2012年04月

2012年04月29日

4月28日野島防波堤釣行記

ナライが吹く気圧配置のため、野島に行ってきました。もっとも息子と一緒のキス釣り中心の釣行。釣行前から青灯にいくことにしていました。
GW初日で激混みを予測していましたが、7〜8年前のような大混雑、2便出しで周辺の空き地に車を廻されるような混雑は一切無く、通常の土日程度。前日3枚仕留めたZさんもいます。Zさんはドック、青灯は○野さんにT倉大先輩、他にシーバサーが5〜6人、投げ釣りの方が5名程度か、かなり混雑しています。青灯1往復は真剣に狙うも気配は一切無いのでいったん終了。10:30頃までキスを真剣に狙うも数匹程度。アタリは出るも食いが悪く、なかなか数が伸びません。潮が下がる10:30過ぎからクロ狙いでハナレに渡るも気配は一切無し。馬の背には誰も降りていないようなので新堤に向かいたかったのですが、息子もいるのでそのまま青灯にSTAY。キスは13:00頃に一瞬時合いがあったものの数が伸びず2人で計14匹という貧果で終了。メバル狙いの人も居ましたが、周辺に海タナゴが全く居ないのでメバルは気配すらありませんでした。
クロですが、午後の下げ潮はかなり濁りが入り雰囲気は良かったのですが、青のオカマ周辺は気配がありませんでした。新堤のコバ、上げっぱなでT倉さんが1枚、他に午後ドックで1枚出ていました。T倉さんはダンゴで仕留めていました。私もツブ、ダンゴ中心で釣行しましたが反応はありませんでした。
GWは5日か6日に再戦するかも。キス&メバル中心にアカニシ(まだ早いか)を捕りに馬の背に行く予定。大きな仕事も終わったので少し先ですが5月20日の週に休暇を取得して釣行する予定。

2012年04月22日

4月22日野島防波堤釣行記

釣果JPG野島に行ってきました。先週は土曜日に出撃し、14mまで上がったナライの中、青灯で海水シャワーを浴び続けましたがアタリナッシング。リベンジを期しての出撃。昨日からのナライ、前日は全体的に渋めも青〜ハナレで何発かアタリがあったようです。子安丸経由で気合を入れて村本に着くとクラブメンバーは気気鵝■訶弔気鵑烹詢咾気鵝⊆禺蠅裡粗さんが居ます。投げのH輪先生に野島杯優勝の津○さんに常連のクロ師3名が居ます。前日の風が残り北東7〜8m、出発時は皆牽制して渡堤先がわかりません。新堤に向かうか青・ハナレに向かうか?岡○さんのコメントと昨日の情報から青灯に向かうことにしました。
青は気気鵑箸舛腓づ蠅音妝殻召降ります。降りると潮も濁り波も当たっていい感じ。オカマからハナレに向かってヘチを落とすとブッツケでカニが潰されます。ハナレまで気合を入れるもその後はノーバイト。そのまま水路を越えてハナレ着。前日Mさんが捕った場所に落とすも反応無し。遅れて気気鵑皀魯淵貪着。2名でハナレを攻めると気気鵑2回掛けるも2バラシ、魚は居るようですが私はアタリが全くありません。フグの猛攻でボサエビを使うと釣りにならず。カニも数投でボロボロになります。10:30頃にハナレを諦めオカマに戻ります、。オカマ付近でタラタラと釣りをするも集中力0%。11:30からの昼寝中にオカマの足元で気気鵑掛けるも痛恨の針外れ。青灯〜ハナレでは魚が1枚も出ませんでした。
朝飲んだ花粉症の薬の副作用か、あまりにも眠いので午後船で帰るか悩んだのですが午前中誰も降りていないドック先に向かいます。降りて30分程度釣行するも潮が低く気配がありません。そのままドック先オカマで就寝。爆睡してしまいました。
14:00頃起床、1時間半程度の昼寝です。私含め4人降りたドック先メンバーは皆寝ています。起きてすぐの第一投目、内側のえぐれた沖側にボサを落とすと底の聞き合わせで魚が掛かります。良く引くもえぐれた根から離して無事GET!!44cm,1.8kgの丸々とした乗っ込みの魚でした。
その後は潮が上がりいい感じになるも誰にもアタリが出ずに終了。クロはドックで2枚、投げのH輪先生が赤灯で1枚の計4枚でした。
そろそろ産卵が始まるようで前日同様ナライ、濁りの好条件の割にかなり渋めの状況でした。カニは落下が遅く、泳いだりスライドしてコントロールも難しく苦手な餌です。ものにしたいのですがまだまだ無理か。
これで前半戦は終了。クロ一本勝負は今回で終了し次回は息子とキス&カサゴ狙いを数回予定。クロ再参戦はGW明けかな。

2012年04月08日

4月8日野島防波堤釣行記

画像 091所属するクラブの4月度例会に参加してきました。クラブ参加者は20名強、クロ狙いのは津○さんにH名人、春○さんに石○さん他数名、投げはH輪先生やS山さんにジュウベエが居ます。村本もかなりの活気。7:00に朝礼し7:30船で出船。ソコリで潮高がマイナス15cmまで下がります。ハナレでは潮が下がりすぎるため、コバに降りることも想定して新堤に向かいます。
新堤は一番人気でクラブメンバー11〜2名、ちょい投げの方とシーバサー含め計15名くらいが降ります。到着時の潮高は100cmくらいか、馬に楽々行ける高さです。ナライ6〜7m、潮は早め。平場は半分流しただけで8:15頃には馬に向かいました。
私が先頭で計3名が第一陣。1往復目はボサエビを使うも餌取りがうるさくカニに切り替えます。馬の背には2陣が到着、既に計6名くらいです。先週子安丸で仕入れたカニでヘチを狙うとポール6番のヘチ底付近で重い引き込み!!クロが掛かります。このクロ、反転した引きが未体験ゾーンの強烈な引き。浅い馬の背でも魚が重くて全く浮かず、何度かやりとりをして強烈な引きを交わすも最後は針はずれでバラシ・・・・。今まで掛けた魚で一番でかかったかも・・・。かなりショックですが気を取り直してヘチを狙うと10分後くらいに荒れたヘチでカニが潰されます・・・。ヘチは荒れててアタリは判りませんでした。周りを見ると馬の背を攻めている人は更に増えて計7〜8名か。定員オーバー気味ですが人は多くても魚は居るようなので諦めずにドヘチ狙いで粘ると8:40頃にポール5番の底付近で重い引きこみのアタリ!!引きで大型と判るもさくっと掬います。50cmくらい体高がある良型を無事GET!!朝一のバラシを取り返したので満足感はありますが、良い魚を仕留めた後の高揚感が全くありません。その後馬の背はK林さんがハリスを切られたりしばらく反応があるもナライが落ちてくると気配が消えます。
11:00過ぎからコバに向かいます。KJ師匠とK村さんの3名でコバを狙います。11:30頃か、潮が止まる間際でKJ師匠がレギュラーサイズを掛けて内側に廻して無事取り込み。午前中、新堤・馬の背は2枚魚が出ました。
午後はドック先に移動して昼寝。1時間程度竿を出すも誰も反応無く終了となりました。
本日は他にハナレで2枚の計4枚魚が出ました。私の魚は検量すると52.5cm、2.8kgUPの乗っ込みならではの良型でした。バラした魚のサイズは一体いくつだったのか・・・。
この魚で4月度大会は優勝、2位はハナレのマイポイントで50cmをGETした気気鵝■外未錬抜屬気鵑任靴拭
次戦は14日を予定。あと2回ほどで前半戦終了してキスとメバル狙いに変更します。ツブが使える連休明けにまたクロ狙いを開始する予定。

2012年04月01日

4月1日野島防波堤釣行記

2012_04010005爆発的に忙しかった年度末も終わり、残務処理は月曜日に廻して野島に行ってきました。子安丸経由で村本に6:40頃に着きますが駐車場はガラガラ。前日の南風の暴風の影響か、私含め受付は計9名のみです。クラブメンバーはKJさん、金○さん、長○さんにk田さん、常連は絶好調今○さんに青常連の石○さんが居ます。11:00頃満潮の若潮、既にナライに押されて下げが流れていることを予想して新堤に向かいました。
新堤は今○さんにk田さんの3名。早速平場を狙うも反応無し。台の上は既に下げが入っていて、予想は当たるも気配がありません。速攻で飽きてしまい昼寝開始。10:00頃起きてk田さんと看板前で会話をしている最中に台の上を狙っていた今○さんの竿が大きく曲がるも針外れ(残念!!)。その後は風が変わって南風が強まり午後は移動、午前中誰も降りていないドック先に向かうことにしました。
ドック先はk田さんと昼船で来た方の計3名。Y田ポイント縛りで釣行開始、すると沖側の根周りにクロが数匹泳いでいます、時折ヒラを打っているのでボサとカニでしつこく狙うも口を使いません。強い南風ですが潮は沖からいい感じで差しています。13:40頃まで粘るも反応無く、潮が下がれば食うだろうと思い、場を休めるのを兼ねてまた昼寝をします。
15:00頃起床、潮はかなり下がっています。沖から差す潮は濁りも入って先ほどより雰囲気も良くなっています。先ほど魚が居たY田ポイントをヒライソで何度か流すも気配なし。屏風の横にある根から屏風際を流すラインを狙って投げた第一投目に鋭い引き込みのアタリでクロが掛かります!!先手を取られ、NEWロッドかつ今年初のクロの引きでかなりやりとりを慌てるも何とか玉網に魚を収めることが出来ました。43cm、1.5kgの完全な乗っ込みの魚でした。マグレですが超嬉しい3連敗後の今年1枚目。その後はアタリ無く終了。今日のアタリは1回だけでした。2012_04010003この日は14:00頃に青灯沖側で石○さんが1枚、11:00頃に赤灯の猿島側スロープでKJさんが1枚の計3枚の釣果でした。
次戦は8日のクラブ4月度月例会。今週の状況を見てどこに降りるか考えます。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: