2016年05月15日

5月14日野島防波堤釣行記

DSCF3582昨日野島防波堤に行ってきました。午前中はクラブの幹事会@乙舳会館、打ち合わせが予定より延びてしまい、仕掛けは作れず昼食もとれずに金幸丸に乗船。12:00便に飛び乗ったのはクラブメンバーは会長と○島さん、岡○さんにカンちゃん。他に投げ釣りの方数名に投げ師も乗船。既にナライが強烈で沖は相当うねっていますが先日の30分で撤収の日よりはマシな海況。大揺れで青灯で降りました。
新堤に居た方も青灯に移動してきます。大荒れも潮も下がって釣行に問題なし。濁りは抜群、潮もそこそこ流れて雰囲気最高ですが荒れすぎが気になるところ。降りた直後から頭から潮を被るも集中しながら狙います。13:00位に会長がブッツケで一枚仕留めます。その直後に着底聞き合わせでアタリが出るも掛けられず。15分後くらいに怪しい反応が出て素針を引いた直後に会長がブッツケで魚とやり取りしています。完全な時合いですが食いが浅いのと大荒れで数回のアタリに全く合わずイライラが募ります。しかしその後反応が止まり修行の始まり。サラシの釣りをしに別荘に調査に行くもアタリなく大波パンチを食らいまくって心折れて撤収。14:30頃にオカマに戻るも反応は無い様子。少し風も落ちてきたので再度別荘に向かいます。別荘に向かう手前の沖の根の手前で素針を引きます。15:30頃、別荘のサラシの下の聞き合わせで間違いないクロの待望の手ごたえ!!沖に横に走りまくった良型をGET!!ハナレの水路手前でもツブを潰されその前の別荘調査とは明らかに違う反応。夕マヅメに期待が高まるも大半の人は16:00便で帰港。風も落ちたので温存したハナレに渡りました。
ハナレに降りて第一投でツブが取られます。ブロックの上に乗ってサラシの際を狙うと横っ走りの反応が出て無事GET。この釣果を見たカンちゃんもハナレに渡ってきて一緒に釣行。爆発的なアタリ方ではなく、ポツポツと当るのですがしばらくはアタリに全く合わずまたもイライラが募ります。タモ入れ直前1回とに針外れ2回のバラシ後に平場で追加1枚。17:40くらいからアタリにアワセが合いはじめ連発で3枚仕留め、18:00に釣行終了。計6枚の釣果でした。カンちゃんも2枚GETでストレスが溜まるも楽しい釣行が終了しました。
今日は馬の背で社長が8枚獲っていますので野島も産卵後の荒食いが始まったようです。タイミングが合えば大釣りができる季節。次回の野島釣行は22日のクラブ月例会の予定。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: