2015年05月

2015年05月24日

5月23日野島防波堤釣行記

007昨日野島に行ってきました。今日はクラブの大会ですが午後予定があり不参加。前日の金曜日は南風も全体で7枚出て期待が持てます。しかも5日以来の野島、久しぶりにワクワクします。朝5:00の中ローカ号仕立便で稲〇さん、神〇さんと中廊下に上堤しました。ほぼ無風も潮が透け透け。メバルの魚影が濃く、ツブでメバルが何匹も掛かります。しかもクロは潮が止まっていて気配なし。5:30頃、潮の動き出しで沖側平場でクロを掛けるもすぐ針が抜けて仕留められず。その後も集中するも気配無く6:30頃ハナレに移動。稲〇さんにアタリが出るも3人でその一発のみ。7:45頃に本命の馬の背に向かいます。潮はよく流れるも透け透け、この時期ならではの馬の背パターンを狙うも魚が居ません。2人は馬の背で粘るも私は諦めてクロ師3人しかいないドックに9:00頃移動しました。
前日モーニング含め4枚出たドック、誰か釣っていると思いきや、全く当たりナシ。12:00までやっても全く当たりナシ。黒研同僚Sさんに1発アタリが出るも全体でそれのみ。12:00便で新堤から移動してきた〇若さんに聞くとコバでアタリが連発、神〇さんが1枚仕留めたようです。ドックへの移動を悔やみながら合計2時間ほど昼寝、夕マヅメをどこで釣行するか?16:00便で希望者が居ない赤灯に稲○さんを誘って移動しました。005
赤灯は前日マヅメ便で2枚魚が出ています、潮がまだ低いものの良く流れ気配はあります。17:15頃、猿島側スロープを狙うとSTOPが出て聞くと生体反応!!沖に際に良く走った44僉1.7圓竜鑄佞の真っ黒なクロを無事GET。その直後に階段下でアタリが出るも掛けられず、そのまま終了、半夜は風が強まりマヅメ便で全員帰港になりました。
来週30日(土)は野島での海津クラブ主催の講習会、31日(日)は黒研大会@久里浜。疲れが残りますが頑張ります〜。

2015年05月19日

横浜久里浜修行釣行

IMG_0768 (2)Blogの更新が少ないので例年より釣行回数が少ないと思っている方も多いと思いますが、釣りには行っています。今月9日と10日は大黒と本牧のヘチ釣り教室のお手伝い。9日は午後からのヘチ釣り教室前に横浜沖堤 沖白に8:00〜11:00で出撃。実は横沖は好調、気合が入るも渡堤直後に張り出しで1枚ツブで数回当たるも掛け損ね。頭に血が上ったままで終了。16日は9:30から乙舳会館でクラブの幹事会でしたが、一週間頭から血が下がらなかったので6:00〜8:00で再度横浜沖白に出撃。防波堤独占状態で渡堤直後は絶対釣れると思ったものの一発も当たらず爆死。IMG_0795 (2)17日はこの時期恒例、黒研大会前の事前調査でアシカ島に行ってきました。丸清の駐車場に着くと超気合が入っている○達の○岡さんが居ます。気合の理由はアシカ島は火曜日から渡船していないとのこと。元黒研の先輩○藤さんと大小どちらに行くか会話をしていると東京湾の大名人、義○さんや〇野さん、後〇さんに赤〇さんも既に乗船しています。超楽しそうなメンバーで島に出撃!!アシカには10名弱が降りました。皆物凄い勢いでモーニングを狙うも、こちらは要領を得ていないので完全に出遅れ。しかし誰も当たりません。7:00頃に潮が緩むと義〇さんや赤〇さんが魚を仕留めます。私も何発か当たるも魚を掛けれません。またも頭に血が上り始めた8:00頃、川の際でコツンときたアタリに大合わせを入れて良く引いた40cm前後をGET。上げ潮は1回当たるもスカで終了。あれだけのメンバーが降りたアシカ島で全体5枚の厳しい1日でした。疲れたので昼便で帰宅してしまいました。なかなかうまくいかないものですね・・・。IMG_0806 (2)
今週日曜日はクラブの5月度大会ですが参加できません。土曜日に釣行予定ですが、野島の早朝チャーター便に搭乗予定。出船しない場合は余ったカニを携えアシカ島に再戦してきます。

6月27日 第3回東京湾落とし込みバトル

PastedGraphic-1 (2)来月6月27日(土)に第3回東京湾落とし込みバトルが木更津沖堤防で開催されますが、事前受付が5月23日(土)0:00より開始されます。
あっという間に定員となりますのでご参加希望される方はお早めに申し込みください。

2015年05月06日

5月5日野島防波堤釣行記

0415日に野島に行ってきました。2日から4日は今シーズン最後のスキー@志賀高原。志賀高原プリンスに2泊して初日は横手山・渋峠、2日目は焼額・奥志賀、3日目は雪が比較的あった渋峠で春スキーを楽しみました。が、標高2300mある渋峠でも20℃以上。志賀高原全体でも融雪が進み状態はあまり良くありません。最終日は雪があった渋峠で半日楽しんで帰宅しました。096

5日は4:30に起床、風を見ると観音崎で北北東15m!!気圧配置は風が落ちそうなのでそのまま村本に出撃。風は落ちたものの北12〜13mで出船ギリギリ。この日は黒研同期の五井のHさんと釣行。クラブメンバーに常連の方も多数来ています。この日の村本は子供の日釣り大会が開催。事前申請した魚の重さで競う緩〜い大会です。ですが大会は大会、2.3圓旅鯛釣果を申請して防波堤に出撃しました。全体で30名弱、沖はやはり大荒れ、ドックは波が越えていて渡船できず、潮が下がり風が収まるまで青灯と新堤、赤灯限定となりました。
青灯は15名くらいが降ります。体感12〜13mか、真北なのでうねりは少ないものの波は頭から被る状況です。先行者の後を追うと餌が取られます。アタリの確信が無いもののその後は異常なし。皆も大荒れの中頑張るもアタリ無し。9:30頃に潮が下がったドック・ドック先に青灯に居た人約10名が移動します。Hさんはドックに移動されます。私は青灯にSTAY。人が減って風も落ちた青灯、クズレから別荘に向かうと看板手前で一瞬針掛かりするもスカ。直後にも怪しい反応。すると別荘階段で51僂GET。いったんオカマまで戻って再度別荘を狙うと張出し手前で魚を掛けるも全く制御できずに張り出しの角でラインブレイク・・・。そのまま潮が下がったハナレに渡ると平場真ん中あたりで魚が掛かります。良く引く黒鯛で一度浮かせてタモを出した時点で針折れで無念のバラシ・・・。その後は時合いも無く、午後はドックに向かうもアタリなく、16:00便で村本に戻りました。624
釣れた51僂任垢、村本で検量すると何と2.25圈!事前申請の釣果とほぼ同じ重さのため、参加者全員戻ってきていないのですが賞品を頂くことに。アウトドア用ヒーターや人気のリリースグリップは既に持っているので、消耗品の精金社のストリンガーを頂きました。
Hさんにはドックを勧めたもののアタリも無く厳しい状況でした・・・。申し訳ございません。。。
この日は1枚ツブでほぼ通しました。平場では問題なく1枚ツブで食ってきます。この土日も野島に行きたいのですが本牧と大黒の釣り教室のお手伝いで不可。次回野島釣行は16日の午後〜半夜の予定。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: