入ります。
この週間大会、長崎旅行中の8日に52cmなどが出ていて既に出遅れ気味。12日(金)の平日釣行で皆に追いつこうと気合を入れて釣行したのですが。。。
12日はクラブメンバーが多数来ています。犠緻梢佑覆俵睛貌の常連にクラブメンバーはMさんやF留さん、N野さんにK田さんがいます。前の晩から弱いナライが吹いています。これで渡堤先は青灯に決定。青は元リョービテスターIさんが居ます。降りて早速ハナレに向かってツブを落とすも途中全く気配なし。水路を2つ越えて四畳半まで行くも全く生体反応がありません。ハナレを諦めソコリ間際にオカマに戻ると気気鵑3枚仕留めています(場所間違えました)。マイルポスト〜クズレの調子が良いようですがツブでは反応無し。ツメに変えると3発当たって2掛け1GET(30cm)、上げっぱなは懲りずにハナレに向かうも途中滑って手を軽く流血しただけ。行かなければ良かった(ハナレはしばらく駄目かも)。午後はドックに移動。午前は1枚も出ていませんが、午後Mさんが3枚と爆発(素晴らしい!!)。他にK田さんが1枚。結局私は午前中の30cmのみで釣行終了。辛うじてボーズは免れただけの釣行でした。

本日14日はクラブの40周年記念大会。合わせて8月度週間大会最終日&クラブの新人大会の最終日と3つの大会が重なる日です。週間大会では前記の通り52cmを筆頭にかなり良い型の魚が出ています。このため週間大会上位入賞は諦めて、本日のみの勝負となる40周年記念大会の入賞を目指しました。6:20頃村本に着くとクラブメンバーは多数来ています。記念品の配布もあるため久しぶりの方もたくさん居ます。沖は弱い南風。釣果1枚のポイント(長さ×重さ)勝負、一応青灯希望で10名程度ならドックに降りることにしました。
定刻どおり出船、ドックはアジ狙いのF城名人含め10名が下船。思ったより少ないため降りてしまいました。
モーニング狙いで丸環上を狙うも不発。諦めて北面に向かうとY田さんがアワセ切れをしたそうでブツブツ言いながら仕掛けを作り直しています。状況を聞いてからすぐに北面をダンゴで狙うとタナでSTOP!!結構引いた50cm,1,955kgを仕留めます。この魚、下顎が真中から外れています。以前釣られたものの、ストリンガー付きで脱走し、下顎が外れたようです。Image1718:10頃、沖側の丸環際を狙うとカイズクラスが掛かり浮かすもバラシ。この後KJ師匠が50.5cm、上げっぱなにMさんも良型を仕留めます。14:00過ぎに幹事長がレギュラーサイズをGETするも、前日10枚以上出たドックの調子は今ひとつ。強い南西風&潮が激流すぎて反応が今ひとつでした。15:30頃に私が32.5cmのカイズを仕留めて終了。KJ師匠の魚やMさんの魚も良いため全く期待せず帰船しました。
沖上がり後表彰式。検量してみると私のモーニング50cmがポイント差でクラブ40周年記念大会優勝&8月週間大会2位に入賞!!結果を聞いた時にちょっと驚いてしまいました。40周年大会2位はKJ師匠(数ポイントの差だったそうです)3位はMさんのドック釣行組。全く予期せぬ入賞で大変嬉しいです。
来週20日は今年初の13時間釣行を予定。暑さでかなり体力が消耗中、夜まで持つか???

2011年08月09日

長崎ヘダイ釣行記

8月5日から9日まで今年二回目の夏季休暇を取得して久米島に行く予定でしたが、台風9号が沖縄を直撃し4日の夕方に旅行会社から中止の連絡(残念!!)。中止覚悟で旅行の準備をしていましたが、家内がどうしても国内旅行に行きたいとのことで4日帰宅後20:00頃から宿と航空券の手配を開始。第一希望の鹿児島は主なホテルは予約で一杯。高知、大分、そして昨年行った長崎で宿を探しましたが、昨年宿泊したホテルが空いていることが判明。急遽長崎に行くことになりました。
5日の朝一の便で長崎着。市内を観光後、調査も兼ねて昨年も気になっていた近くの漁港に向かうとクロが浮いています。ホテルにチェックイン後カニを購入し夕方2時間勝負でヘチ竿で漁港を攻めに向かいます。すると正体不明の引きの極めて鋭い魚に私も息子もハリス(1.5号)をぶった切られます。初日は熱くなって終了。
翌6日は5:00に起床して7:30までの2時間勝負。朝一は爆ポイントを調査。私が35cm程度のキビレ1枚(写真無し)、息子は20cm弱のキビレのみ。2011_08080021後半昨日調査した漁港の防波堤先端を再度狙うと平場で手に負えないような魚が掛かってハリス1.5号をまたもぶった切られます。その日の観光中に大物対策でハリス2号を購入。
翌7日、5:00に起床。昨年爆ポイントと大物狙いで漁港先端のポイントを狙います。道糸2.5号、ハリス2号で臨みます。朝一は昨年爆ポイント。ここでは私に40cm程度のヘダイを1枚のみ。2011_080800361時間程度で漁港の防波堤先端に移動。終了間際に息子が今回の旅行で最大魚の50cm程度のヘダイを仕留めます。
このサイズのヘダイの引きは暴力的。引きの鋭さは半端ではなく、1.5号のハリスを切りまくったのはこのサイズのヘダイか。

2011_08080041
この日は夕方に再戦。初めは潮が高い昨年爆ポイント。ここでは私が30〜35cm程度のヘダイとキビレを3枚、息子が同サイズを2枚。1時間弱で漁港に移動。漁港防波堤では私が40〜45cmのヘダイを2枚、息子が45cm程度を1枚GETと大漁。2011_08080069いずれも引きが強く、息子は大ハマリしてしまいました。
最終日の8日、前日の餌の消耗が激しく、わずかしか手持ちがありません。仕方ないのでヘダイの大物狙いで漁港のみの1時間勝負。ここでは私が40cmUPを2枚+1バラシ、息子が1枚+1バラシで終了。2011_08080072大型のヘダイが沸きまくった長崎港でヘチ釣りを堪能してきました。
つり方は至って簡単。カニのフォール中か、底にしばらく置いておくと鋭い引きで食ってきます。回遊してくるようでアタリ出すと連発します。引きは小型のヘダイの引きがそのまま大きくなった感じ、めちゃくちゃ引きます。
急な家族旅行でもあり、長崎転勤のシオケンさんには連絡できず。場所が判る動画をUPしますのでご確認ください。

個人的には黒鯛が一発も当たらなかったこと、キビレも小型で昨年息子が仕留めたようなサイズが出ず今一でしたが、大型のヘダイが連発して楽しい釣行でした。息子もヘチ竿とタイコリールで大物をかわすやり取りを覚えたようです。野島ではもうほっといても大丈夫でしょう。

2011年08月01日

7月31日野島防波堤釣行記

2011_07310002野島防波堤の年一回のお祭り、野島杯に昨日参加してきました。前日は14:00から商品の仕分け準備&当日は駐車場担当もあり朝3:00に起床。4:30前に村本に到着。受付会場の準備&夕照橋の駐車場窓口などを行い、ミッション終了後の6:20に受付を完了します。前日はドックで3枚、青&新堤で1枚づつ。70名を超える方が受付をされたとのことで村本船は2便出し。10m近い北東風で曇天、最高な状況です。当然青灯&ハナレに渡る準備を整えます。タックルはここ数年参加したメジャー大会で使うとボーズが1回も無いへちさぐり&黒工ヘチLIMITED88Tの組み合わせ。運に期待しますが平場向きの柔らかい竿なのでハナレのガレ場狙いや丸環上などはかなり不安。とにかくタックルを選定して出撃です。ドック先&青灯便は初めの1便です。気合を入れて1便に乗ったのですが、約50名の方が乗り込みます。これは想定外、人が多いので青灯は諦めます。第二希望の馬の背に向かうべくドック&新堤に向かう2便に乗ることにしました。
2便は25名弱。いい感じです。ところがドックは10名強しか降りないようで思わず飛び降りてしまいました。
ドックは12〜3名、昨年の20名強を経験しているのでかなり少なく感じます。ちょっとした土日の混雑程度です。降りて速攻で丸環を狙います。モーニングでF田さんが平場で良型を1枚GET。私も丸環上ですっぽ抜け後に手前の際で幸先良く1枚GETします。その後も皆にポツポツアタリが出ます。私も9:00頃に平場でバラシ(これは小型)10:00過ぎに屏風の手前で掛けたのですが、ちょっと制御不能レベル、先手を取られてしまい丸環沿いに走られてハリス切れ(トホホ)。枚数勝負の大会に制御不能の魚が掛かってしまい運の無さを嘆きます。そのしばらく後にも丸環上で糸鳴りがするほど走られたにも関わらずバラシ(これは針外れ)。これで大会は終了したと思いました。しかしこの日はアタリが多かった。皆にもバラシやハリス切れが多発する中、ドック堤は順調に魚が積みあがります。F田さんも苦労しながらも1枚追釣、○洋黒研のベテランの方も1枚。昨年優勝のk木さんも1枚GETにドック常連のK田さんもグッドサイズを1枚。クラブのMさんも北面で良型を1枚、完全に諦めモードの私も11:00頃に皆があまり狙っていない沖側の際を遠投で狙うと47.5cmが掛かり無事GET!!10分後、同じパターンで46cmを掛けて3枚目。結局午前中のドックは計10枚前後魚が出ます。午後も引き続き好調。野島杯でいつも一緒の○洋黒研の吉○さんも1枚、K田さんも上位確定の良型をGETします。私はさんざんで際でまた1枚掛けるも穴に潜られハリス切れ。他にガンダマ歯形付きなどがあったりとミスだらけ。午前中の3枚で大会終了となりました。
村本に戻り表彰式。優勝はH大名人の弟子の大学生○山さん。青で5枚GET。大荒れの中、ダンゴの底狙いでパターンをはめて大爆発。あのメンバーでのTOPは素晴らしいです。2位は馬で5枚を仕留めた方。3位は何と最悪のドタバタ釣行をしてしまった私でした。ドックレギュラーメンバーで良型を2枚捕ったK田さんも4位にF田さんは7位。反省点は山ほどありましたが常連の仲間も上位入賞を果たし楽しい1日でした。副賞で黒工の6mの玉の柄を頂いて大満足です。
野島杯としては参加78名中約30名の方に50枚弱の釣果。大会としては大成功過ぎて表彰の準備が間に合わず、結果発表までに1時間強掛かるほどでした。準備や裏方作業など、クラブとしての負荷はかなりなものですが、来年も是非開催のお手伝いをしたいと思います。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: