2005年07月30日

7月29日野島防波堤釣行記

24cfdbb3.JPG7月29日に野島防波堤に黒鯛釣りに行ってきました。前の晩は飲み会のため朝起きられず8:00頃に村本到着。8:30の船で出航。満潮11:34 143cm、干潮16:48 134cmのためまたもドック堤に向かいました。
先行者は2名。釣友と名人2名です。状況を聞くと朝から全くアタリなしとのこと。潮がやや透けており、少々厳しい状態です。周りをしばらく落とし込むもアタリない状態が続きます。
10:00頃より南風が強まり、上げ潮も走り出してきました。すると濁りも入り始め状況が上向きになります。10:20頃、丸環側ヘチを落としこんだところ道糸に微妙な変化があります。聞きアワセをすると魚が動き出し、下に潜り始めます。最初は小さい引きも途中から魚が全開となり強烈な引きに変わります。沖側に魚を誘導し無事47.5cm 1.9kgの良型を仕留めることが出来ました。また10:40頃に丸環内側角でかなり大型の魚が掛かります。この魚は一発目の引きを止められず、一気に丸環内側に潜りこまれ道糸から切られてしまいました(残念)。11:00頃、1枚目が掛かったところに再度餌を落とすとまたもアタリ!小さい割に良い手ごたえで36.5cmのカイヅを仕留めました。更に12:00頃、下げ潮が当たり始めた北面を名人と談笑しながら餌を流したところ、一ヒロくらいのタナで手元に伝わるアタリが出ます。この日3枚目の45cm 1.25kgが掛かり無事仕留めました。午前中は何故か私のみアタリがあり廻りの人も目つきが変わります。
この日ドック堤は引き続き好調でした。12:00の船で1名釣友が降り、私含め計4名で釣行となったのですが、名人も午後2枚仕留めたのと両釣友も1枚づつ黒鯛を仕留め合計7枚がドック堤での釣果となりました。
この日中廊下では一人で8枚、ドック先では一人4枚(ともに常連の名人)の釣果もありました。
この日は南風が強まり、夕方便で強制終了となりました。まだ物足りなかったので横浜堤 旧赤灯に朝からドック堤で一緒の釣友と向かいました。18:00から20:30までの釣行でしたが、ハリス切られ1回、アワセ損ね1回のさんざんな結果でした。同行の釣友は45cmと30cmの2枚を仕留めました(横浜の部は負けてしまいました)。今度リベンジしないと!!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: