2005年07月24日

7月24日野島防波堤釣行記

2caec5eb.JPG本日(24日)野島防波堤に黒鯛狙いに行きました。朝一〜夕方まで釣行のつもりで朝5:00に自宅を出発。6:00頃に村本に到着したのですが妙に混雑しています。よく考えると今日は東京湾黒鯛研究会の黒鯛釣り講習会の日です(忘れてた)!!大師匠も居たので聞くと午前は座学、午後が実釣とのことなので午前中のみの釣行とすることにしました。
定時どおり7:00に出航。何故か今日は野島の名人が妙に多く、船の中で既にどこの堤に降りるかお互い牽制しあっています。人気の堤は中廊下かドック先のようです。馬でも釣れ始めたため新堤に行こうと思ったのですが、ドック堤に着いたとき5名しか降りなかったので私も降りてしまいました。
結局いつものとおりドック堤で釣行開始。丸環廻りを探るも潮が透けています。昨日の地震の影響か魚の気配をほとんど感じません。ドック堤のあちこちを探るも全くアタリが無い状況です。
8:30の船が出てしばらく後に平場をカニで流していた人に35cmの黒鯛が掛かります。ベタ底で食ったとのこと。この魚を見て気合が入ります。
10:00頃、下げ潮に濁りが入り始めました。北面東側角の潮が良く流れるためツブで流すと根掛かりのようなアタリが出ます。聞きアワセをすると生体反応。底に向かってものすごい勢いで魚が走ります。後アワセを入れ、やりとりをするもハリスが切れてしまいました(ハリスに少し傷があったようです)。釣友に北面を譲ると、その釣友は即魚を掛けます。45cm位の良型を仕留めます。どうやら北面に魚が寄っているようです。更に餌を落とすとまたアタリ!一瞬魚が乗り手ごたえを感じるもうまく針掛かりしませんでした。
ドック北面はこの地合いのため他の釣り人が集中するもアタリは出ないのか、しばらくすると空きが出ます。10:40頃、先ほど当たった北面東角にツブを流すとまたもSTOPアタリ!今度はちゃんと針掛かりしました。1ヒロほどのタナで掛けたため非常に良い引きをするも内側平場まで誘導し、43.5cm,1.3kgの黒鯛を無事仕留めることが出来ました。その後しばらくすると北面の潮が流れなくなり、釣果が望めない状況となりました。
12:00の船で数名しか降りないようであればそのまま釣行のつもりでしたが、黒研の講習会でドック堤には約20名ほど降りた為、そのまま港に帰ってきてしまいました。
釣果がありましたが、3枚掛けて1枚しか取れなかったので大反省。
ハリスの傷は少しでもあったら取り替えないといけないですよね(以後気をつけます...)。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: