2006年03月05日

1年ぶりの横沢入

3月4日に1年ぶりに横沢入に行ってきました。目的はヤマアカガエルの卵塊を見つけること。昨年横沢入でヤマアカガエルの卵をとってきてオタマジャクシからカエルになるまで育てたのですが,今年もまた飼いたいとちびリクエストで獲りに行きました。
横沢入には10:30頃到着。昨年までセリ採りフィールドだった休耕田は簡単な柵が立てられてます。既にアカガエルの卵塊はあちこちに見られるものの、数は少なめ。昨年トウキョウサンショウウオの卵が何個も見つかった水溜まりをガサ入れするも両生類系は全く見当たらず。近くを通ったオバサンにも「今年は少し遅いみたいね」と声を掛けられます。
このため観察ターゲットをホトケドジョウに変更。横沢入の際を流れる小川をガサ入れすると一発でホトケドジョウが網に入ります。ホトケドジョウは環境省が指定する絶滅危惧種IB類(魚ではイトウ、哺乳類ではイリオモテヤマネコ、鳥ではイヌワシ、ヤンバルクイナと同等)という、非常に貴重な魚。私がガキの頃はいくらでもいましたが、今や絶滅危惧種とは...。
ホトケドジョウは観察後、捕まえた場所に放流。観察用にヤマアカガエルの卵塊を1つ持ち帰りました。16b21ee4.JPGホトケドジョウ


kari96 at 20:15│Comments(0)TrackBack(0)自然 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: