2016年07月10日

7月9日野島防波堤釣行記

IMG_1766-1野島に行ってきました。他堤で釣れようがやはりホームは別格。村本に集う常連メンバー(オジサン)の顔を見るだけで何故か落ち着きます。第三京浜の事故渋滞で村本到着が遅れて6:15頃。急いで準備をして金幸丸に乗船。大荒れの天候の予報のためクラブメンバーは少な目。全体で30名弱程度で防波堤に向かいました。
曇天で緩い南風。潮色は若干透け気味も曇天なら悪くない程度。ドックの雰囲気が良かったものの6月度の大会で痛い目に合ったのとパターンを掴んでいないのでパス。ホーム青灯で降ります。早速オカマ周辺を狙うも全く潮が効いていません。満潮を越えて下げが流れ始めると○星さんと私に2回アタリが出るも魚は掛からず。ここから修行が始まります。突然の大雨に南の突風が吹き荒れたり、風が収まったりと天候が落ち着きません。内側は南の爆風でバシャバシャ。濁りは良いものの全くアタリ無し。9:30過ぎにハナレに渡り内側を狙うも反応なし。四畳半手前の内側の溝を狙うと魚が掛かるも即針外れ。。。遅れて渡堤した○星さんと一緒に四畳半の台の上を狙います。早速台の手前のガレ場を流すと餌をとられます。○星さんの第一投は竿が大きく曲がるもガレ場の根ズレで痛恨のラインブレイク…。その後粘るも反応なし。結局午前中の青灯・ハナレは魚が出ずに終了しました。11:30過ぎにオカマに戻り昼食後昼寝。12:40頃起床しあげっぱなを狙いにハナレ渡堤。ハナレに渡った直後、別荘内側で待望の37.5cmが掛かり無事御用。しかし上げ潮も良く流れて雰囲気抜群もハナレのアタリはこの一発のみ。15:00頃に急に風雨が強まったたためオカマに戻りました。
オカマに戻った頃には風雨がピタリと止まって凪に。夕マヅメは青灯を諦め夕マヅメ便で誰も渡っていない赤灯に会長、中○さん、○星さんの4名で向かいました。
赤灯は濁りも抜群、潮も流れて気配があります。赤灯に降りて第一投目、猿島側も流れていたのでスロープを狙うと魚が乗るも針外れ…。しかし赤灯に魚が居ることを確信してあちこち探ると馬の背側のオーバーハングで30cm強が掛かります。16:30頃、疲れたので階段下の土管に座って三角岩の横にツブを投げると鋭い引き込みで46.5僂掛かって無事御用(やりとりは結構スリリングでした)、平場の沖で40兌紂∋鯵儡簓佞悩禿抂き込みのアタリが出るもこれはバラシ。18:00頃平場の浅いタナで43僂掛かって納竿。午前0枚、午後1枚、夕マヅメ4枚と終わってみれば大会としては良い釣果、46.5僂猟牴未2位、渡船券を頂いてしまいました。。。
IMG_1764-1四畳半で痛恨のバラシをした○星さん、18:10頃に平場で43僂鬘韮釘圓靴童畫阿離丱薀靴鬟船礇蕕法
明日から一週間会社の合宿の研修、無事乗り切れるか?16日は午後便で野島釣行予定。17日か18日に木更津に向かうかも。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: