2015年12月

2015年12月31日

2015年を振り返って

もう2015年もまもなく終わります。うちの会社は昨日が仕事納めで締めの飲み会に参加。本日は野島の最終戦に出撃の予定でしたが、急遽実家に帰らざるを得なくなり釣行を諦めました。実家からの帰りに銀座に寄って年末の買い物をして帰宅。とにかく1年が早い!!昨年の12月末が昨日のように思い出します。今年も釣果は例年通りでした。しかし乗っ込みの釣果に乗れずクラブで一番釣果が出た6月はイベントや遠征などでほとんど釣行出来ず、膝の怪我や体調を崩したためか7月の黒研の大会にチャリティーでもまさかのボーズ。野島杯は釣果があったものの、8月に入ると何故か釣れるサイズが極端に小さくなったりと過去経験しない状況に。10月後半〜12月の晩秋パターンの黒鯛狙いは好調でしたが、総じて今一つの1年間でした。土日のみの釣行のためこれ以上の釣果を伸ばすのは難しいと思いますが、釣行中に捨てきれない過去の釣果のイメージを追いかけたりとかなり反省すべき点がありました。
また今年前半はやり取り中のハリス切れが多発。同じラインを使っている方が皆同じような話をしているため、思い切ってメーカーを変えたところ殆どやりとりの途中で切れることはなくなりました。これが今年一番の収穫だと思います。
来年は勤続25年の一ヶ月連続休暇を7月〜8月に取得する予定ですが、会社の厳しい英語での一週間の研修に参加せざるを得ないため前半はその準備で釣りやスキーどころではなくなるかも。その研修を乗り切って、一ヶ月の休暇を野島と長崎と海外旅行に充てる予定です。
それでは皆さん良いお年を!!

2015年12月27日

2015-2016 スキーその1

IMG_1344今年はエルニーニョで暖冬なのは周知のことですが、スキー場は悲惨な状況です。神立や岩原、ゲレンデも広く昭和の雰囲気が漂ってお気に入りの石打丸山など湯沢の高度が低いスキー場は軒並みオープン延期、正月に良く行く白馬も栂池や八方は高いゲレンデ限定の最悪の状況。私も未だ釣りのほうに興味が向くも年初は白馬にいくこともあり、足慣らし兼ねてかぐらスキー場に行ってきました。例年初滑りはかぐらか丸沼。昨日の時点で東京から日帰り圏内でほぼ唯一全面滑走可能なかぐらに出撃しました。
4:15頃起床し関越には4:50過ぎに大泉から入ります。早朝の予報は大雪で吹雪くとのこと。関越を突っ走ると沼田を越えたあたりから雪がちらちら舞い、関越トンネル前でかなりの積雪、期待できます。関越トンネルを抜けると大雪状態、ノーマルタイヤでは100%無理な路面状態。しかも風が強いです。6:30頃にみつまたの駐車場に入るとかなりの混雑で3列目の後方(8:00前に広大な第一駐車場が満車となったそうです)。7:30のゴンドラに乗ろうとするも長い行列で7:50頃のゴンドラ搭乗。混雑でリフトとゴンドラの乗り継ぎに時間が掛かります。結局かぐらスキー場最上部には8:50過ぎとゴンドラ搭乗から約1時間かかりました。IMG_1339
早速メインゲレンデを下るも、北風が直撃するコースレイアウトで猛吹雪。おまけに新雪が深く、本年初スキーで感覚が戻っていない私には全く歯が立ちません。9:00過ぎに連絡路が開通したので昨年同様田代スキー場の緩斜面に移動して初中級斜面を4〜5本滑るとポジションの感覚が戻るも完全ではないため太ももが張ります。修正のため何本も滑ると足も攣りだしたので13:00頃に撤収し日帰り温泉にゆっくり浸かって16:00過ぎに帰宅しました。IMG_1341
かぐらはボーダー天国でした。スキーヤーは1割強(リフト待ちでざっと数えましたが2割居なかったと思います)ですが、ボーダーの半数は初心者〜初級者。帰りのみつまたゲレンデは混雑もあり結構危ない感じでした。
この大雪で湯沢の低いスキー場は開幕を迎えたようです。石打丸山も明日からOPEN、今年も1回は行くと思います。
次回は1月1日〜3日まで八方か栂池、1月の3連休は雪があるスキー場に行ってきます。

2015年12月12日

12月12日野島防波堤釣行記

DSCF355112月の第二週〜第三週は例年ならスキー初戦ですが、いつも行くかぐらスキー場はメインゲレンデのみOPEN、頼みの丸沼も緩い3ゲレンデしかオープンしていません。明日の日曜日は予定があるので野島に出撃してきました。
村本に着くと名人IさんにHさん、クラブメンバーは会長にYくん、Tさんやが居ます。クロ師6名、シーバサー1名、投げ2名で大荒れの青灯に向かいました。
沖は北東11m程度か、大荒れですが潮も低くて防波堤を越える波は足を洗う程度。潮はそこそこ透けてこの時期としてはいい感じなのですが、マイナス要素はピーカン。防波堤際に立つとシェードが海面を突き刺します。アンテナ片手に極力際から下がって半ピロのタナをツブで狙うとブッツケとマイルポストの間で43cmが即掛かって無事御用。50cmあるかないかのタナの引き込みのアタリでした。その直後、Yくんが同じようなタナで魚を仕留めます。魚を吊るしてマイルポストから探るとこれも極浅のタナで横っ走りのアタリがでるも針掛かりせず。これでアドレナリン全開となります。先行したYくんは別荘でまずまずのサイズをGETしたのですが朝の1流しのみでクロの反応は終了しその後は全員沈黙。修行タイムの始まりです。北東10〜11m程度、湾奥からのうねりが防波堤に打ち付け、別荘は足元から波パンチ、更に頭から海水シャワーを浴び続けます。気温は13度くらいで海水温は15度の中、野島名物の海水シャワーを浴び続けます。頼みのハナレは水路が荒れすぎでとても渡れません。10:00頃か、看板前の平場を探っているとクラブ会長が別荘で掛けた良型とのやりとりを目撃!!この釣果で皆別荘に集まるも反応全くなし。おまけに村本の船が戻った後、独りで別荘で粘っていると消防船にまたもロックオンされます。時計を見ると既に11:40。1枚釣れたので午前中で帰ることにしてそのままオカマに向かいます。ソコリで潮も低く、アンテナを使わずにツブで際を落とすとマイルポスト手前の底付近の聞き合わせで魚が乗ります。サイズの割に良く引いた41cmを無事GET!!時計は12:00を回ったのでそのまま納竿して12:00便で戻りました。IMG_1307 (2)
また、常連のHさんが青灯の内側で40弱のクロを仕留めています。本日のクロは午前中で計6枚とこの時期としては好調でした。明日は雨も降って大ナライの予報。今日より潮も高いのでクロ狙いは絶好のチャンスかも。エサのツブは村本にあります。ウェーダーと漁師合羽(漁師合羽が無ければゴアテックス2枚重ねなら耐えられます。合羽は頭のフード必須、帰りの上下の着替えも必携)、ネックウォーマー(寒さ対策よりも海水が首から体に入るのを防ぐのが目的)と冬用手袋の完全装備で冷海水シャワーと破壊力抜群の波の顔面パンチを食らいに来てください。この時期特有の極浅ダナの強烈な引きは格別、大波食らっても来る価値はありますよ!!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: