2016年10月15日

10月15日野島防波堤釣行記

DSCF3645本日野島に行ってきました。昨夜も仕事で遅かったので午後の出勤も考えましたが5:45に目覚ましを掛けて8:00便に乗船。7:15頃に村本に着くとエギンガーとちょい投げ師で賑わってます。クロ師はHASEさんやS木さんに〇若さん、クラブメンバーはIさんにF川さん、〇間さんが参戦。沖は北北西7m程度、朝から15:00便までハナレ、夕マヅメは新堤という釣行プランで出船しました。
ハナレに降りて平場を狙うも潮が低くて全く反応なし。テラスに向かう階段はここ暫く好調とのこと。期待して集中して狙うも気配全く無し。水路は膝上くらいの水深です。いったんベースに戻って渡堤の装備をしてから水路を渡ります。
ハナレは北北東6〜7ⅿで際はばしゃついているも水が無いので期待薄。先週は心臓バクバクの渡堤でしたが今日は落ち着いています。渡ってすぐ、沖側をミドリで狙うと横っ走りのアタリが出るも針掛かりせず。半信半疑で際タナ狙いをすると平場の聞き合わせで35cmを無事GET!!10分後くらいにタナのSTOPに聞き合わせして45僉更に15分後に良く暴れた39僂引き込みのアタリで掛かります。薄濁りで1ⅿちょいの超浅い水深のハナレですが、サラシが出ている平場の際タナで食ってきます。DSCF3642真剣に狙い続けるも潮も止まって時合いは終了。時計を見ると10:15、モーニングは3枚の釣果。疲れて昼寝をしてしまいました。
11:00に起床し再度ハナレ内側、沖側を狙うも反応がありません。ベースに戻ってエギングをするも全く反応なし。潮が高くなるまで昼食&のんびり休憩することに。
15:00過ぎから潮が高くなります。新堤のコバは誰も竿を入れていません。釣行プラン通りに新堤に移動するためハナレに接近する金幸丸の着岸を待つと「潮が高いので乗船する人は青灯に移動ください」と社長のアナウンス。。。青灯に向かうのは面倒なのでそのままハナレにSTAYすることにしました。渡堤を諦めた夕マヅメの新堤は大混雑です。ハナレはちょい投げの方2名のみ、ハナレSTAYは正解かも、と思った直後のテラスの際で明確なSTOP!!大暴れした47僂鮖杜韻瓩泙后その5分後に28僂釣れて時合いっぽくなるも勢いは続きません。DSCF3647下げが動き出した16:30頃にテラスの引き込みのアタリで38僂釣れて夕マヅメ3枚目。粘りたかったものの青灯オカマに荷物を持って移動しそのまま帰港しました。
枚数は出ましたが釣果はモーニングと夕マヅメのみ。先々週のハナレ3枚のほうが満足感は高いです。イカはそこそこ釣れていました。
次回は来週土曜日釣行の予定。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: