2016年08月21日

8月20日野島防波堤釣行記

IMG_2199-1昨日20日に野島に行ってきました。7月23日から勤続25周年の一ヶ月長期休暇でしたがその最終釣行日。この日はKJ師匠とカンちゃんとマゴチ釣行。本牧の長崎屋さんから出撃の予定で目覚ましを4:30にセットしたにも関わらず起きた時間は何と7:30!!大寝坊をしてしまいました。。。KJ師匠にカンちゃん、大変申し訳ございませんでした。
お蔭で睡眠充分も、やることがないので12:00便で野島に向かうことにしました。10:30過ぎに村本着。12:00便で向かうのは私とドックを希望されるおじさん2名のみ。ドック堤で釣行の3名は帰港するとのことで2名での釣行、超ラッキーです。
午前中のドック釣行者は会長に常連HさんにIさん、会長は3枚仕留めています。Hさんは平場で51僂鮖杜韻瓩討い泙后J疹譴好調とのことで期待して釣行開始。丸環上には黒鯛が何匹も泳いでいます。しかし潮が流れず餌には見向きもしません。13:30頃、黒鯛の集団にツブを投げ込むと潰されて回収。14:00前に丸環沖側の際でツブが半分潰されます。緩い北東風。上げ潮もほとんど流れず明確なアタリが出にくい状況が続きます。14:30過ぎから下げ潮のように北から潮が流れ出します。15:00前から良い濁りが入り出します。丸環際をツブで落とすと魚が掛かるもバラシ。横でおじさんが良型を掛けてタモ入れをアシスト。その直後に丸環横で46.5僂掛かって無事GET!!15:20頃下げ潮のように北面に潮が当たっています。ツブを落とすと35cmが掛かって御用。その直後に良型を掛けるもハリス切れ。15:40頃、丸環屏風下で元気な45cmが掛かりこれも御用。完全な時合いです。16:00前に北面でまた魚が掛かるも針外れ、北面は落とすとアタリが出るような状況に。2名しか居ないので場をコントロールします。IMG_2204夕マヅメ便で今○さん来堤。北面の状況を説明して落としてもらうと第一投で良型を仕留めます。その直後に北面の釣り方をガイドしたおじさんも40僂鮖杜韻瓩涜膣遒咫私も北面の50僂らいのタナで44僂鯆苗燹△靴しこの釣果後に潮も止まって時合いは終了。その後はアタリ一切なく夕マヅメ終了となりました。
この日は夕マヅメの新堤も好調で短時間で7枚の釣果。ドックも新堤も渡った人は全員釣果がありました。
この日は衝動買いをした戦竿を使いました。野島でこの竿で3回釣行しましたが、ボーズなく計11枚の釣果。竿の調子は私には柔らか過ぎなのですが何故か良く釣れるのでしばらく使ってみます。
28日(日)の黒研チャリティ大会は残念ながら参加できません。次回は26日(金)か27日(土)に野島釣行の予定。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: