2015年11月27日

11月23日野島防波堤釣行記

DSCF354423日に野島に行ってきました。3連休の最終日で予報は悪く朝から曇天で雨の予報、しかもナライが8〜9mで夕方満潮。釣れる条件が揃ったので12:00便に合わせて村本に向かいました。
誰も来ていないと思いきや、村本にはクロ師が集結しています。前日も午後に釣果が出ているためかクロ師だけで5〜6名が集まっています。○崎さんに○藤さんやドックYくんの常連メンバーも居て渡堤先を牽制しています。すると○藤さんが「アンテナあげるよ」。アンテナを流されたので次回作ってとお願いをしていたのですが、使わないとのことで頂いてしまいました。長さや幅も申し分なく最高です。○藤さん、有難うございました。
そんな訳で予想よりも多めの人数で防波堤に向かいました。行先は青灯、常連メンバー+数名が青灯に降りました。
青灯は常連Oさんが朝から釣行するもアタリ一発も無いとのこと。真北の風9m、もう少し東に寄ると最高なのですが条件としては悪くありません。青に降りてしばらくすると風に押されて潮も動き出します。するとブッツケを越えたあたりの底の聞き合わせで一瞬魚が乗るもスッポヌケ。その直後にクズレ手前で先行の○藤さんが怪しい動き。魚を掛けたものの外れてしまったようです(残念)。そのまま別荘まで向かいサラシの強烈な引き込みを期待するも頭から大波を食らい続けます。しかし一発もアタリ無く心が折れてオカマ方面に戻ることにしました。
やる気なく適当に看板からクズレに向かう途中で底でアタリっぽい反応が出るも掛けられず。ツブは潰されていないので半信半疑で落とすと明確なSTOPが出るも掛けられず。頭に血が上り始めてクズレに差し掛かった直後の底で魚が掛かります。良く引いた43.5cmをGET。15分後、クズレを越えてマイルポストに向かった底の聞き合わせでまた魚が掛かります。これも横に走って良く引いた45僂鯡技取り込み。2枚目が釣れた20分後、ブッツケとクズレの間の極浅ダナで明確なSTOP!!これはめちゃ引いて全く制御できず、沖に走られまくった47僉■.9圓領彪燭鯡技仕留めます。DSCF3547いずれも満潮手前の釣果のため、下げ潮の爆釣に期待するも、落としが入り出すと反応が全くなくなります。16:00過ぎに場が休まった別荘のサラシの釣りをしに大波を食らいに行くも一発当たったのみで修行が辛く撤収。終了直前にオカマ周りで時合いがあったのですが全く気付かずに終了。半日やって3枚と、この時期としてはまずまずの釣果で終了となりました。
この日は夕マヅメの新堤で○崎さんが1m程度のタナで2枚と全体としては悪くない釣果でした。
今週は体調を崩して風邪をひいたので明日は釣行しない予定です。29日は手バネハゼ釣りの予定、来週土曜日はクラブの忘年会に日曜日は実家に帰省。12月中旬以降スキーシーズンに突入のため年内のあと1〜2回出撃できるかどうかです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: