2014年06月

2014年06月18日

リベンジ九州遠征

博多沖堤では不甲斐ない釣行で納得が行かないため、再度九州遠征をすることにしました。行先は長崎。休暇も取得し黒鯛工房大会翌日の7月18日から20日まで行ってきます。特典航空券+格安レンタカー&ビジネスホテルで3日間釣行三昧の予定。ヘダイとキビレと真鯛と黒鯛を真剣に狙ってきます。状況によっては大村湾水路やハウステンボスの橋の下、佐世保港まで足を伸ばすかも。我ながらキチガイですね・・・。

2014年06月16日

近況

5月下旬から土日のどちらかが仕事で潰れたり、日曜日の大会や遠征などでblogのアップデートが遅れ申し訳ございません。近況をupします。
6月1日(日)黒研第一回大会@久里浜に参加。前日に黒研S会長と羽田沖で餌のカニ捕りがてらアサリ獲りをして気合を入れての釣行。小さい島に向かいました。016濃霧の中5:00過ぎから釣行開始。小さい島は9人渡って9:00までに釣果が無いのが何と私とS会長とMちゃん。ヤバイな〜とS会長と話していたところ9:15頃にMちゃんがニュージーランド手前で1枚確保、同じラインを私が狙うと43.5cmが掛かりボーズから脱出。プレッシャーが掛かったS会長は10:00過ぎにちゃんと魚を確保し小さい島に渡った人は全員魚をGETします。1枚獲ったものの最悪で3バラシと、とほほの状況。鮮度が高いカタクチイワシが超旨いこと、島で釣れる沖メバルはでかくて最高なことも判った釣行でした。
翌週の8日は黒研講習会@野島。レベルが高い方を担当させていただきました。お蔭で後半は講習生の方とクロを真剣に狙ったもののアタリ数発でスカ。丸環上にクロが入り始めた時点で撤収。夕マヅメは爆り超残念でした。
13日(金)夜から昨日15日(日)は恒例の博多遠征、14日(土)がラブメイタ釣り大会、15日(日)も釣行し夕方帰京予定。しかし13日は仕事が全く終わらず、おまけにギリギリで飛び乗った電車も遅れて羽田に着いたのが出発20分前。これは終わったと思ってカウンターに向かうと機材到着遅延で出発が30分遅れるとのこと(かなりヤバかった・・・)。福岡空港に着いて沖堤の状況を聞くと名誉会長が55cmと50cmの2枚をGET!!。翌日の大会に期待が膨らみます。
翌14日(土)ラブメイタ大会。東京からはタロさんに○友会の方4名に鳥浜の2名も参加。迷わず前日名誉会長が大物を仕留めた赤灯に向かいます。期待して集中するも魚が小さいようでアタリはあるものの針に乗りません。潮が上がって内側が流れだすと22〜23cm強のメイタが2枚釣れる(即リリース)もそれ以外は釣れず大会終了。ちょうどメイタが釣れた頃、反対側の赤灯側では時合いがあって良型が何枚も出たそうです。○友会の○副会長も良型を2枚(すばらしい!!)。028納得いかないので大会終了後、独り赤灯台に居残って良い雰囲気の外側を狙い続けると警告音を鳴らしたはやと丸が接近しそのまま強制退去(大会参加者は12:00に全員戻ることになっていたようです)、大会参加者に迷惑をかけてお騒がせ人間となってしまいました(反省が足りていないようですが)。夕方は懇親会。早めの就寝で15日の釣行に備えます。
15日は4:00に起床。独りで5:00船に乗って再度赤灯台に向かいます。
朝一モーニングで4〜5枚GETを目論むも7:00までアタリ無し。7:00の渡船の到着間際に30cm強が1枚釣れるもこれが初アタリ。その後も潮が透けて雰囲気も良くなく、結局38cmが最高で計4枚のみの釣果。022タロさんはメイタ数枚に良型も2枚揃えています。気合を入れ過ぎて空回りし続けた私は涙目で14:00便で博多沖堤を後にしました・・・。
21日はベイイズワンの大会@木更津、受付とB堤に居ると思います。22日はクラブの6月度例会。いずれも釣果は既に諦めました。。。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: