2007年野島防波堤釣行記

2007年11月11日

11月11野島防波堤釣行記

中2週間ぶりに野島防波堤に行ってきました。本当は半夜に行きたかったのですが同僚の親族の通夜があり午前中のみの釣行。昨日購入した竿の試釣も兼ね、アイナメ狙いで野島に向かいます。
7:00頃村本に到着するとナライで予報もあまり良くないためかガラガラ。しかし平潟湾は昨日の雨で濁っていてひょっとすると??という雰囲気。クラブのメンバーは誰も来ないだろうと思っていたら何とZ乗りさんが参上。さすがです。
定刻どおり8:30出船。これからは水温が低いので3名以上居ないと各堤は降ろさないとのこと(落水したら危険なため)。沖はナライが強く青灯〜ハナレは非常にいい感じ。Z乗りさんと「10枚釣れたらどうしよう???」と超脳天気な会話をしながら青灯に降ります。
青灯は透けるも前日の雨で薄濁りが入っています。北北東7〜8mで潮も差していて非常にいい感じ。但し水温がやや低め。早速オカマからハナレに向かって竿1本のタナに絞って落とします。
アドレナリン出まくりで超気合が入るも四畳半までに2回怪しい反応(軽い引き込みのアタリとフトコロに付けていた2Bのガンダマのみ無くなる)があるもクロの確証があるアタリは無し。折り返しも反応0。青灯〜ハナレ1往復で魚が居ないことを確認してアイナメ狙いに切り替えるも20僖ラスを4〜5匹釣って(全てリリース)釣行終了。やはり厳しかった〜。
昨日の雨で水温が下がったようで虫餌でも反応は非常に悪かったです。
竿の調子はチビアイナメのみで詳細はよく判りませんでしたが、いかにも「黒鯛工房の竿」といった調子でした。
ストレス発散できなかったので今日で閉店の横浜サンスイに行ってまた無駄遣い(新しい竿のセットのリール購入)をしてしまいました。。。

黒鯛釣りはしばらく冬眠に入ります。12月いっぱいは夜釣りでフッコかメバル狙いをすると思いますが、野島の黒鯛狙いは来年3月中旬以降@新堤馬の背から参戦予定。来年は今年以上に前半戦の釣行を絞り、5月末以降のツブを使える時期から本格参戦します。

2007年10月15日

10月13日14日釣行記

14日のクラブの大会に参加してきました。前日13日は北陸出張後朝一で飛行機で帰京し、そのまま本牧海釣り公園の稚魚放流会にお手伝いで参加。終了後即SEKI@宇都宮さんと15:30便で新堤に出撃。両SEKIさんGETも撃沈でした。
14日の本番はナライの好条件。今年最終のクラブ大会ということで30名弱が参加。ハナレに行こうと思ったのですが投げ釣りの方がかなり降りたのでまた新堤に向かいました。
新堤では私含め昨年のクラブ釣果上位4名が皆降ります。他にクラブ一の黒鯛病患者さんに常連Mさん、野島杯3位のTさん、おまけにC大名人も。。。超厳しいメンバーの中、早速ばしゃつく沖面を竿1本のタナで探るも全員スカ。30分で諦めモード。ところが9:50頃にT名人がコバヘチの竿1本くらいのタナでしぶとく1枚GET!!これを見て師匠一家のKJさんと大荒れでうねりの入る馬に突撃(足がうねりで浮いてかなり危なかった)。第一投を譲ってもらい、大荒れの中ヘチを落とすとツブ潰されアタリ(荒れてて全く判らず・・・)。餌の付け替え中にKJさんがタナで1枚!!いい雰囲気もその後全く当たりなし。
11:50過ぎから馬は私1名になり、真剣に狙うと馬のカーブヘチのタナでスッポヌケ、その後もカーブで潰されるも(これも荒れててアタリ判りませんでした)針掛からず、釣行終了。午後は仕事のため撤収しました。
荒れて雰囲気良さ気な青〜ハナレはクラブメンバー全員撃沈(1枚上がったようですが)、ドックは投げ釣りの人が平場まで占領し釣る場所無く撃沈、廊下も名人2名降りるも駄目だったようです。
かなり条件に左右される季節になりました。本牧のお手伝いの際、真珠会社勤務の横浜の名人に聞いたのですが、ここのところ水温が急激に下がり、横浜界隈でもかなり釣果が落ちたとのこと。魚はまだまだ居ると思うのですが。
湾奥からの落ちの大群を期待するのみ(期待薄?)。

2007年10月07日

10月6日野島防波堤釣行記

10月6日

予定どおり野島に行ってきました。夕方の下げ潮を狙って12:00便で釣行。既に黒鯛のハイシーズンは終了なので駐車場も空いています。北東〜東北東の風7〜8m。新堤に向かうことにしました。
新堤はクラブメンバーのKJさん、Aさん、Mさん、ミニ乗りさんが釣行中。ミニ乗りさんは青灯に向かいます。Aさんは9:00頃に大型を1枚仕留めています。沖は薄濁りでこの時期としては上々。但し強めの東北東〜東風が気になります。
早速降りてヘチを狙うと平場真ん中底で魚の反応!!しかし針掛からずツブがぐっしゃり潰れています。即再度狙うも反応なし。下げ潮が聞き始めた15:00頃にも看板付近で一瞬針掛かるも×。15:30便で私以外の全員が撤収。そして名人2名(Mさん、Yさん)とZ乗りさんが来堤。ツワモノメンバーで雰囲気のよくなった新堤で釣行再開。すると暗くなるまでアタリが出て私は3枚掛けて1枚GETでした。Yさんは2枚、Mさんも2枚GET。名人2名は余裕の釣行。Z乗りさんは運悪く針折れがありました。
今日はハリス2.5号(GrandMAX2.5号)、道糸3号で、掛かったらひたすらゴリ巻きタックル(へちさぐり利用)で臨んだのですが、最初の1発は一撃で切られました。2回目は良く引く45.5,1.8圓鬟乾蟯きでGET。3発目は台の上で大型を掛け、超ゴリ巻きをしたのですが浮かせられずに根ズレでハリス切れ。このハリスでも台の上廻りは普段どおりに沖に向かわせてからやりとりしたほうがいいです。
相変わらずの惨状に名人連からは新堤出禁のお達しが。。。とほほ。但し私の仕掛けとタックル(ハリスの長さ、竿など)、目標設定等にアドバイスを頂きました。論理が通ったアドバイスでもあり、勉強させて頂きます。
夜便の他の結果は青灯1枚、ハナレ2枚でした。
上手い人と釣ると下手さが良く判ります。来週はクラブの最後の大会。出れるか微妙です。天候と濁りに期待するのみです。

2007年09月30日

9月30日野島防波堤釣行記

f1d533a5.JPG昨日からの強いナライで期待充分で野島に行ってきました。昨日は風で出船しなかったとのこと。朝5:00過ぎに村本に到着。風雨が強いものの常連の黒鯛師を中心に約30名弱が集結。強いナライと潮が高いとのことで30分遅れの8:00出船。下げのナライということで青灯に向かいます。
沖は9〜10m程度の北風。青灯〜ハナレは全面大荒れでアドレナリン出まくり。
青灯に降りると常連の方が即黒鯛を仕留めます。オカマで私も1発アタリ、爆釣の予感。竿1本のタナに絞ってドヘチを落とすとブッツケで引きこみのアタリ(針掛からず)。真剣に狙うもその後は気配が遠のきます。看板付近で常連の方が1枚仕留めます。クラブの釣友も1枚仕留めているも私は気配なし。青灯〜ハナレを2往復するもアタリが出ません。
10:00頃、折り返しでオカマに向かっていたときに釣友が51cm 2,5kgをGET!!気合が入ります。
その後四畳半で1発引きこみのアタリが出るもまた針掛からず。ナライで大荒れ、水温も気温よりずっと高く、盛期なら超好条件なのですが、条件の割に食いが浅いようです。
時計を見ると12:00。ソコリは12:40、ソコリの時間帯は青灯のチャンスタイム。再度集中力を高めてヘチを落とすと12:10頃、大クズレの真ん中底付近でSTOP!聞きアワセをすると魚が掛かります。沖に疾走して良い引きをした43.5cm 1.9kgを無事GET!!その後結局夕方まで釣行するも15:00頃にブッツケで数回反応が出たのみで、釣行終了となってしまいました。
野島全体で11枚魚が出たものの、条件の割にはアタリも少なめ。そろそろ条件的に厳しい季節となってきたようです。
来週及び再来週ともに釣行予定。最低でも10月一杯は野島に通うつもりです。

2007年09月23日

9月22日野島防波堤釣行記

e1159791.JPG昨日野島防波堤に行ってきました(釣行疲れと本日所要のためUPが遅れました)。
潮があまり良くないので午後から出勤の予定でしたが、仕事のストレスもあり朝から出撃。夕方〜夜の下げ潮を中心に狙うため最終便までの釣行。とりあえず午前はのんびり釣行のつもりで向かいました。
さすがに南風の上げ潮のため、黒鯛狙いの人は私と黒研Hさんのみ。15名弱で出撃。村本のOさんから、1日粘るならドック先がお勧めと言われるも、前日釣友Sさんが新堤で3枚獲ったとのことで新堤に向かいました。
新堤に降りると潮が信じられないほどの透け具合。底の根や魚が鮮明に見えます(今までで一番透けてたかも)おまけに黒鯛がメバルのように各地にうようよ居ます。特に馬の背は黒鯛だらけ。ところが全くやる気無いようで餌を投げると皆逃げます。
沖は緩い南風、潮はベタ凪。9:00の船が来たのでドック先に向かいました。
ドック先も丸環側の根が鮮明に見えます。ここも黒鯛が異常なほど居るも餌を投げると皆逃げるので休憩。1時間ほど睡眠を取って12:00船で新堤に再度向かいました。
午後は南風が強まります(6〜7m)。照り込んだ横須賀湾から濁りも入ってきました。しかしコバに2名張り付いているので釣りにならず、ここでも休憩。結局新堤でも1時間程度睡眠を取ります。
14:30頃起床。まだコバに人が張り付いています。潮も上がり内側はばしゃつきいい感じになってきました。15:00頃、ばしゃつく内側を適当にツブで落としていくと看板〜青灯側コバの中間地点で糸ふけが出ます。根掛かりと思って竿を立てると何と生体反応!!アワセを入れると魚が全開で沖に走り、ハリスを切られてしまいました。。。新堤内側平場で魚が掛かったのは初めて。もっと真面目に狙っていれば良かった。。。
前回から5連続バラシでやりとりの緩さに落ち込むも気を取り直し釣行。15:30過ぎの満潮を過ぎるもやや強めの南風に押され、下げ潮が聞きません。
コバは2名がずっと張り付いています。仕方なくやや濁るも釣れそうにない沖側平場ドヘチを狙うと真ん中あたりで魚の反応らしきものが出ます。半信半疑でドヘチを狙うと16:30頃、平場ど真ん中の1ヒロくらいのタナでSTOP!!アワセを入れて無事46僂鬘韮釘圈その15分後にまた竿1本くらいのタナでSTOP,これはめちゃくちゃ引いた48.5僉ぃ隠検В娃袷阿砲盍波珍阿隆1本くらいのタナでSTOPが出て43僂鬘韮釘圈そのほかにもツブ潰されアタリが2〜3回ありました。何故かベタ凪の沖側平場で釣れてしまいました。
暗くなってからは反応なく釣行終了。名人Yさんに疑問点をいろいろと教えて頂き、本当に有難うございました。
昨日は他にドックで5枚。今日は早上がりだったとのことで残念。やっと野島も調子が良くなってきたようです。これからナライが入ればかなり有望。来週まで好調さを維持して欲しいです。

2007年09月15日

9月15日野島防波堤釣行記

通常日曜日が野島出勤日ですが、カミさんの土曜出勤がしばらくなくなるため、本日野島に行ってきました。
南風の予報も日々のストレスから昨夜出撃を決意。いつもの通り4:10に自宅出発、5:20頃に村本に到着(朝一野島橋の黒鯛を狙うも反応無し)。クラブメンバーはKJさんに引越し終了のT倉さん、今日と明日合宿のA木さん、M上さん、昨年野島杯優勝者のKさん他が来ています。その他に名人Yさん、Hさん他もいて中々活気もあります。ルアーの人も多く朝一で54人が沖堤に向かいました。
南風も沖は茶系の濁りもあり雰囲気上々。中廊下に向かいたかったのですがやや強い南風のため渡堤できずドックで降ります。
ドックに降りてすぐ、潮の高い丸環上を狙うと第一投でSTOPアタリ!!黒鯛が一瞬針掛かりするもオモリとツブを飛ばされ素針で戻ってきました(船の人に一部始終見られかなり恥ずかしい)。今日は先日買った予備竿のがまかつヘチさぐち2.7を利用(ほとんど使っていないのでもったいないので使いました)。普段使う極覇光と比べると非常にやわいのが気になります。第二投もピンと横に走るアタリ!!これは合わずアタリのみ。
ここから超最低な状況が続きます。8:20頃、丸環上で黒鯛が掛かります。ちゃんとアワセを入れ(入れたつもりでしたが)やりとりをしてレギュラーサイズを浮かせた瞬間に針外れでバラシ(T倉さんに一部始終目撃されてしまいました)。。。10:00頃、今度は丸環の穴を狙うと引きこみのアタリ!!穴から引き出そうと強引にやり取りをするも魚をコントロールできず際に根ズレでハリス切れ。この後すぐ横のT倉さんが丸環際で大型掛けるも根ズレでハリス切れ。10:30頃、潮が当たる北面の2ヒロくらいのタナでSTOPアタリ!!3回くらい大アワセを入れてやり取りをするも一気に底に潜られ、際にハリスが絡んでしまい根掛かり&ハリス切れ(これも皆に目撃されてしまいました)。。。北面ではそれ以外にも1回素針戻りというのがありました。午後の上げ潮も14:00頃に丸環上でツブが潰されます。
濁りもあり雰囲気はいいものの結局7回アタリ、4バラシ&釣果0で釣行終了。8人降りたドック堤は結局12:00便で来たドック主Sさん含め釣果無しでした。
今日の惨状ですが、あまりにも下手すぎてBlogに書きたくないのが本音ですが、反省を込めて記します。柔らかい竿の調子が釣行中に気になってあまり集中できませんでした。この予備竿はオクラ入り決定。竿のせいにするのも大人気無いですが、横浜沖堤専門竿にして野島では使わないことにします。
黒鯛釣行もあと残り数ヶ月。来週は何とか立て直さないと。。。

2007年09月09日

9月9日野島防波堤釣行記

毎週恒例の野島防波堤に釣行してきました。自宅を4:10頃出発、太平経由で5:20頃に村本に到着すると駐車場が何と最後。5:30に来たドック主Sさんは無料駐車場に止められないほどの混雑。シーバス・ワカシの釣果がいいのでルアーマンが多数来堤しています。
今日はクラブのメンバーも多数来ていて活気もありいい雰囲気。身支度終了後村本の前の橋脚の様子を見ると何と黒鯛を発見!!Sさんと五洋のFさんがギャラリーに控える中、食わないと思いつつツブを落とすと黒鯛がツブを追いかけます。ドキドキしつつ、一瞬止まった糸に合わせを入れると残念ながらスカ。その後気配は無くなってしまいました。
朝の小ドラマ終了後、早速沖に向かいます。昨日は南風が12mも吹き、ばしゃつくドック先とハナレが良かったようです。久しぶりのドック先も頭をかすめたのですが、沖は5〜6mの南風。この風を見ていつものドックに向かいます。
ドックには主のSさん、釣友Tさん、常連STさんやクラブ一の黒鯛病患者Z乗りさん他合計8名で釣行。Z乗りさんは20:45まで釣行とのこと(自覚症状が無いそうですが、私と同じ病気に罹っているのは間違いなし)。普段の混雑ぶりからするとかなり少なめです。早速北面を狙うもアタリなし。後ろを振り返ると丸環側コバでSTさんがやり取りをするもハリス切れ。潮は薄濁りも透けています。気配を全く感じず釣行30分くらいで飽きてしまいました。その後も誰にも反応がありません。9:00船で移動してきた栃真さんから手漕ぎボート黒鯛のお誘いに心が揺れるも潮が上がるドックに期待してそのまま午後も釣行。14:00過ぎからいい濁りも入り少し真剣に狙うも結局アタリボーズで釣行終了。ドック堤では朝一以外まともなアタリ無しでした。
結局夕方までの野島釣果は赤灯で1枚出た以外はハナレで2バラシがあった以外ほとんど反応が無かったようでした。
但しドック先やハナレ、馬の背上では口を使わないものの黒鯛はかなりの数を目視できたそうです。
今日は本当に厳しい釣行でした。おまけにアタリボーズでかなりショック。ナライが吹けば青灯〜新堤・馬の背ラインで間違いなく食うと思いますが、南風だとかなり厳しそうです。来週以降の釣行は風向きと潮との相談で考えて釣行します。


2007年09月02日

9月2日野島防波堤釣行記

858d58f1.JPGクラブの月例大会参加のためいつも通り野島防波堤に出勤してきました。混雑が予想されるため早めの4:10に自宅を出発、5:20に村本着。既に釣友が何名も来ています。昨日からのナライと他のクラブの例会も重なりかなり混雑し、60名くらいが防波堤に向かいます。
クラブの大会は匹数ではなく、最大魚1尾の全長×重さのポイントで順位が決まります。満潮は8:00頃で北東風が強め。数を狙うなら条件的に青灯で粘るのがBESTですが、満潮時で沖から潮が差すドック丸環上に魚が居る可能性が高いため、朝一はドック、9:00船で下げが全体に効き始める頃の青灯に移動、というプランで釣行することにしました。
定刻どおり7:30に出港しドックに到着。一番に降りて丸環の上をツブ+2号ガンダマで流すと数投目に鋭い引きこみのアタリ!!ドックにまだ船から人が降り切らないうちに丸環上で黒鯛が掛かり、二週連続でモーニングサービスをGETしてしまいました(スミマセン)。
作戦成功もクラブメンバーからはヒンシュクを買ってしまい、かなり反省。
ドックは潮はやや濁るも透け気味。その後は全くアタリ無いため予定通り青灯に向かうことにしました。
青灯も朝からアタリは名人の一発のみとのこと。潮もまだ動いていない様子。しかしやや強めのナライで雰囲気は上々。オカマから四畳半に向かってヘチを狙います。
潮が動き出した9:40頃、看板付近で誰かが魚を仕留めます。良く見ると新堤に行ったと思っていた大師匠!!取り込み後話を聞くと小さなツブで仕留めたとのこと。時合なので早く狙いなさいとのこと。即小さなミドリツブで看板先30mくらいを探ると10分後くらいに底付近の聞きアワセで魚が乗ります。この魚、めちゃくちゃ強い引きするも無事GET。43僂任靴拭覆笋蠅箸蠅療喘罎錬毅悪傳妝个隼廚辰討い泙靴拭法その後も雰囲気は良いのですが反応無し。上げっぱなの14:00頃にまたも看板付近で魚が掛かるも数秒で針外れ。その後は何もなく戻りの船の時刻となりました。
結局朝一の47僂妊ラブの大会は2位に滑り込みました。釣果は全体的にあまり良くなく、私の釣果含めてドック2枚、青灯3枚、新堤1枚、赤灯2枚という結果でした。
この時期引きが非常に強いのでスリル満点。来週は台風の動きを見ながらの釣行。条件が良くなることを期待するのみです。

2007年08月26日

8月26日野島防波堤釣行記

deab7412.JPG予定通り野島に行って来ました。昨日は疲れで釣行を諦めました。昨日の野島は夜釣りの調子が良かったようで超期待。人も少なければ複数枚GETの期待を込めて出撃。ところが村本は混雑気味。防波堤に濁りが入り、昨日の釣果が良かったことはあっという間に伝わるようです。クラブメンバーも多数来堤のためかなり厳しい状況です。
定刻どおり7:30に出港。ドックの混雑のため新堤に行く予定でしたが、いろいろあって結局いつものドックで降ります。ドックでは13名降りました。
早速一番で潮が当たる北面をツブ+1号ガンダマで流すと2ヒロくらい入ったところでSTOPアタリ。聞くと生体反応!!即大アワセを入れます。バラシ癖がついていたので更に追い合わせを入れると魚も全開。なかなかいい引きをした46.5cmをGET。久々のモーニング第一投GET(技の無い釣りをしてしまい申し訳ございません)。
ドックは濁りも潮も入り非常にいい感じも、人が多すぎなのかアタリがほとんどありません。丸環に出撃した黒研S大名人は余裕の4枚。但し平場はまったりモード。上げ潮が効き始めた11:00頃に灯台下コバでSTOPアタリが出るもアワセ損ねて素針を引いてしまいます(残念)。潮が上がるのでドックも魅力的でしたが午後の上げ潮は赤灯に向かうことにしました。
赤灯には黒研S大名人と午前中、中廊下で1枚づつGETしている栃真さん、S井さんと向かいます。S大名人はタコをやるとのこと(良かった〜)。赤灯は本当に久しぶりです。早速竿を出すも潮が低く気配なし。このため灯台上で昼寝をします。
軽い睡眠を取り13:50頃起床。あっという間に潮が上がり、手前の三角岩が海中に沈んでいます。馬の背の上には黒鯛が多数上がっています。S名人から「もう釣れてもおかしくないよ」とハッパを掛けられます。
14:30頃、やや透けている馬の背と赤灯の間の「川」にツブを流します。すると小さな引きこみアタリ。フグと思い軽く聞くとちょっと違う反応。一応大アワセを入れると何と黒鯛が浮き上がります。この魚、最初は釣られたと気づいていないようで悠々と「川」を往復します。三角根の手前まで誘導したときに魚も身の危険に気づいたようで暴れるも速攻で掬いあっさり御用。48僉ぃ横襭腓離哀奪疋汽ぅ困竜でした。
その後栃真さんが馬の背台の上でクロをGET(さすが)、その後はいい感じなのですが反応無く迎えの船となりました。
ドックではクラブの新人の方が2枚GET、他にAさんに1枚出ました。
魚は出ましたが、今日も反応が少なく、我慢の釣りでした。
但し先週より状態はかなり改善されています。今度の土日は天候が崩れる予報。来週のクラブ月例大会に期待です。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: