2011年08月22日

8月20日21日野島防波堤釣行記

20日と21日に野島に出撃してきました。この土日は息子が少年野球の合宿@山中湖。家内が同行とのことで昨年と同様に独身状態。土曜日は今年初の13時間釣行の予定で村本に向かいます。前日昼からナライが吹いて期待十分でしたが。。。
横浜経由で野島に着くと常連の方、クラブの方たくさんのメンバーが参戦。満潮8:00過ぎ、ソコリ14:00頃と条件的に最高(なはず)。青灯に向かいます。途中ドックでVariさんの北面モーニングを見て確信に変わります。
ナライ5〜6mの青灯は潮が透けています。もう少し風が欲しいところ。既に下げ潮が入っています。青灯に降りて即オカマ下を探るも反応無し。先行したミヤジさんが即魚を仕留めています。超アドレナリンが出て真剣に狙った1往復目は全く反応無し、2往復目も全く反応無し、アレレ???早めの昼食をとってオカマとクズレを2往復程度した後の11:30頃に3往復目に入ります。ミヤジさん以外アタリがあった人は数名か。3往復目の戻り、看板と別荘の中間くらいの底で魚(小型)が掛かるも数秒でバレます。同じ頃、F城名人は別荘階段付近で1枚GETとのこと。13:00過ぎに4往復目突入。水路がタプタプ状態のハナレに向かいます。水路の水面は私の身長で脇の下10cm程度、うねりが来たときに足が浮いてしまう程度のちょっと危険な水位でしたが突撃します。潮が高ければ食うだろうとハナレで30分程度粘るも全く反応無し(スレでフグ1匹釣れました)。今日もハナレには魚が居ませんでした。ハナレは早々に諦め14:10頃再度オカマに戻り5往復目突入。全くアタリ無いためテンポが超早いです。半夜は大雨予報のため無しとのこと。完全に釣果を諦め15:20頃にはオカマでMさん他と反省会。15:45頃からオカマ周辺をラスト1往復で探ると妙な反応。聞くと黒鯛の鱗がスレで針先に掛かります。近くに居たMさんに鱗を見せて「スレ掛かりなら餌食って欲しいですよね」とか話をしている途中に鋭い引き込みのアタリ!!サイズの割に良く引いた39.5cmのカイズくんGET。6月からの野島連勝が紙一重でつながりました。青灯は朝昼夕方に1枚づつ3枚。他に馬の背で1枚、ドックはVariさんの4枚を筆頭にKj師匠が1枚、私より病人と思われるK田さんが1枚の計6枚出ていました。
翌21日。ナライ2日目で期待が持てるも午後予定があって午前縛りの釣行。朝から雨が降っています。半日なので魚の顔が見れそうなドックに降りることにしました。朝一は反応無し。8:15頃、沖から潮が入った瞬間に丸環上でアタリが出ます。K田さんに1枚、私のツブにも運良く魚が食いつきます。強烈な引きをするも沖に走ります。いなして魚を浮かした時に道糸が緩んでしまい痛恨の針外れ!!無理せず掬ってもらえば良かったと大反省。その後丸環上で小型のクロが掛かるもこれもバレてしまいTHE END。私と同じ2日連荘のk田さんは午前のみで2枚、他の方が1枚の計3枚出ていました。またドック先に降りた今期2回目の釣行の春○さんもしっかり1枚GET。青に渡ったvariさんも午前中で1枚、他の人はちゃんと結果を出していました。
6月4日以来の野島連勝記録はこれで打ち止め。反省点が多い2日間でした。今年は釣果はあるものの、今ひとつ何かが噛み合わない釣行ばかり。次回は27日か28日AMを予定。例年餌も変わる頃ですし悩ましい時期、ちょっと対策を考えて出直します。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: