2015年04月

2015年04月29日

勤続25年

サラリーマンになって25年、四半世紀が過ぎてしまいました。うちの会社は25年勤続すると一ヶ月の休暇+記念品(カタログギフト)を頂けます。カタログギフトはハイレゾのステレオをORDERし一昨日自宅着。期待の連続一ヶ月の休暇は今年は取れそうになく、来年取得する予定。野島釣行中心に7月〜8月で1か月を取得するか、スキー三昧で冬に取得するか悩みどころです。夢の1潮連続釣行にチャレンジか、冬山に籠って検定チャレンジか?じっくり考えます。

25日は野島釣行(中ローカ号でランガン、四畳半で辛うじて1枚)。世間はGW突入ですが仕事は暦通り。今日は実家に行って両親の面倒を見て帰宅。5月2日〜4日は奥志賀で今シーズン最終スキー。野島には5日に顔を出す予定ですが、どうせ釣れないので半夜まで粘ってメバル狙いの予定。延べ竿で海タナゴの子供を使ってメバルを狙います。

2015年04月18日

4月18日野島防波堤釣行記

4b117b9d.jpg中1週間ぶりの野島に行ってきました。予報は午前は微風で午後南西11m。前日はバトルの打ち合わせ。普通この時期のこの風なら釣行しませんが、ストレスも溜まり気味なので4:30に起床して子安丸経由で村本に向かいました。
村本にはKJ師匠と会長に稲○さんが居ます。村本前は透け透けで厳しそう。釣果を諦め潮風に当たりに防波堤に出撃。KJ師匠と会長は新堤。私は先々週の失態を整理するためにハナレに渡堤しました。
ハナレはかなり潮も下がって楽々渡堤。潮は透け透け。泳ぐフグも見えるほどでかなり厳しそう。しかし魚類の活性は高く、ボサはフグの猛攻で使い物にならず、ツブであちこち探るも反応なし。期待の四畳半平場もスカ。やけになって四畳半内側のガレ場でボサを大遠投すると第一投目に竿先がもたれるアタリ!!これは頂きと大合わせを入れるも即アイナメと判る首振りダンス・・・。しかし玉網の枠とほぼ同じ長さなのでKEEPし釣行再開するも全く反応なし。先々週と同じく10:00頃にオカマを狙いに行くも透っけ透けで気配なし。あげっぱなのハナレ・四畳半を再度狙うもフグの猛攻でいずれもアタリスカ。このころから南西風が強まります。午後は帰宅と天秤にかけるも水温が上がっているとのことでドックに降りるも、実釣30分+睡眠1時間で早上がりとなりました。14:00には南西風が16mまで上がり、新堤は頭から潮を被る状況だったそうです。ちなみにこの日は誰にもクロのアタリはありませんでした・・・。
四畳半のアイナメは45.5僂△辰凸砧租倭シ瑤GET!!黒師なのにアイナメで大物賞を獲ってしまいました。IMG_0726-2 (2)
稲○さんが使っているサクラのヘチ竿を見に帰りにアークスさんに立ち寄ったところ黒工のテレガイド39/45が安く売っていたので触ったところまたも衝動買い。6月に入ったらこの竿で横浜沖堤か福浦のテトラ帯で遊んできます。

2015年04月13日

今日まで

e545092b.jpg先週5日に海津クラブ4月度の大会に参加してきました。大会幹事代行でしたので釣行メモはこちら(https://www.facebook.com/kaizuclub.nojima?ref=stream)に記載。諦めた防波堤で黒研同僚Iさんに釣られたり、狙って戻った青灯オカマでKJ師匠のタモ入れをアシスト…。個人的にはさんざんな釣行でした。雪山に通い過ぎてあまり釣行できていないためか、いろいろな意味で読みがズレてると痛感しました。出直してきます。
6日は息子の高校の入学式に行きました。昔大学で使っていた講堂が会場で予想より厳かな雰囲気。父親はあまり参加していないと思いきや、今どきの高校の入学式は母親と父親はほぼ同数でした。スキーはまだ一緒に行くと思いますが、野島釣行することはもう無いと思います。完全に息子のほうが頭が良いので勉強や遊びなど親の手助けはこれで終了、出来れば私と同様に社会人になってから子供の頃に楽しんだ釣りを趣味として復活して欲しいものです。
昨日は本牧ヘチ釣り教室の手伝い、今日はTOEICにチャレンジ。横はICUの女子学生。試験はオーストラリア人のナレーターの会話が全く耳に入りませんでしたが、横の学生は余裕で解いていたようです。現役世代と同じ試験内容というのも酷ですよね・・・。
てなわけでストレスがかなり溜まっていますので今週休暇をとって乗っ込み狙いで釣行するかも知れません。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: