2006年07月08日

7月8日野島防波堤釣行記

予定通り本日野島防波堤に行って来ました。本日夕方以降ちびの面倒を見ないといけないため7:00〜12:00までの釣行。6:00過ぎに村本に到着するも駐車場はがらがら。9:00前がソコリで午前中は潮が低いので常連客が敬遠しているようです。
それでも出港前には駐車場は満杯。上げ下げ狙えるドックに行こうと思ったのですが人が多いのとベタナギなので、海水浴(?)がてら7:00〜8:30まで新堤・馬の背、8:30〜12:00までドックかドック先に行くこととしました。
8:30の移動を舫取りの○本さんに伝え新堤に降ります。新堤も結構人気で私含めて7名が降りました。降りて早速青灯側コバを狙うも反応なし。平場を一通り探るも反応なく、7:50頃馬の背に向かいました。
馬の背も潮が低く、海水浴という程ではありません。ベタナギで潮もゆっくり入っています。濁りもありいい感じです。馬の背に降りてすぐ、電柱3番くらいの地底でSTOPアタリ!!ところがアワセのタイミングを外してしまい、針先に黒鯛のウロコが付いただけでした。。。
魚は居るようですがその後は全く反応なし。時計を見ると8:20です。仕方なく馬の背を諦め移動の準備のため新堤に向かいました。
新堤に登って青灯側コバを見ると誰も狙っていません。チャンスと思い潮が下がっているコバからツブダンゴで遠投すると第1投でツンという派手なアタリ!黒鯛が掛かります。糸を出るに任せて沖に魚を向かわせてからやり取りを始めます。カサゴ狙いの遊漁船がギャラリーに控える中、41.5僉■院ィ沖圓旅鯛を仕留めることが出来ました。
しばらくすると村本の船がドック方面に見えます。移動の準備をするも何と青灯から船が引き返してしまい、新堤に立ち寄ってくれません。かなりショックだったのですが1枚仕留めているのと潮も止まったのでそのまま1時間半ほど昼寝をしてしまいました。
10:30頃起床。上げ潮も入り始めたようです。青灯側コバは数名が陣取っています。また馬の背に向かい赤灯までの内側を狙いますが当然のように反応なし。ツブダンゴを採集し、11:30頃人が空いた青灯側コバに向かいました。
上げ潮が程よく流れ魚が居そうです。シマダイ狙いの方の内側に入り、潮が当たる台の際にダンゴ+3Bのオモリで流すと数投目でまたも黒鯛のアタリ!!糸を出すだけ出した後にやりとりを始め、45僉。院ィkgの黒鯛を仕留めることが出来ました。
その後迎えの船でが来て釣行終了。検量後仕留めた2枚ともタグを打ってリリースしました。
あとから○本さんに聞いたのですが、8:30時点でドックでは釣果が無く、人も多いので状態が良い新堤に居たほうが良いと判断して迎えに来なかったそうです。お陰で1枚追釣することが出来ました。こういう気遣いは大賛成です。また宜しくお願いします。
来週16日はクラブの大会で幹事役です。木曜日は横浜沖堤で黒工のクラブ対抗戦。この1週間は非常に楽しみです。05d9d20f.JPG7月8日釣果


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒豚   2006年07月08日 19:24
大先輩!!さすがです。
今度、新提・馬の攻め方真剣に教えてくださいね
来週は釣行できるよう努力中です。
2. Posted by kari96   2006年07月08日 22:22
今日の2枚は運だけでした。今年は新堤・馬の背と相性がいいようです。新堤は魚が出る場所が限られてしまって渡りずらくなりました。以前は平場でもバシバシ当たったのに。逆に馬は昔より人気が落ちたのでお勧めです。新堤も馬も幾つかの根を知ってると釣りに幅が出ます。今度海パンにフェルトスパイクの靴で新堤・馬の背に行きましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: