2012年03月

2012年03月27日

3月25日野島防波堤釣行記

日曜日は今年第一回目の月例会でした。年度末で超多忙&木曜日は中華街、金曜日は蒲田でいずれも釣り関係の飲み、土曜日はチケットを頂いたので国際フィッシングショー@横浜に顔を出しての大会参加。25日(日)は気合を入れたのですが・・・。
ボサエビとカニを仕入れて7:20頃村本着。村本前の特等席に車を横付けします。クラブメンバーも多数参加、久しぶりの気心知れた仲間と会話も弾みます。8:30は計45名、西風ですがさほど吹いていないと思い新堤に向かうことにしました。
定刻どおり出船。濁りも入っていい感じ。ドック、ドック先と順調に釣り人が降ります。ところが青灯は強めの西風が吹いています。剣崎は既に西風が10m程度。馬の背よりハナレのほうが条件が良いだろうと推測してハナレで飛び降ります。内側は西風の影響で濁りも入ってバシャバシャ。しかし潮は全く利いていません。沖側は凪ですがやや潮が入っています。水路まで2往復して速攻でハナレに渡りました。
ハナレは内側、沖側ともに狙うも全くスカ。10:30頃から風向きが変わりナライが吹き出します。弱い雨も振り出していい感じに。深い四畳半に移動するも気配なし。11:30頃諦めて青灯方面に向かうと、遅れてハナレにきた気気鵑テラス下で聞き合わせ後に大きく竿を曲げます。右に左に大暴れした47cmを無事GET!!。同じ時間にH間さんが別荘で1枚仕留めます。近くに居た私は何の反応も無く黒鯛に振られっぱなし。ツキの無いハナレを諦め午後の船で赤灯に向かいました。
赤灯は大師匠にKJ師匠、N嶋さんの計4名。KJ師匠は午前中の新堤台の上でまたも良型をGETしています。赤灯周辺をサイトするとガレ場に魚が目視出来ます。気合を入れるも反応無し。14:00頃から南西の爆風が吹き出しTHE END。結局立て直せず爆死して終了してしまいました。
25日は防波堤全体で7枚も魚が出ました。クラブは計5枚。新堤、馬の背、ドックにハナレ、別荘で各1枚の釣果。ドックで2kgを仕留めたZさんが優勝、黒工大会のクラブ選抜チーム出場権をGETしました。
私はアタリボーズ3連敗と連敗街道まっしぐら。日曜日はフグが多く、フジツボかカニ餌が有利でした。珍しいところではH間さんはザリガニでGET。
KJ師匠からは、今年は場所読みが冴えてないな〜と鋭い指摘。今週末の出撃は微妙なので次戦は再来週の4月の大会か?この状態、しばらく立て直せないと思います。

2012年03月20日

3月20日野島防波堤釣行記

2012_03200013予定通り野島に行ってきましたが。。。
本日の村本は比較的少なめで14〜5名(人数確認しませんでした)のお客様。ソコリが9:40頃、水温の助けが欲しいこの時期だと少し厳しい潮周りか。クラブメンバーはKJ師匠とH間さんのみ。クロ師は好調今○さん他数名。青専門の石○さんも参戦です。シーバス狙いの方が4〜5名、投げ師も4〜5名程度。村本前はスケスケ。沖は濁っているようです。ソコリ&上げっぱな狙いのハナレ希望で出船しました。
乗船後、皆の行き先を岡○さんが聞いています。すると「新堤いかない?」。シーバスの方1名のみで2名以上居ないと渡せないためです。私とKJ師匠も行き先変更しソコリまでの一発勝負で馬の背に向かうことにしました。
新堤着。速攻で馬の背に向かいます。ナライ5〜6mで若干波が欲しいですが濁りもかなり入っています。潮も早くもなく遅くもなく。条件が良さ気な馬の背独占で超ドキドキしながらヘチを狙いますが1往復目スカ、2往復目フグ1匹・・・・、即死です。10:00過ぎまでヘチに沖目に赤灯側ガレ場など幅広く粘ったのですが結局フグ数匹のみの釣果。クロの気配は一切無くまたもボーズを食らってしまいました。9:30頃、コバに居るKJさんがやりとりをしているのを遠目で目撃。44cmの完全な乗っ込みの魚でした。コバは数回アタリがあったようです。
10:30から1時間程度昼寝をして午前の部終了。午後は期待できないので午前のみで引き上げました。
KJさんの魚は明確な乗っ込みの魚でしたが、あの条件で馬の背で一発もアタリ無し。ボサを使いましたが餌間違えたかな〜。ドックは今○さんが1枚仕留めていました。
次回は25日のクラブ月例大会に参加予定ですが個人的に全く期待できません。最近馬の背の調子が良くないので行き先少し考えます。

2012年03月17日

卒業式

20120317_今日は息子の小学校の卒業式でした。親からするとあっという間でしたが、子供にとっての6年は長かったようです。来月7日は中学の入学式。内部進学&場所は隣の敷地なので新鮮味は全く無いのですがこれも参加する予定。
明日は仕事です。野島次戦は20日に行けるか?今年の前半戦は釣りは厳しいな〜。

2012年03月11日

3月11日野島防波堤釣行記

2012_03110004今年の開幕戦に行ってきました。本当は会社で(必須では無い)会議が入っていましたが、来週17日は息子の卒業式があったりとスケジュールも微妙なため釣り優先。子安丸経由で村本に向かいました。
昨日出船しなかったためか黒鯛狙いの方は多めです。クラブメンバーはKJさん、Y田さん、気気鵑烹量遒気鵝■訶弔気鵑居ます。遅れて新会長も登場。YさんにHさん両名人も居ます。黒鯛狙いは他に数名、その他投げとシーバス狙いの方含め計19名。常連の今○さんは腰が悪いとのことでドック、N野さんにYさんは青灯、その他のメンバーは新堤に向かいます。
新堤は計8名。降りて即マイルポスト方面に1流し。全く気配がありません。潮が早くて気配を感じず、1往復半で休憩突入。笹濁りで悪くない感じですが、フグすらアタリ無し。誰にも反応が出ません。馬の背に渡れる潮高の10:00頃まで休憩です。
写真の潮高になった10:00頃、4名で馬の背突入。久しぶりの馬の背にドキドキするも誰も全くアタリ無し。アオサやこの時期の魚の腹の中に入っている紫色の海草も使いましたが無反応。諦めて午前中で撤収しました。結局フグ1匹のみで今年の初戦が終了しました。全体ではドックに渡った今○さんが午前中1枚魚を仕留めましたが超渋め。昨日の大荒れの天候で魚が抜けてしまったようです。
帰りは久しぶりにアークスに立ち寄って小物を購入。社長から恒例の黒鯛ダービーをご案内頂き、登録してきました。私は釣れるサイズに全く恵まれないのですが、50cmUPが釣れましたら持ち込みます。
魚が釣れなくても釣友との会話や潮風に当たるとストレスは吹っ飛びます。これで完全にスイッチが入りました。次戦は18日か20日を予定。

2012年03月03日

まだ冬眠

まだ冬眠中です。明日出撃しようと思っていましたが、息子が今朝からインフルに感染、行けても午後の下げ潮のみか。息子の体調を見て初戦に行くか判断します。来週は南が吹かなければ出撃します。今年でこのBLOGも8年目。さすがに年々仕事も忙しくなってきました。仕事柄1月〜3月がピークですが、今年は超忙殺状態がしばらく続きそう。今後どうなるか?釣行回数は若干減るかも。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: