2018年01月28日

1月27日赤城大沼ワカサギ釣行

AfjomRO8SbqLiQWfd+esJw人生初めてのワカサギ釣り&穴釣りに赤城大沼に行ってきました。子供の頃からワカサギの穴釣りは憧れの釣りです。昔は冬になると新聞記事に穴釣りのできる湖(諏訪湖、山中湖など)の氷の厚さがスキー場の積雪量と同じように出ていてて、夢を膨らませていました。しかし温暖化の影響でそのような情報も紙面から消えてしまい、昔の夢も忘れてしまいました。しかしここ数年のワカサギ釣りの劇的な進化と、桧原湖や赤城大沼の穴釣りの情報に接していつかはやりたいと思っていたところに会社の後輩から昨年末に釣行の誘いを受けます。最新のワカサギ用竿に電動リールを購入、毎年進化する最新の仕掛けの手配や釣り具屋のワカサギ担当者から情報を集めてかなり真剣モードで準備を進め、昨日(27日)に行ってきました。
X7L8Ke5hT5yza1EfP0H%Ig会社の後輩の車で朝2:00に自宅出発、赤城大沼には5:00過ぎ着。かなり風が強いです。カタツムリ型のテントを借りにグリーン荘という宿に向かうと既に常連の方がお茶を飲んでいます。防寒の完全装備をして6:30に湖に出撃、16:00まで釣行予定です。大きく分けて浅場と深場のポイントがあるようです。グリーン荘オススメの深場に向かいます。風は12mくらいで気温は-13℃。強烈に寒いです。地吹雪が吹き荒れる中、皆が固まっているところから少し離れた場所にポイントを決めて穴を開けて釣行開始。しかし準備に手間取って釣り始めたのは7:30頃です。深さは12m程度、魚探を見るも全く魚の気配なくアタリもなし。9:00まで粘るも全く気配ないので皆が固まっているところに移動します。カタツムリの中は後輩が持ってきた携帯ストーブでちょっと寒いくらい程度ですが、外は風も更に強まって死ぬほど寒いです。移動後は魚の反応が出て何度も当たるも針がかりしません。2尾釣ったものの、アタリも1時間程度で止まってしまいました。更に風が強まり外は台風並みに。13:30まで粘るも気配なく、-10℃で大風の中再度移動をするもアタリも無く、周りの人も撤収しているので14:00過ぎに切り上げて撤収しました。会社後輩はボーズ、私は2匹の釣果と信じられないような貧果で終了、地吹雪が吹き荒れる中テントの中で頑張ったのですが力及ばずでした。TbOzG3kfRL+2Ba025c0jjw
この日は全般的によくなかったそうです。グリーン荘の店主は超良い人で、初めて来たものの2匹しか釣れないと話したところ、写真の天ぷらを無料でサービスしてくれました。
帰りは温泉に立ち寄って20:00前に帰宅しました。
風が強くなかったら湖上ランガンが基本のようです(風が強過ぎてランガンできませんでした)。ポイントも繊細なようで、常連の方はGPS付きの高い魚探を利用していました。穴あけも電動ドリルを改造したものを使っていました。穴釣りもお金掛けないと釣れないようです。
竿セットを買ってしまったので、今度高滝湖か相模湖に独りで行ってみます。
来週はホームにスキーの予定。
kari96 at 23:18│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: