2012年06月

2012年06月26日

6月24日鳥浜沖堤釣行記

黒研の大会に行ってきました。前日は大黒埠頭の釣り教室の手伝いでしたが、そんな日に限って野島は大爆釣。今年はタイミングが良くありません。鳥浜も爆発していて40枚釣れたとか。超期待で鳥浜に向かいました。
5:00過ぎにはベイサイドマリーナに到着。着替えてサングラスを胸ポケットに入れようとしたら落下して割れてしまいました。昨年TALEXのガラスレンズを入れ替えたばかり、最悪です。とにかく防波堤に渡ります。朝礼が7:00前か、既に一般の人は釣行して3〜4枚出ているようです。早速低いほうで釣行開始。潮裏を狙うもさほど流れていないので潮表を狙った数投目にクロが掛かりあっさりGET!!45cmくらいのレギュラーサイズ。低いほうの防波堤の元に魚を吊るしてまた狙うと即魚が掛かります。柱にもぐろうとするところをかわすと沖に走り、しばらくやり取りをすると「ブチッ」とラインブレイク、というかサルカンのハリス側で切れていました。ギャラリーの中で残念ですがそのまま低いほうを探ります。先端手前でラインが浮き上がり、柱に引っかかったと思って引き上げると魚が掛かり、少しやり取りをするも柱に巻かれてラインブレイク(とほほ)。開始30分程度で3回も魚が掛かります。さすが前日は40枚だけあるな〜と思いきや、その後は全くアタリ無し。手漕ぎボートの方も参戦し全体で40人くらいか、好調な低いほうの防波堤はかなり混雑しています。9:00過ぎくらいからポツポツと魚が出ます。昼食時に小休止をとったのみで午後も真剣に狙うも、時合いの場所を外し続けます。結局朝以降は一切アタリ無く14:45の大会終了時刻を迎えてしてしまいました。
黒研全体では20枚近く魚が出ました。元野島名人のY下さんが3枚で優勝、S幹事長が大物賞を取っていました。私は魚を回収しようとしたところ何と脱走されていました・・・(残念)。防波堤での魚の脱走は今回が初めて。検量できませんでした。逃げた黒鯛はストリンガー付きで可哀想ですが、誰かに釣ってもらってストリンガーを外してもらうのを祈るしか無いです。
サングラスは割るし、大会の貴重なアタリをものに出来ず連発バラシ&脱走のおまけ付き。やはり日曜日も野島は好調でZさんは7枚釣ったようです。今度の土曜日は午後から野島釣行、日曜日は稚魚放流チャリティー大会@野島(http://tk-kuroken.jp/charity.html)。タイミングの悪い釣行はいつまで続くか。
稚魚放流チャリティー大会、皆様お待ち致しています!!

2012年06月19日

博多遠征

恒例の博多遠征に行ってきました。今年は15日(金)19:30便で羽田発、16日(土)は朝から博多沖堤でPractice、翌17日(日)はラブメイタ大会の本戦、終了後に東京にとんぼ帰りの例年通りの超体育会系の遠征です。今年は仕事が超忙しく、年明けから有給休暇も0.5日(息子の入学式)しか取得できていませんが、この遠征は外せません。ところが15日は18:00過ぎまで会社で会議、羽田に着いて飛行機に飛び乗ったのが19:25とギリギリセーフ状態(危なかった・・・)。福岡について午後数時間釣行した副幹事長にTELすると赤灯はかなり渋く、一発も当たらなかったとのこと。大師匠も3発当たって1枚と昨年と比べて圧倒的に厳しい状況。今年はパイプが猛威を振るいツブが付いていないそうでかなり調子が悪いようです。残仕事を片付けてこの日は就寝。
翌16日、5:00にホテルロビーに集合、私と副幹事長、T橋さんの3名で第一陣出発。私と高橋さんは赤灯、副幹事長は一文字に向かいます。2012_06160189赤灯には6:20頃到着、全長1.2km強ある防波堤を2名で独占という超贅沢な状況でしたが、午前中2往復しましたが全く当たりません。一文字に渡った副幹事長にTELすると40cmオーバーを仕留めたようです。満潮8:00以降の下げが入りだしたソロバンはアタリが出ているようです。10:00頃までは大雨&睡眠不足の中、5km近く歩くという過酷な修行状態。11:00過ぎに赤を諦めて8:00頃来堤した大師匠を誘い、新波止に移動しようと準備をするとへの字内側がいい濁り、気配を感じて餌を落とすと今年の博多第一号をGET!!2012_0616019230cmちょいですが良い引きをしました。これで移動を撤回、そのまま真剣に釣行するも14:00頃に同サイズを1枚捕ったのみで終了。赤灯には神戸7防の会長と弟子の方が午後便で来堤。弟子の方が51cmを何と第一投でGET。ところがこの日の赤の釣果はこの3枚のみ。途中雷注意報の中、竿が帯電してバチバチします。帯電も2年連続、天候と釣果も厳しいので早めに撤収しました。この日調子が良かったのが下げ潮が入った新波止にソロバン。濁りも入り潮も動き出しアタリは連発、良型が何枚も出たそうです。クラブメンバーは一文字に渡った大分のA部さんが2枚に副幹事長が2枚。新波止に渡った黒研のタロさんが博多レギュラーサイズを午前3枚、午後4枚と絶好調、午後マスの中でアタリが連発したそうです。この日は防波堤選定で明暗が分かれました。
釣行後、例年恒例の前夜祭にも参加しました。博多駅前の「ヒカリ」という居酒屋での飲み会。久しぶりのk船長、variさんに鳥浜常連の皆様、1年ぶりの全国のクラブのメンバーと交流を深めました。
最終日の17日、前日の状況から新波止、ソロバンが大人気。渡船は4:00頃から始まります。満潮は8:00頃、博多の上げ潮はあまり良くないので満潮までは例年通りの赤灯西公園下の一発狙い、8:00過ぎに各堤の様子を見ながら移動というPLANにしました。
朝一の便でクラブメンバー3名(大師匠、A部さんに私)が赤に向かいます。赤灯への字に降りた人は7名程度、超少ないです。野島方式で乗船前に準備は済ませて4:30前に釣行開始。暗くて糸が見えません。ナライで上げ潮、沖側は潮が入っています。濁りも悪く無い様子。西公園下に向かうのは私と昨年優勝された方と大師匠の3名。私は沖側を粗く探ります。5:00前に西公園下手前100mくらいに到達。昨年優勝した方は既にコバに張り付いています。手前内側を大師匠が探っています。トロトロと流れた沖側で集中すると30cm程度の魚をGET!!写真3その直後に大師匠が39.5cmを仕留めます。更に5分後に私が36.2cmをGET!!いずれも3m強の底でのアタリでした。その後30分程度は魚も上ずってきてタナで当たるも反応出来ず。2〜3回掛け損ねますが針掛からず。6:00過ぎにはぴたっとアタリが止まります。
8:00前に情報収集をするも前日良かった新波止はメイタもほとんど出ていない様子。そのままSTAYすることにしました。下げが入りだした8:20頃には赤灯台側で30cm程度が釣れて計3枚、写真2もう小型はいいので餌も大きめのツブにかえて型狙いをするも反応無し。9:00過ぎに大師匠が35cm程度を仕留めて終了となりました。
赤灯台防波堤は全く人気無く、ウキフカセの人をあわせてピーク時15名しか居ませんでしたが、ヘチ釣りの人だjけでおそらく7〜8枚は出ていたようです。ウキフカセは好調でTOP4枚を筆頭に5〜6名で12〜3枚は出ていたと思います。
11:00前にもどって表彰式、今年は225名が参加したそうです。前日の飲み会で「ラブメイタは関東から優勝者が出ていない、何とかしたいよね」とお話していたk船長がTOPと2mm差の2位に入賞。ほぼ有言実行のすばらしい結果でした。落とし込みの方は入賞10人中3人、昨年は落とし込み圧倒的な優位でしたが今年はウキフカセの方が優位な大会でした。
飲み会で「最近BLOG元気ないですね〜」と数名の方にご指摘をいただきましたが、単に仕事が忙しいだけです。病気はまだまだ悪化中です。本格シーズンのこれからまたベタな情報を発信しますのでよろしくお願いします。

2012年06月09日

最終予選@埼玉スタジアム

01ワールドカップ最終予選が先週から始まりましたが、オマーン戦はテレビ観戦。実はチケットが手に入っていたのですが、黒研大会@久里浜を優先してしまいました。久里浜初参戦も2アタリ1バラシで終了。同じ小さい島に渡ったM田さんや○山さん、横須賀の○木さんは頻繁にアタリを出すのに、一番良いポイントを優先頂いた私は全く駄目。初めての場所&つり方が調整できず爆死しました。ただし上手い人と一緒に釣行してつり方、ポイントを教えていただいたので大変勉強になりました。

02昨日はヨルダン戦観戦に埼玉スタジアムに行ってきました。今回もカテ1、前から17列目と観戦には最高な席。4名で観戦です。結果はご存知のとおり。本田や前田、香川のすばらしいパフォーマンスに大興奮。ガンバで厳しい結果の今野に遠藤も代表では生き生きしていて一安心。とにかく楽しかった〜。
過去代表戦は何度も観戦しましたが、W杯の最終予選でお祭り騒ぎになったのは初めての経験。サッカー観戦が大好きな1ファンとして昨日の埼玉スタジアムに居ることが出来たのは本当に幸せでした。
試合終了後、埼玉スタジアムから吉祥寺まで個人タクシーで移動(片道13000円)、22:50頃からAM3:00まで行きつけの飲み屋で4人で大騒ぎして1日が終了。まだ酒が完全に残っています。
12日で日本代表が本物かどうかがわかるでしょう。とうとうEUROも始まってしまいました。これからしばらく寝不足が続きます。。。

2012年06月01日

疲れでダウン

仕事はめちゃくちゃ忙しい中、先週土曜日のイベントフォロー、日曜日の大会と休み無く釣行。今週は飲みがあったりと疲れが抜けず、とうとう本日ガス欠してしまいました。本日午前中は仕事をするも14:00過ぎに体が動かなくなり帰宅。熱は無いですが眠気と体調が悪くダウン。この歳になると週一回は休まないと駄目ですね。
黒鯛病に冒され重症化した10年くらい前は連荘釣行は全く問題なかったのですが、さすがに年齢を感じます。しかしクラブにはT倉大先輩やH間先輩に大師匠など、アラセブンに70越えの方が毎週釣行。特にT倉さんとは今年既に何回か釣行しましたが、週2〜3の釣行も軽くこなしながらも釣行中の昼寝一切なし、正直信じられません!!H間先輩はあの歳でハナレの水路の壁はおろか、四畳半の段差も両腕で軽々乗り越えます。毎日腕立てをして(ハナレ攻略のために)体を鍛えているそうです。大師匠も潮の高い馬の背も普通にこなします。皆に共通するのは釣りにに対する熱い情熱。本当に頭が下がります。
70歳で大先輩方と同じようにクラブメンバーと楽しく釣りをするが夢ですね。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: