2014年04月06日

4月6日野島防波堤釣行記

クラブの4月度月例大会に行ってきました。村本も4月から7:00出船。起床時間も餌屋経由なので4:00起床。天候も荒れる予報なのでクラブメンバーの参加は少な目。先週は仕事で出撃しなかったので中一週間での釣行。昨日も仕事があって少々疲れも残っていたのであまり気合を入れずに大会に参加。秋用の質の良いノリ捕りかねて今回も新堤に向かいました。
新堤はKJ師匠、会長、T倉大先輩にI若さんと私の5名、船は新堤に付けたままなのでH田さんがシーバス狙いでルアーを引きます。降りて早速台の上を狙うも気配なし。平場も駄目。渡堤直後は潮が止まっています。8:30過ぎから潮が入り出すとコバは激流。ところがそのコバで9:00頃にKJ師匠が50.5僂鮖杜韻瓩泙后その直後にコバに入るも気配なし。諦めて30分程度昼寝。起床後の10:20頃に鉄板と思われる馬に渡るも誰も一発もアタリなし…。この時点でほぼ終了しました。馬の背にある秋用の海藻を採って12:30頃いったん馬を撤収し昼食&昼寝をします。すると13:30頃、雲行きが怪しいため撤収準備で来堤した金光丸に「寝てたら釣れないよ!!」とスピーカーで起こされます。そのまま勢いで馬の背に向かうも竿が帯電して釣りにならず、そのまま早上がりとなってしまいました。
KJ師匠以外の釣果は村本常連のK木さんのドックで1枚の計2枚のみ。濁りあり適度なナライで悪くなかったものの反応は防波堤全体で薄く、少し残念な大会でした。
次回は12日土曜日参戦予定。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: