2016年03月

2016年03月27日

3月27日野島防波堤釣行記

IMG_1490クラブの第一回月例会に行ってきました。ここ2回の釣行とも青灯縛り(昨年8月以降青灯以外行っていませんが…)ですが、いずれも潮が低くなってから食っていること、エサが極端に偏る(カニ/ボサ/ツブのいずれか)こと、潮が早いときには食ってこない(潮止まり前後、潮が止まっても狙い目)などが条件のようです。また、過去の野島の早春は潮が早い場所やガレ場の隙間、夏や秋では考えられないような場所で当たるケースが多いです。期末の仕事もいったん落ち着いたので条件に応じたパターンの組み合わせや餌をどう使うかなど、昼間から妄想が膨らみます。
うちのクラブは今年で45周年、大会参加者に記念品が配布されました。この日クラブメンバーは20名が参加、この日は曇天で予報では雨も降りそうな好条件。私は予定通り青灯・ハナレに向かいました。青灯は人気でクラブメンバー約10名が降ります。
沖はナライ7〜8m、もう少し風が欲しいものの曇天にも関わらず濁りも入ってまずまず。青灯に飛び降りてマイルポスト〜オカマをカニとボサで狙うも反応なし。潮も早くてモーニングは誰も当たりません。オカマの沖や溝を狙うも30分弱で諦めてハナレに向かいました。ハナレに渡堤しテラスを狙うとタナで見事な横っ走りのアタリが出るも針掛かりせず(残念!!)。荒れ気味の際を狙うもフグがうるさくてカニもあまり持ちません。四畳半でカニをぶん投げて回収するときれいに潰されるもアタリは判らず。食い込みが浅いようです。ハナレを1往復した直後に今年から黒研会員になったAさん、遅れてIさんやMさんも渡ってきます。状況をざっとガイドして狙うも反応なし。潮が早く、緩むまでひたすら我慢の釣行。すると予報とは違って11:00過ぎから日差しが出始めます。この日ソコリで30冂度まで落ちるハナレは日が出ると苦しくなります。平場を諦め深い四畳半のコバで場を休ませながら狙い続けるも反応なし。ハナレに渡ってきた皆が撤収すると潮が緩くなりチャンスタイム到来!!12:20頃、テラスで読み通りカニが潰され、超気合が入るもその後は全くアタリなく終了。気合が空回りして疲れだけ残った1日でした。
大会の釣果はソコリのオカマ溝で狙って釣った○畠さんの1枚のみ。アタリがあった人は数名という厳しい大会でした。
予想通り前回釣れすぎて運が飛んでしまったようです。カニやエビが主流のこの時期の野島の釣りは潮も透けているので狙わないと釣れませんし運も必要。次回は4月1日か3日に釣行予定。

2016年03月21日

3月21日野島防波堤釣行記

写真展今年の第2戦に行ってきました。三連休の初日は知人の写真展@六本木。見学後に六本木ヒルズ+麻布十番を散策。本来は日曜日に釣行したかったのですが実家に帰らざるを得ず、釣行は三連休の最終日のみ。昨日は稲○さんが青灯で2枚仕留めています。今朝も5:20頃に起床。子安丸経由で村本に7:00過ぎに到着。前日は野島防波堤カレイ投げ釣り大会。釣果表なども待合室に掲示されていて大会の雰囲気が残っています。ソコリは10:00過ぎ、昨夜から東風が強くて状況は厳しそうな雰囲気。クロ師は○藤さんに○口さん、高速でタイヤがバーストしたにも関わらず野島に来られた○田さんに久しぶりの佐○さん、クラブメンバーは○野さんが参戦。他に3〜4名が居ます。全体で20名弱、昨日も釣果があった青灯に向かいました。
青灯は佐○さんに○野さん、他に投げ師4〜5名が降ります。潮も低いためオカマ周りの沖をボサで探るも反応がありません。先行2名も反応なさそうなので9:00過ぎに逆さ桶携えてハナレに向かいました。
ハナレ渡堤後、ボサで狙うもアタリはフグのみ。四畳半ではボサで沖や根を狙うも全く反応ありません。もう一往復ボサで狙うも反応なし。三往復目は前日良かったカニを使って際を落とすと底付近でSTOPアタリが出るも掛け損ね。カニがぶっ潰されています。四畳半までカニで探ると再度潰されるもタイミング合わず3Bのガン玉がゴルフボール状態。10:20頃、2発のアタリをものに出来ずがっくりして水路まで戻って沈み根際を狙うとビンゴ!!良く引いたレギュラーサイズを仕留めます。急に元気が出て際をカニで落とします。DSCF357910:50頃、四畳半の平場の聞き合わせで魚が掛かり47cmをGET(全く引きませんでした)。11:15頃、ホンダワラパターンを試すと一発で鋭い引き込み!!良く引いた43cmを無事仕留めます。しかしこの魚で餌切れ。時合いの中、泣く泣く撤収。オカマに戻り検量&リリース後昼便で村本に戻りました。
来週27日はクラブの2016年度第一回月例会。この2回の釣果で運を使い果たしたので駄目だと思います。

2016年03月12日

3月12日野島防波堤釣行記

IMG_1478今年の初戦に野島に行ってきました。前日はツブで何発も当たったようです。ナライが間違いない天気図、スキーにも行きたいのですが開幕も遅れているので野島に向かいました。
途中子安丸に立ち寄るとじーちゃんがお出迎え。変わらずお元気です。お菓子と潮時表を大量に頂いて村本着。ナライが強い予報のためか若干少なめ。クロ師はKさん他4〜5名とクラブメンバーのTさんにMさんの7〜8名。投げ師2名にシーバサー数名。沖は北東9ⅿ程度、うねりと波が当たる青灯に渡りました。
降りてすぐ頭から大波を食らいます。気温は5〜6度、水温も低く、波と風で手はヤバい状況に。魚の活性の確認兼ねてボサ+3Bのオモリでタナを狙うも、看板までクサフグ1匹のみ。そのまま別荘まで向かうと底付近の聞き合わせで重量感のある手ごたえ!!ドキッとするもクロの反応ではなく60冂度のフッコでがっかり。折り返しはツブで底まで落とすも全くアタリなくオカマに戻ります。
Tさんは少し前にクロを掛け損ねたそうです。潮も低くなりマイルポスト付近も雰囲気が出始めます。10:10頃オカマ着。オカマはかなりの激流、3B+2Bのオモリでボサをぶん投げると一発で大暴れした47僉2.3圓GET!!春先の魚にも関わらず手に負えないような強烈な引きでした。10:30前に再度オカマ沖を狙うとまたも一発で39僂掛かり無事GET!!IMG_1483初戦で両目が開いたので皆に餌と場所を譲って休憩します。しかし動かないと寒くて耐えられません。20分くらいの休憩後に再度別荘に向かいます。かなり潮が下がった別荘、11:15頃、テラスの1段先を狙うと底の聞き合わせでまた魚が掛かり無事御用。これも手に負えないような強烈な引きでかなり楽しいやり取りでした。
11:40頃に別荘の釣行を切り上げオカマに戻ろうと魚を引き上げると何と脱走されていました。ちょっと残念ですがそのまま釣行を切り上げ午前で終了。初戦にしては上出来の釣果でした。天敵の消防艇が居たのでハナレには渡れませんでしたが、かなり魅力的でした。
野島も魚とのタイミングさえ合えばもう食いますね。三連休のどこかで再度野島に行ってきます。

2016年03月06日

近況と今後

野島も乗っ込みが釣れ出しているようですが、冬眠中です。スキーには行っていますが暖冬で雪も少なく、例年と比較しても回数が激減。先週も尾瀬に行きましたが下のほうは雪も少なく地肌も見える状況。全面滑走終了も間近な雰囲気でした。今後は3連休に日帰りでかぐら、昨年同様GWに志賀高原に行く予定ですが、スキーは出来ないかも知れません。。。
ここのところ仕事が忙しく疲れが溜まり気味。昨日は風邪をひいてしまいダウン、終日寝てました。風が良ければ来週土曜日野島に顔を出してきます。
勤続25周年の一ヶ月連続休暇ですが、7月25日から8月19日までで確定。7月25日〜30日は久しぶりのハワイ旅行(予約済み)、8月上旬は長崎遠征(これから予約)、8日〜19日の間は体力とお金が続く限りの野島合宿(予定)という、めちゃくちゃな計画を予定しています。
今年の東京湾の大きな大会のスケジュールもほぼ確定。こちらは追ってご連絡いたします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: