2012年05月20日

清水港

新東名開通後のドライブ兼ねて息子と清水に行ってきました。清水港は初めてですが、昔遠征を計画して情報を収集したので地図上のポイントはおおよそ判ります。大潮で相当潮が下がるので潮の高い朝一は浅い貯木場、8:00頃から深い河口+鉄道岸壁、魚市場前に移動の釣行プラン。自宅を4:00に出ます。新東名に入った途端に道の良さに感動、速度感が全くありません。あっという間に清水着。高速代も休日深夜割引適用で川崎から2000円弱。6:00過ぎには貯木場から釣行開始します。到着後に不用意にヘチを覗くとでかいキビレが数匹泳いでダッシュで逃げます!!潮は既にかなり下がりやや透けていて底が良く見えます。先行者は4名くらいか。息子と早速狙うも竿1本先で1ヒロ程度、かなり浅いです。船と桟橋の間を狙うと1回鋭い引き込みのアタリが出るも針掛かりせず。先行者と情報交換をすると本日は調子が悪く、昨日は7:00までに4枚仕留めたが今日は朝一の30cmくらいのキビレのみとのこと。焼津の方ですが、今年は焼津港も調子が悪く、ここしばらく清水に来ているそうです。私が所属するクラブを良くご存知でした。ご挨拶後に桟橋と船との隙間で1発引き込みの当たりが出るもスカ。潮が急激に下がりその後は全く反応無く、仕方なく鉄道岸壁に移動するとダンゴ釣り師で大混雑。清水は各堤ダンゴ狙いの方が大盛況でした。釣りにならないので河口両岸で釣行するも全く反応無し。しかし息子はカニで一発掛け損ねます。キビレ狙いでランガンを繰り返し川を遡るも反応無し。諦めて魚市場方面に移動も投げ釣り&ダンゴと思われる方が多く、釣行可能な場所を探し続けます。市場の対岸は人も少なく水深もあり潮も流れていい感じ。ツブで狙うと息子がオーバーハングした溝の隙間で魚を掛けたようですが一撃で無念のハリス切れ。結局釣果無く12:00に諦めて終了。「馬鹿貝」という店で昼食をとりましたがボリュームが凄くて非常に良かったです。
清水ならキビレ1枚くらいは釣れるだろうと甘く見て釣行しましたが、初めての場所だけあって簡単には釣らせていただけませんでした。この釣りはなめてはいけないですね、大反省。次回は早朝と夕方の満潮時を狙えるような釣行プランで再戦したいと思います。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: