2013年09月

2013年09月22日

9月22日野島防波堤釣行記

写真29 (2)クラブの9月度月例会に行ってきました。野島はここ暫く調子が悪いようで、半夜延長の提案もありましたが通常通りの開催。前日は半夜での釣果のみだったようです。3連休の中日のためかメンバーの出足もあまり良くありません。ただし村本は混雑、50名弱で定刻通りの出船。緩いナライもあり青灯に降りました。
船着き場からオカマに向かって異常なし。そのままブッツケに向かう途中で穂先が海に突き刺さりやり取り開始。沖に走った魚を止めたところ針外れ・・・でかかったので大ショックですが、食いが浅いようでツメは無傷で回収。その後はアタリ無し。濁りはいい感じだったのですが反応は薄く、時間が経つと赤茶色がきつくなってきます。9:30過ぎにハナレに渡るも無反応。一度沖にツメを沖に投げたところギュンと走られて外れるもクロかどうか微妙。ハナレからオカマに戻って12:00頃昼食。まだ各堤どこも釣れていないとのこと。青灯でもアタリは他に稲○さんが切られたのみ。上げのハナレに期待で残ったのですが、あげっぱなに2名渡っているようです。そのままハナレに向かうとどこかのボート屋が渡した人のようです。話がかみ合わないので会話はやめてそのまま釣行。上げ潮が入りだした四畳半では小さいイシガキダイが釣れるもクロは全く気配なし。諦めてオカマ方面に向かいがてら内側を狙います。先週アタリっぽい反応があった水路脇のガレ場の隙間を狙うと何とビンゴ!!掛けた瞬間に反転し、目視できる浅さでやり取りを開始した34.5cmを仕留めます。結局このまま釣行終了、野島の本日の釣果はこの1枚のみで月例大会優勝してしまいました。
明日も野島に出撃したいのですが、予定が調整できず諦めました。久しぶりにどこかのテトラ堤で短時間釣行をするかも。

2013年09月16日

9月14日野島防波堤釣行記

3連休の初日に野島に行ってきました。今年初めてのエギングセットを持っての釣行。これから約2か月は半分エギンガー&シーバサーです。野島はあまり調子は良くないようですが、ハナレに降りて朝一は青灯一周、その後はスミ&アオリ狙い。下げ潮が流れる15:00過ぎからクロ狙いの釣行プラン。イカは晩飯分くらい確保できればのつもりでの釣行。常連エギンガーの方も数名、野島もそろそろ秋の陣、といったところか。名人I上さんは天明竿にアジ仕掛けを携えての釣行。常連HさんにNさん、クラブメンバーは稲○さんにIさん、M本さんが居ます。30名弱で出船、ハナレに向かいました。
ハナレ着後、そのまま内側を中心に狙うも全くアタリ無し。四畳半まで着くも上げ潮が流れていません。Hさんも四畳半着。すると新堤コバでI上さんが魚を掛けます。沖に走らせての余裕のやりとり、時間をかけて50弱の大物を仕留めます。上げが走り出した四畳半で粘るも反応無いためハナレは終了、オカマまで戻ると誰も反応なし。クロを諦めイカを狙うことにしました。しばらくは反応なし。沖側で底をズル引きすると鎌倉コロッケサイズのスミイカをGET!!更に狙うとアオリ2杯に250gのスミイカが釣れます。晩飯のおかずには充分ですが、さらに狙うと立て続けに3杯釣れたりと2時間弱で計7杯。スミイカ中心ですが1坩幣緜爐譴泙靴拭
昼寝などで時間を潰して潮が上がった15:00過ぎから日没までクロ狙い開始。しかし全く当たらず終了直前の時合い待ちの状況。17:00前にNさんがオカマ周りでぶった切られ、集中力が高まります。17:50頃か、タナでカサゴが釣れ、リールやラインの点検をせずにタナを狙うと50cm程度で待望の鮮明なSTOP!!大アワセを入れ、沖に走り出すも糸が出ません。糸がリールに絡んでいて、何とか直そうとした直後にプッツン・・・。完全なミスです。その後はアタリなく終了・・・トホホ。
しかも切られた直後に玉網が柄から緩んで外れました。魚が釣れたとしても掬ったときに玉網が海に落下したと思いますので何とも微妙なのですが、釣れていない/厳しい時ほど道具はしっかり点検したほうが良いですね。
今日は朝から道具のメンテナンス。丸3年利用した救命胴衣も廃棄することにしました。
次回は22日(日)のクラブ大会。状況に応じて前日に半夜だけ顔を出すかも知れません。

2013年09月10日

9月7日8日野島防波堤/鳥浜沖堤釣行記

鳥浜アカメこの土日も釣りに行って来ました。
7日(土)は翌日の鶴見杯の餌を取りに横浜方面に出撃。そのまま村本から15:00便で青灯に出撃しました。満潮18:00、期待の下げ潮が17:00頃から流れれば魚は浮き上がると確信しての釣行、しかし集中するも15:00〜17:50までは全くアタリ無し。下げ潮がきれいに流れ出した17:50頃、潮が高いオカマのオーバーハングで魚が掛かるもバラシ。がっくりしてマイルポスト付近を探ると後からオカマに入った前ちゃんがすかさず1枚GET,さすがです。。。結局半夜は全体2枚の渋い釣果で終了しました。
翌8日(日)は鶴見杯@鳥浜沖堤に参加。前週のBAY IS ONE委員大会で手ごたえがあった大型ミドリ+重いオモリのパターンで出撃です。低いほうで粘るつもりで気合を入れるとモーニングでSEKIさんがバラシ。魚は居るようですがはじめは極めて渋い状況。前日の釣行で疲れているはずの前ちゃんが平場で50UPをGET!!その後に私が入ると40UPのアカメ(これは持ち帰り)、その後に平場に入った鶴見の○野さんが1枚GET、かなりショックです。10:00過ぎ頃からポツポツ釣れだします。12:00過ぎか、クラブの○方さんが先端でしゃがんでやりとり中!!パイプに潜られ厳しいやり取りが続くも魚が浮き上がり私がタモを入れてアシスト。水中で掬ったので少し危なかったですがまずまずのサイズ。これで先端有利と判断して潮表を手早く探ると底付近で魚が乗るもすぐバラシ・・・。完全にやる気が失せて釣果諦めの惰性釣り。終了直前の14:45頃か、鶴見の山○名人と会話「このトロトロした潮が好きなんだよね〜」のひと言で重い錘の釣りから軽い錘の釣りに変えると即STOPアタリ!!しかし超軽い引きで鳥浜では珍しい35cmをGET。結局このまま釣行が終了しました。
優勝は前ちゃん、釣技&ポイントの見極めの次元が違います。。。私は釣果があった中でもっとも小さく、12位でした。賞品は余った中で一番でかいものを持ち帰りました。中身は足湯セットで家内には好評(米ほしかった・・・。)
今回の釣行は正直疲れました。黒研チャリティー大会にしても今回の鶴見杯にしても終了直前に小型が釣れて辛うじてボーズ回避の釣行。モーニングでサクッと釣れれば楽な展開になるのですがね。
まだクラブの大会が2回残っています。小型ですがイカも釣れだしたようでしばらくは野島に通います。

2013年09月01日

8月24日〜31日のまとめ

ジョージワシントン昨年もそうでしたが、7月〜8月の土日はほぼ釣り関連のイベントに潰されてしまうのでblogのアップデートがままらなず。先週〜今週もいろいとあって遅れ気味です。
24日(土)は村本の夕マヅメ仕立に参戦。さすがに参加者が多く、朝一便よりも多いとのこと。クロ狙いの人はほぼ青灯に降りるも、人が多すぎで釣果は厳しい感じ。案の定、青灯では1枚も出ませんでした。私は2バラシで終了。久しぶりのジョージワシントンの横須賀入港に立ち会えてラッキーでした。25日釣果
25日(日)は黒研大会、川崎新堤での最終戦でしたがクラブの新人講習会を優先。午前中は実釣、午後は乙舳会館で座学です。午前中の実釣は今年入会の○星さん担当。重いオモリの落とし込みが中心のようでしたので軽いオモリでのフカセ釣りをガイドしたところ、厳しい状況で2回アタリを出します。私は実釣ガイドをしたので完全に出遅れ。竿を出したのは確か9:00過ぎ。11:00頃、独りでハナレに渡って44cmをGETという釣果でした。
31日(土)はBAY IS ONEの実行委員メンバーの大会@鳥浜。翌週の鶴見杯の事前調査もあって気合も入ります。太平・村本経由で磯子橋集合し久しぶりの鳥浜沖堤に向かいます。○友会の○下会長にK船長、K川さんや久里浜のSさん、Iさんに黒研Wさん、鶴見Hさんなど東京湾の豪華メンバーで釣行。朝一はあまり狙っていない潮裏を狙い、先端付近でSTOPのアワセ損ね(抜けてしまいました)と潰されアタリのみ。その後は沈黙状態が続きます。K川さんは早々に1枚、○下会長は良型を午前中の早い段階に2枚揃えます(やはり何かを持たれている方です・・・)。Iさんも1枚、タロさんも良型を仕留めたのを機に、朝一アタリがあった釣り方をやめて錘のサイズや打ち方を変えた11:00頃にタナで引き込むアタリが出て合わせるも止められずスリットの向こう側に抜けてしまいます。しばらくやり取りをしたものの高切れ。昼食をとって再開直後に同じパターンで狙うと真ん中あたりの内側タナで軽い引き込み!!その後はめちゃくちゃ引いたものの無事御用。47〜8僂領彪燭任靴拭31日釣果その後は餌や落とし方などいろいろパターンを試したのですがアタリ無し。集中した大会が終了しました。2枚仕留めたのは○下会長にK川さん、1枚は私含め4名と結構厳しい釣行でした。
来週は鶴見杯に参加予定。前日野島のオープン仕立に参加するかも。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: