2017年04月

2017年04月23日

4月22日野島防波堤釣行記

IMG_0413昨日野島防波堤に行ってきました。この日はソコリ8:30頃、満潮は14:00頃。中一週間振りの野島釣行、潮回りも私が大好きな若潮です。前日の帰りが遅く、睡眠3時間程度でしたが予報は曇天、期待して村本に向かうとクラブメンバーはKJ師匠、F川さんにH間さんが居ます。他に常連の今○さんに他数名。他は投げ師にシーバサー、ちょい投げの方で船着き場は盛り上がっています。午前中はKJ師匠、F川さんの3名で赤灯、午後は状況を見てドックか青灯・ハナレ、新堤・馬の背のいずれかに移動のプランで出撃。計30名弱で定刻通りに出航しました。
沖は4〜5mのナライ。赤灯に到着して早速クロを狙います。内側はまだ下げ潮の時間帯のため潮は動いていません。いつもの通りボサエビでガレ場の隙間狙いをするもこの日は反応ありません。上げ潮を待つ間にあちこち調査。クロの気配はないですが濁りは結構入っています。潮さえ流れれば雰囲気は変わりそうな感じでしたが緩いナライに押され満潮時を過ぎても期待の上げ潮は流れません。潮待ちで昼寝後の11:00になっても内側は全く潮が動きません。KJ師匠もお手上げで11:30過ぎには赤灯の釣行を諦めて皆で午後の移動先を検討開始。F川さんは昼便で帰宅とのこと。今年未だ渡っていない馬の背に惹かれるもKJ師匠は新堤に向かうとのことで、前日オカマで2枚の釣果が出た青灯に向かいました。
青灯は昼便でクロ狙いの方が数名降りていて、オカマとマイルポストの間に張り付いています。オカマ沖は上げの時間帯ですが緩いナライに押されて下げ潮のように流れています。めちゃ良い雰囲気でしたが、オカマ裏には投げ釣り師2名、ちょい投げの方が2名に西面には青灯オカマおじさんも陣取っているので諦めてハナレ側を主戦場にすることに。別荘はちょい投げの方が4〜5名にシーバサーが2名とこちらも厳しい状況です。青灯看板横でまた昼寝、14:15頃に起床してブッツケまで往復するも気配なし。ボサエビでホンダワラの隙間を狙うもフグのオンパレード。これで青灯を完全に諦めます。海面も水路の壁面より下がったので15:15頃ハナレに渡りました。IMG_0417
曇天のハナレは潮もトロトロ流れて濁りも入って雰囲気は上々。緩いナライで海面もざわつきサラシもあちこち出ています。ボサで狙うとどこもフグに瞬殺状態。ハナレの真ん中まで来たところでボサを諦めます。手持ちのカニはほぼ使い果たしています。先々週まで良かったフジツボも手持ちなし。仕方ないのでこの時期あまり使わないツブを使いました。15:40頃、四畳半水路手前を折り返したハナレ真ん中あたりのタナでSTOP!!合わせを入れるとめちゃ引いた黒鯛を無事仕留めます。更に16:00前に水路手前で1枚追加。まーくんがボートで近くにきたので話を聞くとここ暫くはツブが良いようです。そのまま四畳半に向かうと平場で2枚、台の上で1枚GET!!場を休めたハナレに戻って釣行すると更に3枚追加、この時点で17:00。8個持っていたストリンガーを使い切ったので水分補給兼ねて予備を取りに一旦ベースに戻ります。20分後に再度ハナレで釣行再開するも、この間南風がやや強まってしまい沖側がベタ凪となったためか楽しい時合いは終了。ハナレの約1時間半で8発当たって8掛け8GETの釣果でした。IMG_0421私しか居なかったので黒鯛GET後にライン点検し針を交換して場を休めながら釣行したのが良かったのかも知れません。この日は夕マヅメはどこも好調で新堤・馬の背は夕マヅメで来堤した会長が2枚、ドックでも数枚。全体で15枚の釣果でした。
はたき中の魚も混じっていました。一枚ツブで普通に当たってきたので柔らかい餌は今年は終了のようです。
次回は29日か、休暇を取って5月2日に釣行予定。

2017年04月08日

4月8日野島防波堤釣行記

DSCF3661本日8日に野島に行ってきました。昨夜は花見@千鳥ヶ淵。何年振りかの夜桜は大変綺麗でしたが凄い混雑。海外からの旅行客が多数居て昔とは大違い。酒は飲みませんでしたが若干寝不足気味で野島に参戦しました。
今日は朝から南風が強まって気温が上がる予報。9:30頃まで下げ潮で15:00過ぎまでは上げ潮。村本に着くと黒鯛屋はクラブメンバーKJ師匠に会長とYくんと私のみ。他にシーバサー2名の計6名。雨の予報で南風なので皆さん敬遠していますがこの時期の上げの南風は水温が上がる(湾奥より湾口の方が水温が高い)ので風と潮がマッチして曇天なら条件的に悪くありません。Yくんと会長はドック、KJ師匠と私は赤灯に向かうことにしました。
上げ潮に変わる9:30以降の本番に向けてあちこち調査を実施。南西4〜5mでもう少し風が欲しいところ。バシャバシャなら馬の背側のガレ場がサラして下げでも食いそうですがちょっと厳しそうです。濁りは予想より入って悪くありません。内側の段差でクロが壁面をつついていますがガレ場はフグだらけ(手のひらをかじられて流血してしまいました)。8:00頃、三角岩の横にカニを落としたところ潰されます(アタリわからず)。海中を見るとクルージングした黒鯛を見かけます。気配はあるもフグが多くてカニやボサだと餌の消耗が激しく、8:20頃からフジツボに変えます。DSCF36648:30頃、階段前の沈みブロックの隙間にフジツボを落とすと聞き合わせでクロが乗ります!!ガレ場を超暴れてやりとりは痺れましたが無事44.5cmをGET!!潮がほとんど動いていない下げの時間の内側で1枚釣れてしまいました。睡眠不足なので9:00〜9:30まで雨中の昼寝。起床すると何故か北風に変わっています。雨も強くなって寒くて仕方ありません。天気予報を鵜呑みにして薄着で釣行してしまいました。バーナーでお湯を沸かしてコーヒーやカップラーメンを食べるも全く暖まらずギブアップ状態。頼みの南風は全く吹かず、ナライは6〜7mまで強まり内側は潮が流れず、午前中で諦めて釣行終了してしまいました。DSCF3670
ドックはモーニングと8:00過ぎに立て続けに釣れて計3枚、全体4枚でした。
この時期の天気予報を信用してはいけないですね。13:00頃から南の爆風に変わって狙った条件になったようですが、あれ以降は耐えれませんでした。フリース1枚着込んでいれば全く違ったと思います。
次回の釣行は目処が立ちません。来週は土曜日に顔を出せるかどうか、再来週も微妙。3kgUPが狙える乗っこみも実質あと半月。どこかで何とか時間を調整して釣行したいと思います。

2017年04月05日

4月2日野島防波堤釣行記

DSCF36484月2日に野島防波堤に行ってきました。大会幹事でしたのでクラブのFacebook https://www.facebook.com/kaizuclub.nojima/に概要を記載しています。
朝4:30に起床して子安丸に立ち寄ると、頼みのボサエビの在庫は最後の一杯(ラッキーでした)。翌月曜は朝から重要な会議や飲み会ハシゴがあります。何とか午前中(できれば朝一)の下げ潮で勝負をつけて午後は昼寝で体力温存したいところ。沖は荒れてます。新堤・馬の背はコバプロのKJ師匠にカンちゃんが渡ります。確率が高いコバですが、この2人と勝負しても勝ち目がないのと今年の馬の背は鉄板ではありません。青灯オカマはこの時期実績があります。また先々週の同じ潮回りで釣果があったハナレに向かうことにしました。
ハナレに飛び降りて階段〜テラスをカニで攻めるもスカ。テラスは大荒れで足元から波パンチ&冷海水シャワーの洗礼を受けます。しかし根性を出して別荘で折り返し。折り返しはボサエビで探ると別荘〜テラスの角でクロが掛かります!!読み通り、とナメたやり取りでゴリ巻きするとハリスの真ん中あたりでプッツン。。。間違えて前夜捨てるつもりだったプチプチ切れる古いハリスを持ってきてしまいました・・・。スペアの新ハリスに交換して釣行再開するもアタリなくモーニングを外して意気消沈。テラスで水浴びする根性が無くなります。9:40頃、テラス階段手前の沖の根をボサで狙うとズッシリとした魚が聞き合わせで乗るも大型のアイナメ。疲れを残したくないので10:00から別荘で昼寝をします。10:40頃起床。昼寝前より若干風が強まって看板までボサで狙うも反応ありません。私以外の青灯メンバーは村本ツブで狙っているようです。そこでフジツボを使って看板先で際を落とすと何と第1投の底で生体反応!!めちゃ暴れてホンダワラ林に突っ込んで際どかった49cmを仕留めます(超ラッキー)。11:10頃には急速に風が落ちて水路が渡れるようになります。水路を越えてハナレ〜四畳半はフジツボで狙うもスカ。四畳半の折り返しからボサを使うもフグがうるさくてカニに変えます。すると○星さんが水路を渡ろうとしています。アシストしようと水路に向かい、全く釣る気なく水路手前のサラシにカニを落とすと何と大ビンゴ!!46.5cmが釣れてしまいました(○星さん、申し訳ございません。。。)。午前中で2枚釣れたのでアイナメと一緒にドックに移動。移動の船上でアイナメの長さを測ると何と大物賞でした(これまた超ラッキー)IMG_0366
ドックでは昼食+コーヒーを飲んで就寝。15:00から1時間程度しか釣りをしませんでした。
半夜便で○谷さんと無事高校合格した息子さん(弟子)が来堤。カニ餌を預けて帰港しました。
大会は49cmの釣果で第二位でした。村本大物賞もGET出来て言うことなしでした。半夜で○谷さん息子さん(弟子)が良型のアイナメを釣っていますが、弟子より大きなアイナメで良かったです(笑)。
次回は8日に釣行予定。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: