2015年09月

2015年09月22日

近況その5

9月6日9月6日(日)、12日(土)、19日(土)と野島に行ってきました。
6日はクラブの9月度大会。過去の大会釣果では最小クラスの写真の26cmのみの釣果で終了。青灯に渡ったのですが全体に厳しい中、別荘段差で1枚バラシと終了直前にSTOPアタリを見入って反応できず、集中力の無さを痛感した大会でした。
12日(土)は夜釣りと同じ潮周りで半夜の釣行。満潮17:00頃、緩い南風。この日は釣行客が多く、団体はほとんどが新堤に向かいます。赤灯も考えたのですがクロ師は誰もいないのであえて新堤に向かいました。
この日の新堤は誰も渡っていません。降りて南風が当たる内側を狙うとコバで30兌紊GET。17:15頃、潮が止まりかけた内側で35僂鬟織覆GETにアワセ損ね数回と内側が好調。下げが入り始めた台の上をストローで狙うと402枚に251枚が釣れます。30儖焚爾2枚を釣果としてカウントするのか微妙ですが計5枚の釣果。これ以外に大型のフッコやまずまずのサイズのカサゴも釣れて楽しい1日でした。
19日(土)は朝から気合の釣行。秋の定番の新堤でタナ狙い、午後は赤灯に向かい夕マヅメ〜半夜は新堤に向かう釣行プラン。新堤にはクロ師が計3名向かいました。朝一の台の上は魚がクルージング。7:50頃、鋭い引き込みのアタリが出るも大合わせにすっぽ抜け。8:30頃に青灯側コバで時合いがあるも私はマイルポスト付近を釣行していて時合いすら気づかず。起死回生で馬の背に向かうも潮が高すぎで釣り場所も限られて気配無く終了。午前中は私のみ魚が釣れませんでした。
9月19日午後はIさんと赤灯に向かいます。上げ潮が入る14:00頃まで昼寝。起床するも緩い北風の影響で1時間程度は潮が流れません。横須賀側が上げ潮に押され始めた15:00頃から散発でアタリが出始めます。16:00頃、赤灯3段目の角を狙った数投目に40僂鬚茲Δ笋GET!!17:30頃か、アタリが止まったのでミドリに変えると数発のアタリの後に44僂鮖杜韻瓩襪癲∋笋離潺垢埜[霧紊縫好肇螢鵐ーを付けたまま海にドボン。。。黒鯛に悪いことをしてしまいました。17:45頃、階段下の穴で良く引いた44僂鬟潺疋蠅濃杜韻瓩泙后新堤は混雑気味なので赤灯にSTAY。しかし期待の夜釣りは良い時間帯にカサゴかメバル狙いの船が馬の背を流して釣りにならず。1回クロを掛けるもハリス切れで終了。最近終了間際のマジックが炸裂しているIさんが下げ潮時の20:00頃に横須賀側で49僂鮖杜韻瓩討海瞭は終了。
7月以降、何故か小型(30兪宛紂砲个り釣れて皆にネタにされていますが今月も好調にサイズダウンしています!!この病気、どうしたら治るか誰か教えてください。ちなみに使う針はチンコロを嫌ってチヌ5号、一枚ツブもかなり大型を使っていますが。。。
IMG_1154それと年に1回は救命胴衣を膨らませて点検してみてください。昨日道具のメンテナンスを兼ねて普段使っている救命胴衣を膨らませてみました。私の救命胴衣も外見はボロボロですが、中は問題ありません。馬の背やハナレに渡るので釣行後の内部の水洗いを欠かしていませんが、金属部分がさび付くと交換したほうが良いです。交換用のバルブは2000円弱ですが、安心を買うと思えば極めて安価。私のように釣行中に海水浴をする人以外は問題ないかもしれませんが、目視確認はしてみてください。
次回は明日午後か夕マヅメのみ釣行の予定。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: