2005年07月22日

7月22日横浜沖堤釣行記

本日(7月22日)横浜沖堤 旧赤灯に黒鯛狙いに釣行してきました。横浜沖堤への船宿まで勤め先から車で10分掛かりません。17:30過ぎの定時に会社を出て船宿到着は17:45分頃でした。
18:00〜20:30までの2時間半の勝負。先日の黒工大会で釣果のあった旧赤灯に向かいます。本日は満潮18:54 200cmと潮が高く、おまけに釣行時間帯で潮替わりします。18:00前に港を出発、5分ほどで旧赤灯に到着します。人が多く約10名が釣行。ロープも何本か下がっており、釣果もあるようです。早速沖側をツブで落とし込むもアタリなし。ヘチはばしゃつき非常にいい感じも北東風が強く、イメージどおりに餌を落とせません。旧赤灯は3段の段差になっているのですが慣れていないのと、潮が高いためどこがヘチかよく判らない状態です。このため平場を半分ほど行ったところで諦めオカマに向かいました。
8455639a.JPGオカマは高いものの段差も無い様でヘチが狙いやすそうです。満潮時刻の18:50頃、先行の人と情報交換の会話をしながら探っているとタナで糸ふけが出ます。そっと聞くと底に向かって魚が動き出します。アワセを入れると魚が全開となり沖に向かってものすごい勢いで魚が走り出します。竿でためながら慎重にやり取りを行い、掛けたところと反対側で無事取り込み。約48cm程度の良型の黒鯛を仕留めました。
ところが本日はデジカメは持ってきたもののストリンガーを忘れてしまいました。このため写真を撮った後即リリース。針を付け替えたりしているうちに糸も見えにくくなってきました。このため餌をストローに付け替え脈釣りをすることとしました。
横浜2匹目19:15頃、オカマのすぐ横の平場竿1本先に餌を投げ入れるとモゾモゾとしたアタリが出ます。アワセを入れると魚が沖に疾走します。この魚もかなり元気で走り回るも無事取り込み。約45cm程度の綺麗な黒鯛を仕留めることが出来ました。
この後は黒鯛のアタリなく(大型のボラが1匹掛かりました)20:30の戻りの船の時刻となってしまいました。
ここしばらくは釣行の度に釣果があります。明後日の24日は朝から野島釣行。このまま良い状態をずっと維持したいものです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: