2013年03月24日

3月24日野島防波堤釣行記&ハナレガイド

写真11潮周りが悪いのですが野島に行ってきました。来週はクラブの第一回大会。大会前週の防波堤の状況把握と、あげっぱなのハナレが勝負できるかの確認兼ねて野島に行ってきました。終日上げの1日、クラブメンバーは私のみ(少し寂しいです)。黒鯛屋さんは常連4名、投げのH輪先生が居ます。仕事が忙しくてほとんど釣行できていないとのこと。他にシーバサー4名の計10名で防波堤に向かいます。沖は北東6m程度、濁りもかなり入っていて雰囲気は悪くありません。H輪先生&私以外の常連黒鯛師は全員ドック、シーバサーと一緒に青に降ります。早速オカマ方面に向かうもフグがうるさくてボサでは釣りになりません。期待したオカマ周りも風に押されている程度の流れしかないためそのままハナレに向かいます。
写真10写真は潮高80cm程度の水路。気圧にもよりますがこの潮高で私のへその下(110cm)くらいの深さです。ハナレの水路は水流が速いのとうねりの波が高まります。波と潮を見て一気に渡ってください。軍手か釣り用手袋はこの時期必須、この時期素手で渡ると壁面を上がるときにツブで間違いなく手を怪我します。それと馬の背ほどではないですが四畳半まで行くとアオサで滑りますのでノンスリか軽アイゼン必須です。慣れない方はこのくらいの水深を目安に、装備は万全にして渡堤してください。
期待したハナレは既に上げの潮が入っていて期待薄。上げが入った四畳半もフグのオンパレード。10:30には諦めてオカマに戻ります。オカマもナライに押されて潮が動くもクロが食ってくる気配は全くなく、諦めて12:00で撤収しました。
4連続ボーズ&2連続アタリスカ。来週の大会までに群れが入るか?

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: